保育士の求人票の給料の見方

保育士の転職

保育士の求人票の給与と待遇の見方は?転職で失敗したくない!

投稿日:2019年12月5日 更新日:

この記事は約 6 分で読めます

まーさ
こんにちは!保育歴20年の保育士まーさ(@mama_ism)です。
「思ってたより給料が安い……転職失敗したなぁ。」と嘆いてる人は、求人票を隅々まで確認しましたか?求人票には保育園の情報が詰まってるので、ちゃんと見れば不明な点があっても後から質問できます。つまり転職に失敗した人は、求人票の見方を知らなかった可能性があるんです。

「こんなに給料安いとやってけないよ!」という保育士は多いですが、その割に求人票で給料やお金周りの見方を知らない人は多いです。

たとえば月給だけを比べても、高いか安いのかは判断できません。月給だけじゃなく待遇にもお金に関する項目は隠れています。この記事を読んで、求人票の正しい待遇を理解してください。

求人票の見方を知らない保育士は多い…

求人票の見方を知らない保育士は多い…

たとえば求人票に「月給210,000~280,000円」と書かれていたら、年収がいくらかイメージできますか。保育士が転職で失敗しないためには、1つの数字だけを見て判断してはダメです。

保育士の求人票に記載されたお金に関する項目

以下は、とある保育士求人票の一部です。お金に関係する項目、ある程度一般的な項目を抜き出したので、これらについて解説します。

給与月給月給220,000円 ~ 270,000円
基本給190,000円~
資格手当5,000円
通勤手当月上限5万円
住宅手当あり
キャリアアップ補助金15,000円
経験により優遇あり
賞与2ヶ月分
昇給年1回
退職金制度勤続3年以上
待遇家賃補助制度月82,000~92,000円※規程あり
引越し費用補助上限10万円
各種お祝い金あり
ユニフォーム貸与あり

保育士求人票の給与に関する項目

保育士求人票の給与に関する項目

  • 給与|月給や賞与、残業代など、従業員が得るすべての報酬のこと
  • 月給|基本給+決まった手当のこと
  • 給料|基本給のこと

給与と月給と給料は、上記のように意味が違います。つまり、給与>月給>給料(基本給)です。これを踏まえて、保育士の求人票によくある以下の項目を説明します。

  • 月給とは
  • 基本給とは
  • 資格手当・通勤手当・住宅手当とは
  • キャリアアップ補助金とは
  • 賞与とは
  • 昇給とは
  • 退職金制度とは

月給とは

月給とは毎月決まってもらえる賃金のことで、「基本給」と「決まった手当」を合わせた金額です。たとえば「月給220,000円~270,000円」と幅があるのは、人によって基本給や手当が違うからです。

基本給とは

基本給とは月次の基本賃金のことです。保育士の基本給は、年齢、勤続年数、経験年数、保育技術、保育園への貢献度などを考慮して決まります。基本給は賞与や退職金などの算定基準にもなります。

例では基本給が「190,000円~」となっていますが、月給の上限が270,000円なので上限はあります。

資格手当・通勤手当・住宅手当とは

資格手当とは

資格手当とは、資格を持っているときに支払われる手当のことです。ただし、例では何の資格かわからないので、面接で聞く必要がありますね。キャリアアップ研修の職務分野別リーダーなら、5000円でぴったりなんですが。

通勤手当とは

通勤手当とは、交通費に応じた手当のことです。実費ではなく手当(給与)で支給するので、1万円、3万円、5万円などいくつかの段階があるんだと思います。

住宅手当とは

住宅手当とは、居住地域や居住にかかる費用に対する手当のことです。

その他の手当

他にも「扶養手当」「役職手当」などがあり、これらは毎月一定額の支給なので「固定手当」と言い月給の一部になります。一方、残業手当は変動するので「変動手当」と言い月給には含みません

保育園によっては残業代が固定手当で月給に組み込まれている「固定残業手当(みなし残業手当)」もあります。固定残業手当は求人票に記載されるはずなので、気をつけて見てください。

キャリアアップ補助金とは

キャリアアップ補助金とは、平成29年度から始まった「保育士等キャリアアップ補助金」のことで、従来の月額2.3万円の補助金に加えて、新たに月額2.1万円を増額しています。

