保育士の残業は月平均4時間

保育士のお悩み

保育士の月平均残業時間は4時間?この嘘のからくりを説明します

投稿日:2019年10月23日 更新日:

この記事は約 5 分で読めます

まーさ
こんにちは!保育歴20年の保育士まーさ(@mama_ism)です。
保育士は残業が多いイメージがありますよね。持ち帰り仕事も残業の1つだと考えると、月に何十時間も残業する人がほとんどだと思います。ところが厚生労働省の調査では、保育士の平均残業時間は月たった4時間……。おかしいですよね?こんなに残業時間が少ないのは、理由があります。

保育士の月平均残業時間は4時間

保育士の月平均残業時間は4時間

2017年の厚生労働省の調査によると、保育士の平均残業時間(時間外労働時間)は1か月で約4時間です。

賃金構造基本統計調査職種DB第1表用 統計表・グラフ表示 政府統計の総合窓口

賃金構造基本統計調査職種DB第1表用 | 統計表・グラフ表示 | 政府統計の総合窓口(https://www.e-stat.go.jp/dbview?sid=0003084610)

まーさ
嘘だ!ぜったいありえない!わたし毎日残業したり、仕事持ち帰ってるよ!

まぁ、保育士はみんなそう思ってますよね。残業が1か月たった4時間なら1日平均10分ちょいです。もしこれがほんとなら、退職の理由で「労働時間が長い」が多いわけがない……。

わたしは出産前までは1日1-2時間ほど残業して、プラスアルファでほぼ毎日仕事を持ち帰ってました。保育士が、1日8時間の勤務時間で仕事を終わらせることは難しいです。

保育士の1日の基本的な仕事時間を知っておこう

保育士の1日の基本的な仕事時間を知っておこう

まーさ
まず、保育士がどういう時間帯で働いているか、基本を押さえましょう。

保育士の基本的な働き方はシフト制

一般的な保育園の開園時間の目安は、朝7時半から夕方19時までで11-12時間ほどです。

もちろん、保育士は1日中働き続けるんじゃなく、早番、中番、遅番(言い方は保育園による)のシフト制で働くことが多いですね。以下、シフトの一例です。

早番|朝7時から16時まで
中番|朝9時から18時まで
遅番|10時から19時まで(子供が帰るまで)

シフトの組み方は保育園によって変わります。もちろんシフト制なので、保育士同士で都合が良い日・悪い日を替えるなどして、うまく保育園を回しているわけです。

また、パート保育士や派遣保育士はシフト固定の場合もあれば、シフトと関係ない時間で働く場合もあります。シフトはあくまでも保育士の基本的な働き方で、絶対じゃありません。

夜間保育や24時間保育の働き方は?

夜間保育や24時間保育、延長保育をする保育園もたくさんあります。

その場合は、その保育園独自のシフトで運営されています。たとえば、夜間は男性保育士に任せたり、夜間保育をした保育士は次の日を休みにするなどです。

保育士の平均残業時間が実態と大きく違う理由

保育士の平均残業時間が実態と大きく違う理由

まーさ
保育士の働き方がちゃんとシフト制になってるなら、残業ってしなくて良いんじゃないの?

そうですね。アルバイトやパートの感覚だと、たとえば8時間のシフトに合わせて仕事をすれば残業はしなくて良いですし、残業をしても残業代が出るはずです。

保育士の仕事は子供の保育の他に、日誌、連絡帳、日案・週案・月案、園だより、シフト作成、掃除、制作、行事準備などなどがあります。ざっくり全体の2-3割は保育以外の仕事です(人による)。

ところが園長、施設長の中には、保育士の仕事は「シフト時間=保育の時間」と考える人がまだまだ多いんです。つまり、シフト時間の中に書き物や雑務をする時間がほとんどありません。

