ブラック保育園の特徴と見分け方

保育士のお悩み

保育士が教えるブラック保育園の特徴は1つだけ!見分け方は?

投稿日:2019年10月22日 更新日:

この記事は約 8 分で読めます

まーさ
働くならブラック保育園は避けたい!ところでブラック保育園ってどんな保育園?

保育園は一時的に人が足りないことや仕事が忙しいことがありますが、それだけでブラックとは言えません。ブラック保育園の大きな特徴は慢性的な人手不足です。
みやこさん

特徴は給料が安くて、仕事が忙しくて、持ち帰り仕事が多くて、先輩のパワハラ……あれ?普通の保育園じゃん?という冗談はおいといて、以下が厚生労働省のブラック企業の定義です。ブラック保育園も概ね同じですね。

  • 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す
  • 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い
  • このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う

ブラック保育園の経営者は意識が低いため、たった1つの問題点を本気で解決しようとしません。その問題点のせいで、保育園は劣悪な環境になってしまいます。

もし保育園に不満を抱いて転職した先がブラック保育園だったら……。あなたの将来のためにも、ブラック保育園を見分けることはとても大切です。

ブラック保育園のリアルな口コミ

Twitterではよくブラック保育園の実態や劣悪な環境がつぶやかれています。正直ヤバすぎて引く内容もいっぱいあります。こんなの訴えたら即業務停止なんですけどね。

ブラック保育園の最大の特徴は慢性的な人手不足!

ブラック保育園の最大の特徴は慢性的な人手不足!

ブラック保育園の1番の特徴は慢性的に人が足りないことです。ただ、一時的な人手不足ならどの保育園にもあります。人手不足になったら主任や園長が現場に出てがんばったり、保育士同士が協力して仕事をする間に求人を出しますね。

ところが慢性的な人手不足の保育園は、まともな求人を出しません。また求人を出しても保育士が来ません。人がいないため、以下の劣悪な状態がずっと続きます。

  • 労働時間が異常に長い
  • 常に持ち帰り仕事が多い
  • 有給消化ができない
  • 雰囲気的に辞められない
  • 保育士同士がギスギスしている
  • 先輩保育士がとにかく怖い
  • 残業代がほとんど出ない

見て分かる通り、人が足りないことで上から順番にやばい状態が続いてこれがループしていきます。

これが当たり前になると、「これが保育士だ、これが保育園だ」というベテラン保育士まで出てくる始末。「わたしが頑張ってきたんだからお前も頑張れ」です。違法の自覚がないので気持ち悪いですね。

ブラック保育園が保育士を採用できない理由

ブラック保育園が保育士を採用できない理由は?

まーさ
でも保育士が採用できれば、問題解決するんでしょ?

たしかに人手不足が解消すれば負のループにはなりませんが、ブラック保育園には求人を出しても保育士が採用できない理由があるんです。

  • 保育士の給料が安い・待遇が悪い
  • 配置基準ギリギリで良いと思っている
  • 保育士を採用してもすぐ辞める
  • 保育園の悪い噂が広まっている

保育士の給料が安い・待遇が悪い

求人を出しても給料が安かったり、時間的な待遇が悪いと応募したくないですね。もちろん、その保育園には「お金がない」「配置基準ギリギリでOK」「人件費削って儲けを出したい」など、良い待遇で求人を出さない理由があります。

配置基準ギリギリで良いと思っている

そもそも、配置基準ギリギリで良いと思っている保育園は求人を出しません。お金がないのか、儲けたいのかわかりませんが、保育士に発破をかけてがんばってくれるうちは何もしようとしません。

保育士を採用してもすぐ辞める

保育士を採用できても、働く環境が劣悪なせいで人がどんどん辞めてしまうパターンもあります。とくに、求人票の条件と実際の待遇が違うと人は定着しません(もちろん違法)。

保育園の悪い噂が広まっている

保育園は保護者にも見られてます。「○○保育園ヤバいらしいよ。」「子供入れない方がいいわよ。」「園長のパワハラで保育士が辞めちゃうんだって。」こんな噂を聞いて、その保育園で働きたい保育士はいません。

ブラック保育園で保育士が採用できないのは、主に悪い噂の理由が大きいと思います。求人情報をずっと掲載していても保育士が来ないのは、保育関係者や保護者からの評判が悪いからです。

劣悪なブラック保育園を見分ける方法はある?

劣悪なブラック保育園を見分ける方法はある?

ブラック保育園の特徴は人が足りないことですが、ブラック保育園になりそうな危険な保育園の特徴はいろいろあります。もちろん、「この特徴があると危険!」とは断言できないのでご注意を。

  • 保育中に孤立する子供が何人かいる
  • トイレが汚い・備品が不足している
  • おもちゃや絵本が不足・放置されている
  • 保育時間後に毎日会議や残業がある
  • 20代の保育士が1人もいない
  • 園長派・主任派などの派閥がある
  • 園長の極端な縁故採用がある
  • 園長が現場にノータッチor出っぱなし
  • 園長の見た目がやたらバブリー

保育中に孤立する子供が何人かいる

まーさ
子供を孤立させないのは保育士の常識!

