都道府県別の保育士の給料

保育士の仕事

保育士の都道府県別の平均年収比較、給料が高い地域・低い地域はどこ?

投稿日:2019年11月26日 更新日:

この記事は約 5 分で読めます

まーさ
もっと給料欲しいなぁ。やっぱり東京に行った方が給料高いのかなぁ。

たしかに保育士の給料は、田舎より都会の方が高い傾向はあります。でも、すべてが当てはまるわけじゃないですよ。
みやこさん

東京で働く保育士の給料が高いのは想像がつきますね。そのため、今より給料を上げたくて、田舎から都会に転職しようと考えたことがあると思います。

心理的・物理的ハードルがなければ、給料が高い都道府県で働きたい保育士は多いですよね。わたしは、保育士が働くなら東京をおすすめします。ただ、「東京はちょっと遠すぎ……。」という人もいますよね。

そこで保育士の給料が高い地域・低い地域を知るために、都道府県別の平均年収比較表を作りました。

転職して給料を上げたい保育士は、保育士の都道府県別のの給料を頭に入れて転職先を検討してください。また、わたしが保育士の転職で東京をおすすめする理由も解説しますね。

※東京、神奈川、千葉、埼玉の転職なら絶対外せない

「上京したいけど、遠いから保育園の情報集めって難しいよなぁ……。」と悩む人は、関東の保育施設に圧倒的な情報網があるマイナビ保育士を使いましょう。転職で後悔しないためには情報収集が命。マイナビグループの実績とノウハウは最強なので、関東で転職を目指す人は必ず以下を確認してください。
>> 無料で使えるマイナビ保育士

都道府県別の保育士の平均年収

都道府県別の保育士の平均年収

まーさ
わたしが住んでる地域って、保育士の給料高いのかなぁ。

ふふ……お金の話はなんとなくワクワクしますよね……。
みやこさん

保育士の給料は以前より上がっていますが、給料の地域格差があることは間違いないです。

そこで、平成30年度の賃金構造基本統計調査から、都道府県別の保育士の平均年収一覧を作りました。それだけだと面白くないので、都道府県の人口と保育士の求人倍率も併記しました。

これで、都道府県で給料が高いことと有効求人倍率が高いことに相関性があるかどうかがわかります。

都道府県人口平均年収年収順位有効求人倍率倍率順位
北海道0532万人343.0万円21位2.73倍16位
青森県0127万人366.6万円09位2.43倍24位
岩手県0125万人339.4万円25位1.92倍40位
宮城県0232万人315.3万円45位4.38倍05位
秋田県0099万人328.6万円38位1.59倍44位
山形県0110万人312.4万円47位2.72倍17位
福島県0188万人339.4万円26位2.61倍21位
茨城県0289万人315.3万円46位3.43倍11位
栃木県0195万人354.0万円15位3.16倍14位
群馬県0196万人359.5万円12位1.24倍47位
埼玉県0731万人352.7万円16位4.76倍02位
千葉県0624万人397.2万円03位2.51倍23位
東京都※1372万人434.1万円01位6.44倍01位
神奈川県※0915万人384.3万円04位3.57倍09位
新潟県※0226万人331.4万円36位2.12倍33位
富山県※0105万人321.3万円41位2.20倍31位
石川県※0114万人367.9万円08位2.07倍38位
福井県※0077万人320.7万円42位2.62倍19位
山梨県※0823万人341.0万円23位2.43倍25位
長野県※0207万人331.9万円34位2.08倍37位
岐阜県※0200万人363.9万円11位1.75倍42位
静岡県※0367万人332.3万円32位3.46倍10位
愛知県※0752万人365.1万円10位2.89倍15位
三重県0180万人332.2万円33位2.62倍20位
滋賀県0141万人346.9万円18位3.59倍08位
京都府0259万人409.8万円02位3.24倍13位
大阪府0882万人347.6万円17位4.49倍03位
兵庫県0550万人357.5万円13位2.68倍18位
奈良県0134万人340.3万円24位2.35倍27位
和歌山県0094万人330.2万円37位2.56倍22位
鳥取県0056万人318.2万円43位3.77倍06位
島根県0068万人328.2万円39位2.10倍35位
岡山県0190万人384.3万円05位2.12倍34位
広島県0282万人378.8万円06位4.49倍04位
山口県0138万人342.1万円22位1.55倍46位
徳島県0074万人322.5万円40位3.69倍07位
香川県0096万人338.1万円27位1.99倍39位
愛媛県0136万人337.0万円28位2.43倍26位
高知県0071万人331.6万円35位1.69倍43位
福岡県0510万人376.3万円07位2.35倍28位
佐賀県0082万人333.2万円30位1.58倍45位
長崎県0135万人357.0万円14位1.80倍42位
熊本県0176万人343.4万円20位2.18倍32位
大分県0115万人335.4万円29位2.28倍30位
宮崎県0108万人346.0万円19位2.29倍29位
鹿児島県0162万人333.0万円31位2.10倍36位
沖縄県0144万人316.1万円44位3.41倍12位

※東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県は、男女保育士を合わせた平均年収です。

このように都道府県別の平均年収を比べてみると、いろいろおもしろいことがわかりますよ。
みやこさん

保育士の都道府県別平均年収・給料からわかること

保育士の都道府県別平均年収・給料からわかること

  • 保育士の平均年収・給料が高い都道府県
  • 保育士の平均年収・給料が低い都道府県

保育士の平均年収・給料が高い都道府県

保育士の平均年収・給料が高い都道府県を並べると以下のようになります(+求人倍率と順位)。

1位:東京都|434.1万円、6.44倍(1位)
2位:京都府|409.8万円、3.24倍(13位)
3位:千葉県|397.2万円、2.51倍(23位)
4位:神奈川県|384.3万円、3.57倍(9位)
5位:岡山県|384.3万円、2.12倍(34位)

