公務員保育士が最強な理由は?公立・私立保育園の大きな違い

保育士の仕事

公務員保育士の給料や休みなどメリットは?私立と公立保育園の違い

投稿日:2019年11月17日 更新日:

この記事は約 7 分で読めます

まーさ
こんにちは!保育歴20年の保育士まーさ(@mama_ism)です。
保育士と言っても、私立保育園と公立保育園ではまったく違います。年収調査でも私立保育士は保育士で調査しますが、公立保育士は地方公務員で調査します。じゃあどっちが良いか……多分100人中99人は公立保育園の保育士が良いと答えるはず……。

公立保育士とは、自治体が運営する県立・市立・町立保育園に勤務する保育士のことです。公立保育園に務める保育士は地方公務員になるので、「公務員保育士」とも呼ばれます。

もしあなたが転職したいなら、公務員保育士を目指してください。かんたんじゃないですが、給料も休暇も働き方も私立保育士より公務員保育士の方が魅力的です。

公務員保育士と私立保育士の年収の違い

公務員保育士と私立保育士の年収の違い

公務員保育士と私立保育士の違いは、何と言っても年収です。同じ保育士なのにこんなにも違いが……。

令和元年度の内閣府資料によると、常勤の私立保育士の年収が362万円に対して公務員保育士は363万円。「あれ?年収に差がない。」と思うかもしれません。

私立常勤 私立非常勤 公立常勤 公立非常勤
年数 年収 年数 年収 年数 年収 年数 年収
主任保育士 21.7年 5,075,592円 26.1年 4,129,236円 25.1年 6,740,700円 20.9年 3,090,372円
保育士 11.2年 3,621,876円 10.1年 2,253,792円 11.0年 3,637,356円 7.8年 1,954,308円
保育補助者 4.9年 2,683,008円 6.1年 2,022,732円 4.9年 1,784,640円 5.9年 1,790,856円

令和元年度幼稚園・保育所・認定こども園等の経営実態調査集計結果<速報値>【修正版】

ただ、私立保育園と公立保育園の主任保育士の年収を比べると、なんと160万円以上の差があります。公務員保育士は長く勤めたり、役職がつくとどんどん年収が増える仕組みだからです。

公務員保育士が私立保育士より給料が高い理由は?

公務員保育士が私立保育士より給料が高い理由は?

まーさ
なんで公務員保育士の方が私立保育士より給料が高いの?

単純に私立保育士の給料が安いから……という理由もありますが、公務員保育士は私立保育士に比べて昇給率が高く、離職率が低い特徴があります。

  • 昇給率が高いから
  • 離職率が低いから

昇給率が高いから

一般的な地方公務員は、働き始めて20年ほど同じ昇給率で給料が上がります。給料が安定して上がるため、精神的にも安定します。40代中頃になると昇給率は緩やかになり、あとは役職で年収に差が出ます。

私立保育士の給料も年功序列で上がる保育園は多いですが、昇給率は低く内容も不明確です。40代になると公務員保育士との年収格差は40-50万円になります。

離職率が低いから

厚生労働省の資料によると、平成27年度の常勤保育士の離職率は10.3%です。内訳としては、公務員保育士が7.1%、私立保育士が12.0%で、私立保育士が5%ほど離職率が高いですね。

常勤のみ 勤務者 採用者数 採用率 退職者数 離職率
全体 320,196人 48,733人 15.2% 32,823人 10.3%
 うち公営 116,862人 11,904人 10.2% 8,330人 7.1%
 うち私営 203,334人 36,829人 18.1% 24,493人 12.0%

公務員保育士の離職率が低いのは、以下の通り働きやすさに差があるからです。

  • 給料が高いから
  • 有給など休みが取りやすいから
  • 育休を満期で取得できるから
  • 退職共済年金で将来に備えられるから

たとえば私立保育士は出産で一度退職して、子育てが落ち着いてからパートで復帰します。良く言えば私立保育士の方が復帰しやすいですが、公務員保育士はそもそも辞める必要がありません

