上京をサポートする転職サイトを利用しよう

保育士の転職

保育士の転職活動は働きながら?辞めてから?メリットデメリット

投稿日:2019年10月31日 更新日:

この記事は約 5 分で読めます

まーさ
転職活動したいけど、仕事が忙しいから保育園辞めてからの方がいいよね。

気持ちはわかりますが、保育園はなるべく辞めずに働きながら転職活動をした方が良いですよ。
みやこさん

保育士の転職活動は、働きながらが良いと思いますか?辞めてからが良いと思いますか?

保育園を辞めてから転職活動をするメリットは時間ができること、そして気持ちがなんとなくスッキリすることです。仕事に追われていると、とにかく辞めたい気持ちが強くなります。でもほんとに保育士を辞めないと、転職活動できないんでしょうか。

そこで、保育園を辞めてから転職活動をするメリットとデメリットを知ってください。もし保育園を辞めたいなら、なるべく短期決戦で転職活動が終わるように気合を入れてください。

保育士でも働きながら転職活動できる?

保育士でも働きながら転職活動できる?

保育士は、給料に対して仕事量が多い職業です。たとえば平均残業時間は公称月4時間ですが、この時間はサービス残業や持ち帰り残業、みなし残業は含んでません

一説には保育士の実態残業時間は持ち帰り含めて月20-30時間ほどと言われます。そのため、地方公務員や一般事務などに比べると、保育士の残業は多いと思います。

  • 職業ごとの残業時間の調査
  • 保育士の残業時間の調査(一例)
  • 在職中に転職活動をする割合

職業ごとの残業時間の調査

ただ、職業ごとの残業時間の調査を行ったdoda(デューダ)によると、保育士の残業時間は上位20位にも入っていません。

  1. ゲーム(制作・開発)|45.3時間
  2. インターネット/広告/メディア|42.4時間
  3. 建築施工管理|41.5時間
  4. ビジネスアドバイザー|40.5時間
  5. 設備施工管理|39.4時間

保育士の残業時間の調査(一例)

愛知県の研究者が集まったプロジェクトチームの調査によると、愛知県内の保育士の残業時間平均は18.9時間でそのうち14時間は残業代が出ないそうです。

もちろん各保育園、各職種、地域によって差はありますが、保育士が他の業種に比べて極端に残業時間が長いわけじゃありません(サービス残業は多めかもしれませんが……)。

働きながら転職活動をする割合

以下、エン・ジャパンが10,663名に対して行った在職中に転職活動を行なう割合の調査結果です。

在職中に転職活動を行なう割合

1万人が回答!「転職活動」実態調査 86%が「在職中に転職活動を行なう」と回答。アピールポイントや適性、やりたいことが分からず、転職活動に悩む方が多数。―『エン転職』ユーザーアンケート調査 結果発表― | エン・ジャパン(en-japan)

保育士限定ではありませんが、86%の人が働きながら転職活動を行っています。保育士より時間的に過酷な仕事でも、働きながら転職活動をする人たちは意外にいるということです。

まーさ
言ってることはわかるけど、わたしは保育園辞めてスッキリした気持ちで転職活動したい!

たしかに保育園を辞めれば以下のメリットはありますね。
みやこさん

保育園を辞めてから転職活動するメリット

保育園を辞めてから転職活動するメリット

一般的には、働きながら転職活動を行う人の方が多いんですが、それでも保育園を辞めてから転職活動をする方が良い保育士もいます。

  • 今のストレスや体のつらさから開放される
  • 保育業界についてじっくり考える時間を作れる
  • 転職候補の保育園情報をしっかり集められる

今のストレスや体のつらさから開放される

「すぐにでも辞めないと心も体も保たない……。」という人は、転職活動をしながら働くことに耐えられないかもしれません。

ストレスなどで心身が限界の人は、開放されるために先に辞める方が良いですね。心と体に余裕を持てなければ、動くことも転職活動もできなくなるかもしれません。

保育業界についてじっくり考える時間を作れる

保育業界はここ10年ほどで法整備され、働く環境が少しずつ変わっています。

保育園以外での働き方、将来のキャリアプラン、家族を持った後の働き方など以前よりも多様になっています。仕事は人生の20-30%を占めるので、真剣に考えるために時間は必要ですよね。

