保育士は子育て経験がある方が良い?

保育士のお悩み

子育て経験のある保育士は優秀?子供がいない保育士はダメなの?

投稿日:2019年10月29日 更新日:

この記事は約 4 分で読めます

まーさ
やっぱり保育士って子育て経験ないと保護者から信用されないのかなぁ。

信用は人の気持ちなのでどうにもなりませんが、子育て経験があるから優秀・ないからダメということはありません。
みやこさん

「保育士って子育て経験ある方が信用できるよねぇー。」なんて聞いたことないですか。せっかく保育士としてがんばっても、「子供いないと評価されないのかなぁ……。」と心配になる保育士もいます。でも大丈夫、保育と子育ては全然違うものです。

保育士の印象は人それぞれですが、子育て経験がある保育士の方が信用できると考える保護者が多いのは事実です。そんな保護者は、子育て経験がある保育士に以下のイメージを持っています。

子育て経験がある保育士のイメージと実際の姿

子育て経験がある保育士のイメージと実際の姿

  • 子供の扱いに慣れてる感じがする
  • 子供が泣いてもイライラしなそう
  • 子供の相談をしたら適切な答えが返ってくる
  • 保育の要望を伝えるとなんとかしてくれそう

子供の扱いに慣れてる感じがする?

わたしは保育業界に20年います。もちろん、最初は子育て経験がない保育士でした。そんなわたしの感想を言うと、子育てと保育は感覚が違います。保育士がうまく育児できるわけじゃありません。

保護者のよくある相談の1つが「子供が保育園を嫌がる」というもの。そんな相談に「そうですねぇ、○○ちゃんは~」と答える一方、娘は年長になっても泣きながら幼稚園行ってました(^_^;)

やっぱり自分の子と園児は違います。極端な話、保育士経験3年・子育て経験ありの保育士より、保育士経験20年・子育て経験なしの保育士の方が、保育での子供の扱いはうまいと思います。

子供が泣いてもイライラしなそう?

子育て経験があるから子供にイライラしないとしたら、ママはみんなイライラしないことになります。子育て経験がある保育士も自分の子にイライラしますし、保育中にイライラすることもあります。

ただ保育中にイライラしても、感情的になることはありません。ところが自分の子だとイライラを抑えられず、感情的になった後に「はぁ……きつく言っちゃった……。」と反省することも多々あります。

子供の相談をしたら適切な答えが返ってくる?

保育士は子供と話をして、子供の気持ちを知ることには長けてると思います。必要な勉強もしています。ただ保護者の質問の多くは「子育てに関して」です。そのため子育て経験があると、自分の経験を活かしたアドバイスはできます。

たとえば、子供の病気には詳しくなります。症状にも敏感になりますし、対処法も調べます。ここは子育て経験がない保育士にはわからない部分ですね。ただ、病気は保育士に聞くんじゃなくて、小児科の先生に聞いた方が良いとは思いますが。

保育の要望を伝えるとなんとかしてくれそう?

ベネッセの調査によると、保護者は、幼稚園・保育園に対して以下の要望があるそうです。

幼稚園・保育園への要望

幼稚園・保育園への要望No.1は 「子どもに集団生活のルールを教えてほしい」 ~就学前の子どもをもつ母親を対象にした調査結果から~│研究室トピックス│次世代育成研究室│ベネッセ教育総合研究所

2015年、保育園児の母親の要望を割合が高い順に以下のように並べました。

  • 集団生活のルールを教えて欲しい|77.5%
  • 子どもに友だち付き合いが上手になるような働きかけをしてほしい|76.3%
  • 家族が病気のときに預かってほしい|73.6%
  • 子育て相談ができる場所になってほしい|65.5%
  • 知的教育を増やしてほしい|63.2%
  • 子どもが病気のときに預かってほしい|57.1%
  • 保育終了後におけいこ事をやってほしい|50.4%
  • 自由な遊びを増やしてほしい|47.9%
  • 保護者どうしが交流できるような支援をしてほしい|43.3%
  • 園の運営に保護者が参画できるようにしてほしい|22.9%

この中で「集団生活のルールを教えて欲しい」「子どもに友だち付き合いが上手になるような働きかけをしてほしい」というのは、保育士が普段から意識してやってますね。

その他は保育業界が変わらないとできないものばかり。今の保育の仕組みですべて望むのは難しいです。残念ながら子育て経験があって保護者の気持ちが理解できる保育士でも、要望すべてを何とかできるわけじゃないです。

子育て経験関係なく子供に好かれる保育をしよう

子育て経験関係なく子供に好かれる保育をしよう

保護者が「子育て経験がある保育士の方が良い。」というのは、保育ではなく同じ母親としての共感を求めてるんだと思います。

保育士は子育てじゃなく保育をしています。ただ、普通は「子育てと保育の違い」はわかりませんし、保護者に子育てと保育の違いを説明しても仕方がありません。

実際に保育を受けるのは子供なので、子育て経験の有無で自信をなくしている保育士は、まずは子供に寄り添って子供に好かれる保育ができるように心がけたいですね。

集団生活を通して子供の笑顔をたくさん作ってあげれば、保護者からも認められるようになりますよ。

保護者からの保育士の評価や期待は、保育園の保育方針でも変わります。もし保護者の期待に息苦しさを感じたら、子供の自然な成長を保育方針にした保育園を選ぶ方法もアリだと思います。

自分が働きやすい保育園に転職することは、悪いことじゃありませんよ。小規模保育園は子供の自然な成長を保育方針にした保育園が多いですね。小規模保育園の特徴を押さえておきましょう。

小規模保育園は都市部に増えている乳児保育専門の保育園です。残業が少ないなど待遇が良いだけじゃなく、少人数なので経験が浅い保育士、ブランクがある保育士にも人気があります。

子育て経験は保育の仕事に活きない?

わたしがおすすめする保育士転職サイト

これだけ保育と育児は違うものだと話していると、「子育てをしてもまったく保育の仕事に活きないの?」と感じる人もいると思います。

もちろんそんなことはないです。子育てを知ることは、やっぱり保育士の仕事に影響します。もっとも大きなことは「親の気持ちがわかる」ことです。

子育てをする前も子供はかわいくて、成長を感じると嬉しいと思ってましたが、それはわたしの主観です。子育てをすると自分の子供に対する感情と重ねて、保護者の気持ちを理解できるようになります。

成長すると嬉しい、怪我や病気をすると心配、子供の普段の行動が気になるなどがすべて自分事のように感じ、それが保育士を続けるモチベーションや誇り、責任感に繋がります。

子育て経験がどこまで保育士の仕事に活きるかは説明が難しいですが、子育て経験がある人の方が保育士を続けられるのは保護者の気持ちに共感する部分が大きいからじゃないかと思います。

まーさ
保育士転職サイトランキング厳選トップ10!」も参考にしてください☺️

-保育士のお悩み

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.