保育士転職サイトの使い方は?登録から求人検索、転職までの流れ

保育士の転職

保育士転職サイトの使い方は?登録から求人検索、転職までの流れ

投稿日:2018年12月7日 更新日:

この記事は約 7 分で読めます

まーさ
転職サイトに登録したいけど使い方がわからない!

そうですね。全体の流れが見えないと動きづらい人もいると思います。
みやこさん

まーさ
あと転職するまでの流れを知りたい!

はい、大切なことは転職の流れを知ることです。それがわかれば、転職サイトに任せる部分と自分でやる部分がわかりますよ。
みやこさん

転職サイトを使っても使わなくても、転職活動の流れはとくに変わりません。初めてだと不安になりますが、転職サイトの使い方はとても簡単です。

そこでまずは、転職サイトに登録する+電話面談までが1stステップ、そこから転職するまでを2ndステップとして転職の流れを説明します。

保育士転職サイトに登録する方法

保育士転職サイトに登録する方法

保育士転職サイトはどれも登録が簡単です。ゆっくり登録しても、だいたい30秒から1-2分ほどですね。
みやこさん

転職サイト登録に必要な情報

転職サイトの求人に応募したり、転職サポートを受けるには、転職サイトに登録する必要があります。登録に必要な情報は以下の通りです。

  • 氏名
  • 都道府県
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 保有資格(保育士など)
  • 希望の雇用形態
  • 生まれた年

転職サイト登録の流れ

実際に「ジョブメドレー」に登録してみましょう。ジョブメドレーは登録しても電話のやり取りがない転職サイトなので、登録の流れを知るには最適だと思います。「別に電話のやり取りしてもいいよー」という人は、保育士バンクで良いんじゃないかと思います。

まず、ジョブメドレー のリンクをクリックして登録画面を開いてください。

ジョブメドレー-登録手順01

保育士資格か幼稚園教諭免許のうち、持っている資格をチェックしてつぎへ >をクリックします。

ジョブメドレー-登録手順02

正職員、パートなどどんな働き方をしたいか選びましょう。また現在就業中なのか、離職中なのか、在学中なのかを選んでつぎへ >をクリックします。

ジョブメドレー-登録手順03

住所と生年月日を入力してつぎへ >をクリックします。住所は市区町村まででOKです。

ジョブメドレー-登録手順04

名前と性別を入力してつぎへ >をクリックします。

ジョブメドレー-登録手順05

スマホなど繫がりやすい電話番号とメールアドレス、ログインするときのパスワードを決めて、無料登録するをクリックします。これでジョブメドレーの登録は完了です。

どの転職サイトも登録は同じように簡単です。後は、キャリアアドバイザーと電話でのやり取りがあるかないかの違いです。

保育士転職サイト登録後の電話面談

保育士転職サイト登録後の電話面談や求人検索

まーさ
転職サイトに登録すると電話面談があるんでしょ?

多くは電話面談ですね。ジョブメドレーのように面談がない転職サイトもありますよ。
みやこさん

ここではキャリアアドバイザーとのやり取りがある一般的な転職サイト(転職エージェント)に登録した後の流れを見ていきます。

  • キャリアアドバイザーとの電話面談
  • 条件に合わせた求人検索・求人紹介

キャリアアドバイザーとの電話面談

転職サイトに登録をすると、キャリアアドバイザー(担当者)と電話面談があります。そのため、転職サイトの登録は時間があるときが良いです。もちろん、電話面談は別の日時を設定してもOKです。

まーさ
とりあえず試しに登録してみただけなんだけど……。

わたしも情報だけ欲しくて試しに登録した口です。そんなときは「試しに登録しただけなので」と言えば大丈夫です。転職相談をしても良いと思います。話す内容は以下を参考にしてください。

条件に合わせた求人検索・求人紹介

転職サイトに登録したら求人検索をして、いくつかの求人票を見比べてみましょう。求人情報を見慣れると、比較の仕方がわかります。

担当者は、電話面談の情報から非公開求人も紹介してくれます。非公開求人を紹介して欲しい人は、積極的に紹介して欲しいと言えば良いですよ。

まずはここまでで第一段階終了です。転職サイトはいくつか登録した方が良いですよ。

転職サイトを使った保育園採用までの流れ

転職サイトを使った保育園採用までの流れ

みやこさん
続いて実際の転職活動に入っていきます。
  • 転職地域や給料など待遇面の条件を決める
  • 転職サイトで求人を探したり紹介を受ける
  • 転職フェアやセミナーなどに参加する
  • 気になる保育園の園見学に行く
  • 履歴書や職務経歴書を書いて応募する
  • 保育園と採用面接の日程を調整する
  • 保育園の傾向を分析して面接対策をする
  • 複数の保育園の採用面接を受ける
  • 勤務時間、休暇などの条件交渉をする
  • 内定をもらったら就業を検討する
  • 内定に返答して就業開始日などを決める
  • 不採用の場合は原因を探って分析する
  • 条件を再検討して求人情報を集めなおす

