乳児保育が必要な理由

保育士の仕事

小規模保育園で働くメリット・デメリットは?保育士求人の選び方

投稿日:2019年5月2日 更新日:

この記事は約 7 分で読めます

まーさ
こんにちは!保育歴20年の保育士まーさ(@mama_ism)です。
今保育士がもっとも転職しやすい保育園が「小規模保育園」です。小規模保育園は新設保育園が多いため、これまでの保育業界を改革する存在でもあります。もしあなたが転職をしたいなら、まずは小規模保育園の特徴を知っておくと良いでしょう。

小規模保育園は、少し前まですべて「認可外保育園」でしたが、2015年から始まった「子ども・子育て支援制度」により、認可保育園として補助を受けて運営できるようになりました。

そのため、小規模保育園の数がどんどん増え、保育士の有力な転職候補の1つになっています。

小規模保育園には魅力的な求人も多いのですが、どこでも良いわけじゃありません。しっかりと注意点を押さえておいてください。

小規模保育園の特徴

小規模保育園とは、0-2歳児を対象とした定員6-19人までの小規模保育事業のことです。大規模保育園との主な違いは、「施設規模が小さい」「定員が少ない」「保育従事者の配置人数が多い」ことです。

たとえば大規模保育園の配置基準は、保育士1人に対して0歳児が3人、1-2歳児は6人ですが、小規模保育園の配置基準は、以下の通り大規模保育園より多く配置しなければいけません。

  保育園 A型 B型 C型
保育士数 0歳児3人に対し1人
1-2歳児6人に対し1人
保育所の配置基準+1名 保育所の配置基準+1名 0-2歳児3人に対し1人
保育補助を置く場合5人に対し2人
資格 全員保育士
※1
全員保育士
※1
1/2以上保育士
※1、2
家庭的保育者
※3
保育室等 0歳-1歳
・乳児室1.65㎡/1人
・ほふく室3.3㎡/1人
2歳以上
・保育室1.98㎡/1人
0歳-1歳
・3.3㎡/1人
2歳
・1.98㎡/1人
0歳-1歳
・3.3㎡/1人
2歳
・1.98㎡/1人
0歳-2歳
・3.3㎡/1人
給食 自園調理
調理設備
調理員
自園調理※4
調理設備
調理員
自園調理※4
調理設備
調理員
自園調理※4
調理設備
調理員
利用定員 20人以上 6-19人 6-19人 6-10人※5

※1.保健師又は看護師の特例(1人まで)を設ける
※2.保育士以外には自治体が行う研修を実施する
※3.自治体の研修修了した保育士、または保育士と同等以上の知識・経験を有すると自治体長が認める者
※4.連携施設等からの搬入可
※5.経過措置あり

小規模保育園の種類

小規模保育園はA型、B型、C型があり、定員、保育士(保育をする職員)の配置吸う、資格保有者数の割合などがそれぞれ違います。

  • 小規模保育事業A型の特徴
  • 小規模保育事業B型の特徴
  • 小規模保育事業C型の特徴

小規模保育事業A型の特徴

小規模保育園のA型は、保育園分園やミニ保育園に近い形です。配置基準は全員が保育士資格を持っている必要があり、従来の保育園より1名多く保育士を配置する必要があります。

  • 定員:6-19人
  • 保育従事者の配置割合:0歳児3人に対し1人+1人、1-2歳児6人に対し1人+1人
  • 保育士資格保有者:すべての保育従事者
  • 給食:園内調理(認定こども園や幼稚園、認可保育園などの連携施設からの給食搬入の場合もある)

小規模保育事業B型の特徴

小規模保育園のB型は、A型とC型の中間の形です。配置基準は半数以上が保育士資格を持っている必要があり、従来保育園よりも1名多く保育士を配置する必要があります。

ただし、施設や自治体によっては、資格をもっていない保育従事者は、研修が必要な場合もあります。

  • 定員:6-19人
  • 保育従事者の配置割合:0歳児3人に対し1人+1人、1-2歳児6人に対し1人+1人
  • 保育士資格保有者:保育従事者の1/2以上
  • 給食:園内調理(こども園や幼稚園、認可保育園などの連携施設から給食搬入もある)

小規模保育事業C型の特徴

小規模保育園のC型は家庭的保育です。配置基準は従来保育園よりも1名多く保育従事者を配置する必要があります。ただし、補助者を置く場合は、0-2歳児5人に対して2人となります。