もちろん保育士はそれぞれ工夫をしていて、お昼を5分で終わらせたり、休憩時間やお昼寝時間の合間を使って何とか仕事をしますが、とても全部は間に合いません。

そのため、行事の準備などで仕事が増える時期は、余計に残業や持ち帰り仕事を増やさないといけません。とても、月平均4時間の残業で収まるはずがないんです。

じゃあ、なぜ保育士の残業時間が実態とこんなにも違うのか……。

厚生労働省調べで平均残業時間が月4時間しかないのは、残業代が支払われている分しか残業時間にならないからです!つまり、それ以外はすべてサービス残業なんです。

保育士のサービス残業が増える理由

保育士のサービス残業が増える理由

保育士のサービス残業が増える理由、保育業界はサービス残業が当たり前だと考えられてしまう理由は以下の通りです。

  • みなし残業をすると時間の感覚が麻痺するから
  • 持ち帰り仕事は残業じゃない風潮があるから
  • サービス残業が許される環境を作ってるから

みなし残業をすると時間の感覚が麻痺するから

1日何時間も残業をしている正職員の保育士は、「みなし残業(固定残業制度)」の契約を結んでいるかもしれません。

みなし残業とは、月給の中にあらかじめ一定時間の残業代を含んだ給与制度のことです。たとえば、雇用契約書に「月20時間の残業を含む」と記載があると、月20時間まで残業代が出ません。

もちろん、雇用契約のときに「あなたの給料が高いのは、みなし残業分が入ってるからですよー。」というみなし残業の説明があるはずです。

みなし残業自体は計算された時間分が給料に含まれているので問題ないんですが、20時間分の残業をしていると残業が当たり前になり、「いいやいいや」で20時間以上の残業をしてしまうことです。

月20時間を超えた分は、残業代を請求しないといけませんが、感覚が麻痺して残業がどうでも良くなっちゃうんです。何となくわかりますよね?

持ち帰り仕事は残業じゃない風潮があるから

持ち帰り仕事は、基本的に残業扱いです。ただし残業が認められるにはルールがあって、保育園から持ち帰りの業務命令がある場合や持ち帰りの事実を保育園が認識していなければいけません。

以下で説明してますが、保育士が勝手に持ち帰って仕事をしても残業時間に含まれないんです。

ただ、保育士の持ち帰り仕事が当たり前の保育園だと、見て見ぬ振りされる可能性が高いですね。だって、「仕事を持ち帰るならちゃんと言ってね。」なんて園長から言われないでしょ。

サービス残業が許される環境を作ってるから

保育士が足りずにギリギリで運営している保育園はたくさんあります。このような人手不足の保育園は、ブラック保育園になる可能性があります。

ブラック保育園になると、「今は人が足りないけどがんばろう。」「子供のために続けよう。」「保育は他の仕事と違う。」などの精神論が増えます。

しかも園長だけじゃなく、ベテラン保育士が「自分の時間使って経験積まないと一人前に慣れないわよ。」なんて、悪びれずに言います。違法行為を正当化することが当たり前な環境なんです……。

そろそろサービス残業という名前やめませんか。普通に「違法残業」にした方が良いと思います。

子供を盾に残業させる保育園は辞めましょう

子供を盾に残業させる保育園は辞めましょう

保育士はとても楽しくて、やりがいがある仕事です。子供が成長して卒園してく様子を見ると、毎年本当に涙が出ます。この感覚に同意してくれる保育士は多いと思います。

ただし、保育士は特別な仕事じゃありません。「保育士がいないと子供は成長しない。」なんて思い上がっちゃいけません。そして、そんな風に思わせる保育関係者もいてはいけないと思います。

せっかく良い仕事だからこそ、わたしはもっと保育士になる人が増えて欲しいですし、保育業界にはきっちり、正しく仕事できる環境を作って欲しいです。

保育士の残業は当たり前じゃないです。以下で書いた通り、保育園が「ベテラン保育士の考え方を変える」「保育園主導で仕事を効率化する」「保育園が保育士を守る」を徹底すれば残業はなくなるんです。

保育士の仕事が楽しめなければ、子供の成長を見守る余裕は持てません。子供に対する責任を盾に残業させる運営が下手な保育園なんて辞めてしまって良いです。もっと良い保育園はいっぱいありますよ。

たとえば、「保育士バンク」や「ジョブメドレー」は「残業なし・残業少なめ」の求人を検索できるので、一度調べてみてください。

他のおすすめは「保育ひろば」「マイナビ保育士」です。転職サイトは複数登録が基本です。ほとんどの転職者がこの中のどれかには登録してると思います。

保育士バンクは保育士のおすすめNo.1!

