私立・公務員保育士のボーナス平均は?良い保育園は賞与支給額が多い

保育士の仕事

私立保育士・公務員保育士のボーナス平均は?賞与が増える保育園の選び方

投稿日:2021年3月4日 更新日:

この記事は約 10 分で読めます

まーさ
今年もボーナス少ないなぁ……。他の保育士っていくらもらってるのかな?保育士だから安いとは思うけど……。

たしかに保育士のボーナスは平均より低いですが、思ってるほど安いわけじゃないですよ。
みやこさん

夏や冬になると、ボーナスに関心がある人は増えます。とくに保育士は普段の給料が安いので、ボーナスに期待する人も多いでしょう。一方、ボーナスにそれほど関心がない保育士もいます。その理由は、

まーさ
どうせそんなにボーナスもらえるわけじゃないし……。

というもの。ただ、この考え方はもったいないです。これから就職・転職したい人は、保育士のボーナスに希望を持ってください。そして、ボーナスがもらえる保育園をしっかり見極めてください。

  • 保育士のボーナスの平均っていくらなんだろう?
  • ボーナスってそんなに大事?少ないし意味ないよね……。
  • ボーナスが増える方法ってないのかな?

など感じている人は、この記事を読めばボーナスの重要性、ボーナスを増やす方法を理解できます。ボーナスが高い保育園は他の待遇が良い場合も多く、働きやすさを求める保育士には大切な指標ですよ。

もう一度言いますが、ボーナスはとっても大切です。ボーナスには絶対にこだわってください。

※保育士の転職活動は無料で任せるのが当たり前

「転職する時間がない……。やり方がわからないし、お金もない……。」と悩む人は、保育士バンクに相談しましょう。求人紹介~転職まで導いてくれて、どれだけ頼っても無料です。しかも担当者は元保育士が多いので、相談しやすいですよ。もちろん転職相談だけでもOKです。
>> 無料で使える保育士バンク

保育士はボーナスをいくらもらえる?平均額は?

保育士はボーナスをいくらもらえる?平均額は

まーさ
保育士のボーナスの平均っていくらなの?

厚生労働省の「毎月勤労統計調査」によると、労働者全体の2019年の夏季ボーナスの平均支給額は38万1,520円、2018年の冬季ボーナスの平均支給額は38万654円です。

1年合計でボーナスの平均支給額は76万円ですね。きっと多くの人は、「保育士のボーナスはこれよりだいぶ少ないんだろうなぁ。」と思っているでしょう。

  • 私立保育園でもらえるボーナスの平均
  • 公立保育園でもらえるボーナスの平均

私立保育園でもらえるボーナスの平均

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、私立保育園のボーナスの平均支給額は70万600円です。対象保育士は25万6000人、平均年齢は36.7歳、平均勤続年数は7.8年となっています。

平均年齢 平均勤続年数 所定内労働
時間(月)
所定内給与
(月給)
ボーナス(年間) 労働者数
保育士 36.7歳 7.8年 163時間 244.5千円 700.6千円 25614十人

単純にボーナス70万600円を月給24万4500円で割ると2.85ヶ月ですが、ボーナスは基本給がベースなので、基本給の3.5ヶ月分が平均と予想(基本給20万円)します。保育士のボーナスは意外と多いですね。

まーさ
えー、保育士のボーナスって平均70万円もあるんだ……。わたしそんなにボーナスもらってない……。

という人は、年齢と経験によって基本給に差があること、地域によって給料に差があること、園長や主任保育士のボーナスも含まれていることを考慮に入れてください。

ちなみに、都道府県別で年収がもっとも高い地域は東京で434万円、もっとも低い地域は山形で312万円です(平成30年度賃金構造基本統計調査)。

また、園長(施設長)の平均年収は679万円、主任保育士の平均年収は507万円です。対して一般保育士の平均年収は362万円なので、ボーナスにも差が出るのは当然ですね。

