おすすめの保育士転職サイト

保育士の転職

初めて転職サイトを使う人におすすめの4つの保育士転職サイト

投稿日:2019年10月19日 更新日:

この記事は約 6 分で読めます

まーさ
こんにちは!保育歴20年の保育士まーさ(@mama_ism)です。
「転職するのに転職サイトって使った方が良いのかなぁ」と考えているなら、確実に使った方が良いです。使わなくて良いのは知り合いのツテがある人だけ。ただ、転職サイトが選びきれなくて困っている人も多いですよね。そこで4回転職したわたしが、おすすめの保育士転職サイトを紹介します。

保育士転職サイトは、無料でサポートを受けられるので絶対に使った方が良いんですが、多すぎると迷って選べませんよね。

以前に保育士転職サイトの選び方は話しましたが、それでも選ぶ時間がない人もいます。でもだいじょうぶ。保育士転職サイトを選ぶポイントは「求人数」「実績」「早さ」のたった3つだけです。

保育士転職サイトを選ぶ3つのポイント

保育士転職サイトを選ぶ3つのポイント

  • 求人数が多い転職サイトを選びましょう
  • 実績がある大手の転職サイトを選びましょう
  • 活動期間が短くなる転職サイトを選びましょう

求人数が多い転職サイトを選びましょう

まーさ
求人数が多いと良い転職のチャンスが広がります!以下のポイントに注目して選んでください。

全体の求人数が多い転職サイトを探す

転職サイトで一番大切なのは求人数の多さです。サービスが良い転職サイトはいっぱいありますが、求人数が少ないと転職のチャンスは減ります。

転職地域の求人数が多い転職サイトを探す

求人数が多くても、転職したい地域の求人数が少ないと意味がありません。たとえば関東の保育士求人なら東京都で1000件以上、神奈川県で500件以上、埼玉県や千葉県で300件以上が一つの目安です。

また、東北地方、中国地方、四国地方はどこも求人数が少ないですが、その中でも求人数が多い転職サイトもあるので選び方は大切です。

職種別で求人数が多い転職サイトを探す

保育士転職サイトによって、「保育士」「幼稚園教諭」「保育補助」「学童指導員」「企業内・院内保育士」など職種別の求人数も違います。あなたが転職したい職種の求人が多いサイトを選びましょう。

各転職サイトの詳細ページで、都道府県別、職種別に求人数をまとめたので参考にしてください。

実績がある大手の転職サイトを選びましょう

保育士転職サイトはたくさんありますが、やっぱり知名度がある大手の保育士転職サイトはどこもそれなりに求人数が多く、知名度に見合ったサポートをしてくれるので安心できます。

まーさ
じゃあ実績がある大手の転職サイトってどこ?

後で紹介しますが、経験豊富な大手の転職サイトは、薬剤師、看護師、介護福祉士など他の専門職の転職サイトも展開していることが多く名前も有名です。保育士は、割と後発だったりします。

一方、「リクルートエージェント」や「パソナキャリア」などの総合転職サイトは、保育現場の悩み相談には乗ってもらえないので、やめた方が良いです。

活動期間が短くなる転職サイトを選びましょう

転職活動は、なるべく3か月以内に終わらせましょう。転職経験者が転職活動にかかった期間は「1か月以内」が21%、「1-3ヶ月」が52%、「4-6ヶ月」が17%、「6か月以上」が10%です(エン・ジャパン)。

転職活動期間が長くなると転職先を妥協したり、モチベーションが下がったり、費用がかさんで身動きが取れなくなるなどのデメリットがあります。

転職活動を短くするには、転職活動を積極的に進めてくれる転職サイトを選びましょう。たとえば、担当者が「しつこい」「急かす」などの口コミがある転職サイトは選ばない方が良いように感じますが、担当者の動きはコントロールできます。

ルールを無視する担当者はダメですが、前のめりな担当者の方が早く転職できるのは間違いありません

登録した方が良い4つの保育士転職サイトの比較

登録した方が良い3つの保育士転職サイトの比較

まーさ
総合的に考えて、初めて使う人におすすめの保育士転職サイトはこの3つです。
  • 保育士バンク
    担当者に元保育士が多く相談しやすい。知名度が高く求人数も利用者も多い。
  • 保育ひろば
    登録から転職まで平均2週間、最短2日。担当者に熱意があり引っ張ってくれる。
  • マイナビ保育士
    関東の転職支援としては知名度が抜群。実績も豊富でサポートも手厚い。
  • ジョブメドレー
    求人数が多く地方も充実している。電話がかかってこないので気軽に使える。
  • 転職サイトは保育施設からの報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

求人数が多いのはどの転職サイト?

