保育園、幼稚園、こども園、小規模園の給料・平均年収比較

保育士の仕事

保育園、幼稚園、認定こども園、小規模保育園の給料・年収比較表

投稿日:2020年1月29日 更新日:

この記事は約 11 分で読めます

まーさ
転職して給料を上げたいんだけど、保育園と幼稚園と認定こども園だとどの施設が給料高いのかな?

それは気になりますね。保育施設は保育園、幼稚園、認定こども園、小規模保育園などいろいろあるので、それぞれの給料を比較して決めましょう。
みやこさん

保育士が今より給料を上げる手っ取り早い方法は、給料が高い保育園に転職することです。

ただ働く施設にこだわりがなければ、保育士資格、幼稚園教諭免許で働ける幼稚園や認定こども園なども比較検討した方が良いですね。

保育士の給料は、保育園、幼稚園、認定こども園、小規模保育園など保育施設で差があります。転職で給料を上げたい人は、施設別の給料を押さえないと5年後、10年後に大きな差が出ます。

  • 保育園、幼稚園、認定こども園、小規模保育園の給料っていくら?
  • 将来キャリアアップするなら、どこで働くのがいいのかな?
これを教えて!

大切なことは今の給料・年収だけを知ることじゃなく、主任保育士など将来のキャリアアップまで見据えることです。

この記事を読めば、保育園、幼稚園、認定こども園、小規模保育園で働いたときの給料だけでなく、キャリアアップしたときの給料もわかるので、先を見据えた転職ができるようになります。

なお、保育士の給料は他の要素でも平均を比較した方が良いと思います。公立保育園と私立保育園、年齢別、都道府県別などの保育士の給料の比較を知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

保育園、幼稚園、認定こども園、小規模保育園の年収比較

保育園、幼稚園、認定こども園、小規模保育園の年収比較

まーさ
いろんな保育施設があるけど、一番給料が高いのってどこなの?

結論を言うと、一番給料が高いのは公立保育園で主任保育士にキャリアアップすることです。

また、公立幼稚園で主幹教諭、公立認定こども園で主幹保育教諭にキャリアアップしても、平均年収は600万円を超えます。

まーさ
保育士なのに年収600万円ってすごい!

ただし公立の保育施設で働くには地方公務員試験を受ける必要があります。地方公務員試験の倍率は高く、年齢制限もあるため、給料が高い私立の保育施設を探す方が現実的という人も多いでしょう。

公務員保育士に興味がある人は以下を参考にしてください。

では認可保育園、幼稚園、認定こども園、家庭的保育事業、小規模保育園(A型、B型)、小規模保育園(C型)で働く人の平均年収を一覧表で見てみましょう。

令和元年度幼稚園・保育所・認定こども園等の経営実態調査集計結果<速報値>【修正版】

認可保育園の平均年収の一覧表

まずは認可保育園の平均年収です。職業は主任保育士、保育士(一般)、保育補助(無資格)に分かれています。また左側が私立認可保育園、右側が公立認可保育園になっています。

私立認可保育園 勤続 平均年収 公立認可保育園 勤続 平均年収
主任保育士 21.7年 5,075,592円 主任保育士 25.1年 6,740,700円
保育士 11.2年 3,621,876円 保育士 11年 3,637,356円
保育補助 4.9年 2,683,008円 保育補助 4.9年 1,784,640円

幼稚園の平均年収の一覧表

次に幼稚園の平均年収です。職業は主幹教諭、指導教諭、教諭、助教諭に分かれています。主幹教諭は主任保育士と同等、教諭は保育士と同等と考えてください。

また左側が私立幼稚園、右側が公立幼稚園になっています。

私立幼稚園 勤続 平均年収 公立幼稚園 勤続 平均年収
主幹教諭 19.3年 4,199,532円 主幹教諭 21.2年 6,445,608円
指導教諭 14.4年 3,930,348円 指導教諭 18.4年 5,424,156円
教諭 7.8年 3,449,904円 教諭 11.1年 4,540,272円
助教諭 9.2年 2,957,688円 助教諭 6.2年 2,863,344円

