保育士の求人票で年間休日120日は多い?少ない?

保育士の転職

保育士求人で年間休日120日は多い?大切なのは休みやすいこと

投稿日:2019年11月19日 更新日:

この記事は約 7 分で読めます

まーさ
こんにちは!保育歴20年の保育士まーさ(@mama_ism)です。
保育士求人を見ると「年間休日120日以上!」とアピールする保育園がいくつもあります。ただ年間休日120日と言われてもピンとこない人もいますね。120日が多いか少ないかは年間休日を理解して、その保育園の働きやすさを見ないとわかりませんよ!

「あー休みほしいなぁー、もっと休み増えないかなぁー」なんて言う割に、自分の年間休日が何日か把握してない人は多いです。

年間休日や有給、その他の休みなどいろいろあって難しく感じるかもしれませんが、求人票の年間休日の意味を押さえておかないと転職のときに困ることになります。

保育士求人で年間休日120日は多い?少ない?

保育士求人で年間休日120日は多い?少ない?

一般企業と違って土曜日に出勤して月曜日に休んだり、夜勤・深夜勤があると次の日は休みだったりなど、運営が変則的な保育園や保育施設は意外と多いです。

そのため単純に年間休日数が多くても、「休みがとりにくい……。」「休んだ気がしない……。」という保育園では意味がありません

まずは、自分が働いている保育園や転職したい保育園の年間休日数が何日か把握しましょう。そのうえで、どんな休暇制度があり、休暇が取りやすいかを確認しましょう。

  • 年間休日数に含む休みと含まない休み
  • 保育園にどんな休暇制度があるのか
  • その保育園が休みを取りやすいのか

これらをすべて合わせて考えないと、年間休日120日が多いか少ないかは判断できません。

保育士と一般労働者の平均年間休日数の比較

保育士と一般労働者の平均年間休日数の比較

年間休日120日以上が多いか少ないかわからない人もいるので簡単に解説しますね。

まず1年は52週なので、仮に完全週休2日制だと104日間休みになります。さらに、日本の祝日は元旦を除いて15日あり、年末年始休みを5日、お盆休みを3日加えると全部で127日になります。

  • 完全週休2日で年間104日
  • 日本の祝日は元旦を除いて15日
  • 年末年始の休みが5日
  • お盆休みが3日

ただし年末年始やお盆、ゴールデンウィークに土日の被りがあったり、祝日に土曜日の被りがあるので、その調整が入るとだいたい年間110-120日が一般的な休日数になります。

日本の労働者の平均年間休日数

平成30年厚生労働省資料によると、日本の労働者の平均年間休日数は113.7日です。また、従業員が1000人以上の企業の平均年間休日数は118.0日です。

平成30年就労条件総合調査 結果の概況|厚生労働省

つまり年間休日120日のイメージは、大手に勤めるサラリーマンだと休日数が少し多いくらいの感覚になるんでしょう。年間休日120日は一つの基準と考えた方が良いですね。

保育園など施設の平均年間休日数割合

平成29年度の福祉医療機構の調査によると、保育園の年間休日数の割合は以下のようになります。

  • 96日未満:14.3%
  • 96日以上101日未満:15.4%
  • 101日以上106日未満:20.9%
  • 106日以上111日未満:18.5%
  • 111日以上116日未満:9.9%
  • 116日以上121日未満:8.9%
  • 121日以上:12%

「保育人材」に関するアンケート調査結果|福祉医療機構

これを見る限り、保育士の年間休日は105日前後が平均になると思います。わたしがこれまで見てきた保育園でもだいたいそれくらいですね。

保育園で年間休日120日に含まれる休暇制度

保育園で年間休日120日に含まれる休暇制度

保育園求人に年間休日120日と書かれていても、その休日数の中に含めて良い休暇と含めちゃダメな休暇があります。

年間休日120日に含めて良い休暇

一般的に、求人票などで年間休日数を書く場合は、次の休暇、休暇制度が含まれます。

完全週休2日制+祝日休み

年間120日以上になるには、完全週休2日と祝日休みが入ってないと達成できません(完全週休2日=土日じゃありません)。シフトによって毎週や毎月変わることも考えられます。

ただし土日休みでも月一回程度土曜日出勤という保育園もあるので、その場合は12日ほど休みが少なくなります。それで年間休日120日以上を実現するには、他に大きな休暇制度が必要です。

季節休暇(主に夏季休暇)

季節休暇の中でも夏季休暇がある保育園は多いと思います。夏季休暇はお盆時期の3日ほどです。ただし、お盆時期も運営してる保育園は、順番に夏季休暇を取ることになります。

