保育士辞めたいなら退職代行サービス使う

保育士のお悩み

保育士辞めたい…退職代行を使った方が良い保育士・使わなくて良い保育士

投稿日:2019年10月22日 更新日:

この記事は約 6 分で読めます

まーさ
人間関係が辛くて限界……もう保育士辞めたい……。

保育士が辛いなら、無理して続ける必要はありません。あなたの人生のために、早めに辞めてください。
みやこさん

まーさ
でも、園長が怖くて辞めるって言えない……。

もし辞めることが言えないくらい辛いなら、退職代行を検討しても良いと思います。
みやこさん

保育園を辞めるのは、ストレスがかかることですよね。ましてや園長のパワハラや先輩のいじめが怖かったり、子供に対する責任感が強すぎる保育士だと退職が言い出せません。

環境を変えるのは不安ですが、今の気持ちのまま保育園で働いていても余計辛くなります。そんな保育士は、これ以上心を痛める前に退職代行も検討しましょう。

まーさ
退職代行ってなんとなく聞いたことはあるけど、使うのは抵抗あるな……。

人生は1回しかありません。保育園を辞めたいけど辞められない……と悩んでいる人が、退職代行を使った方が良いのか判断基準を説明します。この記事を最後まで読んで今後の動き方の参考にしてください。

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは、社員が会社を退職したいときに、その社員の代わりに会社に退職の意思を伝えて退職の手続きを代行するサービスです。

最近話題ですが、弁護士業界では前からある仕事で珍しいものじゃありません。弁護士業務の一部が別にサービス化されて、利用する保育士も増えているという経緯です。

まーさ
でも、退職代行って卑怯な気がしない?直接自分で辞めるって言えばいいじゃん。

自分の口できっぱり「辞めます。」と言えれば良いんですが、そもそも辞められる雰囲気の保育園なら退職代行サービスなんて使われません

責任感が強い保育士ほど子供や同僚のことを考えてなかなか言えませんし、「あなたがいないと回らない。」なんて引き止められると辞める決心が揺らぎます。

しかもパワハラや人間関係で心を病んでると、「辞めます。」が怖くて言えないんです。というわけで、退職代行サービスで辞める保育士は今後も増えると思います。

退職代行を使った方が良い保育士、使わなくて良い保育士

退職代行を使った方が良い保育士、使わなくて良い保育士

まーさ
今の保育園を辞めたいと思ったら、どの保育士も退職代行を使った方がいいのかな?

退職代行サービスは、退職をしたい保育士みんなが使った方が良いサービスではないです。次の項目のどれにも当てはまらない保育士は、退職代行を使わなくて良いと思います。

  • 年度途中で急に辞めなければいけなくなった
  • ブラック保育園で精神的に追い詰められている
  • 園長・主任などの強い引き止めに遭いそう
  • 退職前に有給を消化してから辞めたい
  • 残業代などの未払い賃金、退職金を請求したい
  • パワハラ・マタハラなどの労災請求をしたい

基本的には、保育園を辞めたくても辞めさせてもらえない保育士園長や先輩保育士が怖くて辞めたいと言えない保育士年度途中で辞めたいけど伝えづらい保育士が対象です。

さらに、保育園は辞められるけど未払い賃金が残ってる保育士パワハラやマタハラの労災を請求したい保育士サービス残業の残業代を請求したい保育士も効果的に使えます。

退職代行サービスは2種類ある

退職代行サービスは2種類ある

退職代行サービスを使いたい保育士にとって、この2種類を押さえることは大切ですよ。
みやこさん

退職代行サービスは2種類に分かれます。似てるので混乱しがちですが、「退職代行業者」に依頼か、「弁護士事務所」に依頼かで目的、サービス内容、料金が違います。

  • 弁護士監修の退職代行業者に依頼する
  • 弁護士事務所に退職代行を依頼する

弁護士監修の退職代行業者に依頼する

退職代行業者に退職代行を依頼すると、「退職の意思を保育園に伝える」ことができます。

退職代行業者を利用するときの肝は、"弁護士監修"であることです。法律に則って、無理のない退職代行サービスを提供している退職代行業者に依頼してください。

弁護士事務所に退職代行を依頼する

弁護士事務所に退職代行を依頼すると、「退職の意思を保育園に伝える」「保育園と交渉をする」ことができます。

保育士の退職意思を代行して保育園に退職までの期間を交渉したり、未払い賃金や労災請求できるのは弁護士のみです。そのため以下の必要があれば、弁護士事務所に退職代行を依頼した方が良いです。

  • 退職前に有給をすべて消化してから辞めたい
  • 退職時に残業代などの未払い賃金、退職金を請求したい
  • パワハラ・マタハラなどの労災請求をしたい

保育士が退職代行を使うメリットとデメリット

保育士が退職代行を使うメリットとデメリット

まーさ
保育士が退職代行を使うメリットってなに?