公務員保育士と私立保育士の働きやすさ・待遇の違い

公務員保育士と私立保育士の働きやすさ・待遇の違い

公務員保育士と私立保育士は、働きやすさ・待遇でいくつかの違いがあります。

  • 保育のやり方や保育方針の違い
  • 有給休暇の取りやすさの違い
  • 産休・育休の取りやすさの違い
  • 老後の年金制度の違い
  • 勤務時間や残業の扱いの違い
  • 転勤や移動の違い

保育のやり方や保育方針の違い

公立保育園では保育のやり方や保育方針は自治体で決まっているため、独自の保育は行いません。

対して私立保育園は独自の保育方針を掲げたり、新しいサービスを取り入れて、特徴をもたせようとしています。ただ、突然新しいことを始めるので、保育士の負担になります。

有給休暇の取りやすさの違い

まず、有給は公務員保育士の方が取りやすいです。もちろん運営上、公務員保育士でも有給を取りづらい時期はありますが、それは通常の地方公務員でも同じです。

ただ、最近は私立保育園でも有給が取りやすくなりました。小規模保育園、企業内保育所、院内保育所、運営がうまい企業主導型保育園などの一部は、公立保育園よりも有給が取りやすいかもしれません。

産休・育休の取りやすさの違い

産休・育休を取ることは当たり前ですが、それでも私立保育士は産休・育休に気を使います。「短めにしよう……。」と考える人も多いですし、以下のようにパワハラを受けることもあります。

一方、公務員保育士は、産休・育休はきっちり取ることができます。しかも公務員保育士の育休は、延長しなくても3年間取れるため、余裕を持った子育てをすることができます。

老後の年金制度の違い

私立保育園で社会保険に加入すると、将来は基礎年金と厚生年金分が支給されます。

一方、公務員保育士は共済年金に加入しているため、基礎年金と厚生年金の他に退職共済年金を受け取ることができます。

勤務時間や残業の扱いの違い

公立保育園は時間にきっちりしています。仕事時間と休憩時間は分かれてますし、残業代も出ます。

一方、私立保育園は仕事と休憩時間の境目はありません。わたしのように「特技は早食い」の保育士は多いと思います。残業代も出ないことが多いため、表面上の残業時間は短く見えます……。

転勤や移動の違い

私立保育園は、その保育園が気に入ったら働き続けることができます。また、その保育園がグループ経営をしている場合は、移動希望を出せば保育園を変わることも可能です。

公立保育園、2-3年単位で別の公立保育園に転勤します。ただ、ほぼ自治体内の保育施設なので、生活環境は変わるりません。母親は公務員保育士で転勤してますが、家庭内の変化はとくになかったですね。

公務員保育士になるにはどうすればいい?

公務員保育士になるにはどうすればいい?

まーさ
公務員保育士になりたかったぁー。もっと真剣に考えれば良かった。20代だったら転職できたのに……。
公務員保育士試験は自治体で条件が違うので、30代でも転職のチャンスはありますよ。40代はダメなんですが……。
みやこさん

公務員保育士は時期も人数も不定期で、毎年同じ人数採用するわけじゃありません。倍率も5倍-20倍で、かんたんじゃないですが挑戦する価値はあります。詳しくは以下を参考にしてください。

公務員保育士の受験資格

公務員保育士試験の受験資格は自治体で違いますが、まずは「保育士資格を持っていること」、そして「その自治体に住んでいること」です。

年齢制限は30歳前後が多いですが、35歳まで可能な地域もあります。詳細は自治体に確認してください。

公務員保育士試験の募集時期と実施時期

公務員保育士試験の時期も、自治体によって違います。一般的には6-8月、12月ごろに試験が行われることが多いですが、その他の時期も割とあります。

募集はだいたい試験実施の1-2か月前に開始します。自治体のサイトや以下の公務員試験情報サイトでも検索できます。

保育士の公務員試験日程一覧 | 公務員試験情報サイト【KoumuWIN!】

公務員保育士試験の試験内容

公務員保育士試験の試験内容は、一般教養を見る「教養試験」、保育知識を見る「専門試験」、人間性を見る「面接」、ピアノ、読み聞かせ、工作などの「実技試験」、体力を見る「体力試験」があります。

公務員保育士になれない場合はどうする?

公務員保育士になれない場合はどうする?

