保育士ワーカーを今すぐ退会したい!登録を解除する方法は?

保育士の転職

聞いてた労働条件と違う!保育士が嘘の求人で転職したときの対処法

投稿日:2020年1月30日 更新日:

この記事は約 8 分で読めます

まーさ
転職前に言ってた労働条件が違う!嘘求人だ!労基署に訴えてやる!

ちょっと待って下さい。まず何が違うか精査しましょう。精査しないと嘘求人なのかわかりません。
みやこさん

完全週休2日制と聞いてたのに月イチ土曜出勤がある、残業は無いけど毎日持ち帰り仕事がある、担任はなしって聞いたのに担任……など転職先の保育園で思ってた労働条件と違うことってありますよね。

労働条件の違いを感じたら、まず内容を精査します。その後、「交渉する」「労基署に届ける」「転職する」「我慢する」という対処をします。内容を精査しないで感情的に対処しちゃダメです。

なぜなら、あなたが嘘だと感じても本当は何が悪いのか、誰が悪いのかわからないからです。

この記事を読めば、「聞いてた話と違う!」を防ぐために何をすれば良いのか、また転職後に労働条件が違うと知ったときの対処法がわかります。

転職後に話が違う!と感じた保育士の対処法

転職後に話が違う!と保育士が感じたときの対処方法

転職後に「話が違う!」と感じても保育園が嘘をついているのか、解釈の違いなのか、保育園の働く環境が変わったのかで対応も変わります。そこで、以下の行動を順番に取りましょう。

  • サポートを受けた保育士転職サイトに相談する
  • 保育士転職サイトから保育園に改善交渉をしてもらう
  • 法律違反があれば労働基準監督署に相談する
  • どうしても許せないときは弁護士に相談する
  • 我慢をするか、違う保育園に転職をする

サポートを受けた保育士転職サイトに相談する

まずは、転職サポートを受けた保育士転職サイトに相談します。あなたが保育園に感じた「話が違う!」が正しいのか、あなたが勘違いしているのかは第三者に聞かないとわかりません。

保育士転職サイトから保育園に改善交渉をしてもらう

保育士転職サイトに相談した結果、「保育園がおかしい」と判断できれば保育士転職サイトから保育園に改善交渉してもらえる可能性があります。

アフターフォローの評価が高いのはマイナビ保育士、保育士バンクです。ここ以外の保育士転職サイトでも、一応問い合わせてみてください。

法律違反があれば労働基準監督署に相談する

保育園に法律違反がある場合は、労働基準監督署に相談してください。たとえば「給料金額が求人票・雇用契約書と違う」「サービス残業が多い」「有給休暇が取れない」などです。

求人情報の虚偽は労働安定法65条違反、労働契約書の虚偽は労働基準法15条違反です。ただし求人情報と労働契約書の内容が違っても、契約書締結前に説明があれば違反にはならないので注意してください。

どうしても許せないときは弁護士に相談する

現実的ではないですが、嘘求人の内容がひどい場合は弁護士に相談する方法もあります。ただし弁護士を雇うとお金がかかりますし、以下の通り嘘求人の損害賠償も大した金額になりません。

労政事務所や労働基準監督署は、入社後に明確な労基法の違反や雇用契約書の範囲からよほど逸脱していない限り、動きにくい。私は弁護士会の知人も多いので何かトラブルがあったら相談できますが、普通に民事で弁護士を雇うと着手金何十万円とか掛かるので、みんな泣き寝入りしています

転職6回・48歳男性が“嘘求人”に振り回されても「焦りはない」ワケ | 日刊SPA!

我慢をするか、違う保育園に転職をする

嘘求人だとわかっても、我慢して働く保育士は多いと思います。ただ、保育園とのわだかまりがあるなら、前向きに再転職することがもっとも良い対処法です。

保育園は保育士転職サイトに紹介料を支払っているので、その方法が一番ダメージを与えられます。

労基署や保育士転職サイトに相談して待遇が改善しても関係がギクシャクしますし、気持ちもスッキリしませんよね。気持ちを切り替えて他の保育園に転職するなら、以下を実行してください。

  • 利用した保育士転職サイトに急遽求人を探してもらう
  • なるべく今の保育園在職中に転職活動を始める
  • 転職候補に退職理由をうまく説明してもらう
  • 法律違反は労働基準監督署に調査を依頼する

保育士転職サイトが紹介した保育園でトラブルが起きたら、保育士転職サイトに責任をとってもらうことが大切です。

すぐ求人を紹介してもらうだけじゃなく、今後の転職活動で「今回早期退職した理由」を保育士転職サイトから転職先候補に説明してもらうなど、不利な転職にならない対応をしてもらいましょう。

まーさ
嘘求人だと感じたときの行動はわかったけど、なんですぐ労基署とかに相談しちゃダメなの?

