保育士がキャリアアップするには

保育士の仕事

保育士が園長、主任、責任者にキャリアアップする経験や年数目安

投稿日:2019年12月4日 更新日:

この記事は約 7 分で読めます

まーさ
こんにちは!保育歴20年の保育士まーさ(@mama_ism)です。
あなたは自分の給料を上げたいと思いますか?保育士が給料を上げる一つの方法が主任などのキャリアアップです。ただし、キャリアアップは、それなりに考えて動かないと希望は叶えられません。

もし保育園で主任保育士や責任者になりたいなら、「なりたいなー」だけ思っていてもなれません。

具体的に何年でどんな責任者になれるか、どんな経験や勉強が必要なのか、どんなキャリアアップをすれば良いのかを知っておく必要があります。

保育士、主任保育士、園長の給料の目安

保育士、主任保育士、園長の給料の目安

子供が好きで保育士になった人は多いと思いますが、将来のキャリアアップまで考えて保育士になった人は少ないと思います。

保育士は給料が低いですが、キャリアアップすれば給料は上がります。平成29年度の内閣府の調査によると、保育士、主任保育士、園長の給料の目安は以下の通りです。

勤続年数 月給 年収
保育士 8.8年 262,158円 3,145,896円
主任保育士 19.6年 397,212円 4,766,544円
園長 23.1年 528,826円 6,345,912円

保育士は平均勤続年数8.8年で平均年収314万円、主任保育士は19.6年で平均年収476万円園長は23.1年で平均年収634万円です。

つまり、20年後あなたは主任保育士や園長になって450-600万円をもらっているかもしれません。目安を知るだけで、主任や園長を目指したいと思いますよね。

園長、主任保育士、責任者になるには?

保育士が園長、主任、責任者になるには?

保育園でキャリアアップする順番

では、どうすれば園長や主任保育士になれると思いますか。

保育園は平均すると13人の保育士に対して、主任保育士が1人、園長が1人という体制で運営されています。主任保育士になれる割合は15分の1、園長になれる割合は15分の1ということです。

まだちょっと遠いですね。今は主任保育士の下に、副主任保育士、専門リーダー、職務分野別リーダーという役職ができました。キャリアアップの具体的な方法は以下を参考にしてください。

かんたんに言うと、以下のようにキャリアアップすれば主任保育士や園長になれます。

保育士

職務分野別リーダー

専門リーダー

副主任保育士

主任保育士

園長

新しい役職は設置が必須じゃありません。そのため、「リーダー」でひとまとめだったり、「副主任保育士」しか配置してないこともあります。また、園長補佐や副園長がいることもあります。

保育園で役職になれる割合は?

例として保育士13人、主任保育士1人、園長1人の保育園の場合、以下の役職の配置が考えられます。

  • 保育士9人
  • 職務分野別リーダー2人
  • 専門リーダー1人
  • 副主任保育士1人
  • 主任保育士1人
  • 園長1人

どうでしょう。何となく保育士のキャリアアップのイメージが付いたでしょうか。では次に、園長や主任保育士になるための経験や条件をお話します。

保育士のキャリアアップに必要な経験と年数目安

保育士のキャリアアップに必要な経験と年数目安

保育士がキャリアアップできる役職と、キャリアアップに必要な経験、年数の目安を紹介します。

  • 初任保育士のキャリアアップ
  • クラス担任のキャリアアップ
  • 職務分野別リーダーのキャリアアップ
  • 専門リーダーのキャリアアップ
  • 副主任保育士のキャリアアップ
  • 主任保育士のキャリアアップ
  • 園長のキャリアアップ

初任保育士のキャリアアップ

最短経験年数:なし
平均経験年数:なし
必要な経験:
・通常の保育業務
・職場理念や必要制度の理解
・ルール・マナーの遵守
・保育指導計画の理解

初任保育士はクラス担任の補佐についたり、フリー保育士の役割を担うことが多いです。初任保育士は、1年かけて通常の保育や行事準備、雑務などを覚えます。

クラス担任のキャリアアップ

最短経験年数:0-1年以上
平均経験年数:0-1年以上
必要な経験:
・通常の保育業務
・初任保育士の保育の指導
・保護者への保育指導や相談
・行事の企画立案
・保育指導計画の立案

