保育士が割に合う職業になる方法は

保育士のお悩み

保育士は割に合わない…待遇の改善方法を現役保育士が考えてみる

投稿日:2019年10月21日 更新日:

この記事は約 7 分で読めます

「給料が安い」ことや「仕事が多い」ことで悩んでいる保育士は多いですね。保育士は、割に合わない仕事だと言われますが、何が割に合わないか考えたことありますか?

ちょっと前にホリエモンが、保育士の給料が低い理由は「誰でもできる仕事だからです」と言って炎上しました。初めてこの発言を見たときは、多くの保育士が同じことを思ったはずです。

まーさ
保育士のことを何も知らない人に、何でそんな事言われないといけないの!

ただ冷静になって考えてみると、保育業界の構造に問題があることに気付くはずです。保育士の平均年収が、他の職種の女性の平均年収と比べて50万円ほど低いのは理由があります。

なぜ保育士の給料は上がらないの?

なぜ保育士の給料が上がらないの?

世の中には、保育業界以外からも「保育士の給料を上げてやれー!」などの声が上がっていて、それはとてもありがたい限りです。

ただ、今の体制で保育士の給料を平均年収まで上げることは難しいですね。

今保育士資格を持つ現役保育士は40万人ほど。足りない保育士は7-10万人ほどと言われてるので、仮にこの50万人の給料を女性の平均年収まで上げると、

(40万人×50万円)+(10万人×370万円)=5700億円

保育補助や幼稚園教諭、支援センター職員などの保育関連従事者の給料もベースアップすると、7000億円以上は必要じゃないかなと思います。これは誰が払うんでしょうか……。

まさか保育無償化が進んでる中で、「すいません。保育士の給料上げたいんで、やっぱり保育無償化やめて、これまでの保育料+月2万円徴収します。」が通るなんて思えません。

もちろん、税金で賄うのもいっしょです。今は保育士にスポットライトが当たってますが、介護士、栄養士なども給料が安いですね。これ以上保育士の給料を税金で上げたら、他の給料が安い仕事はどうすればいいんでしょうか。

まーさ
でも保育士って国の未来を作る子供を預かる仕事だし……。

重要な仕事だから給料が高いわけじゃない

重要な仕事だから給料が高いわけじゃない

もちろん、わたしも給料が高い方が嬉しいです。今はパート扱いなので、時給が上がると「ねぇ、時給上がったよ!」と夫に報告します。

ただ重労働だから給料が高くなる、責任が重いから給料が高くなるとは思ってません。医者や証券マンの年収が高いのは重労働だからでも、責任が重いからでもなく、お金を払うだけの価値があるからです。

まーさ
じゃあ、保育士にはお金を払う価値はないってこと?

もし保育士の資格が弁護士並みに難しくて、保育園の数が今の10分の1なら、保育士は希少な職業になりますし、そこに子供を預ける人はたくさんお金を払って預けます。

今保育料が月20万円になったら、ほとんどの人は子供を保育園に預けずに自分でみますよね。でも、月給が100万円のワーキングマザーなら預けると思います。

需要と供給を考えると、そっちの方が普通です。とくに認可保育園は保育料が月2-4万円ほどですが、子供一人を1か月120-160時間ほど預けてその金額って普通に考えておかしいですよね。

保育士の本来の仕事の役割って何?

保育士の本来の仕事の役割って何?

