託児所付き保育園に子供を預けて働きたい!

保育士の仕事

院内保育所の仕事内容は辛い?給料や夜勤など待遇のメリットデメリット

投稿日:2019年11月18日 更新日:

この記事は約 7 分で読めます

まーさ
院内保育所の求人って保育士に人気みたいだけど、病院だし夜勤とか辛くないのかな?

院内保育所と言っても設定保育があったり、託児所に近かったりなど働き方が違うので、求人内容を見比べないと判断できませんよ。
みやこさん

「給料とか待遇がいいって聞いたから」など、院内保育所ならどこに転職しても良いと思ってませんか。

たしかに病院内保育士の求人は少ないので、転職できるならどこでもいいと考える気持ちもわかります。ただ院内保育所もいろいろあり、仕事内容や給料などのメリット・デメリットも違います。

この記事では院内保育所の働き方、給料や休みなどの特徴、メリット・デメリットについてお話します。また、適当に求人を選んで後悔しないよう、院内保育所の求人の選び方をわかりやすく解説しますね。

院内保育所求人を探すなら、以下の保育士転職サイトがおすすめです(2020年2月時点)。

※保育士の転職活動は無料で任せるのが当たり前

「転職する時間がない……。やり方がわからないし、お金もない……。」と悩む人は、保育士バンクに相談しましょう。求人紹介~転職まで導いてくれて、どれだけ頼っても無料です。しかも担当者は元保育士が多いので、相談しやすいですよ。もちろん転職相談だけでもOKです。
>> 無料で使える保育士バンク

院内保育所(院内保育園)の特徴

院内保育所(院内保育園)の特徴

まーさ
院内保育所ってどんな保育所?仕事内容とか特徴を教えて。

院内保育所とは、主に病院に勤務する医師や看護師の子供を預かる保育園で、「事業所内保育所」の1つです。基本的には、認可外保育園が多いですね。

今は基準を満たせば自治体の補助を受けて保育施設を設置できるので、規模が小さい病院でも院内保育所の導入が増えました。そのため、病院内保育士の需要も増しています

院内保育所の大きな特徴は、24時間365日運営が多いことです。医師や看護師は夜勤シフトがあり、突然呼び出されることもあるので、子供を院内保育所に預ける時間も不規則になることが多いです。

基本的には、小規模なので大きな園内行事はありません。預かる子供も0-2歳が多く、3歳以上の子は数が少ないので、小規模異年齢保育になります。

ただし、院内保育所の規模が大きくなると設定保育があったり、クラス分けがあったりなど普通の保育園と変わらない保育内容の院内保育所もあります。

まーさ
院内保育所って保育園に近かったり、託児所に近かったり、いろいろあるってことなんだね。

保育士が院内保育所に勤めるデメリット

保育士が院内保育所に勤めるデメリット

まーさ
保育士が院内保育所で働くデメリットってある?

院内保育所の規模や保育方針によりますが、よくあるデメリットは以下の通りです。

  • 24時間シフト制で辛い・体調を崩しやすい
  • 保育環境が整っていない保育園もある
  • 保育士が少なく休みが取れない時期もある
  • 院内保育所はキャリアアップしにくい
  • 登園時間がバラバラで管理が必要

24時間シフト制で辛い・体調を崩しやすい

病院は24時間365日稼働なので、院内保育所もそのスケジュールに合わせて運営されます。夜勤もあるため、夜勤シフトに慣れるまでは体がきつく、体調を崩しやすいです。

夜勤手当はつきますが、体力的に辛くて辞める人もいます。夜勤がない院内保育所もありますが、通常は院内保育士も人数が足りないので、夜勤ゼロだと働くのは難しいと思います。

保育環境が整っていない保育園もある

保育スペースが狭く環境が整っていないため、少数でギリギリ運営する院内保育所もあります。また小さい病院だと十分な福利厚生がなかったり、待遇がよくないこともあるので注意が必要です。