認定こども園の平均年収の一覧表

次に認定こども園の平均年収です。職業は主幹保育教諭、指導保育教諭、保育教諭に分かれています。主幹保育教諭は主任保育士と同等、保育教諭は保育士と同等と考えてください。

また左側が私立認定こども園、右側が公立認定こども園になっています。

私立認定こども園 勤続 平均年収 公立認定こども園 勤続 平均年収
主幹保育教諭 19.2年 4,511,580円 主幹保育教諭 23.1年 6,170,568円
指導保育教諭 14.1年 4,040,868円 指導保育教諭 17.3年 5,468,604円
保育教諭 8.2年 3,359,448円 保育教諭 9.9年 3,446,172円

家庭的保育事業(保育ママ制度)の平均年収の一覧表

次に認定家庭的保育事業(保育ママ制度)の平均年収です。家庭的保育事業の多くは個人事業主として運営するもので、職業は家庭的保育者と家庭的保育補助者があります。

家庭的保育事業 常勤 平均年収
家庭的保育者 16.0年 4,307,856円
家庭的保育補助者 9.7年 2,794,704円

小規模保育園(A型、B型)の平均年収の一覧表

次に小規模保育園のA型とB型の平均年収です。小規模保育園は私立のみで、職業は主任保育士、保育士、保育補助に分かれています。左側が小規模保育園A型、右側が小規模保育園B型です。

小規模保育事業A型 勤続 平均年収 小規模保育事業B型 勤続 平均年収
主任保育士 11.9年 3,639,468円 主任保育士 15.4年 3,718,944円
保育士 8.1年 3,225,060円 保育士 8.8年 3,235,404円
保育補助 7.5年 2,822,196円 保育補助 5.7年 2,773,380円

小規模保育園(C型)の平均年収の一覧表

次に小規模保育園のC型の平均年収です。小規模保育園C型は家庭的保育事業に近い形態で運営され、職業は家庭的保育者と家庭的保育補助者があります。

小規模保育事業C型 勤続 平均年収
家庭的保育者 8.9年 3,501,300円
家庭的保育補助者 10.4年 3,001,404円
まーさ
それぞれの保育施設の年収はわかったけど、年収の一覧表だけ見てもいまいちわかりにくいかも。

保育業界の平均年収の比較と分析

保育業界の平均年収の比較と分析

では保育園、幼稚園、認定こども園、小規模保育園A型・B型・C型のキャリアアップ前の一般職(保育士、幼稚園教諭、保育教諭など)を比較して、特徴を見ていきます。
みやこさん
私立 勤続年数 年収 公立 勤続年数 年収
保育園 保育士 11.2年 3,621,876円 保育士 11年 3,637,356円
幼稚園 教諭 7.8年 3,449,904円 教諭 11.1年 4,540,272円
認定こども園 保育教諭 8.2年 3,359,448円 保育教諭 9.9年 3,446,172円
小規模A型 保育士 8.1年 3,225,060円 - - -
小規模B型 保育士 8.8年 3,235,404円 - - -
小規模C型 なし 8.9年 3,501,300円 - - -
  • 保育士、幼稚園教諭、保育教諭の平均年収比較
  • 小規模保育園の平均年収比較

保育士、幼稚園教諭、保育教諭の平均年収比較

まずは認可保育園、幼稚園、認定こども園で働く人の給料(年収)を比較します。保育士資格と幼稚園教諭免許を持っている人は、どこで働けば良いか検討してください。

私立・公立保育園の保育士の年収

保育士は、私立と公立で給料が違います。公務員保育士の方が給料が高いと思われがちですが、私立保育園の一般保育士(勤続年数11.2年)の年収は362万円、公立保育園の公務員保育士(9年)は363万円で、年収の差は1万円しかありません。

まーさ
へぇー、私立保育士と公務員保育士って意外と給料の差がないんだね。

私立・公立幼稚園の幼稚園教諭の年収

幼稚園も私立と公立では給料が違います。教諭の給料を比べると私立幼稚園の幼稚園教諭(7.8年)の年収は345万円、私立幼稚園の幼稚園教諭(11.1年)は454万円です。年収差……なんと100万円以上!

