保育士の配置基準

保育士の仕事

保育園の人手不足は危険!保育士の配置基準と保育の質、安全の妥当性

投稿日:2019年11月8日 更新日:

この記事は約 6 分で読めます

まーさ
なんで保育園には配置基準があるの?守ってると良い保育園なの?

配置基準は子供を安全に保育する最低限の基準です。守るのは当たり前で、それだけでは良い保育園だとは言えません。
みやこさん

配置基準は認可保育園だけが意識するものじゃありません。保育に必要な保育士の最低基準なので、認可外保育園こそ配置基準以上の対応が必要です。

保育園が忙しいことと配置基準はあまり関係ないです。配置基準は在籍で数えるので、基準を満たしていても保育をする保育士の数が足りないことはあります。サービス残業だらけの保育園もあります。

「配置基準満たしてますよー」だけじゃ良い保育園かわかりませんが、配置基準を守ってない保育園はそれだけで違反です。では、配置基準で保育の質や子供の安全はどれくらい守られているんでしょうか。

保育士の配置基準とは

保育士の配置基準とは

保育士の配置基準とは、保育の質を確保する目的で、保育士1人に対して保育できる子供の人数を定めた厚生労働省の基準のことです。必要な保育士の人数は、子供の人数と年齢によって変わります。

子供の年齢 子供の人数 保育士の人数
0歳児 3人以下 1人
1-2歳児 6人以下 1人
3歳児 20人以下 1人
4歳以上児 30人以下 1人

自治体によって独自の配置基準を設けている

自治体によっては、保育の質の向上、事故の防止、保育士の負担軽減を目指して、配置基準よりも保育士1人が保育できる子供の数を減らしています。

たとえば横浜市では、保育士1人に対して1歳児は4人まで、2歳児は5人まで、4歳以上児は25人までです。また、世田谷区では、保育士1人に対し1歳児は5人まで、3歳児は15人までといった感じ。

ただし、この配置基準は認可保育園の基準です。認証保育園は自治体が配置基準より緩和した基準を設けてますし、それ以外の認可外保育園でも保育士or看護師が「おおむね3分の1以上」で良いとなってます。

保育士の配置基準がある理由

保育士の配置基準がある理由

まーさ
保育士が足りないなら、1人でも多く子供を受け入れた方が良いんじゃない?

保育園は、単純に子供を多く預けられればいいわけじゃないです。安全かつ安心して、子供を預けられる施設じゃなきゃいけません。

  • 保育を円滑に行うため
  • 保育中の事故を防ぐため

保育を円滑に行うため

0歳児は、生活すべてに保育士の援助が必要です。おむつ替えや食事、着替えなど身の回りのお世話のため、保育士1人が保育できる子供は3人までに制限されてます。

一方、子供がある程度大きくなると、自分でできることが増え、保育士は生活の補助が中心になります。そのため、保育士1人が保育できる子供は20人まで増やせます。

このように、子供の成長に合わせて保育士1人が保育できる人数を決めることで、円滑な保育ができるように考えられています。

保育中の事故を防ぐため

子供は誤飲しそうになったり、お友達に噛み付いたり、ドアの隙間に手を入れようとしたり、高いところに登ろうとしたりなど、年齢に合わせた興味や好奇心で危険なことをします。

このような保育中の事故を防ぐには、保育士の目がきちんと子供に行き届いてなければいけません

子供は年齢に応じて学習し、何が危険なのか少しずつ理解していきます。そんな子供の成長に合わせて、保育士1人が保育できる人数を決めることで、安全性を確保する保育をしています。

保育士配置基準に違反した保育園はどうなる?

配置基準に違反した保育園はどうなる?

まーさ
もし保育士配置基準に違反したら、その保育園はどうなるの?

保育士の配置基準は、保育園が認可保育園として運営できる条件の1つです。そのため認可保育園が配置基準に違反すると、「指導監査(特別監査)」が入ります。

指導監査(特別監査)とは

指導監査とは、施設の設備や運営に関する基準が守られているかどうか立ち入り検査をし、その保育園が基準を満たしていない場合に改善指導を行うものです。

  • 一般監査
    一般監査とは、関係法令や通知などに基づいて、1年に1回以上立ち入り検査を実施するものです。指導監査の実施は、認可保育所に対して、事前に通知を送付します。保育園は事前に指導監査資料を作成し、指導監査実施日前に提出しなければいけません。
  • 特別監査
    特別監査とは、運営などに問題がある施設を対象に立ち入り検査を実施するものです。

指導監査は関係法令及び国から示される通知などを基本として、毎年度当初に実施計画を定めて実施します。指導監査では、監査担当の職員が保育園内のすべてをチェックします。

配置基準違反の保育園の処分

運営に関わる書類、園児に関わる書類などのチェックや一日の保育の様子を監査した結果、保育士の人数を見直すように改善命令があったり、保育園の認可取消しという可能性もあります。

虐待の恐れなど至急対応が必要な場合は即時に事業停止命令や認可取り消しの重い処分、それ以外の問題がある場合は、改善勧告、改善命令、事業停止命令、認可取消しという順番で指導が行われます。

配置基準で保育の質や安全性は守られる?

