保育士の転職

保育士転職で給料・勤務時間・休みの条件交渉はアリ?ナシ?

投稿日:2019年12月2日 更新日:

この記事は約 9 分で読めます

まーさ
転職するときに給料とか休みの条件交渉ができるって聞いたんだけど……どうすればいいの?

はい、勤務時間や休みは交渉できます。ただ給料の条件交渉は基本的には……ナシと考えた方が良いです。
みやこさん

まーさ
えー……

勤務時間が長い、休みが取れないなどで転職を決めた保育士は多いと思います。そのため、勤務時間や休みの条件交渉は悪いことじゃないです。

ただ、保育士は基本的に給料の条件交渉はしない方が良いです。保育士以外の転職エージェントだと普通に給料の条件交渉をするようですが、保育士は給料交渉をしない方が良い理由があります

  • 転職で勤務時間の交渉はどうやってするの?
  • 転職で休暇の交渉ってどうやってするの?
  • なんで保育士の転職で給料の交渉がダメなの?
これを教えて!

転職で条件交渉をしたい人は、この記事を読んで相手に悪い印象を与えない条件交渉のやり方を理解してください。勤務時間、休み、給料の順番で1つずつ説明していきますね。

※保育士の転職活動は無料で任せるのが当たり前

「転職する時間がない……。やり方がわからないしお金もない……。」と悩む人は、保育士バンクに相談しましょう。求人紹介~転職まで導いてくれて、どれだけ頼っても無料です。しかも担当者は元保育士が多いので相談しやすいですよ。もちろん転職相談だけでもOKです。
>> 無料で保育士バンクを使う

保育士が勤務時間を交渉するための基本事項

保育士が勤務時間を交渉するための基本事

まずは、保育士が勤務時間を交渉するためのポイントを押さえましょう。
みやこさん

保育士が勤務時間を交渉する場合は以下の前提条件があり、保育園との調整が必要なことをを押さえておきましょう。

  • 正規保育士のシフトと保育士の協力体制
  • パート保育士のシフトと保育士の協力体制

正規保育士のシフトと保育士の協力体制

正規保育士が勤務時間を交渉するのは、ちょっと難しいかもしれません。なぜなら、シフトはまず基本の形が決まっていて、変更する場合は保育士同士で協力する必要があるからです。

そのため、保育士同士がどれくらい積極的にシフトを変更しているか確認してください。シフトの交代が当たり前の環境なら、あなたのシフトも変更しやすいということですね。

パート保育士のシフトと保育士の協力体制

パート保育士で転職した場合は、保育園の事情や人員体制によります。パートは、正規保育士のようにシフトに縛られない働き方ができますが、「この時間にスポットで働いて欲しい」という場合は時間の変更が難しい可能性もあります。

また複数人でこの時間を埋めて欲しいなど、パート保育士同士で大まかな予定を決めて働くこともあります。その場合は、ある程度勤務時間の希望も通りやすくなります。

保育園の勤務時間は開園時間に応じてある程度決まっているので、その中での交渉になりますね。
みやこさん

シフト制、固定時間制など基本的に保育士の働き方は役割に応じて決まっています。保育士の勤務時間や出勤時間などの詳細を知りたい人は以下を参考にしてください。

保育士が休みの交渉をするための基本事項

保育士が休みの交渉をするための基本事項

次に、休みの交渉をするためのポイントを押さえましょう。
みやこさん

保育士が休みの交渉したいなら、その保育園の「法定休暇」と「法定外休暇」など休暇制度を把握してください。休暇制度は基本的に求人票に書いてあります。

法定休暇、法定外休暇とは

法定休暇とは

法定休暇とは、労働者の権利で取得できる以下の休暇のことです。

  • 年次有給休暇
  • 産前産後休業
  • 育児休業
  • 子の看護休暇
  • 介護休暇
  • 生理休暇

法定外休暇とは

法定外休暇とは、就業規則により会社(保育園)が任意に定めた休暇のことです。以下の休暇以外に、独自の休暇制度を設けている保育園もあります。

  • 慶弔休暇
  • 季節休暇(主に夏季休暇)
  • リフレッシュ休暇
  • 誕生日休暇
  • ボランティア休暇

正規保育士は保育園のカレンダー+法定休暇+法定外休暇

正規保育士の年間休日は「保育園のカレンダー+法定休暇+法定外休暇」が基本なので、「土曜日を優先的に休日にしたい」「完全週休2日制にしたい」などの要望は通りにくいです。

与えられた休暇制度の中で休む日を決めれば良いのですが、保育業界を理解していれば年度末や行事前が休みにくいことは知っているはずです。

パート保育士は保育園の事情や人員体制による

パート保育士の休日は、最初に保育園の要望と保育士の要望をすり合わせて、基本の勤務日を決めることになります。こちらは先ほどのパート保育士の勤務時間の話と同様ですね。