保育士の仕事は子供を適切な距離感で見守り、生活の基礎を教えたり、感性を高める触れ合いを通して子供の成長を促すことです。でも、それって親でもできますよね。

というか、当然親の方がより深い愛情を持って子供に接することができます。保護者は、子供を適切に育てる保育のプロだから保育園に預けているわけじゃなく、自分の時間を作るために預けているわけです。

なので、保育士の仕事の本質は、「子供を安全に預かること」です。

保育士の仕事の本質に支払う価値が月2-4万円なら、子供を安全に預かること以外の仕事はすべてオプションになるはずです。ところが保育士の仕事はとても多く、保育料と仕事量が見合ってません。

  • 子供の保育
  • 日案・週案などの作成
  • 日誌や園児の連絡帳の記載
  • 行事などの準備や各種制作
  • 保護者からの相談対応
  • 保育室の掃除や片づけ
  • 研修などの出席

……挙げるとキリがありません。また、保育ニーズの多様化(アレルギーや障害児対応の増加、虐待や貧困の増加など)のため、保育自体の負担も増えています。

このように保育料と保育士の仕事量が合わない歪んだ構造なのは、保育業界が税金で成り立っているからだと思います。

まーさ
じゃあ保育士は給料増えずに、仕事は増え続けるの?

現在の保育士の仕事は無駄だらけ

現在の保育士の仕事は無駄だらけ

以下は厚生労働省調べの保育士の業務時間ですが、これを見て納得する保育士ってどれくらいいますか?

保育士1人1日当たりの主な業務の時間及び業務発生率

保育士等に関する関係資料 - 厚生労働省

これってあくまでも正規の労働時間をそれぞれの業務に振り分けたものにしか見えません。

たとえば、「保育の計画・準備・調整」「保育の記録」「連絡帳」は、もっと時間がかかります。仕事時間内でできないので、持ち帰りでやります。

しかも、まだ手書きの保育園がかなり多いです。手書きだと、前年担任の記録は手で書き写すしかないです。また、基本の保育方針は決まってるのに、なぜか自分の言葉で計画を立てないといけません。

書類作成業務へのパソコン導入、賛成?反対?|保育のお仕事レポート

書類作成業務へのパソコン導入、賛成?反対?~保育士110人アンケート~|保育のお仕事レポート

保育士同士の伝達や保育園の会議、研修、保護者対応も上の表には入ってません。何よりも1番時間がかかる行事の準備がありません。

保育参観や敬老の日の参観、運動会、保護者会、お誕生日会、七夕会、お泊り保育、おいも掘り、発表会、クリスマス会、節分、ひな祭り、遠足、お別れ遠足はあったら楽しいですね。

わたしも親の立場だとあったら楽しいですし、子供の保育園での生活は気になりますが、「子供を安全に預かること」という本質ではない気がします。

保育業界を変えるには効率化と無駄の削減!

保育業界を変えるには効率化と無駄の削減!

まず保育業界がやるべきことは、子供を安全に預かることです。どの家庭も子供を保育園に入れたい、誰かに預かって欲しいと思ってます。それを叶えることが1番の目的です。

子供を預かる保育士を増やすには、待遇改善が必要です。ただ、保育士の給料が劇的に上がることはありません。なぜなら、お金を払う人がいないからです。

給料面の改善が難しいなら、時間面を変えるしかないです。保育士の仕事を効率化して無駄な仕事をなくし、多くの保育士が余裕を持って働ける業界に変えるしかないと思います。

  • 記録や書き物はITを取り入れてもっと効率化する
  • 行事は減らしてその分日々の保育に力を入れる
  • 保育士は基本短時間労働にして仕事時間を明確にする

記録や書き物はITを取り入れてもっと効率化する

記録や書き物は手書きをやめて、ITを使って効率化できます。手書きなのは、「昔からの決まりだから」「PCを使えない人がいるから」ですよね。文章を書かずにチェックシートにできる部分もありますし、保育計画もデータで残せばもっと使いやすくできます。

お名前表などエクセルを使っている保育園もありますが、みんな独自のやり方なので引き継ぐとほぼやり直しです。認可保育園くらいは記録や書き物の公式テンプレートがあっても良いと思います。

行事は減らしてその分日々の保育に力を入れる

行事が無駄だとは思いません。運動会や発表会は子供の感性を豊かにしますし、お泊り保育や遠足は新しい体験になります。ただ「子供を安全に預かること」とは違うので、望む人は行事をする保育園に預ければ良いと思います。