保育士2年目になると、ほとんどの保育士がクラス担任を任されます。初任保育士が補佐につくため、保育の指導をしたり、雑務を任せるなどしてクラス担任業務をこなします。

また行事の企画を積極的に立案したり、保育指導計画にも慣れる必要があります。1年目からクラス担任になる保育士も多いです。

職務分野別リーダーのキャリアアップ

最短経験年数:3年以上
平均経験年数:5-7年以上(予想)
必要な経験:
・クラス担任
・保育士をまとめる、育成する
・主任保育士などの補佐

職務分野別リーダーになるには、3年以上の保育経験と担当分野のキャリアアップ研修が必要です。分野別なので、「乳児保育」「幼児教育」「障害児保育」など特化して3年と考えた方が良いですね。

職務分野別リーダーは2-5人ほど部下ができるため、保育士をまとめる力が必要です。今後は平均5-7年ほどで職務分野別リーダーになる保育士が多いんじゃないかと思います。

専門リーダーのキャリアアップ

最短経験年数:7年以上
平均経験年数:10年以上(予想)
必要な経験:
・職務分野別リーダー
・保育士をまとめる、育成する
・主任保育士などの補佐

専門リーダーになるには、7年以上の保育経験と職務分野別リーダーの経験、「乳児保育」「幼児教育」「障害児保育」「食育・アレルギー対応」「保健衛生・安全対策」「保護者支援・子育て支援」の中から4つ以上のキャリアアップ研修が必要です。

専門リーダーは、保育園の職務分野をまとめる役割をします。たとえば、乳児保育と幼児教育がある保育園なら統括管理をしたり、保育園全体の保健衛生・安全対策、保護者支援・子育て支援をまとめるリーダーのイメージです。

最短経験年数は7年以上ですが、4つの職務分野の経験をすると考えると平均10年以上の勤務年数が必要になると思います。

副主任保育士のキャリアアップ

最短経験年数:7年以上
平均経験年数:10-15年以上(予想)
必要な経験:
・各種リーダー
・主任保育士の補佐
・保育士をまとめる、育成する

副主任保育士になるには、7年以上の保育経験と職務分野別リーダーの経験、「マネジメント」研修、「乳児保育」「幼児教育」「障害児保育」「食育・アレルギー対応」「保健衛生・安全対策」「保護者支援・子育て支援」の中から3つ以上のキャリアアップ研修が必要です。

専門リーダーを経験した方が副主任保育士になりやすいですね。最短経験年数は7年以上ですが、平均10-15年ほどの勤務年数が必要になると思います。

主任保育士のキャリアアップ

最短経験年数:7年以上
平均経験年数:15-20年以上(予想)
必要な経験:
・専門リーダーor副主任保育士
・園全体の保育計画の作成
・外部業者や園見学の窓口
・職員研修の作成
・地域関連機関との連携
・園長の補佐
・リーダーの育成

主任保育士になる要件はありません。これまでは「リーダー=主任保育士」だった役割が、リーダーと副主任が新設されたことで、それらの能力をすべて持つ人が主任保育士のイメージになります。

主任保育士になるには副主任保育士や専門リーダーの経験が必要になる保育園が増えるでしょう。

最短経験年数は7年以上ですが、平均勤務年数は15-20年ほどと予想します。ただし、小規模保育園は保育士が少ないため、主任保育士までのキャリアアップは早く、15年~が平均になると思います。

園長のキャリアアップ

最短経験年数:7年以上
平均経験年数:20年以上(予想)
必要な経験:
・施設内のあらゆる調整
・保育士の管理・指導責任
・運営・経営責任
・事務や出納の管理・資金計画
・保育に対する深い理解と経験

園長になる要件はとくにありません。ただし、家族経営の保育園で園長になれることはほぼないです。園長になりたいなら、複数園を経営する法人保育園でキャリアアップを目指しましょう。

園長と保育士は立場が違います。そのため、大切にすることも変わります。真面目で良い園長ほど、以下の理想をすべて叶えようとしますが、なかなか難しいです。

  • 子供のための保育をしたい
  • 保育士の待遇を良くしたい
  • 保育園の設備を整えたい
  • 保育園を継続して雇用を守りたい
  • 地域の子育てに貢献したい
  • 自分と家族の生活を守りたい

わたしは園長を経験してないので、感覚はわかりません。母親は公立保育園の園長をしてましたが、公立では20年以上の保育士経験、役職経験、昇格試験の合格が必要です。

保育士がキャリアアップできない理由

保育士がキャリアアップできない理由

順調にキャリアアップすれば、15年~で主任保育士になれます。ということは35歳以上ですね。35歳で年収470万円だと、手取りで400万円ほど。と考えると希望がありますね。