業界大手「保育士バンク」は全国に拠点があり、転職フェアも数多く開催しています。公開求人2万件+非公開求人1万件もあるため、地方転職に欠かせません。キャリアアドバイザーに元保育士が多いため、気持ちを理解してもらえる悩み相談も心強いです。「ブランクOK」「初心者歓迎」求人も多いですね。

  • 公式:保育士バンク
  • 電話・メール対応が丁寧なので安心して悩み相談できます。転職相談もできます。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

保育ひろばは業界実績も知名度もある!

すぐに転職したい人は、知名度が高く実績もある「保育ひろば」を利用しましょう。登録から転職まで平均2週間と謳うほど速さが売り。転職フェアの開催も多いです。キャリアアドバイザーの熱意が高く、真剣に短期間で転職したい人には最適な選択です。顧客満足度94.2%という評価にも現れています。

  • 公式:保育ひろば
  • 少しでも早く転職したい人は相談してみましょう。拠点も多いので直接会うこともできます。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

関東の転職はマイナビ保育士がおすすめ

関東の転職なら「マイナビ保育士」は外せません。マイナビの知名度は大きいですし、多くの転職ノウハウに基づいたサービスが期待できます。求人、キャリアアドバイザー、サービス、口コミすべて1-2を争う質の高さです。希望しなければ電話連絡がない「マイページ会員サービス」も使い勝手が良いですね。

  • 公式:マイナビ保育士
  • 転職ノウハウがわかるので登録して損はないです。保育園の細かな情報もわかりやすいです。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

登録した方が良い転職サイトの比較

総合評価

4.70

保育士バンク

4.58

保育ひろば

4.63

マイナビ保育士
公開求人数

4.7

20,020件:非公開1万件~

4.5

9,737件:非公開不明

4.5

9,206件:非公開不明
求人地域

4.8

全国対応で地方も多い、拠点は8都道府県

4.7

全国対応で地方少なめ、拠点は34都道府県61箇所

4.3

関東+関西対象で地方なし、拠点は9都府県10箇所
コンサルの質

4.7

元保育士が多く悩みを相談しやすい

4.6

熱意があって引っ張ってくれる

4.8

ノウハウが豊富で対応がきめ細やか
サービス充実度

4.6

転職フェアが多い、非公開求人が多い

4.7

平均2週間で転職、転職フェアが多い

4.7

関東で圧倒的に強い、サポートが厚い
口コミ評価※

4.8

口コミ評価+特徴

4.0

口コミ評価+特徴

4.8

口コミ評価+特徴
公式サイトの確認
ここから登録
保育士バンク
ここから登録
保育ひろば
ここから登録
マイナビ保育士
口コミは総合評価から除外

転職初心者が気軽に使えるジョブメドレー

どうしても電話連絡が嫌な人は、「ジョブメドレー」に登録しましょう。ジョブメドレーは自分で求人を探して、自分で応募するセルフ方式です。担当は付きませんが、困ったときはヘルプのお願いも可能です。また、公開求人が2.5万件もあり、他の転職サイトだと数が少ない地方求人を探すこともできます。

  • 公式:ジョブメドレー
  • 担当制が合わない人は確実に使いましょう。転職初心者が最初に登録するのもおすすめです。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

まーさ
保育士転職サイトランキング厳選トップ10!」も参考にしてください☺️

-保育士のお悩み

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.