保育士の転職

保育士転職で給料を上げる条件交渉はアリ?ナシ?

投稿日:2019年12月2日 更新日:

この記事は約 4 分で読めます

まーさ
転職するときに待遇の条件交渉ができるって聞いたんだけど……。給料も交渉できるのかな?

せっかく転職するなら、良い待遇で働きたいですよね。ただ給料の条件交渉は基本的にはナシです。
みやこさん

まーさ
えぇー……

転職者が給料の条件を交渉すること自体は悪いことじゃありません。保育士以外の転職エージェントだと普通に給料の条件交渉をするようですが、保育士は基本的に給料の条件交渉をしない方が良いです。

保育士の転職では給料交渉をしない方が良い理由があります。

保育士転職で給料の条件交渉がNGな理由

保育士転職で給料の条件交渉がNGな理由

まーさ
どうせなら給料上げたいんだけど、なんで条件交渉はダメなの?

いくつか理由はありますが、1番の理由は優秀な保育士を入れても保育園の収益が変わらないことです。
みやこさん

  • 実力があっても保育園の収益は変わらないから
  • まだ保育士の実力がわからない状態だから
  • 求人票をちゃんと見てないと思われるから
  • 仕事のやりがいに興味を持って欲しいから

実力があっても保育園の収益は変わらないから

給料交渉をできるのは、この人を入れたら会社の売上や利益が上がるかもと思わせることができるからです。つまり給料交渉はそういう仕事に限られます。

いくら保育士経験が長くて良い保育ができても、保育園の収益は増えません。保育園の収益はほぼ税金で賄われていて、他に収益を上げる手段がないんです。

保育士の実力がわからない状態だから

「面接で条件交渉するのはNGだけど、内定もらった後ならOK!」という人がいますが、基本的にはどっちもNGです。なぜなら、あなたはまだ保育園に貢献もしてなければ、実力も見せてないからです。

求人票の基本給の欄にはよく「経験による」と書いてあります。それは今までの経験だけじゃなく、働きだしてからの実力も見て加味しますという意味です。評価して欲しいなら、実力を示して保育園に貢献してから交渉すれば良いと思います。

求人票をちゃんと見てないと思われるから

もしあなたがヘッドハンティングされたなら、給料交渉しても問題ないと思います。ただ、あなたは求人票を見て応募したはず。なら、ちゃんと給料の金額も確認して応募してますよね。

それにも関わらず給料の交渉をすると、ちゃんと求人票を見ない人だと思われます。高い給料が欲しい人は、より高い給料を提示している保育園に行けば良いだけです。

仕事のやりがいに興味を持って欲しいから

給料交渉をすると、「保育園の方針や仕事のやりがいに興味を持って欲しいのに、そんなに待遇が気になるの?」と思う採用担当者もいます。

……まぁそりゃそうです。こっちも生活がありますから。この感覚は保育園がおかしいと思いますが、雇う側からすればお金に固執してほしくはないものです。

保育士が転職で少しでも給料を上げる方法はある?

保育士が転職で少しでも給料を上げる方法はある?

まーさ
じゃあ保育士が転職するときに、給料を少しでも上げる方法はないの?

もし給料を重視するなら、給料が高い保育園、将来的に給料が上がる保育園を選ぶのが1番です。以下に注意しましょう。
みやこさん

  • しっかり求人票を確認する
  • 面接などで不明な条件を質問する
  • 給料交渉を謳う転職サイトは避ける

しっかり求人票を確認する

求人票で給料を見ない人はいませんが、その割に求人票の見方を知らない人がいます。給料は月給表示が多いですね。月給とは「基本給+手当」のことで「20万円~27万円」のように書かれています。基本的には、もらえる給料の上限が月給でわかります。

他には賞与(ボーナス)があります。賞与は「2か月分」など書かれていますが、これは月給じゃなく基本給×2か月分という意味です。賞与なしもあれば、6か月分もらえる保育園もあります。

また、退職金制度も大切です。退職金制度がある保育園で20年勤めて、自己都合以外の理由で退職したときの退職金目安は400-600万円前後になります。保育士の求人票の見方は以下を参考にしてください。

面接などで不明な条件を質問する

面接では「何か質問はありますか?」と逆質問があるので、不明な点を質問しましょう。ただし直接お金の質問をするんじゃなく、キャリアアップについて聞くなど前向きな聞き方になる工夫をしてください。

保育士のスキルアップは給料に直結します。そのため、うまく聞けばキャリアアップで給料の目標を持つこともできます。上手な逆質問の方法は以下を参考にしてください。

給料交渉を謳う転職サイトは避ける

転職サイトの中には、「給料の条件交渉もします!」というところがあります。

まーさ
自分でするのは抵抗あるけど、転職サイトが給料交渉してくれるんなら嬉しい!

と思うかもしれませんが、今回話した理由で避けた方が良いです。保育園には収入上限があり、割ける人件費も決まっています。そのため、誰が給料交渉をしてもなかなか給料は変わりません。

給料交渉をするという転職サイトに頼もしさを感じるかもしれませんが、リスクがあることを提案する転職サイトは避けた方が良いと思います。

転職サイトに聞けば将来の給料がわかる

保育士のキャリアプランを作れる転職サイトを選ぼう

求人票を確認して給料を理解しても、面接で質問してキャリアアップの仕組みがわかっても、保育園の昇給基準がわからないと5年後、10年後に自分の給料がいくらになるかわかりません。

そのため、転職サイトに保育園の情報を調べてもらいましょう。転職サイトは保育園の給料事情、その保育園の在籍年数で給料がいくらになるかだいたいわかります。もちろん正確ではありませんが、○○万円-○○万円くらいは予想できるはずです。

保育園の詳細情報を知るためには、あなたが転職したい地域で求人に力を入れている転職サイトを選んだ方が良いです。

まーさ
選び方がわからない……どうやって選べばいいの?

転職サイトは多いため、わたしのおすすめを4つ紹介します。以下でおすすめの理由を説明しているので、転職サイトの選び方がわからない人は参考にしてください。

まーさ
保育士転職サイトランキング厳選トップ10!」も参考にしてください☺️

-保育士の転職

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.