公立保育園でもらえるボーナスの平均

一方、公立保育園で働く公務員保育士には、賞与ではなく勤勉手当と期末手当という2つの手当が、6月と12月の年2回支給されます。

令和2年人事院勧告によると、勤勉手当と期末手当の支給月数は平均4.45ヶ月分となっています。これは地方自治体で違いがあり、東京の場合は4.65ヶ月分など平均より多くなっています。

令和2年度 6月期 12月期
期末手当 1.30月 1.25月
勤勉手当 0.95月 0.95月
合計 2.25月 2.20月

平成30年地方公務員給与の実態から計算すると、公務員保育士のボーナスの平均支給額は年間158万1642円で私立保育士の倍以上です。

違う言い方をすると、私立保育士の年収の半分近くをボーナスでもらっている……。しかもボーナスが基本給の4.45ヶ月分なので、公務員の基本給の平均は35.5万円もあるんです……。

ちなみに以下は、平成29年の練馬区の公務員保育士の平均ボーナス支給額です。

ほいく畑-保育士のボーナス

公務員保育士とは?気になる給料や待遇から私立保育士との違い、試験内容まで解説!|保育士求人専門サイト ほいく畑

まーさ
公務員保育士のボーナスってエグいね……。

そうですね。ただ、羨ましがっていても仕方ないです。私立保育園の保育士は、もっとボーナスのことを知った方が良いですよ。
みやこさん

保育士がボーナスで得する基礎知識

保育士がボーナスで得する基礎知識

あなたがこれからも保育士を続けたいと思うなら、保育士のボーナスの基本についてしっかり知るべきです。最低限以下のことを押さえてください。

  • 保育士は必ずボーナスをもらえる?
  • ボーナスがもらえるか確認する方法は?
  • ボーナスが支給される時期はいつ?
  • 保育士1年目でボーナスはもらえる?
  • パート保育士はボーナスがもらえる?
  • 派遣保育士はボーナスがもらえる?
  • ボーナスはどうやって計算する?

保育士は必ずボーナスをもらえる?

ボーナスは必ずもらえるものと思っている人もいますが、賞与なしの保育園も少なくないです。また、賞与ではなく特別手当、期末手当という名前で支給されることもあります。

転職を考えている人は、事前に必ず求人票などで賞与がどれくらいもらえるか確認してください。

ボーナスがもらえるか確認する方法は?

ホ-ナスがもらえるかどうかは、保育園毎に確認するしかないです。と言っても、保育園に問い合わせるわけじゃなく、転職サイトなどで求人票を見れば書いてあります。以下は保育士バンクの求人例です。

保育士バンク-ボーナス支給額

ボーナスがある保育園のみ検索もできます。保育士バンクの場合は、こだわりの条件に「ボーナスあり」を選択して検索してください。多くの転職サイトで、ボーナスの有無を検索できると思います。

保育士バンク-ボーナスありの求人

ボーナスが支給される時期はいつ?

保育士がボーナスをもらえる時期に明確な決まりはありません。一般的には夏季賞与と冬季賞与の年2回で、私立保育園の夏のボーナスは7月、冬のボーナスは12月の支給が多いですね。

また期末手当として3月に支払われる場合もあり、保育園のルールによります。もちろん、夏季賞与のみ、冬季賞与のみ、期末手当のみという保育園もあります。

保育士1年目でボーナスはもらえる?

こちらも保育園のルールによります。賞与規定がある保育園では、保育士1年目でもボーナスはもらえますが、4月に働き始めて3ヶ月後に夏季賞与があるので、1-5万円前後の寸志になることが多いですね。

1年目はボーナスをもらえず2年目からの保育園もあるので、求人票をチェックしてください。

パート保育士はボーナスがもらえる?

保育園の賞与規定は正社員に対することが多いので、パート保育士はボーナスをもらえない保育園が多いです。ただ、3年目、5年目など節目に特別手当がもらえる保育園もあります。

わたしも今はパート保育士なので、年に1回ボーナスの代わりに特別手当がもらえます。金額は寸志ですが、それでもありがたいことです。

派遣保育士はボーナスがもらえる?