配置基準で保育の質や安全性は守られる?

まーさ
保育士の配置基準さえあれば、ほんとに保育の質や安全性って守れるの?

現在の保育事故件数

平成30年の内閣府子ども・子育て本部の調査によると、認定こども園、幼稚園、保育園などの保育事故報告件数は、以下の内訳で880件あります。

  • 負傷等:872件
      意識不明:9件
      骨折:698件
      やけど:5件
      その他:160件
  • 死亡:8件
      睡眠中:5件
      プール・水遊び中:1件
      その他:2件

内閣府子ども子育て本部

子供はちょっとの段差で転んだり、子供同士でぶつかったりなどすぐにケガをします。保育士が近くにいれば、ある程度は防げるかもしれませんが、ずっと側にいるのは難しいので事故を完全に防ぐことはできないと思います。

配置基準緩和の検討状況

平成28年4月「保育所等における保育士配置に係る特例」が設けられました。これは、現在の保育士不足の中で、配置基準を緩和して保育園を運営しやすくするための措置です。

  • 朝夕などの児童が少数となる時間帯における保育士配置に係る特例
    →児童が少数の時間に限り、最低基準である保育士2名のうち1人は、子育て支援員研修を修了した者でもよい
  • 幼稚園教諭及び小学校教諭等の活用に係る特例
    →保育士と近接する幼稚園教諭や小学校教諭などが保育士に代わって保育が可能
  • 保育所等における保育の実施に当たり必要となる保育士配置に係る特例
    →認可の際に、最低基準の保育士を上回って保育士を必要とする場合は、その上回った保育士は子育て支援員研修を修了した者でもよい

厚生労働省

配置基準の緩和で、保育士資格を持っていない人も保育士の代わりに含められるようになりました。

配置基準の緩和自体は保育の質や安全とは関係ないですが、保育士を保育時間に集中させることで保育の質や安全性が上がる効果は期待できます。

もちろん配置基準緩和は始まったばかりなので、まだ検証は必要だと思いますが。

ほんとは何人くらい保育士が必要?

ほんとは何人くらいの保育士が必要?

まーさ
じゃあ今の保育現場は、配置基準通りで保育士が足りるの?適切な保育士の人数って何人?

保育園の多くは開園時間が11時間で早番、中番、遅番などのシフトがあり、子供の人数に合わせた保育士が働いています。ただ、配置基準に合わせた保育士を確保しただけだと、保育士が足りない場面は以下のようにたくさんあります。

  • 中番が入ってくるまでの時間帯
  • 室内はおやつや食事、寝かしつけ、トイレなど
  • 外遊びや散歩の見守り、付き添いなど
  • その他突発的なことが起こったとき

また保育園によって力を入れる保育があり、ルールを守ると保育士の数が足りないこともあります。そのため保育園はパートを雇ったり、園長や副園長などが保育に入って保育士の穴を埋めています

わたしの感覚では、最低限配置基準の1.5倍の保育士を確保して、子供の数に合わせて1-2人多く保育士を配置すれば、モチベーションも保てる安全面に配慮した質の高い保育ができるように感じます。

逆に言うと、保育士の人数が足りない保育園……しかもそれが当たり前になっている保育園はいろんな意味でやばいです。

保育士が足りない保育園はブラック保育園になる…

保育士の人数が足りない保育園は早めに転職が吉

認可外保育園で働いている保育士も、配置基準は理解してください。配置基準は単純に認可と認可外を分ける基準じゃなく、安全に保育する最低基準です。

人が足りないと運営が回らなくなり事故につながります。それがあなたのせいにされるかもしれません……。そのため、配置基準ギリギリの保育園は危険なんです。ブラック保育園の特徴は慢性的な保育士不足です。その特徴が見えたら、我慢しないで逃げた方が良いと思います。

ただ健全運営の保育園を見分けるのは難しいため、転職するときは保育園の情報に詳しい転職サイトを使ってください。配置基準云々ではなく、健全運営を条件にした求人を紹介してもらいましょう。

転職サイトはキャリアアドバイザーが信用できて、情報収集力があるサービスを選んでください。わたしのおすすめは以下で紹介してるので、転職サイトの選び方がわからない人は参考にしてください。

転職サイトは保育園の情報収集をしているため、保育現場の雰囲気を知っています。何度か求人掲載している保育園なら、人手不足が「一時的」か「慢性的」かわかります。

人が足りなくてギリギリで回している保育園は、子供の安全のためにも無くさないといけませんよね。

保育士転職サイトランキング10選も参考にしてください☺️
まーさ

-保育士の仕事

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.

初心者でも良い求人が見つかる!
おすすめ保育士転職サイト5選
おすすめ保育士転職サイト5選!