日々の保育を充実させるため、子供を安全に預かるため、また保育士不足を防ぐにはある程度行事を減らすべきです。なくしても問題ない行事を検討した方が良いですね。

以前は壁面制作はやって当然でしたし、「壁面制作は大事!」という保育士もいました。今は壁面制作をする保育園は徐々に減ってます。つまり、やろうと思えば行事だって削減できるんです。

保育士は基本短時間労働にして仕事時間を明確にする

保育補助やパート保育士は、他の仕事のパート・アルバイトと時給が変わりません。ところが、保育士資格を持つ潜在保育士は70万人もいて、スーパーやコンビニでパートをする人もいます。

なぜ保育士をしないかと言うと、子供を預かる責任が重いうえに、責任を盾にした残業があるからです。

基本的に、パート保育士も正規保育士も仕事内容は変わりません。書き物や行事の準備もしますし、担任をすることもあります。時間外労働がない代わりに、持ち帰りが普通にあります。

子供が好きで保育士になりたいと思った人でも、現実を知って途中で諦める人がいて当然だと思います。

今の保育士の無駄な仕事や行事を減らして勤務時間を短くすれば、使える時間も明確になりますし、時間内は責任を持った保育ができます。保育士単体では十分な給料をもらえなくても、時間があればダブルワークもできますね。

保育士は保育業界の問題をわかってます

保育士は保育業界の問題をわかってます

ある程度経験がある保育士なら、保育業界の問題点を理解していると思います。保育士個人ができる時間短縮や効率化に限界があること、何をしても給料が劇的に上がらないこともわかってます。

でも、今保育士を続けてる人は、子供が好きで、子供の成長に責任と期待を持って仕事をしてるんです。

政治家や行政が保育業界にテコ入れをする方法は、ほとんどが税金の投入ですが、それでは保育士が抱えている仕事はなくなりません。下手をすると保育士が世間から反感を買います。

多くの保育士は、今の非効率的な仕事をする代わりに給料を上げて欲しいんじゃなく、効率的に仕事して、もっと質の高い保育に力を注ぎたいんじゃないかと思います。

まーさ
どうすれば保育士の待遇改善できるの……。誰かなんとかしてぇー。

保育士全体の待遇が良くない中でも、保育士が働きやすい環境を作ろうとしている保育園もたくさんあります。保育士の求人票を見ると、保育園によって待遇が全然違うことに気付きます。

現状を悲観するだけじゃなく、しっかりと周りを見渡してください。たとえば、企業内保育所や新しい小規模保育園はICT化が進んでいて、効率が良い保育環境を整えていることが多いです。

そういう環境で働く保育士が増えれば、古い体質の保育園は変わらざるを得ません。

保育士の転職が増えれば保育現場は変わる

現状に満足できない保育士は転職を検討しよう

現状に満足できない保育士は、転職してください。保育士がより働きやすい環境、より待遇が良い環境を求めて転職することが当たり前になれば、古い保育園には保育士が集まらなくなります。

保育士が集まらない保育園は、保育を効率化し、保育士の待遇を改善しないと運営が回らなくなります。そのため、保育士の流動性が高まることが、保育業界の改善につながるわけです。

転職を検討している人は、保育士転職サイトをいくつか使って良い求人を探してみましょう。転職サイトの選び方がわからない人は以下でおすすめを紹介してるので参考にしてください。

いまだに一つの職場に長く務めることが良いことで、転職を繰り返すことが悪いことだと考える人がいますが、それって健全な市場競争が起きてない状態ですよね。厳しい言い方をすると、「手書きって温かい雰囲気がする」と同じレベルの考え方だと思います。

保育士転職サイトランキング10選も参考にしてください☺️
まーさ

-保育士のお悩み

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.

初心者でも良い求人が見つかる!
おすすめ保育士転職サイト5選
おすすめ保育士転職サイト5選!