保育士は休憩時間で休めてる?労働基準法違反の保育園多すぎ!対応は?

保育士のお悩み 保育士の仕事

保育士は休憩時間で休めてる?労働基準法違反の保育園多すぎ!対応は?

投稿日:2021年3月7日 更新日:

この記事は約 8 分で読めます

保育士あるある「特技は早食い」ー。保育士ならピンとくる話ですよね。

まーさ
クラス担任はお昼ご飯を素早く食べて、子供たちのお世話しなきゃいけないからね。

というわけで、昼食時間に気を抜けない保育士は多いです。それ以外にも子供は常に突発的な行動を取る恐れがあるので注意が必要ですし、おちおち休憩を取ることもできません

多くの保育園では昼食時間、お昼寝時間に保育士が休憩をとりますが、実際は本当の意味の休憩になっていないことが多いんです。ただ、わたしたち保育士は、これを当たり前と思ってはいけません。

休憩時間は張り詰めた労働時間の合間にホッと一息ついて、集中力を切らさないための大切な時間です。短い時間でもリフレッシュする方法を見つけて、仕事の活力に変えないといけません。

  • 保育士の休憩時間ってどういう風に決まっているの?
  • 休憩とれないから不満なんだけど……これって違法じゃない?
  • どうすれば今の保育園で十分な休憩時間をとれるの?

忙しくて休憩がとれないことを悩む保育士は少なくなりません。もしくは、ほぼ休憩なしが保育士の働き方だと勘違いしている人もいるかも知れません。

今より十分な休憩をとりたいなら、保育園の休憩時間の状況を理解し、それが適正か判断しなければいけません。そして保育園の状況に合わせて、休憩時間を確保する方法を考えなければいけません。

この記事を読むことで、当たり前だと思っていた今の保育園の休憩時間に疑問を持つことができます。休憩時間が取りやすい保育園の特徴もお伝えするので、最後まで読んでください。

※保育士の転職活動は無料で任せるのが当たり前

「転職する時間がない……。やり方がわからないし、お金もない……。」と悩む人は、保育士バンクに相談しましょう。求人紹介~転職まで導いてくれて、どれだけ頼っても無料です。しかも担当者は元保育士が多いので、相談しやすいですよ。もちろん転職相談だけでもOKです。
>> 無料で使える保育士バンク

保育士の労働時間と休憩時間のとり方

保育士の労働時間と休憩時間のとり方

まーさ
保育士の休憩時間ってどれくらいが適正なの?決まりとかある?

保育士に限らず、労働者は労働時間と休憩時間の割合が法律で決まっています。
みやこさん

労働基準法では、勤務時間が6時間以上8時間未満の場合は最低45分、8時間を超える場合は1時間以上の休憩を与えなければいけないと定められています。

昭和二十二年法律第四十九号
労働基準法
第四章 労働時間、休憩、休日及び年次有給休暇
(休憩)
第三十四条 使用者は、労働時間が六時間を超える場合においては少くとも四十五分、八時間を超える場合においては少くとも一時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。
② 前項の休憩時間は、一斉に与えなければならない。ただし、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定があるときは、この限りでない。
③ 使用者は、第一項の休憩時間を自由に利用させなければならない。

労働基準法 - e-Gov法令検索

まーさ
うちの保育園は、一応1日1時間は休憩時間があるかな。

保育士が通常のシフト勤務や固定時間勤務をするなら、1日45分から1時間は休憩時間に設定されているはず。さすがに、休憩時間が設定されていない保育園はないと思います。

ただ、名目だけ休憩時間でも、保育士が本当に休めているかが問題です。上記労働基準法の「使用者は、第一項の休憩時間を自由に利用させなければならない。」この部分が引っかかる気がします。

まーさ
たしかに、休憩時間中は何でも自由ってわけじゃないかなぁ。

では、もう少し保育園の休憩時間を紐解いてみますね。実は、労働基準法に違反している保育園は多いんです。
みやこさん

保育園の休憩時間って労働基準法違反…?

保育園の休憩時間って労働基準法違反…?

まーさ
休憩で……労働基準法違反……ってどういうこと?

休憩時間にはちゃんと定義があるんです。保育士の仕事に照らしながら見ていきますね。
みやこさん

多くの保育園では、休憩時間において労働基準法違反をしているかもしれません。それは、保育士の休憩時間の使い方・使わせ方が関係しています。

  • 昼食を子供といっしょに食べるのは休憩時間?
  • 残業を避けるために休憩時間に仕事をすると?
  • お昼寝時間は休憩時間としてゆっくり休める?
  • よく考えたら行事の日は1日中休憩ないかも?