まーさ
私立と公立の幼稚園教諭の給料差ありすぎ……。わたしも幼稚園教諭やってたからよく分かるよ。

私立・公立のこども園の保育教諭の年収

認定こども園では、保育教諭が保育園で言う保育士にあたります。私立認定こども園の保育教諭(8.2年)の年収は336万円、公立認定こども園の保育教諭(9.9年)は344万円です。年収差は約8万円です。


公立の保育園、幼稚園、認定こども園は一般職でも年収が高いですね。とくに公立の幼稚園教諭は30歳前後で年収450万円……。公務員は年齢制限がありますが、安定してるので条件が合えば挑戦したいですね。

また私立幼稚園教諭は、私立保育士よりも年収が低いです。その代わり、幼稚園教諭の方が保育士より仕事時間の拘束が短いことが魅力的です。

小規模保育園の平均年収比較

小規模保育園は私立のみで、A型(6人-19人)、B型(6人-19人)、C型(6人-10人)があります。近年増えた施設形態なので、平均勤続年数は少なめです。詳細は以下を参考にしてください。

A型(勤続年数8.1年)の保育士の年収は322万円、B型(8.8年)の保育士の年収は323万円、C型(8.9年)の家庭的保育者の年収は350万円です。

小規模保育園求人の多くはA型かB型ですが、給料面に差はありません。人気がある企業内保育、院内保育は小規模認可外が多いですが、どちらも平均より給料が高めに設定されています。

まーさ
うーん……これから長く保育業界で働くことを考えたら、どこで働けばいいのかな?

保育業界でキャリアアップ!どの保育施設が良い?

保育業界でキャリアアップ!どの保育施設が良い?

保育業界で長く働きたい人は、一般職で比較するよりキャリアアップした役職を見据えて比較した方が良いですよ。わかりやすく並べてみますね。
みやこさん

認可保育園・小規模保育の保育士、幼稚園の教諭、認定こども園の保育教諭からキャリアアップすると、以下のように役職がついて年収も上がります。

私立 年数 年収 公立 年数 年収
保育園 主任保育士 21.7年 5,075,592円 主任保育士 25.1年 6,740,700円
幼稚園 主幹教諭 19.3年 4,199,532円 主幹教諭 21.2年 6,445,608円
認定こども園 主幹保育教諭 19.2年 4,511,580円 主幹保育教諭 23.1年 6,170,568円
小規模A型 主任保育士 11.9年 3,639,468円 - - -
小規模B型 主任保育士 15.4年 3,718,944円 - - -
小規模C型 なし 8.9年 3,501,300円 - - -

キャリアアップ後の私立と公立の給料・年収格差は凄まじいですね。公立の保育園・幼稚園・認定こども園でキャリアアップすると平均年収600万円台!

まーさ
公立の保育園・幼稚園・認定こども園に就職できたら、絶対にキャリアアップを目指した方がいいね。

私立の認可保育園で主任保育士にキャリアアップすると年収500万円以上、私立幼稚園で主幹教諭にキャリアアップする年収420万円なので80万円も年収差があります。

そのため、私立保育士は給料が安くても主任保育士にキャリアアップできれば報われます。主任保育士へのキャリアアップに興味がある人は以下を参考にしてください。

私立の認定こども園で主幹保育教諭にキャリアアップすると年収は450万円ほど、この年収は私立の主任保育士と私立の主幹教諭の間くらいですね。

今後は幼稚園が減って認定こども園が増えるので、将来を見越すなら幼稚園教諭は早めに転職を考えて良いと思います。
みやこさん

一方働きやすい、残業が少ないなど人気の小規模保育園は、主任保育士でも平均年収360-370万円。私立認可保育園の主任保育士は500万円ほどなので、年収差は140万円前後もあります。