保育士が退職代行を使うメリット

  • 園長に顔を合わせずに退職できる
  • 保育園から即日退職ができる
  • 退職のストレスがなくなる
  • 未払い賃金が取り戻せる

園長に顔を合わせずに退職できる

退職代行サービスを使うと、業者や弁護士が代理で保育園に退職の意思を伝えてくれます。

園長に引き止められそう、恫喝されそう、同僚に会いたくないという保育士は多いと思います。そのため、顔を合わせずに辞められるのは大きなメリットです。

保育園から即日退職ができる

まーさ
退職って1か月前までに言うんじゃないの?

民法第627条では2週間前に退職の意思を伝えれば、園長の承諾はいりません。ただ「伝えた後、辞めるまでの2週間が辛い……。」という人もいますよね。どうするかというと、

退職代行が代理で退職の意思を示す

2週間は有給休暇(足りなければ欠勤扱い)

正式な退職日が決定

となります。なるほどという仕組みです。

退職のストレスがなくなる

辞めることを考えるのはストレスです。「辞めます。」と言えない雰囲気の保育園だと、毎日のストレスで心も体もボロボロになります。

「体壊す前に辞めればいいのに。」と言われても、言えずに過労死する人もいるんです。辞められないのは洗脳と言っても良いですね。取り返しがつかなくなる前に早く使うべきです。

未払い賃金が取り戻せる

弁護士事務所に依頼すると、未払い賃金が取り戻せる可能性があります。またサービス残業が証明できれば、その賃金も請求できます。

世の中には、サービス残業の未払い賃金の請求で何十万円、何百万円も取り戻せた事例がたくさんあります。未払い賃金の請求に必要な書類などは弁護士に確認が必要です。

保育士が退職代行を使うデメリット

  • 退職代行にはお金がかかる
  • 保育園を円満退職できない

退職代行にはお金がかかる

退職代行業者の利用料金は3-5万円ほど、弁護士に依頼すると5万円~です。

あなたは1か月前も辞めたいと思ってましたね。もし1か月前に戻って退職できるならいくら払いますか?辞められない日がまた1か月続くと思えば、安いと感じる人は多いでしょう。

また弁護士に依頼して保育園から未払い賃金を回収できれば、退職代行に支払う金額よりも回収金額の方が多くなります。保育士は、残業代が未払い賃金になることがほとんどですよね。

保育園を円満退職できない

退職代行を使うと即日辞められますが、保育園を円満退職することはできなくなります。また、上辺だけの付き合いをしていた同僚との人間関係は悪くなるかもしれません。

ただ、その人はあなたが苦しんでいても助けてくれない人なので、どうでも良いことですね。

ちなみに園長など園関係者は、退職代行を使って辞めた保育士のことを他者に口外してはいけません。口外すると、個人情報保護違反になります。

保育士におすすめの退職代行サービスは?

保育士におすすめの退職代行サービスは?

まーさ
もうこの保育園限界だから退職代行使いたい……。でも、どのサービスを使えばいいの?

退職代行サービスはどんどん増えてるので、どのサービスを選んで良いかわからない人もいますね。でも、たった2つのポイントを押さえればだいじょうぶです。

  • 「弁護士事務所」に依頼するか、「退職代行業者」に依頼するか
  • 「退職代行業者」に依頼するなら、なるべく有名なサービスを選ぶ

弁護士事務所と退職代行業者のどちらに依頼するか迷ったら、まず無料相談しましょう。どちらの退職代行サービスも、最初に無料相談をして、納得できたら依頼をする流れです。