派遣保育士は保育園ではなく、派遣会社に雇われています。そのため、保育園からボーナスはもらえません。ボーナスがもらえるかどうかは、派遣会社に確認してください。

ボーナスはどうやって計算する?

ボーナスの支給額は「基本給×○ヶ月分」で計算します。この「○ヶ月分」が賞与規定で決められています。賞与規定は保育園毎に違うので、一律で計算できるわけではありません。

ボーナスの計算方法は大切な部分なので、必ず押さえてください。
みやこさん

たとえば基本給18万円で規定2ヶ月分だと「18万円×2ヶ月=36万円」、基本給16.5万円で規定2.5ヶ月分だと「16.5万円×2.5ヶ月=41.25万円」となります。

保育士バンク-ボーナス支給額

この求人の場合、基本給の最低が20.5万円なので、ボーナスは安くても「20.5万円×3ヶ月=61.5万円」となり、年間で61.5万円のボーナスをもらえることがわかります。

まーさ
なるほどー。ボーナスをもらうために注意する点がいくつもあるんだね。ところで、ボーナスを増やす方法ってないのかな?

ボーナスが増えるかどうかは保育園の昇給規定によりますが、ボーナスを最大限もらうにはいくつか重要なポイントがあります。
みやこさん

ボーナスを最大限もらうための重要なポイント

保育士がボーナスを最大限もらうための重要なポイント

まーさ
ボーナスを最大限もらうってどういうこと?

たとえば就職や転職のときに、ボーナスの有無しか見てない人が多いです。それだけでは不十分で、とても損している可能性があります。
みやこさん

就職や転職をするときに、ボーナスで損をしたくない人は以下を意識して求人を選んでください。

  • ボーナスが収入に占める割合を意識する
  • ボーナスは3.5ヶ月分以上の保育園を選ぶ
  • 月給が高いより基本給が高い保育園を選ぶ
  • ボーナスが高い保育園の待遇を確認する
  • 求人票でボーナスが計算できない場合もある

ボーナスが収入に占める割合を意識する

ボーナスは年収に大きなインパクトがあります。たとえば、保育士の平均年収は363万円です。年収の内訳は、月収×12ヶ月分で293万円、ボーナスで70万円です。つまり、年収の20%はボーナスなんです。

もしボーナスがカットになると年収は20%も減ります。月収20%カットと言われたら、絶対に辞めますよね。ところが、ボーナスがない保育園に勤めている人もいるんです。

保育園からもらう給料は、必ずボーナスを含めて年収ベースで意識してください。月給で意識すると、ボーナスの重要性が薄れてしまいます。

ボーナスは3.5ヶ月分以上の保育園を選ぶ

年収に占めるボーナスの割合が理解できれば、ボーナスが多い保育園を選んだ方が良いとわかりますね。

先ほど話した通り、保育士のボーナスは基本給×平均3.5ヶ月分と予想しました。そのため、ボーナスを増やしたい人、年収を増やしたい人は3ヶ月分、できれば3.5ヶ月分以上の保育園を選びましょう

月給が高いより基本給が高い保育園を選ぶ

月給より基本給の方が大切!」「基本給○ヶ月分のインパクトはでかい!」この基本をわかってない人は意外と多いです。

どれだけ月給が高くても、基本給が高くないとボーナスは増えません。また、どれだけ基本給が高くても、乗算する月数が少ないとボーナスは増えません。先ほどの保育士バンクの求人例を見てください。

保育士バンク-ボーナス支給額

最低でもらえるボーナスは「基本給20.5万円×3ヶ月分=61.5万円」ですが、最大は「基本給25.5万円×3ヶ月分=76.5万円」で、ボーナスは15万円も高くなります。

もしボーナスが3.5ヶ月分の場合、基本給が20.5万円でも「20.5万円×3.5ヶ月分=76.5万円」になります。「基本給25.5万円×3ヶ月分」と同じ金額です。少しの違いが年収に影響することがわかりますね。