ただ小規模保育園は他の施設に比べて主任保育士までの年数が短く、年収も低い傾向があります。まだベテラン保育士が少ないので、これから平均年収が上がる可能性は十分あります。

小規模保育園は働きやすさ、人間関係などを考えておすすめの転職先です。メリット・デメリットをまとめたので、興味がある人は以下を参考にしてください。

  • 基本的にはどの施設でも公立の方が年収は高い
  • 私立なら保育園>認定こども園>幼稚園の順で年収が高い
  • ただし小規模保育園はキャリアアップしても年収は低め
  • 幼稚園は減少中なので早めに保育園or認定こども園に転職する

保育士はキャリアアップ後の年収も踏まえて転職する

保育士はキャリアアップ後の年収も踏まえて転職する

まーさ
保育園で主任保育士を目指すか……小規模保育園で少しゆとりを持って働こうか……。迷うなぁ。

良い考え方ですね。転職先を決める際は、今の働きやすさ+キャリアアップ後の給料を見据えることが大切です。
みやこさん

たとえば20歳で私立保育園に就職して主任保育士になると、40代で年収500万円が期待できます。

ただ出産や育児があると1つの保育園で働き続けるのは難しいので、節目で給料が上がる転職を繰り返す方が効率が良いことも考えられます。

もちろん転職は給料だけじゃなく、その他の働きやすさも考慮して選びましょう。
みやこさん

良い求人の選び方がわからない人は、働きやすい保育園を見分けるために以下の記事を読んで転職条件を決めてください。決めた転職条件を転職エージェントに伝えれば、希望の求人を探してもらえます。

転職エージェントを利用すれば求人探し、転職先との連絡、条件交渉などの手間や時間を削減できます。

選び方がわからない人は、わたしが使っていたマイナビ保育士と保育士バンクを使ってみてください。公開求人数、拠点数、評価は以下の通りです。

サイト名 公開求人 拠点数※ 転職フェア 担当者 サポート 口コミ
マイナビ保育士 20,060件 12拠点 4.8 4.7 4.8
保育士バンク 17,677件 8拠点 4.7 4.8 4.8

拠点数はサービス全体、またはグループ全体のものです。
上記は2022年3月時点のサイト内調査による数値、または予測数です。

マイナビ保育士は求人数が多く、保育園情報を網羅していることが特徴です。マイナビグループなので実績も豊富で、履歴書・面接対策、面接同行などサポートも手厚いですね。

保育士バンクは担当者に元保育士が多く相談しやすいことが特徴です。またWEB面接や転職フェアなどサポートの質が高く、非公開求人も多くて使いやすいです。

\ すべて無料で使える!登録・退会もスマホで1分 /

転職活動には基本的に転職エージェントを使いますが、転職サイトにも登録してください。ジョブメドレー保育士は以下の理由で登録しておくと便利です。

ジョブメドレー保育士おすすめ理由
  1. 転職エージェントより求人数が多いため求人比較に便利
  2. 担当者からの電話連絡がないのでマイペースで活動できる
  3. スカウトメール機能で保育園からのスカウトが期待できる

ジョブメドレー保育士[公式]
» ジョブメドレー保育士の口コミを見る

ここを押さえましょう

それぞれのサービスの特徴は以下でまとめたので、転職を考えている人は参考にしてください。

給料を上げたい人は、どう働けば給料が上がるかを考えるより、どこで働けば給料が上げるかを考えた方が効率的です。そのため、保育施設別の平均年収は参考になるはずです。

また、以下の記事で「公立と私立」「年齢別」「都道府県別」「施設別」で保育士の給料を比較しているので参考にしてください。

転職サイト・転職エージェントのランキングを知りたい人は「保育士転職サイト比較ランキング」を参考にしてください。
みやこさん

-保育士の仕事

Copyright© ほいくのキャリア , 2022 All Rights Reserved.

確実に良い求人が見つかる!
おすすめ保育士転職サイト3選
おすすめ保育士転職サイト3選!