また退職代行業者に依頼するなら、なるべく有名なサービスを選びましょう。退職代行業者は、退職代行の実績がある方が安心できます。

退職代行業者のおすすめ退職代行サービス

退職代行業者のおすすめは、「わたしNEXT」か「退職代行EXIT」です。どちらも、使う前に無料相談をしてください。無料相談は、LINEで手軽にできますよ。

\悩んで心を痛める前に無料相談しましょう!/

  • わたしNEXT(29,800円)
    女性が選ぶ退職代行サービスでもっともメジャー。金額も29800円でリーズナブル。
  • 退職代行EXIT(50,000円)
    退職代行を有名にした先駆者サービス。3000人近くの依頼を受けて退職成功率100%。

どちらも良いところはありますが、「わたしNEXT」は女性専用なので女性の退職代行事例を多く聞ける分おすすめです。もちろん保育士の利用事例も多いです。

弁護士事務所のおすすめ退職代行サービス

一方、未払い賃金、残業代、退職金などの回収、労災請求したいなら「弁護士法人みやび(料金55,000円+回収した分の20%)」に退職代行を依頼しましょう。

弁護士事務所なので敷居が高く感じるかもしれませんが、退職代行と未払い賃金回収の無料相談ができるのでおすすめです。

  • 退職前に有給を消化してから辞めたい
  • 退職時に残業代などの未払い賃金、退職金を請求したい
  • パワハラ・マタハラなどの労災請求をしたい

たとえば未払い賃金が10万円回収できた場合、「弁護士法人みやび」に支払う金額は「5.5万円+(10万円×20%)=75000円」です。つまり、10万円回収できたので、手元に2.5万円残るということです。

\悩んで心を痛める前に無料相談しましょう!/

弁護士に依頼するので、保育園と揉めても問題ありません。というかそもそも退職は労働者の権利なので、揉めること自体おかしいんですが、変な園長もいますよね……(^_^;)

退職代行サービスの使い方の流れ

退職代行サービスの使い方の流れ

最後に、退職代行サービスの使い方の流れをまとめます。

退職代行サービスの使い方

  • ①フォームorLINEなどで無料相談
  • ②納得したら申し込み
  • ③退職代行費用の支払い
  • ④退職日の打ち合わせ
  • ⑤退職代行のサービス実行
  • ⑥退職完了
  • ⑦弁護士事務所のみ成功報酬の支払い

どの退職代行サービスもLINEなどで先に無料相談して、納得できれば申し込みという流れです。

申し込みをしたら、振り込みやカード決済、キャリア決済などで支払いをして、辞めたい日を打ち合わせます。また、未払い賃金などの回収があれば必要な情報を用意します。

退職代行が実行されたら、もう保育園に行く必要はありませんし、保育園からの電話に出る必要もありません。退職代行サービスは、このようにわかりやすく使い方も簡単です。

退職代行サービスは100%返金保証

紹介した「わたしNEXT」「退職代行EXIT」「弁護士法人みやび」は、すべて100%返金保証です。

つまり、退職代行サービスを利用して退職ができなかった場合は、支払った料金をすべて返してくれるので安心して利用することができます。

退職代行サービスを使うか迷ったら

保育園を辞めることに罪悪感がある人は多いです。その理由は仕事を辞めることに対して「無責任」「非常識」という風潮があるためです。

でもよく考えてください。給料をもらってるのにサボったら無責任ですが、仕事を辞めるのが無責任というのは単なる強制です。そんなハラスメントに付き合うのは、以下の時間の無駄です。

  • 辞めると言い出せない時間
  • 辞めるときに引き止められる時間
  • 退職が決定した後の気まずい時間

しかも時間が無駄なだけじゃなく、精神的に辛い時間を過ごします。あなたが悩むことで、家族にも心配をかけます。退職代行を使った方が良い理由は、単純にコスパが良いからです。

まずは無料相談をして、退職代行サービスを使うべきか判断してください。

ただ耐えていても良いことはありません。今の保育園をきっちり辞めることがあなたのためになり、これからの保育士の待遇改善にもつながります。

退職を決意したら、次は退職に必要な準備をしてください。保育園を円満に退職したい人は、「あー、あれやっておけばよかった。」とならないよう退職の流れや準備押さえましょう。

保育士転職サイトランキング10選も参考にしてください☺️
まーさ

-保育士のお悩み

Copyright© ほいくのキャリア , 2021 All Rights Reserved.

確実に良い求人が見つかる!
おすすめ保育士転職サイト4選
おすすめ保育士転職サイト4選!