保育士が休暇や働く時間の条件を交渉する方法

保育士の転職

保育士の転職で勤務時間や休みの条件交渉をする方法

投稿日:2019年12月2日 更新日:

この記事は約 6 分で読めます

まーさ
こんにちは!保育歴20年の保育士まーさ(@mama_ism)です。
保育士は子育てママが多い職場です。そのため、休みの日や勤務時間の融通が効く保育園だと助かりますよね。では、転職先の保育園で休みの日や勤務時間の条件を交渉したい場合、どうやって交渉すれば良いかわかりますか。基本的に条件交渉は転職サイトに任せた方がうまくいきます。その理由を説明します。

保育士の転職で勤務時間や休みを保育園に条件交渉をする方法

保育園と保育士の立場は基本的には同列です(建前はね)。そのため、保育士が働き方の条件交渉をすることは、悪いことではありません。

ただし、求人票に条件がすべて書かれているため、ある程度納得しての応募が前提ですね。保育園からすれば「求人票に書いてあるのに条件交渉しないでよ……。」という気持ちはあるかもしれません。

このようにお互いが探り合いをしていると条件交渉はできません。そこで、保育園と保育士の間に立つ転職サイトのキャリアアドバイザーに条件交渉は任せるんです。

もちろん、アドバイザーに条件交渉を任せれば、全て希望の条件になるわけじゃありません。無理を言っても仕方がないので、まずは条件交渉の基本事項を押さえておきましょう。

保育士が勤務時間を交渉するための基本事項

まーさ
保育士が勤務時間を交渉する場合は、保育園と以下の調整しなければいけません。以下の基本事項を押さえておきましょう。
  • 正規保育士のシフトと保育士の協力体制
  • パート保育士のシフトと保育士の協力体制
  • ママ保育士に対する時短勤務制度の方針

正規保育士のシフトと保育士の協力体制

正規保育士が勤務時間を交渉するのは、ちょっと難しいかもしれません。なぜなら、シフトはまず基本の形が決められていて、変更する場合は保育士同士で協力する必要があるからです。

そのため、まずは保育園の基本シフトを理解して、そのうえでどれくらい変更が必要か考えてください。

また、保育士同士がどれくらい積極的にシフトを変更しているか確認してください。シフトを変えるのが当たり前の環境なら、あなたのシフトも変更しやすいということですね。

パート保育士のシフトと保育士の協力体制

パート保育士で転職した場合は、保育園の事情や人員体制によります。

パートは、正規保育士のようにシフトに縛られない働き方ができることが多いですが、「この時間にスポットで働いて欲しいから求人を出した。」という場合は、時間の変更は難しいですね。

また、2人でこの時間を埋めて欲しい、3人でこの時間を埋めて欲しいなど、パート保育士同士で大まかな予定を決めて働くこともあります。その場合は、ある程度勤務時間の希望も通りやすくなります。

ママ保育士に対する時短勤務制度の方針

もしあなたがママ保育士なら、時短勤務を使えば正規保育士でも勤務時間を短くできます。

法律の規定は以下の通りですが、保育園によって子供の年齢を引き上げたり、1年を経過していなくても利用できる場合があります。

  • 正規保育士、契約保育士、パート保育士
  • 子供が3歳未満
  • 労働時間が一日6時間以上ある
  • 入職後1年以上経過している
  • 1週間の所定労働日数が3日以上ある

保育士が休みの日の交渉をするための基本事項

まーさ
保育士が休みの日を交渉する場合は、保育園が用意している休暇制度を知っておく必要があります。以下「法定休暇」と「法定外休暇」の基本事項を押さえておきましょう。