あなたが感じた「嘘求人」という意見は、あなたの勘違いかもしれないからです。
みやこさん

保育士が転職後に労働条件の違い・ズレがある理由

保育士が転職後に労働条件の違い・ズレがある理由

まーさ
聞いてた労働条件と違う!これは嘘求人だ!保育園に騙された!

と感じる原因は以下の通りです。本当に保育園が騙そうとしているのか、何が原因で嘘求人だと思ったのかを精査しないと、次の行動は取れませんよ。

  • 保育園が明らかに嘘をついている
  • 労働条件を微妙にごまかしている
  • 労働条件で解釈の違いがあった
  • 保育園の働く環境が変わった

保育園が明らかに嘘をついている

  • 求人票に完全週休2日制と書いてあったのに週1休みがある
  • 求人票に残業がないと書いてあったのに頻繁に残業がある
  • 雇用契約書に記載された固定残業の超過残業代が払われない

保育園が嘘をついているのは、求人票や雇用契約書に記載された内容と違う労働条件だった場合です。これは労働基準法違反です。

たとえば求人票に完全週休2日制と書かれていて、転職後に週6日勤務をしたら休日出勤したことになります(完全週休2日制=土日休みではない)。

また、みなし残業20時間の保育園で21時間勤務したら、1時間残業したことになります。残業代を払わずに、「みなし残業だから」「うちでは当たり前」などと言われたら労働基準法違反です。

労働条件を微妙にごまかしている

  • 月収30万円以上可能
  • 年収例:420万円/35歳
  • 基本給25万円以上※能力による
  • 年間休日125日以上※有給含む
  • 8時-17時勤務、残業が少ない仕事です

上記の求人内容は一瞬「おっ、良いかも。」と思いますが、よく見るとどれも条件が曖昧ですよね。嘘ではなく、この手の曖昧求人で転職後に後悔する保育士も多いです。

もし後から保育園に文句を言ったとしても、「それはあなたの勘違いでしょ。ちゃんと説明したし、雇用契約書にも書いてあるわよ。」と言われる可能性が高いです。

労働条件で解釈の違いがあった

労働条件の解釈の違いは、保育園側・保育士側どちらにもあり得ます。以下は一例です。

  • 保育園が試用期間中も正社員同様の扱いだと知らなかった
  • 保育士が完全週休2日制と週休2日制を勘違いしていた
  • 保育以外の雑務も保育士の仕事だと知らなかった

1番目は保育園側の勘違いです。試用期間が2か月でも、正規保育士採用なら有給・退職金などの規定は採用時に始まります。

2番目の週休2日制は、週休2日がベースですが必ず2日の休みがあるとは限らない制度です。これを完全週休2日制と勘違いする保育士は多いです。

3番目は、「保育以外に掃除、片付けなど雑用もある……。話と違う!」というのも保育士の勘違いです。保育士の仕事は、子供の保育以外にも保育に関係する雑用が含まれます。

保育園の働く環境が変わった

  • 0歳児担任と聞いていたのに3歳児担任になった
  • 担任と聞いたけどフリー保育士になった
  • 残業が少ないと聞いたけど持ち帰り仕事が多かった
  • 賞与4か月だったのに次年度に2か月に減った

保育園の働く環境が変わると、求人の内容と実際の労働条件が変わる場合があります。そもそも労働契約書に担任うんぬんは書かれないので、状況によって担任クラスの年齢が変わったり、フリー保育士になる可能性はあります。

持ち帰り仕事は本来残業ですが、多くの保育園で残業に含みません。明確なサービス残業強要労働基準法違反ですですが、そうではないケースが多いので厄介です。詳しくは以下を参考にしてください。

「賞与4か月だったのに次年度に2か月に減った」は、年度が変わると仕方ない話ですね。雇用契約書に「賞与4か月分」と記載があっても、ずっとボーナス4か月が保証されるわけじゃありません。

まーさ
うーん、労働条件って難しい……。わたしじゃ判断できないかも……。

はい、難しいです。そのため、転職サポートを受けた保育士転職サイトに相談することが大切なんです。
みやこさん

まーさ
そっかぁ。でも勘違いだとしてもストレスだるし、考えただけで胃がキリキリする……。

聞いてた話と違う!にならない保育士の転職方法は?