保育士資格は必要ありませんが、家庭的保育補助者として一定の研修を受ける必要があります。

  • 定員:6-10人
  • 保育従事者の配置割合:0-2歳児3人に対し1人(補助者を置く場合は5人に対し2人)
  • 保育士資格保有者:なし(家庭的保育者、補助者が保育を行う)
  • 給食:園内調理(こども園や幼稚園、認可保育園などの連携施設から給食搬入もある)

 

保育士が小規模保育園で働くメリット

  • 保育士が足りないため比較的待遇が良い保育園が多い
  • 大きな行事がないため残業や持ち帰り仕事が少ない
  • 保育士の割合が多いため有給など休みが取りやすい
  • 乳児相手なので体力的な不安があっても働ける
  • 保育士の数が少ないためキャリアアップしやすい
  • 大規模保育園と違い、より家庭的な保育ができる

保育士が足りないため比較的待遇が良い保育園が多い

今新しい小規模保育園がどんどん増えていますが、肝心の保育士の数が足りません。

新しい小規模保育園が開園するためには保育士が欠かせないため、保育士を確保するために比較的良い待遇で求人をかけることが多いですね。

大きな行事がないため残業や持ち帰り仕事が少ない

行事の数や力の入れ具合は保育園によって変わりますが、小規模保育園の園児は0-2歳なので、運動会など大きな行事は基本的に大きな行事は行いません。

保育士が忙しい原因の1つは行事が多いことですが、小規模保育園は行事が少ないため残業や持ち帰り仕事はほとんどありません。

保育士が多いため有給休暇など休みが取りやすい

小規模保育園は子供の数に対して保育士の数が多いため、シフトが変わりやすいところも多いですね。

また、保育士の割合が多いだけじゃなく行事などが少ないため、大規模保育園に比べて有給休暇も取りやすいと思います。

乳児相手なので体力的な不安があっても働ける

40代-50代になると、転職先の新しい環境でフルに働けるかは気になりますよね。小規模保育園は乳児保育のため、子供と追いかけっ子をする必要はなく、体力的な不安があっても働くことができます。

保育士の数が少ないためキャリアアップしやすい

小規模保育園はそもそも保育士の数が少ないため、主任保育士までのキャリアアップは早いです。

大規模保育園の主任保育士の勤続年数が20年に対して、小規模保育園の主任保育士の勤続年数は10年ほどです。主任候補として転職する保育士も多いですね。

大規模保育園と違い、より家庭的な保育ができる

小規模保育園は少人数保育なので、大規模保育園のように賑やかな感じはありません。保育士も比較的気持ちにゆとりを持って保育に取り組めます。

また、子供1人ひとりに目が届きやすいため、ちょっとした変化にすぐ気付いて素早い対応ができます。保護者との距離も近く、いっしょに子育てをする感覚で家庭的な保育を行えます。

保育士が小規模保育園で働くデメリット

  • 体を使って遊べないため物足りない
  • 行事が少なくやりがいを感じられない
  • 距離感が近いため対応が難しいことがある
  • 新設保育園だと準備が多くて忙しい
  • ブラック保育園になりやすい怖さがある

体を使って遊べないため物足りない

0-2歳児は3-5歳児と違い、体をダイナミックに動かす遊びができません。子供と走り回って、おにごっこやかくれんぼを楽しみ県のたい人は、小規模保育では物足りないかもしれません。

行事が少なくやりがいを感じられない

小規模保育園では、大規模な行事はほとんど行いません。そのため、行事が好きな保育士にとっては、やりがいを感じにくいかもしれません。

距離感が近いため対応が難しいことがある

小規模保育園は子供の人数が少ないため、子供同士がケンカをしたときに"距離を少しおく"などの対応が難しい場合があります。

これは保育士同士でも同様で、保育士の人数が少なく距離も近いので、性格の不一致などがあると人間関係で苦労するかもしれません。

新設保育園だと準備が多くて忙しい

小規模保育園は新設保育園が多いため、運営ルールが決まっていなければ準備が多くて忙しいことが考えられます。新設保育園には以下のデメリットがあります。

  • ゼロスタートなので準備が多くて忙しい
  • 前の保育園の経験で話すので意見が対立しやすい
  • 新しいルールがコロコロ変わる可能性も
  • 確実に助けてくれる先輩保育士はいない
  • 保護者や地域との信頼関係がゼロスタート

