保育園を辞める前にやっておいた方が良いこと

保育士の退職 保育士の転職

保育園の退職が決まったら…辞める前にやっておいた方が良いこと

投稿日:2019年11月18日 更新日:

この記事は約 5 分で読めます

保育園の退職が決まったら…辞める前にやっておいた方が良いこと

まーさ
こんにちは!もうすぐ業界歴20年、保育士まーさ(@mama_ism)です。
保育園の退職が決まったら、保育士には辞める前にやっておいた方が良いこと、辞めた後に困らないための準備があります。新しい人生の良いスタートが切れるように、ちゃんとチェックしておきましょう。

保育園に在籍しているからこそ、退職する前にできることがいくつかあります。

わたしは保育業界で退職を4回経験してるため、辞める前に何を準備したら良いか、何をやった方が良いかはわかってる方だと思います。というわけで、以下についてお話します。

  • 保育士キャリアアップ研修を受けておく
  • 保育園の人間関係を良くしておく
  • 「退職所得の受給に関する申告書」を提出する
  • 有給休暇の消化の計画を立てる
  • 保険の切り替え準備をする
  • クレジットカードがなければ作る
  • 退職する前に転職活動を始める

12月の大切なお知らせ

11-12月は求人情報がたくさん出ます。年度末退職の保育士は決まってるので、保育園はどんどん募集を開始します。条件が良い求人は非公開が多く、すぐなくなるので早めに行動です!まずは、以下の「ジョブメドレー」と「保育士バンク」をクリックして、登録を済ませましょう。

  • ジョブメドレー
    関東圏も地方も求人が充実!コンサルから電話連絡がないのでおすすめ!
  • 保育士バンク
    保育士転職サイトではNo.1の実績で、評判が良い。全国の求人数も多い。

サイトの登録・利用、転職するしないに関わらず一切料金は発生しません。

保育園を辞める前にしておくと良いこと

まーさ
保育園を辞めるまでに少し期間がある場合は、次のことをしておくと後から得をするかもしれませんよ。
  • 保育士キャリアアップ研修を受けておく
  • 保育園の人間関係を良くしておく

保育士キャリアアップ研修を受けておく

もし保育業界で転職先が決まっている場合、または休業するけど将来的にまた保育士をしたい場合は、保育園を辞めるまでに余裕があれば、キャリアアップ研修を受けることをおすすめします。

キャリアアップ研修は、研修を受ければ給与アップする可能性がありますし、転職活動の途中なら良いアピール材料になります。

保育園の人間関係を良くしておく

「もう辞める保育園なのに、仲良くする必要ってあるの?」と思うかもしれませんが、保育業界は横のつながりで情報を仕入れることが多いです。

しかも、保育士は割と保育園や施設を転々とするため、実は知り合い同士がつながっていたということも珍しくないんです。

まぁそんな思惑は抜きにして、やっぱり人間関係は悪いよりも良い方が気分が良くなると思いますよ。

保育園を辞めた後に困らないための準備

まーさ
保育園を辞めるまでに少し期間がある場合は、早めに次のことをしておくと後から困りませんよ。
  • 「退職所得の受給に関する申告書」を提出する
  • 有給休暇の消化の計画を立てる
  • 保険の切り替え準備をする
  • クレジットカードがなければ作る
  • 退職する前に転職活動を始める

「退職所得の受給に関する申告書」を提出する

「退職所得の受給に関する申告書(退職所得申告書)」は退職金制度があり、条件が合う人に限られますが、記入して保育園に提出してください。これを提出し忘れると税金を払いすぎるため、自分で確定申告をする必要があります。

以下は申告書ですが、印刷用は印刷して手書きで記入してください。入力用はパソコンで入力してから印刷してください。

有給休暇の消化の計画を立てる

保育園からわざわざ「有給はいつ消化するの?」なんて言われないので、あまり迷惑をかけたくないなら、早めに有給休暇の消化の計画を立てて、前もって伝えておくと良いと思います。

