院内保育園は人気の職場?病院ならどこでも…と思うのは間違い!

保育士の仕事

院内保育園の求人選びのポイントは?転職のメリット・デメリット

投稿日:2019年11月18日 更新日:

この記事は約 6 分で読めます

院内保育園の求人選びのポイントは?転職のメリット・デメリット

まーさ
こんにちは!もうすぐ業界歴20年、保育士まーさ(@mama_ism)です。
院内保育園(院内保育所)は保育士に人気の職場!って聞いたことありますよね。もちろん、良い院内保育園はいろいろメリットもありますが、病院ならどこでも良いわけじゃないです。焦って選ぶと後悔しますよ。

「院内保育園で働きたい!」という人は、院内保育園はどこも働く環境が良いと思ってるかもしれません。

ただ、病院内保育士の求人はもともと少ないため、焦ると「病院ならどこでもいいや。」という気持ちで選ぶと後悔することになります。院内保育園は、以下のポイントを押さえて転職しましょう。

  • なるべく大きな病院の院内保育園を選ぶ
  • 都市圏じゃないと求人が見つからないかも
  • 院内保育園は非公開求人が多い

12月の大切なお知らせ

11-12月は求人情報がたくさん出ます。年度末退職の保育士は決まってるので、保育園はどんどん募集を開始します。条件が良い求人は非公開が多く、すぐなくなるので早めに行動です!まずは、以下の「ジョブメドレー」と「保育士バンク」をクリックして、登録を済ませましょう。

  • ジョブメドレー
    関東圏も地方も求人が充実!コンサルから電話連絡がないのでおすすめ!
  • 保育士バンク
    保育士転職サイトではNo.1の実績で、評判が良い。全国の求人数も多い。

サイトの登録・利用、転職するしないに関わらず一切料金は発生しません。

院内保育園(院内保育所)の特徴

院内保育園とは、病院に勤務している医師や看護師の子供を預かる保育園です。

今は基準を満たせば自治体の補助を受けて保育施設を設置できます。比較的規模が小さい病院でも、院内保育園を導入するところが増えたため、病院内保育士の需要も増しています。

院内保育園の大きな特徴は、24時間365日稼働が多いということ。医師や看護師は不規則な生活をするため、その体制に合わせて、子供を預けられる保育園じゃなきゃいけません。

医師や看護師は突然呼び出されるため、子供を預ける時間も不規則になることが多いです。そのため、夜勤シフトの保育士は、急に仕事が忙しくなることもあります。

基本的には小規模なので、行事はほとんどありません。預かる子供の年齢も時間もバラバラなので、保育園より託児所に近いと言っても良いですね。

人の命を助ける医師、看護師が安心して仕事ができるように、子供を預かる病院内保育士の仕事はとても大切なんです。

保育士が院内保育園に勤めるメリット

まーさ
普通の保育園と働き方が違うけど、病院内保育士のメリットって何があるの?

まず前提として院内保育園を運営するのは、病院または保育園運営を展開する法人のどちらです。

病院が運営する場合は、病院の職員と同じ福利厚生を受けられます。保育園運営を展開する法人の場合は、単独の保育園で働くよりも待遇が良いことが多いです。

  • 病院内保育士の給料は高め
  • みなし残業(固定残業制度)が多い
  • 福利厚生や休暇など待遇面は良い
  • 子供の発熱で親に連絡がつきやすい

病院内保育士の給料は高め

病院内保育士は、一般保育士より基本給が1-3万円ほど高く設定されることが多いですね。規模が大きい病院が運営していると、やっぱり待遇は良くなります。以下、ジョブメドレーから給料・手当などの事例。

給与内訳
・基本給 175,000円
・資格手当 8,000円
・施設手当 20,000円
・役職手当 20,000円
・固定残業手当 26,138円(15時間分)

通勤手当 上限50,000円/月(全額支給)
家族手当
昇給年1回(7月)
賞与年2回(夏季・冬季)
決算賞与(業績による)

試用期間3ヶ月(条件変更なし)

みなし残業(固定残業制度)が多い

院内保育園はほぼ小規模園なので行事がないことも多く、行事の準備で残業をすることはありません。ただし、子供の人数の関係で、急に残業が必要になる場合もあります。

もし残業になっても、みなし残業(固定残業制度)が多いため、固定残業手当はもらえます。もちろん、固定残業時間を過ぎた場合はちゃんと残業代が出ます。また、夜勤の場合は夜勤手当もつきます。

福利厚生や休暇など待遇面は良い

求人票を見るとわかりますが、賞与はほぼ2回が当たり前で、決算賞与が出る場合もあります。

福利厚生は、病院職員と同じか保育園運営法人と同じなので手厚いですね。有給休暇も、一般的な私立保育園に比べると取りやすいと思います。

子供の発熱で親に連絡がつきやすい

保育園で困ることの1つが、子供の発熱で保護者になかなか連絡が取れないことや「今忙しいから無理!」と言われることです。

院内保育園は、病院の敷地内や隣接地にあるため、保護者にすぐ来てもらいやすいです。また、連絡がつかなくても、保護者の居場所はわかってるため、緊急時も対応が取りやすいです。

