ジョブメドレーのスカウト機能のメリット

保育士のお悩み

保育士の保護者との関わり方は難しい…やっちゃダメな対応は?

投稿日:2019年11月6日 更新日:

この記事は約 4 分で読めます

まーさ
保護者との関係構築に苦労している保育士は多いと思います。「保護者と友達みたいな関係になれば、トラブルも起きにくくなるんじゃない?」もちろん、保護者と仲良くなることは悪いことじゃないですが、保護者と友達のような関係になると余計にトラブルの元になるかもしれません。

保護者の中には、フレンドリーで話しやすい人がいます。そんな人とは、つい談笑が長くなりがち。

保育士は子供の保育園での様子を伝えるために、保護者と上手な連携が必要です。毎日顔を合わせて話すことも多いので、距離が近くなること自体は良いことだと思います。

その反面、保護者全員と同じだけ仲良くなるのは難しいので、どうしても偏りができます。まぁある程度は仕方ないことですが、特定の保護者と仲良くなり過ぎると攻撃対象になってしまいます。

そのため、保育士は保護者と適度な関係性を保って、深入りしないことが大切です。では、保育士はどのような保護者対応をしてはいけないんでしょうか。

保護者と仲良くなることと友達関係は違います!

保護者と仲良くなることと友達関係は違います!

保育士にとって、保護者は緊張する相手です。そのため、フレンドリーに話しかけられるとやっぱり嬉しいです。保育士からも積極的に話を振ったり、質問をするのは良いことだと思います。

お互いコミュニケーションが取れてれば、その保育士は保護者にとって子供を預けやすい対象になりますし、保護者から信頼を得ると保育士も仕事がしやすいですね。

ただし、相手はあくまで保護者です。仲良くなりすぎて公に友達のような関係性になってしまうと、周囲の保護者とのトラブルの元になります。

保護者にはいろんな性格の人がいます。保護者と保育士が仲良くなりすぎることを嫌がる人もいます。保護者と保育士が仲良くなると、子供を贔屓すると考える人もいます。

そうなると保護者同士の噂話の対象になったり、露骨に嫌な態度を取られたり、ひどい場合は「担任を変えて欲しい。」と保育園に報告する保護者もいます。

そのため、保護者と仲良くなりすぎて、友達関係のように見られることは避けないといけません。ドライな言い方をすると、保育士にとって保護者は仕事の相手だということを忘れちゃダメなんです。

保護者対応でやっちゃダメなこと

保護者対応でやっちゃダメなこと

まーさ
保護者と友達関係に見られるような、やっちゃダメな対応って何があるの?

以下の保護者対応は、他の保護者に対して誤解を招きます。保育園の信用にも関わることなので、保育士は気をつけたいところです。

  • タメ口、馴れ馴れしい口調
  • あだ名の呼びかけ
  • LINEなど連絡先の交換
  • いっしょに遊びに行く
  • 他の家庭の話をする
  • 保育園の内部事情を話す

タメ口、馴れ馴れしい口調

フレンドリーな保護者と話すと、つい話しがはずんで馴れ馴れしい口調になる保育士もいます。「向こうの口調に合わせた方がいいのかな?」というのは間違い。

あくまでも仕事してることを忘れないでください。他の保護者や同僚保育士が、会話を聞いていることもあります。もちろん、タメ口は論外です。

あだ名の呼びかけ

若い保育士に対して、「○○ちゃん」と呼ぶ保護者もいます。言われる分には問題ないんですが、仲良くなっても保護者をあだ名で呼んじゃダメですよ。

保護者の呼び方は保育園の文化で違いますが、面と向かったときは「○○さん」「お父さん」「お母さん」が一般的です。また、他の保護者と話すときは、「○○さん」や「○○ちゃんのママ」ですね。

LINEなど連絡先の交換

「ねー先生LINE教えて。」と言われて教える保育士もいますが、連絡先の交換は基本NGです。

保育士は1対多で仕事をしてます。1人と連絡先を交換したら、全員とLINEを交換しないといけない可能性もあります。あなたは毎日保護者からのLINEの嵐に耐えられますか?

保育士に「保護者と連絡先は交換しないでください。」と釘を刺す保育園も多いです。もし保護者から連絡先教えてと言われたら、「すみません、保育園の就業規則で禁止されてるんです。」と返しましょう。

いっしょに遊びに行く

たまたま保護者と趣味がかぶったときに、「あーじゃあ、今度いっしょに行こうよ。」と言われることもありますが、もちろん、いっしょに行くのはダメです。

断り方も先ほどと同じで、「すみません、保育園の就業規則で禁止されてるんです。誘っていただいてありがとうございます。」と返しましょう。私的な食事会も同じくダメですよ。

他の家庭の話をする

保護者の中には、他の家庭の事情を聞いてくる人もいます。こういうご時世なので、「すみません、他のご家庭のことは話せないんです。」と答えれば問題ないと思います。

ただ、話を聞き出すのがうまい人もいます。たとえば、「ねぇ、○ちゃんが○ちゃんいじめてたって知ってる?」「○○さんとこ仲悪いから、○ちゃん最近しょんぼりしてない?」とカマをかけられることも。

どちらにしても他の家庭のことなので、「え、そうなんですか。知りませんでした。」くらいに留めておくと良いですね。

保育園の内部事情を話す

あなたが不満に思ってる保育園事情や自分の待遇など、ぶちまけたい気持ちがあることはわかります。ただ、どれだけ仲良くなっても、それを保護者に言うのはダメです。

あなたが思う不満は単なる主観です。この保育園のことが好きな保育士や保護者がいたら混乱しますし、不安を感じます。もちろん、あなたも良い目で見られなくなります。

もともと保護者と知り合いなら問題ないけど…

もともと保護者と知り合いなら問題ないけど…

さて、こんな話をすると「もともと保護者と知り合いなんだけど、それでも距離を置かないとダメなの?」という人もいるでしょう。

これは程度の問題です。もともと知ってる人なら、わざわざ距離を置く必要はないと思います。ただし、仕事中とプライベートはある程度分けた方が良いですね。

また、もともと知ってる人なら、ちゃんと事情を話せばわかってくれるはずです。仲が良くても節度を守ってくれれば、他の保護者からも誤解されない付き合い方ができると思います。

あくまでも、保育園にいるときは保育士だということを忘れないようにして、仕事に集中できる環境を維持しましょう。

これから保護者と信頼関係を作りたい保育士、保護者対応でうまく会話をしたい保育士は、以下を参考にしてください。

まーさ
保育士転職サイトランキング厳選トップ10!」も参考にしてください☺️

-保育士のお悩み

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.