保育園の休暇制度は、法定休暇も法定外休暇もすべて求人票に書いてあります。

法定休暇、法定外休暇とは

法定休暇とは

法定休暇とは、労働者の権利で取得できる以下の休暇のことです。

  • 年次有給休暇
  • 産前産後休業
  • 育児休業
  • 子の看護休暇
  • 介護休暇
  • 生理休暇

法定外休暇とは

法定外休暇とは、就業規則により会社(保育園)が任意に定めた休暇のことです。以下の休暇以外に、独自の休暇制度を設けている保育園もあります。

  • 慶弔休暇
  • 季節休暇(主に夏季休暇)
  • リフレッシュ休暇
  • 誕生日休暇
  • ボランティア休暇

正規保育士は保育園のカレンダー+法定休暇+法定外休暇

正規保育士の年間休日は、「保育園のカレンダー+法定休暇+法定外休暇」が基本です。そのため、「土曜日を優先的に休日にしたい」「完全週休2日制にしたい」などの要望は通りにくいです。

与えられた休暇制度の中で自分が休む日を決めれば良いのですが、保育業界を理解していれば年度末や行事前が休みにくいことは知っいるはずです。

パート保育士は保育園の事情や人員体制による

パート保育士の休日は、最初に保育園の要望と保育士の要望をすり合わせて、基本の勤務日を決めることになります。こちらは先ほどのパート保育士の勤務時間の話と同様ですね。

保育士の休暇や勤務時間の条件交渉の方法

まーさ
保育士の休暇や勤務時間の条件交渉は、アドバイザーと話を合わせて以下の流れで進めると、保育園にスムーズに伝わります。
  • アドバイザーと希望条件を合わせておく
  • アドバイザーから保育園に希望条件を伝えてもらう
  • 面接で不明な条件を質問する
  • 面接でわからなかったことをアドバイザーと話す
  • 再度アドバイザーとから保育園に条件確認など

アドバイザーと条件を合わせておく

求人票を見れば、その保育園の休暇や勤務時間の基準はある程度わかります。その時点で自分が希望する休暇基準や勤務時間を決めて、アドバイザーにその希望を伝えましょう。

優秀なアドバイザーなら、どこまでが常識の範囲内の希望か判断できます。また、アドバイザーに面接で助け舟を出してもらうために、同行を依頼しましょう。

アドバイザーから保育園に希望条件を伝えてもらう

アドバイザーは求人票を出した保育園に休暇や勤務時間の希望条件をある程度先に伝えて、判断できる状態を作ってくれます。

面接で不明な条件を質問する

面接では自分から条件交渉はしないで、不明な条件面の質問をするようにしましょう。

アドバイザーが同席している場合は、そこで助け舟を出して条件をすり合わせてくれる場合があります。ただし、あくまでも場の雰囲気によるので、適切でなければ条件交渉をしないこともあります。

面接でわからなかったことをアドバイザーと話す

面接が終わったら、アドバイザーと面接の総括をします。面接官の反応から条件交渉がうまくいきそうか、または妥協が必要かを判断します。あらかじめ妥協できる部分は、決めておいた方が良いですね。

再度アドバイザーとから保育園に条件確認など

面接の感想などを聞くために、アドバイザーから保育園に連絡します。その際に、交渉した条件で問題がない部分、問題がある部分などを聞いて、条件のすり合わせをします。

保育園に対する条件交渉で勘違いしないこと

転職のときの保育園に対する条件交渉で、勘違いしない方が良いことが2つあります。

  • 条件交渉は内定の判断の前にする
  • 給料などお金の条件交渉はしない

条件交渉は内定の判断の前にする

条件交渉は内定後の方が良いと書かれた情報がありますが、それは保育業界では通用しないと思います。

保育園は子供の人数で収入が決まるため、どれだけスーパー保育士が働いても保育園の収入は増えません。また、配置基準があるため、新しく入る保育士に働いて欲しい時間帯もある程度決まっています。

そのため、保育園が求人を出した段階で予算に合わせた給料や働く時間帯は決まっています。これらの調整を内定後にするのは難しいので、交渉したいなら内定前が良いですね。

給料などお金の条件交渉はしない

上記でも話した通り、保育園は収入が決まっているため、予算を超える交渉は基本的にNGです。他にも以下の理由があります。

  • 保育士の実力がわからない状態だから
  • 保育業界のことをわかってない発言だから
  • 求人票をちゃんと見てないと思われるから
  • 仕事のやりがいに興味を持って欲しいから

