保育士の給料が上がらない理由、処遇改善で給料はどうなる?

保育士の仕事

保育士の給料が上がらない理由、処遇改善で給料は上がる?

投稿日:2019年11月10日 更新日:

この記事は約 6 分で読めます

まーさ
こんにちは!保育歴20年の保育士まーさ(@mama_ism)です。
「給料上がらないなぁ。」保育士の給料がなかなか上がらないことはわかっていても、愚痴は言いたくなります。保育士の給料が上がらないのは明確な理由があります。それはどんな理由でしょうか。今後も保育士の給料は上がらないんでしょうか。

「昇給って何?」と言いたくなる保育士もいるでしょう。いくら保育士の給料が低いことはわかっていても、4-5年も働くと友達との給料の格差で将来が心配になります。

最近は世間の保育士に対する注目も集まって、待遇も変わりそうな雰囲気はありますが、劇的に給料が上がることはありません。

保育士の給料がなかなか上がらないのは、給料が税金で賄われているからです。これは保育士なら必ず知っておくべきこと。これを理解しないで、「給料上げろー」と言うのは恥ずかしいですよ。

なぜ保育士の給料は上がらないの?理由は?

なぜ保育士の給料は上がらないの?理由は?

保育士の給料が安いというのは間違い。正しくは「私立保育園の保育士の給料は安い」です。公立保育園の保育士は地方公務員と同じ扱いなので、以下を見ると給料が高いことがわかります。

公立保育園の保育士の給料が地方公務員扱いに対して、私立保育園の保育士の給料は保育園(運営会社)の収入から出るため保育園が決めています。私立保育園の収入は2つあります。

  • 保護者が払う保育料
  • 国からの交付金

ただ保育料は無償化が始まってますね。認定保育園・こども園は上限なしの無料、幼稚園は25,700円まで無料、認可外保育園は37,000円まで無料なので、該当しない保育料部分が収入です。

国からの交付金は、毎年設定された子供1人あたりの保育単価があります(保育単価は以下)。

平成30年度 公定価格単価表(案)平成30年3月

保護者が払う保育料と国からの交付金は、どちらも一旦地方自治体に収められて、保育園に通う子供の数によって保育園に分配されます。

たとえば私立高校や私立大学だと、授業料は大学側がある程度自由に決めて保護者や学生が支払うため、運営方法によっては大きな収益を得られます。

ところが、国から補助を受けている認可保育園や幼稚園などは、面積基準によって受け入れる子供の数が決まるため、収入上限も決まっています。その収入から保育士の給料を支払うしかありません。

保育士が10人の保育園が保育士を1人増やすと、人件費は10%増えますが収入は増やせません。そのため、保育士の給料は上がらないんです。では、保育士の給料は今後も上がらないんでしょうか。

実は保育士の給料は徐々に上がってる!

実は保育士の給料は徐々に上がってる!

まーさ
保育士の給料を上げるには、税金に頼るしかないの?でも、これ以上税金で賄われるのは罪悪感……。

今のところ保育士の給料を上げるには税金投入しかありません。ただすでに、交付金額は少しずつ増えています。

以下の処遇改善の推移を見ると、保育士の給料は平成25年から令和元年までで13%も上がっているんです。月給で4万円以上、年収で50万円ほどです……。

保育士等の処遇改善の推移

待機児童対策~これからも、安心して子育てできる環境作りに取り組みます!~ | 首相官邸ホームページ

  • 保育士処遇改善等加算(2013年)
  • 子ども子育て新制度(2015年)
  • 公務員給与の見直し(2017年)
  • 技能・経験に応じた処遇改善等加算Ⅱ(2017年)
  • 人づくり革命による保育士の処遇改善(2019年)

保育士処遇改善等加算(2013年)

2013年に始まった「保育士処遇改善等加算」とは、保育園が保育士の給料を上げる取り組みをすると、保育園に補助金が支給されるという加算制度のことです。

子ども子育て新制度(2015年)

2015年に始まった「子ども子育て新制度」とは、認定こども園の普及や地域型保育の新設のための制度です。その中で、保育士の給料を3%ベースアップする施策が行われています。

よくわかる「子ども・子育て支援新制度」: 子ども・子育て本部 - 内閣府

公務員給与の見直し(2017年)

2017年には公務員給与の見直しが行われ、その中で準公務員と言える立場の、認可保育園の保育士の給与も見直されました。これによって保育士の給料が平均2%上がっています。

技能・経験に応じた処遇改善等加算Ⅱ(2017年)

また、同じく2017年に「技能・経験に応じた処遇改善等加算Ⅱ」によって、保育士のキャリアアップ補助という制度がスタートしました。

いわゆる「保育士キャリアアップ研修」ですね。「副主任保育士」と「専門リーダー」を作れば4万円、「職務分野別リーダー」を作れば5000円の交付金が、国から保育園に支払われます。以下詳細です。

人づくり革命による保育士の処遇改善(2019年)

2019年の「人づくり革命」でも、保育士の給料を1%上げる施策が行われています。2019年10月の消費税増税の用途の1つに、保育士給料を上げる施策が予定されています。