東京は全国で1番保育士の平均年収が高く、求人倍率が高いため、転職しやすい地域だとわかります。東京が飛び抜けてるので、上京するなら千葉、埼玉、神奈川に行くより、圧倒的に東京がおすすめです。

一方、5位の岡山は平均年収は高いですが、求人倍率は低く転職が難しい地域です。広島は平均年収6位の378.8万円で、求人倍率も4.49倍と高いので、岡山より広島の方が転職条件が良いですね。

保育士の平均年収・給料が低い都道府県

保育士の平均年収・給料が低い都道府県を並べると以下のようになります(+求人倍率と順位)。

1位:山形県|312.4万円、2.72倍(17位)
2位:宮城県|315.3万円、4.38倍(5位)
3位:茨城県|315.3万円、3.43倍(11位)
4位:沖縄県|316.1万円、3.41倍(12位)
5位:鳥取県|318.2万円、3.41倍(6位)

山形がワースト1位は意外ですが、仙台がある宮城、関東の茨城の平均年収がワースト5に入るのはもっと意外です。宮城は求人倍率は高いですが、年収が低いので転職には微妙な地域ですね。

これらの都道府県は、平均年収・給料が低い割に求人倍率が高い地域です。給料が安くても転職しやすい方が良いと考える人には狙い目ですが、もっと給料が高い地域を狙った方が良いと思います。

みやこさん
都道府県別の平均年収表を見れば、どの地域の転職が効率が良いかわかりますね。ただし注意点もあります。

保育士の都道府県別平均年収・給料の注意点

保育士の都道府県別平均年収・給料の注意点

都道府県によって保育士の平均年収や求人倍率が大きく違うことはわかりましたが、その都道府県の平均年収が高いという理由だけで転職先を決めてはいけません

その理由は以下の通りです。

  • 同じ都道府県内でも年収は変わる
  • 保育士の平均年収の変動は激しい
  • 給料と比較した実際の生活費が重要

同じ都道府県内でも年収は変わる

同じ都道府県内でも地域によって給料水準は変わりますし、保育園によっても給料は変わります。そのため都道府県別の平均年収は、あくまでも平均を知るために活用してください。

保育士の平均年収の変動は激しい

保育士の平均年収は年々上がっています。平成29年度の都道府県別平均年収は、京都府(401万円)、東京都(394万円)、愛知県(372万円)、岡山県(363万円)、滋賀県(359万円)の順番でした。

平成29年度と平成30年度の保育士の平均年収を比較すると、以下の通りたった1年で保育士の年収が大きく上がったことがわかりますね。東京は40万円も上がってる……。

順位 都道府県 平成30年度 都道府県 平成29年度
1位 東京都 434.1万円 京都府 401万円
2位 京都府 409.8万円 東京都 394万円
3位 千葉県 397.2万円 愛知県 372万円
4位 神奈川県 384.3万円 岡山県 363万円
5位 岡山県 384.3万円 滋賀県 359万円

毎年、一部以外の平均年収の順位はガラッと変わるので、今年は平均年収が高い地域・都道府県でも、5年後も平均年収が高いとは限りません。

給料と比較した実際の生活費が重要

生活費や住居費によっては、給料が高い地域でも相対的に損をする場合があります。

たとえば地方で3-4万円の賃貸物件も、地方都市で6-7万円、東京で10万円近くになります。住居費だけで年70-80万円も変わるんです。

ただ、上京して転職すると、8万円ほどの家賃がゼロ円になる「借り上げ社宅制度」を実施する保育園も多いので、東京でも地方以下の生活費になる可能性は高いです。

借り上げ社宅制度は、年間で100万円ほど得をする強力な制度です。知らない保育士は、かなり損をしています。詳しくは以下を参考にしてください。

まーさ
保育士はどの都道府県で働くと割がいいのかな?やっぱり東京?

そうですね。転職のしやすさ、給料、生活費などを総合すると、やっぱり東京で保育士をするのが1番良いと思います。
みやこさん

保育士が転職するならおすすめは東京!

保育士が転職するならおすすめは東京!

引越しできないなら近場しかないですが、移動可能な保育士は東京で転職することをおすすめします。

給料も求人倍率も都道府県の中で圧倒的に高く、転職しやすい環境です。山形から東京に行くと年収312万円が434万円……120万円の差は大きいです。

しかも借り上げ社宅制度があれば、東京での家賃は年間100万円→ゼロ円になります。住居費を浮かせるために地方都市や関東近県を選ぶなら、素直に東京にした方が住居費はかかりません。

東京は生活費が高いイメージの人は多いでしょう。ただ、住居費以外の生活費は毎月1-2万円ほどしか変わりません。他にも保育士が上京するメリットは多いです。詳しくは以下を参考にしてください。

なお、上京サポートが手厚いマイナビ保育士や保育士バンクを使って転職すると、転職活動が楽になりますし、就職祝い金や引越し支度金など金銭的なメリットも増えるのでおすすめです。

今とは違う地域で保育士をしたい人は、まず東京で転職することを考えましょう。

東京に行くのが難しい人は、紹介した都道府県別の平均年収・求人倍率の一覧表を見て、給料と求人倍率が高い地域を探すと効率が良い転職を目指せますよ。

保育士転職サイトランキング10選も参考にしてください☺️
まーさ

-保育士の仕事

Copyright© ほいくのキャリア , 2021 All Rights Reserved.

確実に良い求人が見つかる!
おすすめ保育士転職サイト4選
おすすめ保育士転職サイト4選!