保育園から内定を取り消されたら違法?

保育士の転職

保育士の転職で保育園の内定取り消しは違法?どう対処する?

投稿日:2019年12月19日 更新日:

この記事は約 5 分で読めます

保育士の転職で保育園の内定取り消しは違法?どう対処する?

まーさ
こんにちは!4回転職して保育歴20年の保育士まーさ(@mama_ism)です。
めったにないことですが、がんばって転職活動をして内定をもらった保育園から内定が取り消されたら……ショックですよね。「納得できない!これって違法じゃないの?」と思うかもしれませんが、違法になるのは一部だけでほとんどは問題ありません。

「えー、じゃあ保育士が保育園の内定取り消されても諦めるしかないの?」

まぁ、ほぼそうです。内定者が内定を辞退できるのは多くの人が当たり前と思っているはず。こちらはまったく違法じゃないので、一部だけでも違法になる保育園の方が厳しいということです。

ただ、過去には内定取り消しで内定者が裁判を起こした例、勝訴した例は何度かあります。そのため、保育園の内定取り消しには、問題がない場合と違法な場合があるんです。

では、もし保育園から内定を取り消されたら、保育士はどんな対応をすれば良いんでしょうか。

保育園の内定取り消しが違法にならない理由

まず、保育園が内定を取り消しても、違法にならない理由です。もしあなたが内定を取り消されるとしたら、ほとんどの場合はその保育園の業績悪化だと思います。

  • 保育園の業績悪化などが理由の場合
  • 内定者の都合で勤務困難が理由の場合
  • 内定者の経歴詐称が理由の場合
  • 内定者の公序良俗に反する行為が理由の場合

保育園の業績悪化などが理由の場合

もし保育園の業績が悪化して保育士を雇えなくなった場合は、内定取り消しの理由になります。

ただし、業績悪化で内定を取り消す場合は、合理的な判断が必要です。保育園は配置基準があるので人員削減はできませんが、設備費や園長など経営者の給料をカットするなどが該当すると思います。詳しくは、弁護士などに尋ねてください。

内定者の都合で勤務困難が理由の場合

もし内定した保育士が病気やケガで仕事ができないと保育園が判断した場合は、内定取り消しの理由になります。

また、家族で遠方に引っ越すことになったので通勤代を出して欲しい、1人で残るので引っ越し代や居住費を出して欲しいという話を断って内定を取り消すことも理由になりますね。

内定者の経歴詐称が理由の場合

たとえば保育士資格を持ってないのに持っていると嘘をついたり、保育士経験数を盛ったりなど内定者が経歴詐称をした場合は、内定取り消しの理由になります。

当たり前ですが、バレたときに自分に不利になるような嘘はつかないでください。

内定者の公序良俗に反する行為が理由の場合

犯罪行為はもちろんですが、秩序や道徳に反する行為、その保育士が保育園で働くことで保育園の印象が悪くなる行為をした場合は、内定取り消しの理由になります。

保育園の内定取り消しが違法になる理由

一方、もし以下の理由で保育士の内定が取り消された場合は違法になる可能性があります。

  • 内定取り消しの理由が内定前にわかっていた場合
  • 内定取り消しの理由が一般常識で考えておかしい場合

内定取り消しの理由が内定前にわかっていた場合

たとえば、転職者の病気や身体的な要素、家庭環境などマイナスになる要素を内定前に知っていて内定を出したにもかかわらず、後から「やっぱり病気の人は無理。」と内定を取り消すのは違法です。

内定取り消しの理由が一般常識で考えておかしい場合

保育園の内定取り消し理由が、常識的に考えておかしい場合や正当な理由がないな場合も、違法になることがあります。

たとえば、「何となく印象が悪い。」「内定が決まってから条件交渉された。条件交渉は断ったけど生意気だ。」「やっぱりうちの保育方針に合わないかも。」などは、常識的に考えておかしいと思います。