保育園の休暇制度を理解しないで休みの交渉をするのはNGですよ。より詳しく知りたい人は、以下を参考にしてください。
みやこさん

保育士の休暇や勤務時間の条件交渉の方法

保育士の休暇や勤務時間の条件交渉の方法

まーさ
休みとか勤務時間の交渉って、具体的にどうすればいいのかな。

交渉は自分でするんじゃなく、転職サイトや転職エージェントの担当者に任せた方がいいですよ。
みやこさん

保育士の休暇や勤務時間の条件交渉は、転職サイト・転職エージェントの担当者と話を合わせて以下の流れで進めると保育園にスムーズに伝わります。

  • 転職サイト・転職エージェントと希望条件を合わせておく
  • 転職サイト・転職エージェントから保育園に希望を伝えてもらう
  • 求人票などを見てもよくわからない条件を面接中に質問する
  • 面接で出た不明点を転職サイト・転職エージェントと話す
  • 再度転職サイト・転職エージェントから保育園に条件確認など

転職サイト・転職エージェントと希望条件を合わせておく

求人票を見れば、その保育園の休みや勤務時間の基準はある程度わかります。その時点で希望する休暇基準や勤務時間を決めて、転職サイト・転職エージェントに希望を伝えましょう。

優秀な担当者なら、どこまでが常識の範囲内の希望か判断できます。また担当者に面接で助け舟を出してもらうために同行を依頼しましょう。

転職サイト・転職エージェントから保育園に希望を伝えてもらう

転職サイト・転職エージェントの担当者は応募した保育園に休みや勤務時間の希望をある程度先に伝えて、判断できる状態を作ってくれます。

求人票などを見てもよくわからない条件を面接中に質問する

面接では自分から条件交渉しないで、不明な条件を質問してください。担当者が同席している場合は、助け舟を出して条件をすり合わせてくれる場合があります(場の雰囲気によっては条件交渉をしない)。

面接で出た不明点を転職サイト・転職エージェントと話す

面接が終わったら、転職サイト・転職エージェントの担当者と面接を総括します。

保育園の面接官の反応から条件交渉がうまくいきそうか妥協が必要かを判断しますが、この時点であらかじめ妥協できる条件は決めておいた方が良いです。

再度転職サイト・転職エージェントから保育園に条件確認など

面接の感想などを聞くために、転職サイト・転職エージェントの担当者から保育園に連絡します。その際に、交渉した条件で問題がない部分・問題がある部分などを聞いて条件のすり合わせをします。

まーさ
たしかに転職サイトの担当者って、わたしと保育園の両方の条件がわかってるから交渉しやすいね。

はい、どうしても直接交渉だと言い方によって角が立つ場合もありますからね。
みやこさん

保育士転職で給料の条件交渉がNGな理由

保育士転職で給料の条件交渉がNGな理由

まーさ
どうせなら給料も上げたいんだけど、なんで給料の条件交渉はダメなの?

いくつか理由はありますが、1番の理由は優秀な保育士がいても保育園の収益が変わらないからです。
みやこさん

世の中にエージェント形式の転職支援サービスが増えたため勘違いしている人もいますが、基本的にどの職業でも転職で給料の条件交渉ができるわけではありません。

特に保育士は以下の理由で給料の交渉が難しいと思います。

  • 実力があっても保育園の収益は変わらないから
  • まだ保育士の実力がわからない状態だから
  • 求人票をちゃんと見てないと思われるから
  • 仕事のやりがいに興味を持って欲しいから

実力があっても保育園の収益は変わらないから

給料交渉ができるのは、「この人を入れたら会社の売上や利益が上がるかも」と思わせるられるからです。つまり給料の条件交渉はそういう仕事に限られます。

いくら保育士経験が長くて良い保育ができても、保育園の収益は増えません。保育園の収益はほぼ税金で賄われていて、他に収益を上げる手段がないんです。

そのため保育園で保育士の給料を上げる場合は、保育園運営自体を見直して無駄な支出をカットするなど全体的なお金の流れから見直さなければいけません。

保育士の実力がわからない状態だから

「面接で条件交渉するのはNGだけど、内定もらった後ならOK!」という人がいますが、基本的にはどっちもNGです。なぜなら、あなたはまだ保育園に貢献もしてなければ、実力も見せてないからです。

求人票の基本給の欄にはよく「経験による」と書いてあります。それは過去の経験だけじゃなく、勤務後の実力も見て加味しますという意味です。評価して欲しいなら、貢献してから交渉してください。

求人票をちゃんと見てないと思われるから

もしあなたがヘッドハンティングされたなら、給料交渉しても問題ないと思います。ただ、あなたは求人票を見て応募したはず。なら、ちゃんと給料の金額も確認して応募してますよね。

それにも関わらず給料の交渉をすると、ちゃんと求人票を見ない人だと思われます。高い給料が欲しい人は、より高い給料を提示している保育園に行けば良いだけです。

仕事のやりがいに興味を持って欲しいから

給料交渉をすると、「保育園の方針や仕事のやりがいに興味を持って欲しいのに、そんなに待遇が気になるの?」と思う採用担当者もいます。

……まぁそりゃそうです。こっちも生活がありますから。この感覚は保育園がおかしいと思いますが、雇う側からすればお金に固執してほしくはないものです。

まーさ
なるほどねぇ。給料も交渉できると思ってたんだけどなぁ。

給料の交渉が絶対ダメとは言いませんが、何かメリットを提示できないと難しいですね。
みやこさん

保育士転職の条件交渉で気をつけること

保育士転職の条件交渉で気をつけること

まーさ
他に転職するときの条件交渉で気をつけることってある?