昼食を子供といっしょに食べるのは休憩時間?

クラス担任は、給食やお弁当を子供たちといっしょに食べますね。では、子供たちといっしょの昼食の時間は、保育士が心休まる休憩時間でしょうか。

食事中は、常に子供の安全に目を配っていますよね。箸やフォークを持っておふざけをしていないか、突然嘔吐してしまう子はいないか、給食をひっくり返してしまう子はいないか……。

そんな心配をしているから、保育士は早食いが特技になるんです。これは心休まる休憩時間とは言えません。

残業を避けるために休憩時間に仕事をすると?

「うちは持ち帰り仕事は禁止です!」という保育園は増えましたが、じゃあ持ち帰り仕事の時間はどこで補うのか……そう、休憩時間中に連絡帳や日案を書いたり、製作物に手を付けるんです。

「持ち帰りが嫌なら、休憩中にやればいいじゃん!」と先輩保育士に言われて、そんなもんか……と納得して休憩時間を潰す保育士はとても多いです。

でも、残業を避けるために休憩時間に仕事をするということは、休憩がとれないということ。休憩時間が休憩時間ではなくなってますよね。

ちなみに持ち帰り仕事は残業認定ですが、現状ではほぼサービス残業になっている保育士が多いでしょう。こちらも保育業界の問題の一つですね。

お昼寝時間は休憩時間としてゆっくり休める?

子供のお昼寝時間に、交代で休憩を取る保育園も多いですね。でも、子供のお昼寝時間に十分な休憩が取れている保育士は少ないと思います。

とくに0歳児保育では、お昼寝中の見守りは必須です。5分に1回はうつぶせ寝をしてないか確認して、チェック表をつける保育園もあります。

もちろん1歳児以降でも寝付けない子や泣き出す子、起きて暴れる子がいたら、一人ひとり寄り添って相手をしますよね。「保育士には休憩時間を与えている」と胸を張って言える保育園は少ないはずです。

よく考えたら行事の日は1日中休憩ないかも?

遠足、運動会、発表会、入園式・卒園式など大型行事の日は、職員みんな忙しくピリピリしています。

こういう日は1日中休憩がないことも多いです。まぁ、1日程度なら別に問題はないんですが、やっぱりこれが当たり前のように積み重なると疲労も溜まっていきますよね。

まーさ
保育士の休憩時間はこれが当たり前だと思ってたけど、労働基準法で見たら違反なんだね……。そう考えると不満かも。

そうなんです。保育業界はこういうものだと思っている人は、「労働基準法<保育業界の暗黙のルール」という変な認識なんです。
みやこさん

保育士が休憩時間を取るにはどうすれば良い?

保育士が休憩時間を取るにはどうすれば良い?

まーさ
えー、でもそんなこと言われても、今の保育園でどうやって休憩時間を取ればいいの?

結論から先に言うと、今の保育園の休憩時間が十分に増えたり、理想的な休憩時間が取れる体制になる期待はしない方が良いと思います。

今の保育園の休憩時間は、保育業界の文化になっています。初めての保育業界でゼロから始めた新設保育園、革新的な園長が就任した保育園以外は、程度の差はあれ休憩時間の概念は変わりません。

もちろん、何もしなければ何も変わらないので、声を挙げることは大切です。今よりも心が休まる休憩時間を望むなら、以下の対策をしてください。

  • 保育園に休憩時間のルールの見直しを要望する
  • 余裕を持って仕事ができる人員の増員を要望する
  • 地方労働局に相談して休憩時間の改善を求める
  • 今よりも休憩時間が確保できる保育園に移る

保育園に休憩時間のルールの見直しを要望する

もしかしたら、保育園に休憩時間を見直して欲しいとお願いしたことがある人もいるかもしれません。

ただ、「休憩時間を増やして欲しい。」という要望だとなかなか通りませんし、休憩時間が増えたとしても心が休まらない休憩だと意味がありません

そのため、「労働基準法に則った休憩時間のルールづくりをして欲しい。」と要望しましょう。これは、保育士が園内の心配をせずに休憩が取れる体制作りが必要だという意味です。

余裕を持って仕事ができる人員の増員を要望する

休憩時間に十分に休むことができないのは、保育士が仕事に追われているからです。勤務時間内で仕事が終われば持ち帰り仕事もありませんし、書き物を休憩時間にする必要もなくなります。

ただ、単純に保育士を増やしただけだと、サボる人が出て何も変わりません。職員には保育士を増やす目的を明確に伝えて、職員全員が心が休まる休憩時間の確保を目指さないといけません。