ブラック保育園になりやすい怖さがある

小規模保育園を運営するのは株式会社が多いため、利益が出なければかんたんに保育園を畳んで違う地域に移ることも考えられます。

株式会社の保育園は運営母体によってピンキリなので、良い保育園は魅力的ですが、経営者の能力が低いとブラック保育園になりやすい怖さがあります。ブラック保育園には以下の特徴があります。

転職で良い小規模保育園の求人の見つけ方・選び方

喜怒哀楽、言葉、表現、思いやり、好奇心などをバランスよく子供に経験させることが大切です。

また、0-2歳児が心身ともに大きく成長するには、充実した生活とさまざまな経験をする必要があり、子供の行動を見守る環境が必要です。

栄養満点な食事、安心できる睡眠環境、色々な遊びの経験、大人や友達との関わりなどを通して子供たちを見守り、1人ひとりに合わせた保育を行うことで、心身の成長・発達をより良いものにしていきます。

小規模保育園に転職したい保育士は、紹介したメリット・デメリットを把握したうえで自分にあった求人を探してください。

今保育士転職サイトでは需要が高い小規模保育園への転職に力を入れています。そのため、どの転職サイトに登録しても質の高い非公開求人を紹介してもらえると思います。

転職サイトは50以上ありますが、おすすめは「保育士バンク」「保育ひろば」「マイナビ保育士」です。転職サイトは複数登録が基本です。ほとんどの転職者がこの中のどれかには登録してると思います。

保育士バンクは保育士のおすすめNo.1!

業界最大手「保育士バンク」は押さえた方が良いです。公開求人2万件+非公開求人1万件を保有しているため、地方転職には欠かせません。全国に拠点があり、転職フェアも多数開催しています。

キャリアアドバイザーに元保育士が多いため、保育現場を理解した悩み相談ののってもらえます。また、「ブランクOK」「初心者歓迎」の求人が多いのも特徴です。

保育士バンク公式サイト

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

保育ひろばは業界実績も知名度もある!

短期間ですぐ転職したい!という人は「保育ひろば」を利用しましょう。キャリアアドバイザーの熱意が高く、登録から転職まで平均2週間という転職の速さが売りです。

保育ひろばは知名度も高く、頻繁に転職フェアを開催しているので安心して転職サポートを任せられます。お客様満足度94.2%というのもポイントですね。

保育ひろば公式サイト

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

関東の転職はマイナビ保育士がおすすめ

関東の転職なら「マイナビ保育士」は外せません。マイナビの知名度は大きいですし、多くの転職ノウハウに基づいたサービスが期待できます。

求人、キャリアアドバイザー、サービス、口コミすべて1-2を争う質の高さです。希望しなければ電話連絡がない「マイページ会員サービス」に使いたい人もいるでしょう。

マイナビ保育士公式サイト

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。


登録した方が良い転職サイトの比較

総合評価

4.70

保育士バンク

4.58

保育ひろば

4.63

マイナビ保育士
公開求人数

4.7

20,020件:非公開1万件~

4.5

9,737件:非公開不明

4.5

9,206件:非公開不明
求人地域

4.8

全国対応で地方も多い、拠点は8都道府県

4.7

全国対応で地方少なめ、拠点は34都道府県61箇所

4.3

関東+関西対象で地方なし、拠点は9都府県10箇所
コンサルの質

4.7

元保育士が多く悩みを相談しやすい

4.6

熱意があって引っ張ってくれる

4.8

ノウハウが豊富で対応がきめ細やか
サービス充実度

4.6

転職フェアが多い、非公開求人が多い

4.7

平均2週間で転職、転職フェアが多い

4.7

関東で圧倒的に強い、サポートが厚い
口コミ評価※

4.8

口コミ評価+特徴

4.0

口コミ評価+特徴

4.8

口コミ評価+特徴
公式サイトの確認
ここから登録
保育士バンク
ここから登録
保育ひろば
ここから登録
マイナビ保育士
口コミは総合評価から除外

転職初心者が気軽に使えるジョブメドレー

どうしても電話連絡が嫌な人は、「ジョブメドレー」に登録しましょう。公開求人が2.5万件もあり、他の転職サイトだと数が少ない地方求人も見つかります。

またジョブメドレーは自分で求人を探して、自分で応募するセルフ方式です。担当は付きませんが、困ったときはヘルプのお願いも可能です。

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

まーさ
保育士転職サイトランキング厳選トップ10!」も参考にしてください☺️

-保育士の仕事

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.