保育士が院内保育園に勤めるデメリット

まーさ
病院内保育士はメリットが多くて魅力的なんだけど、注意点とかデメリットってある?
  • 24時間のシフト制なので体力が必要
  • 保育体制が整っていない園もある
  • 子供たちのストレスが溜まりやすい

24時間のシフト制なので体力が必要

院内保育園は、医師や看護師に合わせて24時間365日稼働なので、病院内保育士もそれに合わせて働きます。夜勤は夜勤手当もつきますが、夜勤シフトに慣れるまでは体力を使うと思います。

シフトは応相談が多いんですが、病院内保育士も人数が足りてるわけじゃないので、覚悟して夜勤担当しないといけない場面もあるでしょう。

保育体制が整っていない園もある

小規模保育(託児所)は、定員が5人以上なら作れます。そのため、規模が小さい病院でも院内保育園を設置しています。

そのような院内保育園の中には、保育スペースが狭く、保育体制も整っていないため、少数の保育士でギリギリで運営している園もあります。

また、大規模病院のように十分な福利厚生が準備されてなかったり、待遇面がよくないこともあるので注意が必要です。

子供たちのストレスが溜まりやすい

院内保育園は病院内や隣接地にあるため、保育スペース自体はそれほど広くなく、園庭がないことも多いですね。そのため、保育のやり方によっては、預かる子供のストレスが溜まりやすい環境です。

良い保育をした場合は、定期的に外遊びができるのかどうかは要確認ですね。

院内保育園の求人の選び方とポイント

まーさ
夜勤シフトは大変そうだけど、ちゃんと求人を選べば、わたしでも病院内保育士として活躍できる気がする!
  • なるべく大きな病院の院内保育園を選ぶ
  • 都市圏じゃないと求人が見つからないかも
  • 院内保育園は非公開求人が多い

なるべく大きな病院の院内保育園を選ぶ

院内保育園の設置状況は、2014年時点で対象となる142医療機関中112施設が設置されています。ここ10年で院内保育園の必要性が高まっているため、残った病院も院内保育園を設置するはずです。

ただ、規模が小さめの病院が多いので、求人の見極めは大切。500床以上のなるべく大きな病院を選ぶのが、保育士として安定して働けるポイントです。募集が出てなければ、待つのも手ですよ。

都市圏じゃないと求人が見つからないかも

院内保育園自体、全国にそれほど数は多くないです。そのため、やっぱり都市圏の求人が多いですね。地方でもポツポツありますが、ピンポイントで通える院内保育園が見つかるとも限りません。

そのため、院内保育園の求人が少ない地域の人は、病院内保育士をメインに考えずに、チェックだけしておくと良いかもしれません。

院内保育園は非公開求人が多い

院内保育園は、機密情報が多い病院なので非公開求人が多いです。また、医師や看護師の子供を預かるため、ある程度の保育経験がある保育士を求めています。

もちろん、転職サイトで求人検索しても良いんですが、基本的には非公開求人が売りの転職サイトで、コンサルタントに院内保育園で働きたい希望を伝えた方が、就職できる可能性は高くなると思います。

そのため、院内保育園で働きたい保育士は、転職サイトのコンサルタントとコミュニケーションをとって、非公開求人を積極的に紹介してもらえる関係を作ってきましょう。

院内保育園に転職しやすい転職サイトは?

院内保育園の求人を探すために、わたしがおすすめする転職サイトは「マイナビ保育士」と「保育士バンク」です。

保育士バンクで検索すると院内保育園の求人は374件、マイナビ保育士で検索すると582件がヒットします。もちろんこれ以外にもたくさんの非公開求人を持っています。

保育士バンクは保育士のおすすめNo.1!

業界最大手「保育士バンク」は押さえた方が良いです。まず公開求人2万件以上、非公開求人1万件以上を保有しています。そのため、検索だけでも十分求人を閲覧できます。

全国各所に拠点があり、転職フェアも全国で開催しています。つまり、地方に強く、地方求人も多いということです。また、「ブランクOK」「初心者歓迎」の求人が多いのも特徴です。

保育士求人なら【保育士バンク】

保育士のおすすめ転職サイトでNo.1!
公開・非公開求人数合計が3万件以上!
コンサルタントに元保育士が多い!

転職サイトは園の報酬で運営されているため、すべて無料で登録・利用できます。

保育士バンクはサポートが厚く、求人も多いので、メインの転職サイトとして活用しましょう。

関東の転職ならマイナビ保育士がおすすめ

転職サイトはいくつもありますが、関東で転職したいなら「マイナビ保育士」は外せませんね。やっぱりマイナビの知名度は大きいですし、知名度に見合ったサービスが期待できます。

地方求人が少ない点を除くと、求人の質、コンサルタントの質、サービス充実度、口コミなどすべてで1、2を争う質の高さです。希望しなければ電話がかかってこないのも使い勝手が良いと思います。

保育士転職なら【マイナビ保育】

とにかく関東の求人に強い!
小規模園、企業内・院内園が豊富!
転職支援情報が充実している!

転職サイトは園の報酬で運営されているため、すべて無料で登録・利用できます。

マイナビなので転職系は強いですね。地域を絞って求人の質にこだわってるのも良いです。

まーさ
以下からお気軽に、TwitterやFacebookでシェアしてもらえるとうれしいです☺️

-保育士の仕事

Copyright© ほいくのキャリア , 2019 All Rights Reserved.