ほんとに保育士の給料上がってる?実感ないんだけど

ほんとに保育士の給料上がってる?実感ないんだけど

まーさ
えー、でもわたしの給料ほんとに上がってる?実感ないんだけど……。

平成29年度と平成30年度の保育士の平均年収比較

平成29年度と平成30年度の保育士の都道府県別平均年収のトップ5を比べると、たった1年で保育士の平均年収が20-30万円上がっていることがわかります。

順位 都道府県 平成30年度 都道府県 平成29年度
1位 東京都 434.1万円 京都府 401万円
2位 京都府 409.8万円 東京都 394万円
3位 千葉県 397.2万円 愛知県 372万円
4位 神奈川県 384.3万円 岡山県 363万円
5位 岡山県 384.3万円 滋賀県 359万円

保育士の全都道府県の平均年収を知りたい人は以下から確認してください。

給料が上がった実感がないのは3つの理由がある

ただし、給料が上がったと言っても一律で上がったわけじゃないので、実感がない保育士もいます。給料が上がった実感がない理由は以下の通りです。

  • 保育士の給料が上がりにくい地域がある
  • 待遇改善に消極的な保育園がある
  • 交付金を給料還元しない保育園がある

給料が上がりやすい地域と上がりにくい地域があることは仕方がないと思います。

ただ、給料を上げることに積極的な保育園と消極的な保育園があることは納得できませんし、国の交付金を保育士の給料に還元していない保育園があることは許せません。

保育園はもっと危機感を持って運営されるべきです。そのような保育園を許さないために、保育士の転職がもっと当たり前にならないとダメなんです。

保育士の給料は施設形態や都道府県、年齢(経験)で違います。いろんな資料を見て、自分が保育士として正当に評価されているか、自分の年収と今の保育士の平均年収の差を知ってください。

保育士は今より給料を上げるために転職を考えよう

保育士は今より給料を上げるために転職を考えよう

自分の給料が他の保育士より低いと感じたら、評価してくれる保育園への転職を考えましょう。

もちろん保育士全員が転職する必要はないですが、有効求人倍率3.2倍の今がいちばん転職しやすい時期なのは間違いありません。転職で給料を上げたい人は、転職サイトに登録して他の保育園の給料や待遇を調べてください。

転職サイトは50以上ありますが、おすすめは「保育士バンク」「保育ひろば」「マイナビ保育士」です。転職サイトは複数登録が基本です。ほとんどの転職者がこの中のどれかには登録してると思います。

3つとも登録した方が良いですが、それぞれ特徴が違うため当てはまるものに登録しましょう。

保育士バンク、マイナビ保育士、保育ひろば

保育士バンクは保育士のおすすめNo.1!

業界最大手「保育士バンク」は押さえた方が良いです。公開求人2万件+非公開求人1万件を保有しているため、地方転職には欠かせません。全国に拠点があり、転職フェアも多数開催しています。

キャリアアドバイザーに元保育士が多いため、保育現場を理解した悩み相談ののってもらえます。また、「ブランクOK」「初心者歓迎」の求人が多いのも特徴です。

保育士バンク公式サイト

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

保育ひろばは業界実績も知名度もある!

短期間ですぐ転職したい!という人は「保育ひろば」を利用しましょう。キャリアアドバイザーの熱意が高く、登録から転職まで平均2週間という転職の速さが売りです。

保育ひろばは知名度も高く、頻繁に転職フェアを開催しているので安心して転職サポートを任せられます。お客様満足度94.2%というのもポイントですね。

保育ひろば公式サイト

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

関東の転職はマイナビ保育士がおすすめ

関東の転職なら「マイナビ保育士」は外せません。マイナビの知名度は大きいですし、多くの転職ノウハウに基づいたサービスが期待できます。

求人、キャリアアドバイザー、サービス、口コミすべて1-2を争う質の高さです。希望しなければ電話連絡がない「マイページ会員サービス」に使いたい人もいるでしょう。

マイナビ保育士公式サイト

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。


登録した方が良い転職サイトの比較

総合評価

4.70

保育士バンク

4.58

保育ひろば

4.63

マイナビ保育士
公開求人数

4.7

20,020件:非公開1万件~

4.5

9,737件:非公開不明

4.5

9,206件:非公開不明
求人地域

4.8

全国対応で地方も多い、拠点は8都道府県

4.7

全国対応で地方少なめ、拠点は34都道府県61箇所

4.3

関東+関西対象で地方なし、拠点は9都府県10箇所
コンサルの質

4.7

元保育士が多く悩みを相談しやすい

4.6

熱意があって引っ張ってくれる

4.8

ノウハウが豊富で対応がきめ細やか
サービス充実度

4.6

転職フェアが多い、非公開求人が多い

4.7

平均2週間で転職、転職フェアが多い

4.7

関東で圧倒的に強い、サポートが厚い
口コミ評価※

4.8

口コミ評価+特徴

4.0

口コミ評価+特徴

4.8

口コミ評価+特徴
公式サイトの確認
ここから登録
保育士バンク
ここから登録
保育ひろば
ここから登録
マイナビ保育士
口コミは総合評価から除外

転職初心者が気軽に使えるジョブメドレー

どうしても電話連絡が嫌な人は、「ジョブメドレー」に登録しましょう。公開求人が2.5万件もあり、他の転職サイトだと数が少ない地方求人も見つかります。

またジョブメドレーは自分で求人を探して、自分で応募するセルフ方式です。担当は付きませんが、困ったときはヘルプのお願いも可能です。

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

まーさ
保育士転職サイトランキング厳選トップ10!」も参考にしてください☺️

-保育士の仕事

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.