ただ、求人票例で書かれた金額は1.5万円……。ちょっとここは聞いてみないとわかりません。

賞与とは

賞与とはボーナスのこと。例では「2か月分」ですが、これは基本給×2か月分という意味。基本給が19万円ならボーナスは38万円、基本給が21万円ならボーナスは42万円です。

賞与が4か月なら基本給19万円でボーナス76万円、基本給21万円だとボーナス84万円になり、8万円も差が出ます。賞与は書き方が曖昧で、「賞与あり」「寸志(気持ち)」「業績連動賞与」もあります。

賞与は2年目からという保育園もあります。賞与は大きな差が出るのでしっかり理解してください。

昇給とは

昇給はどの保育園も年1回だと思います。昇給率は保育園によって違いますが、飛び向けて昇給率が高い保育園はありません。以下の年齢別平均年収を見ると、昇給率はだいたい予想できると思います。

退職金制度とは

退職金制度とは、勤続年数や役職などで定めた一時金を退職時に受け取る制度のことです。退職金制度があっても、勤続年数が少ないと支給されないこともあります(例では「勤続3年以上」)。

退職金は基本給で算定します。たとえば退職金制度がある保育園で20年勤めて自己都合以外で退職をすると、目安として400-600万円前後の退職金がもらえます。

保育士求人票の待遇に関する項目

保育士求人票の待遇に関する項目

待遇とは、給与とは別に従業員に提供される制度やサービス、福利厚生のことです。待遇の中でいくつかお金に関わる項目の説明をします。

  • 家賃補助制度とは
  • 引っ越し費用補助とは
  • 各種お祝い金とは
  • ユニフォーム貸与とは

家賃補助制度とは

例の家賃補助制度は金額が「月82,000~92,000円※規程あり」なので、借り上げ社宅制度だと思います。

借り上げ社宅制度とは、保育園が賃貸物件を契約して入職した保育士に貸すことで、8.2万円(東京都)を上限に国が補助金を出す制度のことです。詳しくは以下参考。

家賃がほぼかからないだけじゃなく、補助金なので税金もかかりません。もし東京で賃貸に住むなら、借り上げ社宅制度がある保育園が圧倒的に良いと思います。

引っ越し費用補助とは

例の保育園に入ることで引っ越しが必要なら、「上限10万円」まで引っ越し費用補助が受けられます。引っ越し費用補助は、10万円まで実費で保育園が負担するということです。

実費負担は保育士の所得にならないため、税金はかかりません。ちなみに、交通費実費支給となっている場合も所得にはなりません。

各種お祝い金とは

最近、転職が決まったらお祝い金を出す保育園も増えましたね。お祝い金の名目によって、税金がかかるかどうかが変わります。

単純に入社おめでとうの意味で10万円もらったら、雑所得で課税対象です。一方、入職のために引っ越しが必要で、家電購入で10万円まで保育園が負担する場合は所得にはなりません。

ユニフォーム貸与とは

ユニフォーム貸与とは、決まったエプロンや決まったTシャツを保育園が貸してくれることですね。これが書いてないと、自分で用意するということです。

保育士求人票の給与と待遇は3つのポイントがある

保育士求人票の給与と待遇は3つのポイントがある

これで保育士求人票の給与と待遇の大まかな見方はわかりましたね。わかったら、給与と待遇は3つのポイントをチェックしてください。

  • 基本給が高いか安いかを判断する
  • 手当も含めて年収で計算する
  • 借り上げ社宅など制度分を含めて計算する

基本給が高いか安いかを判断する

月給が高くても、基本給が安い場合はいろんな手当があるからかもしれません。基本給は、残業代・賞与・退職金の計算に使うため重要です。

基本給の相場がわからなければ、まず自分の基本給を基準として高い・安いを比べてください。月給が高くても、基本給が安いと年収が低くなる場合があります。

手当も含めて年収で計算する

基本給の判断ができたら、金額がわかる手当や賞与を含めて年収で計算しましょう。

借り上げ社宅など助成金を含めて計算する

待遇に含まれるお金に関することも含めて計算してください。もし年収が300万円でも、たとえば借り上げ住宅があると年収400万円以上に匹敵してます。

1つの求人票に対して基本給、年収、お金に関する総額を計算すれば、求人を比較したときにどの保育園が金銭面でお得になるかわかります。待遇に含まれるお金は意外と計算しない人が多いです