なるべく年度末は避けた方が良いと思いますが、その時期しか有給が取れないなら、保育園と同僚には前もって言っておきましょう。

保険の切り替え準備をする

保育園を辞めて一時休職をする場合や、退職から転職まで期間があく場合は、健康保険や年金の切り替えなどの準備をしておきましょう。

  • 国民健康保険に加入する
    退職日の翌日から14日以上、新しい社会保険加入先がない場合は、国民健康保険に切り替えます。切り替えには、離職票、源泉徴収票、雇用保険被保険者証、健康保険被保険者資格喪失確認通知書が必要です。もしあなたに扶養家族がいる場合は、その家族全員が国民健康保険に加入する必要があります。
  • 社会保険の任意継続をする
    任意継続とは、退職する保育園で加入している保険を最長2年間継続できる制度です。退職日の翌日から20日以内に手続きをすれば、任意継続ができます。ただし、任意継続を選択すると2年間継続しなければいけません。また、これまでは保険料を半分保育園に負担してもらっていましたが、任意継続期間は全額負担になります。
  • 家族の扶養に入る
    結婚している人、または実家に住んでいる人は、家族の扶養に入る方法もあります。そのときには、国民健康保険の切り替えと同じで、離職票、源泉徴収票、雇用保険被保険者証、健康保険被保険者資格喪失確認通知書が必要になります。

クレジットカードがなければ作る

休職期間に入る人、転職までにかなり期間が空く人で、もしクレジットカードを持っていければ、万が一のことを考えて在職中に作っておきましょう。

クレジットカードは、在職していなければ審査が厳しくなって作れない場合があります。

退職する前に転職活動を始める

退職までにある程度の期間があるなら、どれだけ忙しくても転職活動を始めてください。辞めてからゆっくりやろうと考えている人は、以下のデメリットがあることを認識しましょう。

  • 収入がないのに転職活動費用がかかる
  • 社会との接点が少なくなって孤独を感じる
  • なかなか転職先が決まらないときに居場所がない

転職活動にかかる期間は平均3-6か月なので、早めに転職サイトに登録して、コンサルタントに転職先探しを依頼するところまでやると手離れが良くなりますし、時間を有効活用できます。

退職が決まって嬉しくてもふわふわしない

園長に辞めることを伝え、保育園退職が決まると、心がスッキリして気持ちに余裕が生まれます。もちろん余裕があるのは良いことですが、いつまでもふわふわしてるわけにはいきませんね。

他の保育園に転職するとしても、一旦休業するにしても、今のうちにやっておいた方が良いことはいくつもあります。抜け漏れがないように、しっかりチェックしてください。

もしまだ転職活動を始めてない人は、まずは早めに転職サイトに登録してください。良い転職をするには、良い求人を探さないといけません。良い求人は取り合いになります。

保育士転職サイトは50以上ありますが、おすすめは「保育士バンク」です。まずは保育士バンクに登録して、慣れたら「保育情報どっとこむ」「マイナビ保育士」「ジョブメドレー」に登録してください。

複数の転職サイトを使って、多角的に転職活動を進めて、次こそ満足できる職場に就職しましょう。

保育士バンクは保育士のおすすめNo.1!

業界最大手「保育士バンク」は押さえた方が良いです。まず公開求人2万件以上、非公開求人1万件以上を保有しています。そのため、検索だけでも十分求人を閲覧できます。

全国各所に拠点があり、転職フェアも全国で開催しています。つまり、地方に強く、地方求人も多いということです。また、「ブランクOK」「初心者歓迎」の求人が多いのも特徴です。

保育士求人なら【保育士バンク】

保育士のおすすめ転職サイトでNo.1!
公開・非公開求人数合計が3万件以上!
コンサルタントに元保育士が多い!

転職サイトは園の報酬で運営されているため、すべて無料で登録・利用できます。

保育士バンクはサポートが厚く、求人も多いので、メインの転職サイトとして活用しましょう。

まーさ
以下からお気軽に、TwitterやFacebookでシェアしてもらえるとうれしいです☺️

-保育士の退職, 保育士の転職

Copyright© ほいくのキャリア , 2019 All Rights Reserved.