また、年度末の切り替え時期に春季休暇を設けている保育園もあり、休みは3日前後が多いと思います。

年末年始休暇

こちらも院内保育所以外は、年末年始休暇を設けている保育園がほとんどだと思います。通常は、年末2-3日と年始の三賀日合わせて、5-6日が休みになります。

リフレッシュ休暇

保育士の待遇改善のために、リフレッシュ休暇を設ける保育園も少しずつ増えてきました。リフレッシュ休暇は、勤続3・5・10年など節目時期に3日前後休暇が与えられます。

リフレッシュ休暇は一般的に有給扱いのことが多いため、リフレッシュ休暇を設けている保育園は、比較的通常の有給休暇も取りやすい良い環境だと思います。

バースデー休暇

若い保育士に人気なのがバースデー休暇です。1年に1回、その人の誕生日、または近い日を休みにする制度です。こちらも一般的には有給扱いになることが多いようです。

1年にたった1日ですが、バースデー休暇制度があると何となくその保育園が魅力的に感じます。

年間休日120日に含めちゃダメな休暇

年間休日120日以上をアピールしておいて、その中に以下の休暇制度が含まれてると「ちょっとずるくない?」というもの。

年次有給休暇

年次で与えられる有給休暇は法定休暇で、一般的に年間休日の中に含みません。有給休暇を年間休日に含める保育園は、ちょっとやばいかもしれません……。

産休・育休

産休・育休は子供を出産・育児する母親は、取らなければいけない法定休暇です。年間休日に含める保育園はないですが、産休・育休を取るのに気を使う保育園は計画的に辞めましょう

慶弔休暇(けいちょうきゅうか)

慶弔休暇とは、自分や親族の結婚式、お葬式のときに取る法定外休暇の一つです。就業規則に定められていれば有給になりますが、そうじゃなければ年次有給を取るか、無休欠勤になるかです。

子の看護休暇

子の看護休暇とは、小学校就学前の子供が病気やケガのときに年間5日まで取れる無給休暇のことで、法定休暇として認められています。また、介護休暇や生理休暇も同様ですね。これらも法定休暇です。

保育士の有給休暇取得日数は?

保育士の有給休暇取得日数は?

有給休暇の基礎知識

有給休暇は、保育園や経営者の判断で日数を決めるものじゃないです。6か月継続勤務すると以下の通り必ず付与され、その後も決まった日数以上の有給を与えなければいけません。

  • 勤続6か月で有給休暇数を10日付与
  • 勤続1.5年で有給休暇数を11日付与
  • 勤続2.5年で有給休暇数を12日付与
  • 勤続3.5年で有給休暇数を14日付与
  • 勤続4.5年で有給休暇数を16日付与
  • 勤続5.5年で有給休暇数を18日付与
  • 勤続6.5年で有給休暇数を20日付与

有給休暇を含めて年間休日120日とする保育園求人があるとしたら、実際の休日数は110日になります。

保育業界の有給消化日数

保育士はどれくらい有給休暇を消化してるんでしょうか。2016年データによると、私立保育園の保育士有給消化日数は、10-15日が30%、7-9日が27%、3-6日が24%……全体の半分ほどの消化率ですね。

設置・運営主体別 正規職員の年次有給休暇の平均取得日数

全国保育協議会会員の実態調査報告書2016

日数 2日以内 3-6日 7-9日 10-15日 16-20日 21日以上 無回答
全体 2.9% 31.3% 28.8% 25.3% 6.8% 1.4% 3.5%
公設公営 3.2% 40.7% 31.5% 17.9% 3.1% 0.7% 2.9%
公設民営 3.1% 30.8% 22.5% 31.3% 7.5% 1.8% 3.1%
民設民営 2.6% 23.9% 27.2% 30.7% 9.6% 1.9% 1.0%

年間休日120日を選ぶより休みが取りやすい保育園!

年間休日120日を選ぶより休みが取りやすい保育園!

保育士の平均年間休日数が105日前後だとすると、年間休日が120日以上が保証された保育園は魅力的です。もし転職したい保育園が年間休日120日以上なら喜んで良いと思います。

ただし、年間休日数が多いことが働きやすい保育園だとは限りません。たとえ年間休日が平均より15日多くても、働きにくい保育園に勤めるのは嫌ですよね。

保育園求人を見るときは、他の休暇制度も確認してください。とくに有給付き休暇制度がある保育園は、年次有給休暇も取りやすいはずです。有給が取りやすければ家族とリフレッシュできますし、仕事の活力も取り戻せます。