まず、全国的に求人数が多いのは「ジョブメドレー」と「保育士バンク」です。「マイナビ保育士」はほぼ関東のみなので、地方転職したい人には向きません。「保育ひろば」は関東も地方もそこそこです。

地方求人は「保育士バンク」より「ジョブメドレー」の方が多いですね。ただし「ジョブメドレー」は公開求人のみなので、非公開求人を合わせると「保育士バンク」の方が求人数が多い地域もあるでしょう。

  • 保育士バンク:公開求人数2万件、非公開求人数1万件
  • マイナビ保育士:公開求人数1万件、非公開求人数不明
  • ジョブメドレー:公開求人数2.5万件、非公開求人数なし

使い勝手が良いのはどの転職サイト?

「ジョブメドレー」は、キャリアアドバイザーと連絡を取り合う必要がないセルフ方式です。「電話かかってくるのやだなー。」という人には最適です。担当者にはLINEで相談できるので気楽です。

逆にどんどん情報が欲しい人は「保育士バンク」「保育ひろば」「マイナビ保育士」を選んでください。初め転職する人は勝手がわからないので、キャリアアドバイザーにリードしてもらうと良いですね。

ちなみに、「マイナビ保育士」にはマイページ会員サービスというセルフ方式があります。使ってみて合わなければ、途中からサービスを切替えてもOKです。

転職活動が短いのはどの転職サイト?

転職活動が短いのは「保育ひろば」です。「保育士バンク」と「マイナビ保育士」は担当者によります。

「ジョブメドレー」は自分で動かなければいけないので、やる気があれば転職活動期間が短くなります。ただ、担当者にお尻を叩いてもらえないと期間が長くなる可能性は高いですね。

どの保育士転職サイトに登録すれば良い?

どの保育士転職サイトに登録すれば良い?

基本的には、紹介した4つすべてに登録することをおすすめします。なぜなら、転職活動はキャリアアドバイザーとの相性で左右されるため、複数登録しないと見極められないからです。

ただ、「保育士バンク」「保育ひろば」「マイナビ保育士」と「ジョブメドレー」は特徴が違いますね。最大の特徴は、「ジョブメドレー」がセルフ方式だということです。ジョブメドレーはいちばん気軽に使えるため、登録しておいて損はないです。

「保育士バンク」「保育ひろば」「マイナビ保育士」は求人数、求人地域、転職の早さで違いがあるため、かんたんに比較すると以下のイメージです。

保育士バンク、マイナビ保育士、保育ひろば

関東で転職するか、地方で転職するか、短期で転職するかで違いがあるので、それぞれの目的によって登録する保育士転職サイトは以下のように考えれば良いと思います。

目的 メイン サブ1 サブ2 損なし
関東で転職したい人 マイナビ保育士 保育士バンク 保育ひろば ジョブメドレー
地方で転職したい人 保育士バンク 保育ひろば - ジョブメドレー
短期で転職したい人 保育ひろば 保育士バンク マイナビ保育士 ジョブメドレー

あなたが転職で求めるものは何ですか?

増えた給料や時間で何をするか考えよう!

転職に不安がある人は多いと思います。そんな人は、転職で求めるものをイメージしてください。「給料を上げたい!」「働く時間を短くしたい!」「人間関係が良い職場で働きたい!」など具体的な目的があれば、不安は薄れるはずです。

保育士の転職活動はあなたが思っているよりもかんたんです。わたしの転職活動期間は、1回目が3か月、残り3回はすべて1か月以内です。その期間だけがんばれば、今より良い環境で働くことができます。

まずはあなたに合う保育士転職サイトに登録して、初めの一歩を踏み出しましょう。

  • 保育士バンク
    担当者に元保育士が多く相談しやすい。知名度が高く求人数も利用者も多い。
  • 保育ひろば
    登録から転職まで平均2週間、最短2日。担当者に熱意があり引っ張ってくれる。
  • マイナビ保育士
    関東の転職支援としては知名度が抜群。実績も豊富でサポートも手厚い。
  • ジョブメドレー
    求人数が多く地方も充実している。電話がかかってこないので気軽に使える。
  • 転職サイトは保育施設からの報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

まーさ
保育士転職サイトランキング厳選トップ10!」も参考にしてください☺️

-保育士の転職

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.