保育士が少ないので休みが取れない時期もある

院内保育士が少ないので、誰かが休んだときにカバーできる人も少ないです。休みが被ったときや保育士が辞めて人数が少ないときは、環境的に休みが取りづらくなります。

院内保育所はキャリアアップしにくい

院内保育所の多くは、小規模の認可外保育園です。保育士がキャリアアップするには認可保育園での経験が必要なので、キャリアアップの経験を積むことができません。

登園時間がバラバラなので管理が必要

一般保育園では子供の登降園時間はだいたい同じですが、院内保育所は保護者の勤務時間によります。そのため、登降園時間の管理と子供をスムーズに受け入れる自由保育の工夫が必要です。

保育士が院内保育所に勤めるメリット

保育士が院内保育所に勤めるメリット

まーさ
デメリットはわかったけど、院内保育所求人のメリットって何かな?

同じく院内保育所によりますが、よくあるメリットは以下の通りです。

  • 夜勤手当があると給料も高くなる
  • 残業・持ち帰り仕事が少ない
  • 福利厚生や休暇など待遇面は良い
  • 子供の発熱で親に連絡がつきやすい
  • 子供の病気やケガの対処が早いので安心
  • 交通手段が豊富で通勤しやすい
  • 子供一人ひとりの成長と向き合える

夜勤手当があると給料も高くなる

病院内保育士は、一般保育士とそれほど基本給は変わりません。ただし、夜勤をすると夜勤手当がつきます。夜勤手当はピンきりで、1回あたり◯◯円と換算します。

仮に夜勤手当が1回4000円とすると、夜勤に5回出れば普段の給料プラス2万円になります。

残業・持ち帰り仕事が少ない

院内保育所は、大きな行事がないので残業は少なめです。

ただし子供の人数の関係で急に残業になるので、固定残業制が多いですね。その場合は固定残業手当がありますし、固定残業時間を過ぎれば残業代も出ます。夜勤の場合は夜勤手当もつきます。

保育指導計画の書き方なども一般的な保育園に比べると緩いので、持ち帰り仕事が少ない傾向があります。ただし、このあたりは院内保育所のルールによります。

福利厚生や休暇など待遇面は良い

院内保育所運営は、病院か保育園運営を展開する法人のどちらかです。病院運営の場合は職員と同じ福利厚生で、運営会社だと運営会社の福利厚生です。そのため一般保育園よりも待遇面は期待できます。

大規模病院の院内保育所は待遇も良い傾向があります。以下ジョブメドレーの求人情報です。

院内保育所A 院内保育所B 院内保育所C
月給 20.1万円~29.9万円 月給 20.3万~24.3万円 月給 19.9万円~ 25万円
基本給 17.5万円 基本給 18.2万円
資格手当 8000円 勤務手当 1.3万円
施設手当 2万円 資格手当 3000円
役職手当 2万円
固定残業手当 2.6万円(15時間分) 住宅手当 1.5万円
通勤手当 上限5万円/月(全額支給) 交通費 上限3万円/月
家族手当 家族手当 1万円
昇給年1回(7月) 昇給 年1回
賞与年2回(夏季・冬季) 賞与 年2回(業績による) 賞与年2回
決算賞与(業績による) 交通費全額支給
試用期間3ヶ月(条件変更なし) 借り上げ社宅制度

院内保育所は、基本給がそれなりで手当が豊富な求人が多いです。

この3つだと院内保育所Aの月給が一番高いですが、院内保育所Bは月給の下限がAより上で、借り上げ社宅制度もあります。ただし、月給の内訳がわかりません。内訳がわからないので判断できません。