最近は年間休日が多く、有給を取りやすい保育園も増えてます。やる気や健康は働き方でコントロールできます。転職するなら年間休日だけを見ず、休暇制度もよく見て転職先を決めてください。

逆に、年間休日120日以上でも、残業が多い、有給消化率が悪い、育休が取りにくい、半勤半休が多い保育園だと、思い通りのライフプランを描けません。

そのため、年間休日以外にも、残業が少ない、有給消化率が良い、育休が取りやすいなど、総合的な働きやすさで転職したい保育園を探してください。

休みが取りやすい保育園求人の見つけ方

休みが取りやすい保育園求人の見つけ方

たとえば「保育士バンク」で「年間休日120日」を検索すると、796件の求人がヒットしました。保育士バンクは非公開求人も1万件ほどあるため、他にも年間休日120日の求人があると思います。

ただし先ほども話した通り、年間休日だけで転職先を決めると後悔します。以下の要素も理解して保育園求人を検討してください。

  • 年間休日数に含む休みと含まない休み
  • 保育園にどんな休暇制度があるのか
  • その保育園が休みを取りやすいのか

休みを取りやすい保育園求人を探すのは難しいので、保育園の内情を知っている転職サイトのキャリアアドバイザーに条件に合う保育士求人を探してもらいましょう。

転職サイトは50以上ありますが、おすすめは「保育士バンク」「保育ひろば」「マイナビ保育士」です。転職サイトは複数登録が基本です。ほとんどの転職者がこの中のどれかには登録してると思います。

3つとも登録した方が良いですが、それぞれ特徴が違うため当てはまるものに登録しましょう。

保育士バンク、マイナビ保育士、保育ひろば

保育士バンクは保育士のおすすめNo.1!

業界最大手「保育士バンク」は押さえた方が良いです。公開求人2万件+非公開求人1万件を保有しているため、地方転職には欠かせません。全国に拠点があり、転職フェアも多数開催しています。

キャリアアドバイザーに元保育士が多いため、保育現場を理解した悩み相談ののってもらえます。また、「ブランクOK」「初心者歓迎」の求人が多いのも特徴です。

保育士バンク公式サイト

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

保育ひろばは業界実績も知名度もある!

短期間ですぐ転職したい!という人は「保育ひろば」を利用しましょう。キャリアアドバイザーの熱意が高く、登録から転職まで平均2週間という転職の速さが売りです。

保育ひろばは知名度も高く、頻繁に転職フェアを開催しているので安心して転職サポートを任せられます。お客様満足度94.2%というのもポイントですね。

保育ひろば公式サイト

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

関東の転職はマイナビ保育士がおすすめ

関東の転職なら「マイナビ保育士」は外せません。マイナビの知名度は大きいですし、多くの転職ノウハウに基づいたサービスが期待できます。

求人、キャリアアドバイザー、サービス、口コミすべて1-2を争う質の高さです。希望しなければ電話連絡がない「マイページ会員サービス」に使いたい人もいるでしょう。

マイナビ保育士公式サイト

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。


登録した方が良い転職サイトの比較

総合評価

4.70

保育士バンク

4.58

保育ひろば

4.63

マイナビ保育士
公開求人数

4.7

20,020件:非公開1万件~

4.5

9,737件:非公開不明

4.5

9,206件:非公開不明
求人地域

4.8

全国対応で地方も多い、拠点は8都道府県

4.7

全国対応で地方少なめ、拠点は34都道府県61箇所

4.3

関東+関西対象で地方なし、拠点は9都府県10箇所
コンサルの質

4.7

元保育士が多く悩みを相談しやすい

4.6

熱意があって引っ張ってくれる

4.8

ノウハウが豊富で対応がきめ細やか
サービス充実度

4.6

転職フェアが多い、非公開求人が多い

4.7

平均2週間で転職、転職フェアが多い

4.7

関東で圧倒的に強い、サポートが厚い
口コミ評価※

4.8

口コミ評価+特徴

4.0

口コミ評価+特徴

4.8

口コミ評価+特徴
公式サイトの確認
ここから登録
保育士バンク
ここから登録
保育ひろば
ここから登録
マイナビ保育士
口コミは総合評価から除外

転職初心者が気軽に使えるジョブメドレー

どうしても電話連絡が嫌な人は、「ジョブメドレー」に登録しましょう。公開求人が2.5万件もあり、他の転職サイトだと数が少ない地方求人も見つかります。

またジョブメドレーは自分で求人を探して、自分で応募するセルフ方式です。担当は付きませんが、困ったときはヘルプのお願いも可能です。

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

まーさ
保育士転職サイトランキング厳選トップ10!」も参考にしてください☺️

-保育士の転職

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.