学生時代は公務員保育士と私立保育士の違いを深く考えず、いろんな保育方針がある私立保育園の方が面白いかなぁ程度の認識でした。失敗した……。親が公務員保育士だったのに……。

もしあなたに公務員保育士の受験資格があるなら、ぜひチャレンジしてください。私立保育士がダメとは言いませんが、やっぱり公務員保育士は待遇が違います。

もちろん、私立保育園にも魅力があります。保育士の働き方改善に注目が集まっている今なら、公務員保育士になれない人でも待遇が良い私立保育園はたくさん見つけられます。

人生は一度きりなのでチャンスがあればどんどん挑戦して、私立公立問わず働きやすい環境を探してください。もちろん私立の転職の場合は、保育士転職サイトを使って転職してください。

転職サイトは50以上ありますが、おすすめは「保育士バンク」「保育ひろば」「マイナビ保育士」です。転職サイトは複数登録が基本です。ほとんどの転職者がこの中のどれかには登録してると思います。

保育士バンクは保育士のおすすめNo.1!

業界大手「保育士バンク」は全国に拠点があり、転職フェアも数多く開催しています。公開求人2万件+非公開求人1万件もあるため、地方転職に欠かせません。キャリアアドバイザーに元保育士が多いため、気持ちを理解してもらえる悩み相談も心強いです。「ブランクOK」「初心者歓迎」求人も多いですね。

  • 公式:保育士バンク
  • 電話・メール対応が丁寧なので安心して悩み相談できます。転職相談もできます。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

保育ひろばは業界実績も知名度もある!

すぐに転職したい人は、知名度が高く実績もある「保育ひろば」を利用しましょう。登録から転職まで平均2週間と謳うほど速さが売り。転職フェアの開催も多いです。キャリアアドバイザーの熱意が高く、真剣に短期間で転職したい人には最適な選択です。顧客満足度94.2%という評価にも現れています。

  • 公式:保育ひろば
  • 少しでも早く転職したい人は相談してみましょう。拠点も多いので直接会うこともできます。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

関東の転職はマイナビ保育士がおすすめ

関東の転職なら「マイナビ保育士」は外せません。マイナビの知名度は大きいですし、多くの転職ノウハウに基づいたサービスが期待できます。求人、キャリアアドバイザー、サービス、口コミすべて1-2を争う質の高さです。希望しなければ電話連絡がない「マイページ会員サービス」も使い勝手が良いですね。

  • 公式:マイナビ保育士
  • 転職ノウハウがわかるので登録して損はないです。保育園の細かな情報もわかりやすいです。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

登録した方が良い転職サイトの比較

総合評価

4.70

保育士バンク

4.58

保育ひろば

4.63

マイナビ保育士
公開求人数

4.7

20,020件:非公開1万件~

4.5

9,737件:非公開不明

4.5

9,206件:非公開不明
求人地域

4.8

全国対応で地方も多い、拠点は8都道府県

4.7

全国対応で地方少なめ、拠点は34都道府県61箇所

4.3

関東+関西対象で地方なし、拠点は9都府県10箇所
コンサルの質

4.7

元保育士が多く悩みを相談しやすい

4.6

熱意があって引っ張ってくれる

4.8

ノウハウが豊富で対応がきめ細やか
サービス充実度

4.6

転職フェアが多い、非公開求人が多い

4.7

平均2週間で転職、転職フェアが多い

4.7

関東で圧倒的に強い、サポートが厚い
口コミ評価※

4.8

口コミ評価+特徴

4.0

口コミ評価+特徴

4.8

口コミ評価+特徴
公式サイトの確認
ここから登録
保育士バンク
ここから登録
保育ひろば
ここから登録
マイナビ保育士
口コミは総合評価から除外

転職初心者が気軽に使えるジョブメドレー

どうしても電話連絡が嫌な人は、「ジョブメドレー」に登録しましょう。ジョブメドレーは自分で求人を探して、自分で応募するセルフ方式です。担当は付きませんが、困ったときはヘルプのお願いも可能です。また、公開求人が2.5万件もあり、他の転職サイトだと数が少ない地方求人を探すこともできます。

  • 公式:ジョブメドレー
  • 担当制が合わない人は確実に使いましょう。転職初心者が最初に登録するのもおすすめです。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

まーさ
保育士転職サイトランキング厳選トップ10!」も参考にしてください☺️

-保育士の仕事

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.