転職地域や給料など待遇面の条件を決める

求人情報を選ぶときは、転職地域、職種、雇用形態、給料、働く時間などの条件を決めましょう。条件がピンと来ない人はジョブメドレーなどで求人を検索して、求人票の項目から条件を洗い出しましょう。

転職サイトで求人を探したり紹介を受ける

希望条件が決まったら、転職サイトで求人情報を集めます。条件に合う求人はお気に入りに登録してください。お気に入り機能は、ほとんどの転職サイトにある機能です。また条件を転職サイトの担当者に伝えて、非公開求人も紹介してもらいましょう。

転職フェアやセミナーなどに参加する

転職サイト開催の転職フェアにも積極的に参加しましょう。転職フェアで訪れたブースでは詳細情報を得られるため、優先順位を高くすると良いですね。転職フェアの詳細はこちらを参考にしてください。

気になる保育園の園見学に行く

気になる保育園の園見学にはなるべく行きましょう。園見学には「自分のアピール」「情報収集」「保育園の実態を知る」目的があります。詳しくは以下を参考にしてください。園見学と面接がセットの保育園もあるので、事前に確認してください。

履歴書や職務経歴書を書いて応募する

転職候補が決まったら求人に応募します。転職サイトの登録情報から、履歴書などを送れる転職サイトもあります(原本郵送や面接時提出が多い)。また、担当者からの紹介求人は日程調整をお願いしましょう。履歴書の書き方は以下を参考にしてください。

保育園と採用面接の日程を調整する

求人に応募して書類選考が通ったら、次は保育園と面接の日程調整をします。日程調整は基本的にキャリアアドバイザーに任せますが、自分ですることもできます。

保育園の傾向を分析して面接対策をする

面接の日程が決まったら、面接対策をして本番に臨みましょう。面接は「保育園の評価ポイントを理解する」「保育士としての受け応えを想定する」「面接の受け応えをとにかく練習する」ことが大切です。

複数の保育園の採用面接を受ける

応募する目安は、多すぎず少なすぎずで3-5件ほどが良いと思います。面接に必要な身だしなみ、マナー、立ち振る舞いは、以下を参考にしてください。

勤務時間、休暇などの条件交渉をする

面接した保育園の条件をすべて受け入れる必要はありません。と言っても、ストレートに待遇の話をするのは控えた方が良いですし、後から交渉もしづらいですよね。そこで、面接前に担当者に交渉して欲しい内容を伝えておきましょう。

内定をもらったら就業を検討する

内定をもらったら就業を検討しましょう。面接時に採用後の話をする採用担当者もいますが、複数園の面接を受けている人はうまく流してください。内定を辞退したい人は、担当者から採用担当者に内定辞退を伝えてもらいましょう。

内定に返答して就業開始日などを決める

晴れて保育園から内定をもらったら、次は実際の就業開始日を採用担当者と話し合います。保育園の意向で、就業開始日があらかじめ決まってる場合もあります。

不採用の場合は原因を探って分析する

保育園から内定をもらえなかったら、キャリアアドバイザーと話し合って理由を探りましょう。キャリアアドバイザーは保育園に理由を聞くので、後から必ず理由を聞いて分析することが大切です。

条件を再検討して求人情報を集めなおす

すべて不採用になってからだと遅いので、一通り面接を受けたら先に求人条件を再検討して求人情報を集めなおしましょう。基本的にはこの繰り返しが転職活動です。

転職の流れを頭に入れて転職活動をしよう

転職の流れを頭に入れて転職活動をしよう

もう一度まとめます。細かい調整はある程度担当者にお任せできますが、まずは大まかな流れを頭に入れてください。流れを覚えると、担当者にお願いしたいサポート内容もはっきりします。

  • 転職地域や給料など待遇面の条件を決める
  • 転職サイトで求人を探したり紹介を受ける
  • 転職フェアやセミナーなどに参加する
  • 気になる保育園の園見学に行く
  • 履歴書や職務経歴書を書いて応募する
  • 保育園と採用面接の日程を調整する
  • 保育園の傾向を分析して面接対策をする
  • 複数の保育園の採用面接を受ける
  • 勤務時間、休暇などの条件交渉をする
  • 内定をもらったら就業を検討する
  • 内定に返答して就業開始日などを決める
  • 不採用の場合は原因を探って分析する
  • 条件を再検討して求人情報を集めなおす

なお、転職サイトと担当者は相性が合う・合わないがあるので、自分に合うサービスを見つけられるように複数登録しましょう。

ただ保育士転職サイトは50以上あるので、すべてを試すのは現実的じゃありません。なので、まずわたしがおすすめする保育士転職サイトを試してください。

おすすめはこの4つです。以下で理由を説明してるので、転職サイトの選び方がわからない人は参考にしてください。

まーさ
保育士転職サイトランキング厳選トップ10!」も参考にしてください☺️

-保育士の転職

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.