ここは大きなポイントなので、何度か目を通してください。
みやこさん

ボーナスは必ず計算してください。「ボーナス50万円!」など固定の保育園もあります。50万円という数字のインパクトは大きいですが、「基本給×3.5ヶ月分」の方が金額が多い可能性もあるんです。

ボーナスが高い保育園の待遇を確認する

保育園のボーナスを計算して、平均よりも基準が高い求人を見つけたら、保育方針や働きやすさなども確認してください。

ボーナスが十分にもらえる保育園は、経営に余裕があるだけじゃなく、保育士の待遇を向上させようとがんばっている保育園の可能性が高いです。

実はここがボーナスに注目する裏のポイントです。とっても大切ですよ。
みやこさん

求人票でボーナスが計算できない場合もある

ボーナスは必ず計算しないといけません。ただ、以下の求人例を見るとわかる通り、ボーナスが計算できない場合もあります。

保育士バンク-ボーナス支給額03

まーさ
たしかに基本給の何ヶ月分かわかんないね。でも賞与年3回あるから、お得そうな気もするんだけど……。

上記は月給に比べて基本給がかなり低いです。また、ボーナスは年3回支給ですが、基本給の何ヶ月分なのか記載がありません。

保育士バンク-ボーナス支給額02

上記はボーナスが基本給の何ヶ月分か記載がないだけじゃなく、基本給の記載もありません。そのため、蓋を開けたらボーナスが30万円かもしれませんし、70万円かもしれません

まーさ
あぁー、それだとギャンブルと変わんないよね……。

そうなんです。お給料がギャンブルと変わらないなんて馬鹿らしいですよね。
みやこさん

もし求人票を見てボーナスの支給額がわからない場合は、直接保育園に電話をして聞くか、転職サイトの担当者に頼んで聞いてもらいましょう

まーさ
さすがに保育園に直接聞くのは嫌だから、転職サイトの担当者に頼った方がいいね。

保育園のボーナスがいくらかを知る方法

保育園のボーナスがいくらかを知る方法

給料やボーナスのことで失敗したくないなら、保育士転職サイトに聞いてもらった方が良いですよ。
みやこさん

収入を増やしたい人は、月給だけに注目してはいけません。大切なことは基本給がいくらなのか、そしてボーナスがいくらなのかをちゃんと把握することです。

「保育士は給料が低い!」と嘆く割に、そのあたりに無頓着な人は多いです。その考えだと良い転職はできませんし、給料を増やすことも難しくなります。

給料やボーナスで失敗したくないなら、保育士転職サイトを頼りましょう。ボーナスについて、保育園に以下の質問をしてもらってください。

  • 基本給の上限・下限がいくらなのか
  • ボーナスが基本給の何ヶ月分なのか
  • 保育士1年目でボーナスはもらえるのか
  • パート保育士も何らかの報酬はあるのか
  • 昨年のボーナス支給実績を知りたい
  • 過去のボーナス支給の変遷を知りたい
良い保育園はボーナスの計算方法もオープンですし、聞けばしっかり教えてくれます。
みやこさん

わたしも求人票でわからないことは、転職サイトの担当者を通して事前に聞いていました。

わたしは転職サイトを20社ほど使いましたが、特にお世話になったのは保育士バンク、マイナビ保育士、ジョブメドレー保育士、保育ひろばです。

おすすめの理由は以下で細かくまとめています。これから転職する人、今後転職を視野に入れている人、今の保育園に不満を持っている人は必ず目を通した方が良いと思います。

他の業種に比べて給料が安いと言われている保育士だからこそ、月給と同じくらいボーナスにこだわってください。それだけで、もらえるお金が20万円、30万円以上変わる可能性があります。

もし今手取りが少ないことで悩んでいるなら、以下が参考になります。なぜあなたの手取りが安いのか、どうすれば手取りを増やすことができるかを解説しています。

保育士転職サイトランキング10選も参考にしてください☺️
まーさ

-保育士の仕事

Copyright© ほいくのキャリア , 2021 All Rights Reserved.

確実に良い求人が見つかる!
おすすめ保育士転職サイト4選
おすすめ保育士転職サイト4選!