保育園に内定取り消しをされた保育士の対処

もし保育園から内定を取り消されら、その保育士はどのように対処すれば良いんでしょうか。

正当な理由で内定を取り消された場合

まず、保育園の経営に問題があったら、「あぶなー、知らずに行かなくて良かったー。」となりますね。これはまぁOKです。

ただ、資格取得予定者が取れなかった、経歴詐称があった、公序良俗に反した、これらはすべてあなたの責任なので受け入れるしかなく、反論の余地はありません。

違法な理由で内定を取り消された場合

もし違法な理由で保育園から内定を取り消された場合は、以下の対応があります。

  • 内定取り消しの撤回請求をする
  • 損害賠償請求をする
  • 内定取り消しの事実を受け入れて次の行動に移る

内定取り消しの撤回請求をする

内定者が内定を取り消された理由が違法なものだと思ったら、内定取り消しの撤回を要求できます。内定取り消しの撤回を要求する場合は、弁護士事務所に依頼をした方が良いと思います。

損害賠償請求をする

たとえば、「就労日前日に内定を取り消された」「内定を理由に働かせた上で内定を取り消された」「他の内定を断らせて内定を取り消された」など明らかな損害があれば、損害賠償を請求できます。

こちらも損害賠償を請求する場合は、弁護士事務所に依頼をした方が良いと思います。

内定取り消しの事実を受け入れて次の行動に移る

もし違法な理由で内定を取り消されたら、内定が撤回されてももうその保育園には行きたくないですよね。また、損害賠償を請求するとしても、せいぜい請求できる金額は数十万円です。

そのため、内定取り消しの事実は受け入れて、新しい転職先を探すなど次の行動に移ることが現実的な対応だと思います。もちろん、次の行動を取りながら損害賠償を請求しても良いとは思いますが。

違法な内定取り消しは事前の情報収集で防げる

どれだけ一生懸命転職活動をしても、仕方がない理由で内定を取り消される人はいます。

ただ、違法な理由で内定を取り消す保育園は、そもそも経営者が良い保育園運営をできてるとは思えません。内定を出して、明確な理由がなく「やっぱやーめた。」なんて通用しませんよね。

このような事態を防ぐためにも、保育園の正確な情報収集ができる転職サイトのコンサルタントを頼りましょう。事前に情報収集をしておけば、違法な内定取り消しを防ぐ確率も上がります。

最近は保育士不足なので転職サイトも賑わってますが、「とりあえず転職させれば保育園から報酬がもらえる」と考える振興の転職サイトには登録しないでください。

以前から地道に保育士の転職に関わってきた老舗の転職サイトは、コンサルタントの質も高く、保育園と転職者の信頼で成り立っているところがほとんどです。

保育士転職サイトは50以上ありますが、わたしのおすすめはエージェントタイプの「保育士バンク」「保育情報どっとこむ」「マイナビ保育士」です。

保育士バンクは保育士のおすすめNo.1!

保育士バンク

業界最大手「保育士バンク」は押さえた方が良いです。まず公開求人2万件以上、非公開求人1万件以上を保有しています。そのため、検索だけでも十分求人を閲覧できます。

全国に拠点があり、転職フェアも全国で開催しています。つまり、地方に強く地方求人も多いということです。また、「ブランクOK」「初心者歓迎」の求人が多いのも特徴です。

保育士バンク公式サイト

転職サイトは保育施設からの報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

派遣実績25年で信頼できる保育情報どっとこむ

もともと派遣業で全国展開してるので、派遣保育士が候補にあるなら登録して間違いないのが「保育情報どっとこむ」です。派遣から正規保育士登用の紹介予定派遣も人気です。

保育情報どっとこむは対面面談を重視しています。園見学や面接にもコンサルタントが同席してくれるので、人に会うことや面接に不安がある人は心強いですね。

転職サイトは保育施設からの報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

関東の転職ならマイナビ保育士がおすすめ

転職サイトはいくつもありますが、関東で転職したいなら「マイナビ保育士」は外せません。やっぱりマイナビの知名度は大きいですし、知名度に見合ったサービスが期待できます。

唯一残念な地方求人の少なさを除くと、求人の質、コンサルタントの質、サービス充実度、口コミなどすべてで1、2を争う質の高さです。希望しなければ電話がかかってこないのも使い勝手が良いと思います。

マイナビ保育士公式サイト

転職サイトは保育施設からの報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

まーさ
おすすめを知りたい人は「保育士転職サイトランキング厳選トップ10!」をクリックして確認してください!気軽に、TwitterやFacebookでシェアしてくれるとうれしいです☺️

-保育士の転職

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.