アドバイザーに条件交渉を任せられる転職サイト

転職サイトによって条件交渉の方法は違いますし、アドバイザーと保育園の関係性でも条件交渉のやり方は変わります。

ただ、面接から内定が出る前までに保育園と条件をすり合わせて、OKかNGかを判断するのはどの転職サイトの条件交渉のやり方でも同じだと思います。

このようなすり合わせの条件交渉ができるのは、保育士と保育園の間にアドバイザーが立っているからです。

というわけで、保育士が転職するなら必ずいくつかの転職サイトに登録して、保育園と上手に交渉できる優秀なアドバイザーを見つけておきましょう。

転職サイトは50以上ありますが、おすすめは「保育士バンク」「保育ひろば」「マイナビ保育士」です。転職サイトは複数登録が基本です。ほとんどの転職者がこの中のどれかには登録してると思います。

保育士バンクは保育士のおすすめNo.1!

業界大手「保育士バンク」は全国に拠点があり、転職フェアも数多く開催しています。公開求人2万件+非公開求人1万件もあるため、地方転職に欠かせません。キャリアアドバイザーに元保育士が多いため、気持ちを理解してもらえる悩み相談も心強いです。「ブランクOK」「初心者歓迎」求人も多いですね。

  • 公式:保育士バンク
  • 電話・メール対応が丁寧なので安心して悩み相談できます。転職相談もできます。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

保育ひろばは業界実績も知名度もある!

すぐに転職したい人は、知名度が高く実績もある「保育ひろば」を利用しましょう。登録から転職まで平均2週間と謳うほど速さが売り。転職フェアの開催も多いです。キャリアアドバイザーの熱意が高く、真剣に短期間で転職したい人には最適な選択です。顧客満足度94.2%という評価にも現れています。

  • 公式:保育ひろば
  • 少しでも早く転職したい人は相談してみましょう。拠点も多いので直接会うこともできます。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

関東の転職はマイナビ保育士がおすすめ

関東の転職なら「マイナビ保育士」は外せません。マイナビの知名度は大きいですし、多くの転職ノウハウに基づいたサービスが期待できます。求人、キャリアアドバイザー、サービス、口コミすべて1-2を争う質の高さです。希望しなければ電話連絡がない「マイページ会員サービス」も使い勝手が良いですね。

  • 公式:マイナビ保育士
  • 転職ノウハウがわかるので登録して損はないです。保育園の細かな情報もわかりやすいです。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

登録した方が良い転職サイトの比較

総合評価

4.70

保育士バンク

4.58

保育ひろば

4.63

マイナビ保育士
公開求人数

4.7

20,020件:非公開1万件~

4.5

9,737件:非公開不明

4.5

9,206件:非公開不明
求人地域

4.8

全国対応で地方も多い、拠点は8都道府県

4.7

全国対応で地方少なめ、拠点は34都道府県61箇所

4.3

関東+関西対象で地方なし、拠点は9都府県10箇所
コンサルの質

4.7

元保育士が多く悩みを相談しやすい

4.6

熱意があって引っ張ってくれる

4.8

ノウハウが豊富で対応がきめ細やか
サービス充実度

4.6

転職フェアが多い、非公開求人が多い

4.7

平均2週間で転職、転職フェアが多い

4.7

関東で圧倒的に強い、サポートが厚い
口コミ評価※

4.8

口コミ評価+特徴

4.0

口コミ評価+特徴

4.8

口コミ評価+特徴
公式サイトの確認
ここから登録
保育士バンク
ここから登録
保育ひろば
ここから登録
マイナビ保育士
口コミは総合評価から除外

転職初心者が気軽に使えるジョブメドレー

どうしても電話連絡が嫌な人は、「ジョブメドレー」に登録しましょう。ジョブメドレーは自分で求人を探して、自分で応募するセルフ方式です。担当は付きませんが、困ったときはヘルプのお願いも可能です。また、公開求人が2.5万件もあり、他の転職サイトだと数が少ない地方求人を探すこともできます。

  • 公式:ジョブメドレー
  • 担当制が合わない人は確実に使いましょう。転職初心者が最初に登録するのもおすすめです。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

まーさ
保育士転職サイトランキング厳選トップ10!」も参考にしてください☺️

-保育士の転職

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.