ただ、保育士全員が主任保育士になれるわけじゃありません。保育園によっては希望が叶わないこともあります。希望の役職に就けない理由は以下が考えられます。

  • スキルや保育経験が足りないため
  • 役職に空きがないため
  • 家族経営で役職は親族が占めているため
  • スキルよりも年功序列+経験年数なため
  • なぜか正当に評価されないため

スキルや保育経験が足りないことは仕方ないですね。足りなければ要件を満たす時間が必要です。ただ、その他は今の保育園だと解決しない問題ばかりです。

とくに経験がある保育士がたくさんいる保育園では、順調にキャリアアップしても15年で主任保育士になれない可能性が高いです。キャリアアップを目指すなら、主任保育士が必要な保育園に転職しましょう。

主任や主任候補の求人が豊富な転職サイトは?

主任や主任候補の求人が豊富な転職サイトは?

もしあなたが保育士としてキャリアアップしたいと考えているなら、キャリアアップしやすい保育園で働くことを考えてください。

今ならもっともキャリアアップしやすいのは新設の小規模保育園でオープニングスタッフ求人ですね。そう考えると、関東など大都市圏の求人が多い転職サイトを選びましょう。

わたしのおすすめは「保育士バンク」「保育ひろば」「マイナビ保育士」です。転職サイトは複数登録が基本です。ほとんどの転職者がこの中のどれかには登録してると思います。

3つとも登録した方が良いですが、それぞれ特徴が違うため当てはまるものに登録しましょう。

保育士バンク、マイナビ保育士、保育ひろば

保育士バンクは保育士のおすすめNo.1!

業界最大手「保育士バンク」は押さえた方が良いです。公開求人2万件+非公開求人1万件を保有しているため、地方転職には欠かせません。全国に拠点があり、転職フェアも多数開催しています。

キャリアアドバイザーに元保育士が多いため、保育現場を理解した悩み相談ののってもらえます。また、「ブランクOK」「初心者歓迎」の求人が多いのも特徴です。

保育士バンク公式サイト

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

保育ひろばは業界実績も知名度もある!

短期間ですぐ転職したい!という人は「保育ひろば」を利用しましょう。キャリアアドバイザーの熱意が高く、登録から転職まで平均2週間という転職の速さが売りです。

保育ひろばは知名度も高く、頻繁に転職フェアを開催しているので安心して転職サポートを任せられます。お客様満足度94.2%というのもポイントですね。

保育ひろば公式サイト

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

関東の転職はマイナビ保育士がおすすめ

関東の転職なら「マイナビ保育士」は外せません。マイナビの知名度は大きいですし、多くの転職ノウハウに基づいたサービスが期待できます。

求人、キャリアアドバイザー、サービス、口コミすべて1-2を争う質の高さです。希望しなければ電話連絡がない「マイページ会員サービス」に使いたい人もいるでしょう。

マイナビ保育士公式サイト

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。


登録した方が良い転職サイトの比較

総合評価

4.70

保育士バンク

4.58

保育ひろば

4.63

マイナビ保育士
公開求人数

4.7

20,020件:非公開1万件~

4.5

9,737件:非公開不明

4.5

9,206件:非公開不明
求人地域

4.8

全国対応で地方も多い、拠点は8都道府県

4.7

全国対応で地方少なめ、拠点は34都道府県61箇所

4.3

関東+関西対象で地方なし、拠点は9都府県10箇所
コンサルの質

4.7

元保育士が多く悩みを相談しやすい

4.6

熱意があって引っ張ってくれる

4.8

ノウハウが豊富で対応がきめ細やか
サービス充実度

4.6

転職フェアが多い、非公開求人が多い

4.7

平均2週間で転職、転職フェアが多い

4.7

関東で圧倒的に強い、サポートが厚い
口コミ評価※

4.8

口コミ評価+特徴

4.0

口コミ評価+特徴

4.8

口コミ評価+特徴
公式サイトの確認
ここから登録
保育士バンク
ここから登録
保育ひろば
ここから登録
マイナビ保育士
口コミは総合評価から除外

転職初心者が気軽に使えるジョブメドレー

どうしても電話連絡が嫌な人は、「ジョブメドレー」に登録しましょう。公開求人が2.5万件もあり、他の転職サイトだと数が少ない地方求人も見つかります。

またジョブメドレーは自分で求人を探して、自分で応募するセルフ方式です。担当は付きませんが、困ったときはヘルプのお願いも可能です。

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

まーさ
保育士転職サイトランキング厳選トップ10!」も参考にしてください☺️

-保育士の仕事

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.