離職率が高い保育園、低い保育園の特徴

保育士の転職

離職率が高い保育園、保育士が定着しない求人の特徴

投稿日:2019年10月27日 更新日:

この記事は約 6 分で読めます

まーさ
転職するなら、なるべく離職率が低い保育園で働きたいなぁ。どうすればいいかな?

離職率が高い保育園と離職率が低い保育園には、それぞれ特徴があるので知っておくと探しやすいですよ。
みやこさん

厚生労働省の資料によると労働者全体の離職率15%に対して保育士の離職率は10.3%、つまり保育士の離職率は平均以下なんです。そんな状況で離職率が高い保育園には、保育士が定着しない理由があります。

今後あなたが幸せに働くためにも、離職率が高い保育園と離職率が低い保育園の特徴について知っておきましょう。保育士の離職率についてはこちらの記事で解説しています。

離職率が高い保育園の特徴

離職率の高い保育園の特徴

離職率が高い保育園、保育士が定着しない保育園には次の特徴があります。

  • 残業や持ち帰り仕事が多い
  • 給料が平均よりかなり低い
  • 産休・有給など休みが取りづらい
  • 保育士などの人間関係が悪い

残業や持ち帰り仕事が多い

2017年の厚生労働省の調査によると、保育士の平均残業時間は月4時間。ただその時間は残業代が支払われた時間をカウントしただけです。保育士の実態残業時間は持ち帰り含めて月20-30時間ほどと言われているので、多くの保育園でサービス残業があるということです。

1日2時間保育園でサービス残業するくらいなら、時給1000円のアルバイトをすれば「1000円×2時間×240日=48万円」も年間収入を増やせます。保育士のサービス残業が多い理由はこちらで解説しています。

給料が平均よりかなり低い

給料が平均よりも大きく下回っている保育園は、離職率が高くなります。保育士の平均給与は326.8万円ですが、これは全体なので地域格差、年齢格差、施設形態などいろんな角度で比較してください。

男女計
年収換算 月収換算 年収換算 月収換算 年収換算 月収換算
全職種 489.9万円 40.8万円 549.4万円 45.8万円 376.2万円 31.4万円
保育士 326.8万円 27.2万円 363.7万円 30.3万円 324.7万円 27.1万円

平成28年賃金構造基本統計調査|厚生労働省

平成30年度の都道府県別の保育士の平均年収を見ると年収が高いのは東京都434万円、京都府409万円、千葉県397万円です。一方、年収が低いのは山形県312万円、宮城県315万円、茨城県315万円です。

また保育士の年齢別の平均年収を見ると、年齢が上がるほど平均年収は上がっている一方、近年の上昇率は若い方が高くなっていますね。

年齢 平成30年 平成26年 上昇率
20-24歳 291.1万円 257.3万円 113.14%
25-29歳 334.5万円 293.9万円 113.81%
30-34歳 348.3万円 306.2万円 113.75%
35-39歳 360.7万円 326.9万円 110.34%
40-44歳 377.8万円 351.8万円 107.39%
45-49歳 381.8万円 347.5万円 109.87%
50-54歳 394.6万円 365.3万円 108.02%
55-59歳 395.7万円 409.8万円 96.56%
60-64歳 356.5万円 420.5万円 84.78%
65-69歳 365.0万円 434.2万円 84.06%
70歳- 502.8万円 635.1万円 79.17%

産休・有給など休みが取りづらい

女性の職場には相手を気遣う暗黙のルールがあり、産休・育休、有給など休みの取りやすさが変わることがあります。忙しい時期はある程度考慮しないといけませんが、常に休みが取りづらい保育園だと心も体も辛くなります。

ただ、忙しさ関係なく産休・育休を取りづらい保育園は働く価値がありません。そんな保育園の離職率が高いのは当たり前です。産休・育休が取れない保育園はこちらを参考にしてうまく辞めてください。

保育士などの人間関係が悪い

保育園内で人間関係が悪いパターンはいくつかあります。どれも辛いですが、自分が標的にされて先輩や園長からパワハラを受けたり、同僚からいじめの対象になるときついですよね。

