保育士の仕事に疲れたときの退職・転職以外の対策

保育士のお悩み

まだ保育士続けたいけど辛い…退職・転職の前にやる3つのこと

投稿日:2019年10月31日 更新日:

この記事は約 4 分で読めます

まーさ
この保育園は嫌いじゃない、保育士も続けたい、でも最近ちょっとしんどい……。朝も体が重いし、このまま仕事に行かずに遊びに行けたらなぁ……。

もしあなたが保育士の仕事に精神的に疲れたらどうします?「辞めればいいじゃん!」「転職すれば?」と言う方は簡単ですが、本人はそんなに軽く考えられません。

今の保育園で保育士を続けたいけど、疲れることもあるんです。とは言え無理して仕事を続けると、ストレスで心と体がまいってしまいます。そうなる前に以下の3つの対処をしましょう。

保育士の仕事の悩み事、ストレス原因を特定する

保育士の仕事の悩み事、ストレス原因を特定する

大切なことは、あなたが保育士の仕事で悩んでることやストレスの原因を明確にすることです。そこから解決の糸口が見つかるかもしれません。

ただ自分でも悩みやストレスの原因が思い浮かばない人もたくさんいます。そのため、悩みの原因になりそうなことをいくつかピックアップしてみました。当てはまるものがあるか、確認してください。

  • 給料が安くて今の生活や将来がとても不安
  • 仕事が忙しすぎて疲れが取れない、体が辛い
  • 残業が多くて、自分の時間がまったくない
  • 気分転換したいのに有給が取りづらい
  • わたしばかり他の保育士とシフトを替えられる
  • 保育園のシフトに体がついていかない
  • 仕事ができなくて保育士に向いてない気がする
  • 先輩保育士が怖くて、ビクビクしている
  • 後輩保育士の物覚えが悪くてイライラする
  • 保育士の派閥があって、間にいると気疲れする
  • 同僚保育士の輪に入れない、浮いてる気がする
  • 園長に保育相談をしても適当に流されてしまう
  • 園長がすぐに怒鳴る、威圧感があって怖い
  • 保護者に苦手な人がいて、あまり会いたくない
  • 保護者のクレームが理不尽すぎて切れそう
  • 園児がなかなか心をひらいてくれない
  • 結婚したいのに、保育士だと出会いがない
  • 子供が欲しいのに妊娠は順番性の雰囲気がある
  • 家族や彼氏が保育士の仕事を理解してくれない
  • 子供が病気がちで保育園に迷惑をかけている
  • 原因はわからないけど、無性に寂しい

保育士が仕事に疲れたときの対処法

保育士が仕事に疲れたときの対処法

なんとなく原因がわかったら、次はその原因を解決するために動いてみましょう。

  • 仲の良い保育士や先輩保育士に相談する
  • 心療内科などで診察を受けてみる
  • 休職制度が使えないか確認・相談する

仲の良い保育士や先輩保育士に相談する

まずは、仲の良い保育士や先輩保育士に悩みを相談しましょう。大切なことは、「真剣な悩みがある」と枕詞を付けて相談することです。

社会人になると愚痴を言い合ってストレスを発散することもありますね。悩みの解決にはなりませんがスッキリはします。ただ、あなたは真剣に悩んでいます。ストレス発散じゃなく悩みを解決したいんです。

「真剣な悩みがあるんだけど。」と言えば、相談した人に共感してもらい、真剣に考えてもらえるため、あなたの気持ちは少し和らぎます。

心療内科などで診察を受けてみる

同僚の保育士や先輩保育士に相談しても、モヤモヤが晴れなかったり、精神的に不安定な場合は、思い切って心療内科で診察を受けてみてください。

具体的な解決方法がなかったとしても、専門家に話を聞いてもらうだけで胸のつかえが下りて、スッキリする可能性があります。

休職制度が使えないか確認・相談する

診察を受けても今のまま仕事を続けることが辛い場合は、保育園に今の状態を伝えたうえで一時的に休職ができるか確認しましょう。

ただし、休職制度を使うには正当な理由と保育園の許可が必要です。心療内科で診断書を書いてもらえれば、休職ができる正当な理由になります。休職制度は以下を参考にしてください。

保育園が対応しないなら退職や転職を検討する

保育園が対応しないなら退職や転職を検討する

一時的な休職を申請しても保育園に対応してもらえない場合は、退職や転職を検討してください。

残念ながら、あなたがその保育園で保育士を続けたくても、その保育園はあなたを受け入れる姿勢がありません。心が不安定なまま仕事を続けると、本当に働けなくなって今後の人生に影響します。

可能なら早めに転職活動を始める

転職活動ができそうなら、保育園を辞める前に早めに始めてください。転職活動は、保育園を辞める前に始めた方がメリットがあります。

もし体や心が限界なら、転職活動はひとまず横において退職することを考えましょう。

保育園が辞められない場合は

仮に退職を申し出ても辞めさせてもらえなかったり、無理やり引き留めようとする場合は、退職代行サービスも検討しましょう。詳しい特徴や使い方は、以下で説明しています。

保育士は心と体が資本!自分の健康は自分で守ろう

保育士は心と体が資本!自分の健康は自分で守ろう

保育士は心と体が資本です。体が健康でも心が元気でなければ笑えません。楽しく笑えないと、良い保育ができません。

保育士の需要はしばらくは高いままだと思います。そのため、少しぐらい休養をとってもだいじょうぶです。もちろん、保育士資格を活かせる保育士以外の仕事もたくさんあります。

真面目な人ほど仕事を休んだり、仕事に向き合えないことに罪悪感を感じるかもしれませんが、無理やりがんばるより自分の健康を守る手段をとりましょう。

ただし、退職願を出したことで強烈に引き止められたり、罵倒されるなど辞めにくい状況を作られる人もいます。また、そもそも退職の意思を伝えることが怖いという人もいます。

どうしても一歩が踏み出せない人は、退職代行を使っても構いません。退職代行はいくつもありますが、同じ女性の事例を多く聞きたいなら、「わたしNEXT」、サービス残業代や必要経費の請求をしたい場合は、「弁護士法人みやびの退職代行サービス」を使いましょう。

退職代行を使った方が良い保育士、使わなくて良い保育士は以下で説明してるので参考にしてください。

保育士転職サイトランキング10選も参考にしてください☺️
まーさ

-保育士のお悩み

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.

初心者でも良い求人が見つかる!
おすすめ保育士転職サイト5選
おすすめ保育士転職サイト5選!