こちらもかなり難しそうです。そもそも保育園は、仕事が回っている(ように見えている)のに、保育士を増やそうなんて思わないでしょう。

まーさ
そうなんだよねぇ。配置基準さえ守ればいいと思ってる園長は多いと思う……。

保育士の配置基準は子供の安全のためにある大切なルールです。配置基準について詳しく知りたい人は、以下を参考にしてください。

地方労働局に相談して休憩時間の改善を求める

自分たちの力だけだとどうにもならない場合は、地方労働局に保育園の休憩時間の現状を説明して、保育園に改善指導をしてもらえるよう働きかける方法もあります。

ただ残念ながら労働局も、保育園に保育士が足りない現状、休憩時間に自由な休憩ができない現状を理解しています。そのため、動いてくれないと考えた方が良いです。

また、仮に保育園に改善指導があったとしても、保育園には現状を変える気力・体力がありません

今よりも休憩時間が確保できる保育園に移る

今の保育園にいても、保育園や職員の休憩時間に対する考え方、休憩時間の使い方が変わることはありません。そのため、休憩時間を取れる保育園に移った方が現実的です。

まーさ
言ってることはわかるけど、休憩時間を取れる保育園って見極められるのかな?

一番わかりやすいのは、「休憩対応保育士(休憩保育士)」がいる保育園かどうかです。

休憩対応保育士は、保育士が順番に休憩をとっていく穴を埋める役割をしてくれます。フリー保育士が休憩対応保育士の役割を担う保育園もあります。

それ以外で休憩時間を取れる保育園の見極めは簡単ではないです。ただ、仕事が効率化されている、行事が少ない、残業や持ち帰りが少ないなどの特徴がある保育園は休憩時間も確保しやすいと予想できます。

以下の特徴を見極めると、休憩時間が取れて働きやすい保育園を見つけられますよ。
みやこさん
  • 配置基準以上に保育士の数が足りている
  • 1年を通して大型行事の数が少ない
  • ICT導入が進んでいて詳しい人がいる
  • 保育士の働き方が体系化されている
  • 保育士の話し合いで有給消化しやすい
  • 保育士同士の協力体制ができている
  • 園長がワンマン経営をしていない

上記をチェックして、今よりも休憩時間が取りやすい保育園を探してください。

まーさ
うーーん、でも保育園の中身まではわからないからなぁ。探すのって難しくない?

休憩時間が取りやすい保育園の探し方は?

休憩時間が取りやすい保育園の探し方は?

たしかに個人が調べても保育園の中身まではわかりません。そこで、転職サイトから保育園にヒアリングしてもらいましょう。
みやこさん

中身を伴った休憩時間が取れる保育園を探したいと思っても、それを調べるのは難しいです。そのため、先ほど挙げたチェック項目を多く満たす保育園を転職サイトに探してもらいましょう。

保育士転職サイトを使えば、気になる保育園に直接ヒアリングをしてくれるので、あなたの理想の保育園を見つけやすくなります。先ほどの項目を担当者に伝えてください。

  • 配置基準以上に保育士の数が足りている
  • 1年を通して大型行事の数が少ない
  • ICT導入が進んでいて詳しい人がいる
  • 保育士の働き方が体系化されている
  • 保育士の話し合いで有給消化しやすい
  • 保育士同士の協力体制ができている
  • 園長がワンマン経営をしていない

保育士転職サイトは、わたしも過去にお世話になった保育士バンク、マイナビ保育士、ジョブメドレー保育士、保育ひろばに登録すれば間違いないでしょう。

おすすめの理由は以下で細かくまとめています。これから転職する人、今後転職を視野に入れている人、今の保育園に不満を持っている人は必ず目を通した方が良いと思います。

残業時間を含めて労働時間が6時間を超える場合は、保育士に45分以上の休憩時間を与えることが法律で決まっています。さらに休憩時間は、保育のことを忘れて自由に使える時間でなければいけません

理想をすべて叶えることは難しいですが、今の保育園の休憩時間に不満があるなら、早めに転職してより働きやすい環境を見つけることをおすすめします。

保育士の働く時間の種類やどうやって働くのがベストかを知りたい人は、以下を参考にしてください。

保育士転職サイトランキング10選も参考にしてください☺️
まーさ

-保育士のお悩み, 保育士の仕事

Copyright© ほいくのキャリア , 2021 All Rights Reserved.

確実に良い求人が見つかる!
おすすめ保育士転職サイト4選
おすすめ保育士転職サイト4選!