転職候補の保育園情報をしっかり集められる

転職で失敗しないためには情報収集が不可欠です。とくに求人票ではわからない人間関係、働きやすさ、キャリアアップに対する姿勢などは情報収集に時間がかかります。

まーさ
保育園を辞めてから転職活動をするデメリットって何?わたしは、追い込まれた方が力が出るタイプなんだけど。

保育園を辞めてから転職活動するデメリット

保育園を辞めてから転職活動するデメリット

  • 収入がないのに転職活動費用がかかる
  • 社会との接点が少なくなって孤独を感じる
  • 転職先が決まらないと居場所がなくなる
  • 想定より離職期間が長くなる可能性がある

収入がないのに転職活動費用がかかる

一般的に転職活動にかかる期間は3か月以内です。ただ、転職に半年~1年以上かかる人もいます。その間の転職活動には交通費、通信費、雑費だけじゃなく、生活費もかかります。

一人暮らしだと、長い間無職で過ごすのは難しいですね。もちろん、実家住まいでも肩身が狭いです。収入がないと「たまには気分転換にパーッと!」もできません……。この状況が続くほど、負のループに陥ってしまいます。

社会との接点が少なくなって孤独を感じる

仕事の時間は生活の大半を占めるため、保育園にいる時間が人や社会とつながる接点になります。ところが、保育園を辞めると社会との接点が一気になくなります。そのため、社会から孤立してしまった感覚になるかもしれません。

転職先が決まらないと居場所がなくなる

転職活動がうまくいかないと、「転職やめたい……。」と思う人もいるかもしれません。そんなときに、前職の同僚に会うと心が苦しくなります。一度辞めた保育園に戻るわけにもいかないため、あなたの居場所がなくなってしまいます。

想定より離職期間が長くなる可能性がある

転職活動期間は3か月以内ですが、マイナビ転職のアンケートによると、一度仕事を辞めると離職期間は「6カ月以上~1年未満」が23%、「1年以上」が35%と転職までの期間が伸びています。

マイナビ転職-離職後の転職期間

3カ月以内に転職するつもりだったのに……|転職活動 見直し術!

ちなみに、この中で5割以上の人が転職活動にかかる期間を3か月以内と想定していたそうです。転職活動期間が伸びる理由はわかりませんが、気の緩みなどは考えられるでしょう。

まーさ
じゃあやっぱり働きながら転職活動した方がいいのかな。

そうですね。働きながらだと大変のように思いますが、転職サイトをうまく活用すれば楽になりますよ。
みやこさん

保育士が働きながら転職活動をする方法

保育士が働きながら転職活動をする方法

転職活動を始めたい人は、働きながらor辞めてからの転職活動のメリット・デメリットをよく比較してください。わたしは仕事の合間の時間を使った転職活動を強くおすすめします。

「時間がないからむりー。」と諦めると、満足できる職場で働くことはできません。時間は作るしかないんです。プライベートで時間を作る方法は意外とあります。

少ない時間を有効に使って転職活動をするには、転職サイトの活用は必須です。転職サイトを使えば1人で転職活動するより期間を短くできますし、精神的な支えにもなります。もちろん無料で使えます。

転職サイトはどこでも良いわけじゃありません。働きながら転職活動をする時間がない人は、優秀な担当者がいる転職サイトに登録してください。優秀な担当者と二人三脚で転職活動をすることがもっとも時間短縮になります

まーさ
優秀な担当者ってどうやって見つけるの?

優秀な担当者を見つけるには、複数の転職サイトを使って比較することが大切です。
みやこさん

まーさ
どの転職サイトに登録すればいいの?

わたしのおすすめはこの4つです。
みやこさん

以下でおすすめの理由を説明してるので、転職サイトの選び方がわからない人は参考にしてください。

保育士転職サイトランキング10選も参考にしてください☺️
まーさ

-保育士の転職

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.

初心者でも良い求人が見つかる!
おすすめ保育士転職サイト5選
おすすめ保育士転職サイト5選!