保育士の目が子供に行き届いてれば、孤立する子を作らないように声掛けをします。もし孤立する子が何人もいる保育園は、保育士の質が悪かったり、人手が足りなくて子供に注意が払えていないことが考えられます。

トイレが汚い・備品が不足している

まーさ
人手不足だと細部まで目が届きません

手洗い場の石鹸や洗剤、スポンジなどが補充されてない、掃除用具が手入れされてない、職員室・職員用トイレが汚れてる保育園は、事務員さんがいなかったり、保育士の手が回っていない可能性があります。

おもちゃや絵本が不足・放置されている

まーさ
ここが保育園だってわかってるの?

園児数とおもちゃや絵本の数を数えましょう。もし子供が10人同時に遊ぶ場合は、最低でも10個以上+予備のおもちゃが必要です。おもちゃや絵本などにかけるお金が足りない保育園は怖いですね。

子供に片付けを教えるのも保育士の仕事です(もちろんできない子もいる)が、片付けができない保育士は意識が低く、保育園がそれを教育できていない証拠です。

保育時間後に毎日会議や残業がある

まーさ
園長の自己満のために会議がある……

保育時間後に毎日会議をしたり、1回の会議が長い保育園は、保育時間が確保できていれば良いという考えで運営されています。

また、閉園後に2時間以上灯りがついている保育園は確実にサービス残業をしています。閉園後に書き物や片付け、翌日の準備、ときには談笑をなどで1時間位は居てもおかしくないですが、2時間は明らかにおかしいです。

20代の保育士が1人もいない

まーさ
若い子の方がフットワークが軽いなぁ

小規模保育園は保育士が少ないので、立ち上げが30-40代中心ということはあります。ただ保育士の平均年齢は35歳なので、そこそこの規模で20代の保育士がまったくいない保育園は、保育士が定着しない原因があります。

園長派・主任派などの派閥がある

まーさ
人間関係が悪いのは最悪の環境ですね

派閥がある保育園は、人間関係がギスギスしていて保育士が定着しません。本来は、園長一人が嫌われ役を買って、保育士の団結が深まるくらいがちょうど良いのだと思います。

園長の極端な縁故採用がある

まーさ
あからさまだと働く意欲がなくなる……

保育園は閉じた世界なので、園長の縁故採用はよくあることです。ただ、責任者がすべて家族や親戚で固められている家族経営の保育園は、責任者と保育士の関係が良くない場合もあります。

園長が現場にノータッチor出っぱなし

まーさ
現場との温度感が明らかに合ってないよ

オーナーで現場にノータッチな兼任園長ほど、現実的じゃない保育方針が大好きです。「お子様の才能を引き出します」など煽りが強い保育園は、その分保育士にしわ寄せが来るので要注意です。

園長が保育現場にノータッチはダメですが、逆に現場に出っぱなしの保育園は他に人がいないということ。現場好きな園長もいるので、副園長や主任が園長の仕事を代行してれば問題ないと思いますが……。

園長の見た目がやたらバブリー

まーさ
これで保育士の給料が安いなら即辞め!

新しい高級車に乗っている、バブル時代の不動産屋のようなスーツを着ている、ゴールドが入ったロレックスをしてるなど、園長の見た目がバブリーな保育園は注意しましょう。

保育園は7-8割が人件費のはずです。収入は園児1人あたりの補助金額が決まっていて、それに合わせた保育士基準もあります。そのため、基本的には人件費を削らないと儲からないんです。

劣悪なブラック保育園では働かない方法

劣悪なブラック保育園では働かない方法

わたしは4回転職してますが、劣悪なブラック保育園で働いたことはないです。保育士仲間と話しても園長や先輩の愚痴くらいで、ブラックとは言えません。ただブラック保育園かどうかは人によりますよね。そのため、自分がどう感じるかが大切です。

ブラック保育園はパッと見ではわかりません。実際に中を見る機会は園見学や面接くらいしかないため、ブラック保育園を避けるには保育園の内部情報を集めることが大切です。

保育園の情報はひとりで集めずに、転職サイトを頼ってください。たとえば「人間関係が悪い職場はNG」などの条件で非公開求人の紹介を受けたり、実際に保育現場の情報収集をお願いしましょう。

担当者は現場の雰囲気を知っています。何度か求人掲載している保育園なら、人手不足が「一時的」か「慢性的」かわかります。そのため担当者が信用できて、非公開求人が多い転職サイトを使いましょう

まーさ
どんな転職サイトを選べばいいの?

基本的には転職したい地域に求人が多くて、情報をしっかり集めてくれる転職サイトを選びましょう。
みやこさん

まーさ
それだけでいいの?

はい、この2つを押さえれば働きやすい保育園を見つけることは難しくないです。
みやこさん

わたしのおすすめはこの4つです。以下で理由を説明してるので、転職サイトの選び方がわからない人は参考にしてください。

今は転職すればいくらでも良い環境で働くことができます。もしブラック保育園で働いてるなら早めの転職をおすすめします。それが保育業界の改善、ブラック保育園の撲滅につながります。

まーさ
保育士転職サイトランキング厳選トップ10!」も参考にしてください☺️

-保育士のお悩み

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.