給与と待遇は求人票をたくさん見ると理解できる

給与と待遇は求人票をたくさん見ると理解できる

給与や待遇には他にもたくさんの項目があります。初めは難しく感じますが、求人票を見慣れると金銭面の待遇が良い保育園がパッとわかるようになります。

月給が高くても基本給が安かったり、ボーナスが少なかったり、退職金制度がなかったりすると転職後に後悔します。とにかく、転職サイトで求人票を見まくることをおすすめします。

転職サイトは50以上ありますが、おすすめは「保育士バンク」「保育ひろば」「マイナビ保育士」です。転職サイトは複数登録が基本です。ほとんどの転職者がこの中のどれかには登録してると思います。

保育士バンクは保育士のおすすめNo.1!

業界大手「保育士バンク」は全国に拠点があり、転職フェアも数多く開催しています。公開求人2万件+非公開求人1万件もあるため、地方転職に欠かせません。キャリアアドバイザーに元保育士が多いため、気持ちを理解してもらえる悩み相談も心強いです。「ブランクOK」「初心者歓迎」求人も多いですね。

  • 公式:保育士バンク
  • 電話・メール対応が丁寧なので安心して悩み相談できます。転職相談もできます。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

保育ひろばは業界実績も知名度もある!

すぐに転職したい人は、知名度が高く実績もある「保育ひろば」を利用しましょう。登録から転職まで平均2週間と謳うほど速さが売り。転職フェアの開催も多いです。キャリアアドバイザーの熱意が高く、真剣に短期間で転職したい人には最適な選択です。顧客満足度94.2%という評価にも現れています。

  • 公式:保育ひろば
  • 少しでも早く転職したい人は相談してみましょう。拠点も多いので直接会うこともできます。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

関東の転職はマイナビ保育士がおすすめ

関東の転職なら「マイナビ保育士」は外せません。マイナビの知名度は大きいですし、多くの転職ノウハウに基づいたサービスが期待できます。求人、キャリアアドバイザー、サービス、口コミすべて1-2を争う質の高さです。希望しなければ電話連絡がない「マイページ会員サービス」も使い勝手が良いですね。

  • 公式:マイナビ保育士
  • 転職ノウハウがわかるので登録して損はないです。保育園の細かな情報もわかりやすいです。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

登録した方が良い転職サイトの比較

総合評価

4.70

保育士バンク

4.58

保育ひろば

4.63

マイナビ保育士
公開求人数

4.7

20,020件:非公開1万件~

4.5

9,737件:非公開不明

4.5

9,206件:非公開不明
求人地域

4.8

全国対応で地方も多い、拠点は8都道府県

4.7

全国対応で地方少なめ、拠点は34都道府県61箇所

4.3

関東+関西対象で地方なし、拠点は9都府県10箇所
コンサルの質

4.7

元保育士が多く悩みを相談しやすい

4.6

熱意があって引っ張ってくれる

4.8

ノウハウが豊富で対応がきめ細やか
サービス充実度

4.6

転職フェアが多い、非公開求人が多い

4.7

平均2週間で転職、転職フェアが多い

4.7

関東で圧倒的に強い、サポートが厚い
口コミ評価※

4.8

口コミ評価+特徴

4.0

口コミ評価+特徴

4.8

口コミ評価+特徴
公式サイトの確認
ここから登録
保育士バンク
ここから登録
保育ひろば
ここから登録
マイナビ保育士
口コミは総合評価から除外

転職初心者が気軽に使えるジョブメドレー

どうしても電話連絡が嫌な人は、「ジョブメドレー」に登録しましょう。ジョブメドレーは自分で求人を探して、自分で応募するセルフ方式です。担当は付きませんが、困ったときはヘルプのお願いも可能です。また、公開求人が2.5万件もあり、他の転職サイトだと数が少ない地方求人を探すこともできます。

  • 公式:ジョブメドレー
  • 担当制が合わない人は確実に使いましょう。転職初心者が最初に登録するのもおすすめです。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

まーさ
保育士転職サイトランキング厳選トップ10!」も参考にしてください☺️

-保育士の転職

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.