聞いてた話と違う!とならない保育士の転職方法は?

本来は「聞いてた話と違う!」にならないように、転職活動中から対策が必要ですよ。
みやこさん

たとえ勘違いでも、転職後に「聞いてた話と違う!」と感じるとストレスです。これから転職したい人、転職を考えている人は、転職活動中に以下の対策をしましょう。

  • 園見学や面接で待遇する曖昧な部分を質問する
  • 内定後に待遇などの詳細条件を書面でもらう
  • 保育士転職サイトから保育園に確認してもらう

園見学や面接で待遇する曖昧な部分を質問する

求人票を見て待遇で曖昧な部分があると感じたら、園見学や面接で積極的に質問してください。

転職するときは必ず面接を受けるものですが、園見学には行かない人もいます。ただ、園見学は保育園の雰囲気を知る大切な目的があります。以下を参考にして、園見学の重要性を知ってください。

待遇に関する質問のコツは、ストレートすぎる質問をしないことです。働き方や環境と絡めて話すと、曖昧な部分もうまく聞き出せます。質問の仕方は以下の逆質問を参考にしてください。

  • キャリアアップ制度に興味があるのですが、御園(おんえん)では役職の登用にどのような基準がありますか
  • 御園に入ってすぐになじむために、なにか準備をした方が良いこと(勉強した方が良いこと)はありますか
  • 前職ではパソコンを使った書類の管理を任されていましたが、御園ではパソコンを使った効率化は取り組まれていますか
  • できるだけ長く働きたいと思っていますが、出産後も育児と仕事を両立されている先生はどれくらいいらっしゃいますか
  • 子供がまだ小さいため遅くまでは働けないのですが、お子さんをお持ちの先生はどのように連携されていますか

内定後に待遇などの詳細条件を書面でもらう

一般的には、内定連絡をもらってから入職説明や労働契約書を交わします。そのとき初めて細かい待遇知ることが多いですよね。ただ、そこで労働条件が当初と違っていたらどうしますか。

「え、思ってたより能力給低い……。」「研修期間6か月?そんなの聞いてないよ……。」などがあっても、もう前の保育園は辞めて、他の内定も辞退した後だと引き返せませんよね。

そのため、内定をもらったら先に労働条件を書面で提示してもらいましょう。もちろん内定取り消しリスクはありますが、労働条件の提示を躊躇する保育園に行く方がリスクです。

保育士転職サイトから保育園に確認してもらう

「待遇の質問も労働条件の提示も言いにくいよ……。」という人は、保育士転職サイトに待遇の質問をお願いしたり、労働条件の詳細を確認してもらいましょう。

保育士転職サイトにとって保育士は商品です。そのため保育士の待遇を確認することも、年収などを聞くこともできます。内定後なら保育士の待遇を書面でもらうことも可能です。

まーさ
わたし保育士転職サイト使ってなかったんだけど……。

その場合は、労基署や弁護士事務所に相談することになりますね。
みやこさん

まーさ
えー、じゃあ根本的な解決は難しいってことかなぁ……。

はい……そうならないためにも、保育士転職サイトを使った方が良いんです。
みやこさん

転職で失敗しないためには転職のプロを頼るべし!

保育士転職で失敗しないためには転職のプロを頼るべし!

保育士転職サイトは求人斡旋だけじゃなく、転職のあらゆる部分をフォローしてくれます。そのため、表面上はわからない保育園内部の情報を集めるために、保育士転職サイトを利用してください。

以前より保育士の待遇は良くなりましたが、まだブラック保育園も潜んでいます。転職して満足できないと、転職活動が報われません。そのため頼れるものは頼って、後悔しない転職をしましょう。

保育士転職サイトは、充実したWEB面接や転職フェアなどサポートの質が高い保育士バンクがおすすめです。担当者に元保育士が多いので相談しやすいですし、非公開求人も多くて使いやすいです。

関東に強く実績が豊富なマイナビ保育士、電話連絡の必要がないジョブメドレー保育士も併せて利用してください。以下でおすすめの理由を解説しているので参考にしてください。

初めて転職活動をする人、保育士転職サイトの登録が初めてで不安な人は以下を参考にしてください。保育士転職サイトの登録から内定をもらうまでの使い方を徹底解説しています。

保育士転職サイトランキング10選も参考にしてください☺️
まーさ

-保育士の転職

Copyright© ほいくのキャリア , 2021 All Rights Reserved.

確実に良い求人が見つかる!
おすすめ保育士転職サイト4選
おすすめ保育士転職サイト4選!