まずは求人票をしっかり見ること、そして不明点はしっかり質問することが大切です。
みやこさん

見ればわかること、聞けばわかることなのに、わからないことを残したまま条件交渉をするのは失礼なので気をつけましょう。

  • しっかり求人票を確認する
  • 面接などで不明な条件を質問する
  • 給料交渉を謳う転職サイトは避ける
  • 条件交渉は内定の判断の前にする
  • 条件交渉してくれる転職サイトを選ぶ

しっかり求人票を確認する

まずは求人票を隅々まで見て、給料、勤務時間、休暇制度を把握してください。勤務時間や休みを交渉するのはアリですが、的はずれな交渉をするとイメージが悪くなります。

また給料を気にしない人はいませんが、その割に求人票の見方を知らない人は多いです。

たとえば月給(基本給+手当)は「20万円~27万円」のように書かれていて、もらえる給料の上限がわかります。

他には賞与(ボーナス)があります。たとえば「2か月分」と書かれていれば、基本給×2か月分という意味です。もちろん賞与なしもあれば、4か月分もらえる保育園もあります。

また退職金制度も大切です。退職金制度がある保育園で20年勤めて、自己都合以外で退職したときの退職金目安は300-500万円前後です。保育士の求人票の見方は以下を参考にしてください。

面接などで不明な条件を質問する

面接では逆質問があるので、不明な点を質問しましょう。たとえば給料なら直接お金の質問をしないで、キャリアアップについて聞くなど前向きな聞き方になる工夫をしてください。

保育士のスキルアップは給料に直結します。そのため、うまく聞けばキャリアアップで給料の目標を持つこともできます。上手な逆質問の方法は以下を参考にしてください。

給料交渉を謳う転職サイトは避ける

「給料の条件交渉をします」という転職サイト・転職エージェントもあります。転職サイトが給料交渉してくれるなら嬉しいと思うかもしれませんが、今回話した理由で避けた方が良いです。

割ける人件費は決まっているので、基本的には誰が給料交渉をしても変わりません。給料交渉に魅力を感じたとしても、リスクを提案する転職サイト・転職エージェントは避けた方が良いと思います。

条件交渉は内定の判断の前にする

保育園は収入が決まっているので、求人を出した段階で給料や働く時間帯はある程度決まっています。この調整を内定後にするのは難しいので、交渉するなら内定前が良いです。

条件交渉は内定後が良いという業界もありますが、保育業界では通用しないと思います。

条件交渉してくれる転職サイトを選ぶ

面接前から内定が出る前までに保育園と条件をすり合わせて、OKかNGかを判断するのはどの転職サイト・転職エージェントも同じです。そのため、基本的にはどのサービスに条件交渉を任せても構いません。

ただし条件交渉してくれるのは、基本的に担当者がつくエージェントタイプの転職エージェントです。ジョブメドレーや保育Fine!などは、条件交渉をしてくれません。

まーさ
うーん……じゃあやっぱり転職の条件交渉で、給料を上げる方法はないってことかぁ。

給料を重視するなら安易に交渉しないで、給料が高い保育園、将来的に給料が上がる保育園を選ぶのが1番ですよ。
みやこさん

転職の希望条件は伝えないと損をする

保育士転職の条件交渉のまとめ

あなたには転職をする際の理想の保育園があり、曲げられない希望条件があるはずです。一方保育園には保育園の思惑があり、働いて欲しい条件が決まっています。

そのため自分の希望条件を保育園に伝えないと保育園の思惑で働くことになり、転職を後悔することになるかもしれません。ただ転職先に対して、意思を十分に伝えづらい気持ちもわかります。

自分ではなかなか伝えられない条件や条件交渉自体が苦手な人は、転職エージェントに条件交渉を任せましょう。
みやこさん

転職サイト・エージェントの選び方がわからない人は、わたしが使っていたサービスを試してください。

おすすめは、WEB面接や転職フェアなどサポートが高品質な保育士バンク、関東に強く実績が豊富なマイナビ保育士、転職まで最短で導いてくれる保育ひろばです。

\ すべて無料で使える!登録・退会もたった1分 /

それぞれの特徴は以下でまとめたので、転職を視野に入れている人、保育園に不満がある人は早めに読んで参考にしてください。

転職したい求人が見つかったら、満足できる働きやすい保育園かを見極めるために以下の記事も読んでください。転職で後悔しないために、抜け漏れなくチェックしましょう。

転職サイト・転職エージェントのランキングを知りたい人は「保育士転職サイト比較ランキング」を参考にしてください。
みやこさん

-保育士の転職

Copyright© ほいくのキャリア , 2021 All Rights Reserved.

確実に良い求人が見つかる!
おすすめ保育士転職サイト4選
おすすめ保育士転職サイト4選!