  • 保育士同士の人間関係が悪い
  • 先輩保育士との人間関係が悪い
  • 園長と保育士の人間関係が悪い
  • 保護者と保育士の人間関係が悪い
  • 保護者同士の人間関係が悪い

人間関係にはこれといった解決方法がないので、自分がいじめやパワハラの標的になった場合は今の働く環境を変えるしかないと思います。

離職率の低い保育園の特徴

離職率の低い保育園の特徴

離職率が低い保育園には、保育士が働き続けることができる良い特徴があります。

  • 配置基準以上に保育士が配置されている
  • 園長が保育士の話をよく聞いてくれる
  • 子育てをしている保育士が多い
  • 人間関係が良く保育士の助け合いが多い

配置基準以上に保育士が配置されている

保育園が保育士の配置基準を守るのは当然ですが、配置基準はあくまでも最低限の保育士の数です。そのため、配置基準がゆるい認可外保育園でも、認可保育園が守る配置基準以上に保育士を配置すれば働きやすくなります。

大切なことは単純に配置基準を守ることじゃなく、必要な保育士を適切に配置して保育しやすい環境を作ることです。

園長が保育士の話をよく聞いてくれる

認可保育園の中でも、運営がギリギリの保育園はたくさんあります。園長や施設長は保育園を守る立場なので、ときには保育士に無理を言うこともあるかもしれません。

ただ、保育士の意見を聞く園長と、そうじゃない園長は天地の差です。とくに新人保育士は園長と面と向かって話す機会がないので、働き方や仕事の印象など聞くきっかけがあるとありがたいですね。

子育てをしている保育士が多い

まだ未婚の20-30代保育士は、自分がこのまま働き続けたときの先がどうなるか見えません。将来が見えないと保育園を辞めるきっかけになりますが、子育てしながら働く保育士が多いと指針になります。

出産しても保育士として働いたり、子供の発熱でシフトを代わって助け合う姿を見ると、自分も安定して働ける将来を想像できます。もちろん産休や育休がしっかり取れることも、女性にとっては大切ですね。

人間関係が良く保育士の助け合いが多い

保育園の人間関係の良さは保育士一人ひとりにかかっています。嫌味や愚痴を言わない先輩保育士、テキパキと仕事をする素直な若手保育士がある程度揃っていないと、助け合いの姿勢が生まれません。

保育士同士の助け合いがないことで非効率的な仕事になり、残業が増えている保育園も割とあります。

まーさ
離職率が低い保育園ってどうやって探せばいいの?

離職率が低い保育園求人の探し方

離職率が低い保育園は給料・仕事・人間関係のバランスが良い

保育園の離職率は、転職サイトに聞けばわかります。ただし、一時期の離職率だけで良い求人の判断は難しいです。大切なことは給料・仕事・人間関係のバランスが良い保育園を見極めることです。

バランスが悪い保育園は、長い目で見ると保育士が定着しません。保育士が定着しないと慢性的な人手不足になり、そのうちブラック保育園になる可能性もあります。

離職率が低い保育園の探し方は人間関係が良い保育園の探し方と同じで、「園見学で雰囲気をチェック」「気になったことを転職サイトの担当者に質問&保育園の情報を集めてもらう」が大切です。

転職サイトは、転職したい地域に強いサービスを使ってください。過去に求人を出した保育園の情報はありますし、内部情報も調べられます。選び方がわからない人のために、おすすめを紹介しておきます。

おすすめの理由は、以下に書いてあるので参考にしてください。

保育士が増えている中で、保育士が定着しない保育園には何らかの理由があります。将来を考えてそんな保育園にいることはリスクでしかありません。せっかくの売り手市場の中でどう動けば幸せになれるかを考えてみてください。

保育士転職サイトランキング10選も参考にしてください☺️
まーさ

-保育士の転職

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.

初心者でも良い求人が見つかる!
おすすめ保育士転職サイト5選
おすすめ保育士転職サイト5選!