このように比較すると、聞きたい情報が整理できますね。求人情報は、必ず内訳を聞かないと後悔のもとになります。

子供の発熱で親に連絡がつきやすい

保育園の困り事の1つが、子供の発熱で保護者に連絡が取れないことです。院内保育所は病棟や敷地内にあるので、保護者にすぐ迎えに来てもらえます。

すぐに連絡がつかなくても保護者の居場所はほぼわかっているので、緊急時も対応しやすいです。

子供の病気やケガの対処が早いので安心

子供が突然体調を崩したり大きなケガをすると焦りますが、院内保育所なら看護師がすぐに対応できるので保育士も安心できる環境です。

交通手段が豊富で通勤しやすい

院内保育所は病院敷地内が多いため、病院職員と同じように車通勤できます。またバス停も「○○病院前」などがあるため、通勤しやすいのは大きなメリットです。

子供一人ひとりの成長と向き合える

院内保育所は一般保育園より残業が少なく業務負担がかからないため、子供一人ひとりと向き合う保育ができます。また、保護者の理不尽なクレームも少ない傾向があります。

まーさ
わたしにとっては、院内保育所はメリットがあるように感じる。

院内保育所の求人の選び方とポイント

院内保育所の求人の選び方とポイント

まーさ
院内保育所の求人の選び方ってどうすればいいの?何かコツとかあるのかな。

院内保育所は待遇面のメリットが多く人気がある保育園ですが、夜勤など働き方が変則的なので、選び方を間違えると体力的・精神的に辛くなります。以下の求人の選び方とポイントを押さえましょう。

  • 大規模病院の小規模院内保育所を選ぶ
  • 都市圏以外の院内保育士求人はメインで考えない
  • 夜勤手当を取るか、働きやすさを取るか
  • 院内保育所は非公開求人を狙う

大規模病院の小規模院内保育所を選ぶ

待遇や安定性を重視するなら、大規模病院の院内保育所求人が良いです。ただし院内保育所の規模で託児所に近いのか、保育園に近いのかが違います。

何も考えず託児所感覚で転職すると、普通の保育園と変わらずクラス担任になって辛い思いをするかもしれません。500床以上の大規模病院で、小規模の院内保育所求人だと良いですね。

都市圏以外の院内保育士求人はメインで考えない

院内保育所は地方よりも、都市圏の求人が圧倒的に多いです。地方の院内保育士求人は少ないので、メインに考えず定期的に空きをチェックしましょう。

夜勤手当を取るか、働きやすさを取るか

夜勤をすると夜勤手当がつきます。1回4000-6000円とすると日給が1.5倍になるイメージですね。体力に自信があってお金が欲しい人は夜勤が多い院内保育所を選びましょう。

夜勤の頻度やシフト変更の頻度は、事前に確認してください。夜勤が少なめ・夜勤がない院内保育所もあるので、体力に自信がない人は夜勤が少なめの求人を探してください。

院内保育所は非公開求人を狙う

病院は機密情報が多いので非公開求人が多いです。また、医師や看護師の子供を預かるため、ある程度保育経験がある保育士を求めています。

そのため、保育士転職サイトで非公開求人の紹介を受けると転職成功率は高くなります。院内保育所で働きたい保育士は、複数の保育士転職サイトに登録しましょう。

院内保育所求人が充実した保育士転職サイト

院内保育所求人が充実した保育士転職サイト

院内保育所は公開求人もありますが、非公開求人の紹介を受けた方が効率が良いです。そのため非公開求人が多く、担当者が優秀な保育士転職サイトを選んでください。

わたしのおすすめは保育士バンク、マイナビ保育士、ジョブメドレー保育士です。

保育士バンクは担当者に元保育士が多いので気軽に相談できますし、充実したWEB面接や転職フェアなどサポートの質が高く、非公開求人も多くて使いやすいです。

マイナビ保育士は関東の転職では圧倒的に強く、詳細な保育園情報を持っています。マイナビグループなので実績・ノウハウも豊富です。

ジョブメドレー保育士は公開求人が多く、電話連絡がほぼないので気軽に登録できる転職サイトです。その他のおすすめ理由は以下でまとめているので、参考にしてください。

院内保育所だから必ず夜勤があるわけじゃないですし、必ず託児所環境でもありません。異年齢保育も同年齢保育もあるので、後から「失敗した」と思わないよう求人の中身まで情報収集しましょう。

保育士転職サイトランキング10選も参考にしてください☺️
まーさ

-保育士の仕事

Copyright© ほいくのキャリア , 2021 All Rights Reserved.

確実に良い求人が見つかる!
おすすめ保育士転職サイト4選
おすすめ保育士転職サイト4選!