保育園で働くのはどんな人?職種と必要な資格は

保育士の仕事

保育園で働くのは保育士だけじゃない!職種と仕事内容、必要資格

投稿日:2019年12月3日 更新日:

この記事は約 5 分で読めます

まーさ
こんにちは!もうすぐ業界歴20年、保育士まーさ(@mama_ism)です。
外から見ているとわかりにくいですが、保育園には保育士の他にいろんな職種、役割の人が働いています。また保育士にも仕事の役割があり、任される仕事内容が違います。そこで今回は、保育園で働く人の職種と仕事内容を紹介します。

保育園で働く10の職種とその役割

保育園の中には主に以下の職種の人がいて、それぞれ大切な仕事・役割を担っています。

  • 保育士:一般保育士
  • 保育士:職務分野別リーダー
  • 保育士:専門リーダー
  • 副主任保育士
  • 主任保育士
  • 園長(園長候補、園長補佐、副園長)
  • 調理師
  • 栄養士
  • 保育補助
  • 保育事務

保育士:一般保育士

一般保育士の仕事は、子供の保育と保護者に対する保育の指導や相談に乗ることです。また、行事の準備や園内清掃、事務作業など、保育園の規模や体制に合わせて必要な業務や雑務の多さは変わります。

一般保育士になるには、保育士資格が必要です。保育士資格は、専門の短大、大学、専門学校などを卒業すること、また保育士試験に合格すれば取得できます。

現在は保育士が足りない保育園が多いため、30代、40代の未経験者でも、やる気があれば就職することができます。

  • 資格:保育士資格
  • 要件:未経験でも可能

保育士:職務分野別リーダー

職務分野別リーダーの仕事は、一般保育士同様、子供の保育、保護者への保育指導や相談、他雑務です。

また、保育士に「乳児保育」「幼児教育」「障害児保育」「食育・アレルギー」「保健衛生・安全対策」「保護者支援・子育て支援」の指導をする役割を担います。

職務分野別リーダーになるには、キャリアアップ研修の受講が必要です。職務分野別リーダーになると、国から保育園に対して5,000円の給料補助目的の助成金が支払われます。

  • 資格:保育士資格
  • 要件:保育士経験年数が3年以上、担当分野のキャリアアップ研修を15時間以上受ける、保育園が職務を設ける

保育士:専門リーダー

専門リーダーの仕事は、一般保育士同様、子供の保育、保護者への保育指導や相談、他雑務です。

専門リーダーは、職務分野別リーダーからステップアップした中堅保育士が保育の専門分野を指導したり、一般的な保育士をまとめる役割を担います。

専門リーダーになるには、キャリアアップ研修の受講が必要です。専門リーダーになると、国から保育園に対して4万円の給料補助目的の助成金が支払われます。

  • 資格:保育士資格
  • 要件:保育士経験年数が7年以上、担当分野のキャリアアップ研修を60時間以上受ける、保育園が職務を設ける

副主任保育士

副主任保育士の仕事は、一般保育士同様、子供の保育、保護者への保育指導や相談、他雑務です。また、主任保育士の補佐役として保育園運営に関わることもあります。

職務分野別リーダーからステップアップした中堅保育士が保育の専門分野を指導したり、一般的な保育士をまとめる役割を担います。

副主任保育士になるには、キャリアアップ研修の受講が必要です。副主任保育士になると、国から保育園に対して4万円の給料補助目的の助成金が支払われます。

  • 資格:保育士資格
  • 要件:保育士経験年数が7年以上、担当分野のキャリアアップ研修を60時間以上受ける、保育園が職務を設ける

主任保育士

主任保育士の仕事は、クラスのサポートをしたり、保護者と保育士の調整をしたり、園長の意向を保育園に周知するなどです。

また、全体の保育計画の作成、行事の企画、シフト表の作成管理、外部業者や園見学の窓口など、幅広い企画管理力と人との対応力が必要な仕事を任されています。

主任保育士は、職務分野別リーダー、専門リーダー、副主任保育士が新しく設置されたことで、より保育園運営を行う副園長の立場に近くなりました。園長との接触頻度も増えますね。

主任保育士は、これまでは公立保育園で50歳前後から、私立保育園は30-40代からなど経験年数や年齢が主な要件でした。

 全体公立私立
-29歳1.3%0.0%2.5%
30-34歳10.7%2.9%17.3%
35-39歳1.2%0.6%1.6%
40-44歳11.7%7.8%15.0%
45-49歳18.2%14.6%21.2%
50-54歳33.2%43.6%24.5%
55-59歳20.1%27.6%13.7%
60-64歳1.5%0.6%2.3%
65歳-0.5%0.2%0.8%
無回答1.6%2.1%1.2%

主任保育士の実態とあり方に関する調査研究報告 - 日本保育協会

今後は職務分野別リーダー、専門リーダー、副主任保育士経験を重視するため、キャリアアップの目標がこれまでよりも具体的になるかもしれません。

  • 資格:保育士資格
  • 要件:保育園が職務を設ける

園長(園長候補、園長補佐、副園長)

園長の仕事は、資金管理、安全管理、衛生管理、職員の募集、保護者対応など、その保育園のすべての責任を取ることです。保育園の経営方針や保育方針を決め、必要なお金の使いみちを決める仕事をします。

また、地域の子供を預かる立場として地域連携の仕事をしたり、保育園と地域をつないで保育園全体の役割を明確にする立場でもあります。

園長候補、園長補佐、副園長は、園長を補佐する約目です。昔ながらの保育園だと、70-80代の園長がシンボルマークになってることもあり、保育園の全権を園長候補、園長補佐、副園長に任せることもあります。

園長になるには、その保育園の特徴を把握しなければいけません。複数園を経営する法人の場合は、保育士経験と責任者経験が必要ですが、家族経営の保育園の場合は血縁者が園長になるため、基本的に園長にはなれないでしょう。

  • 資格:一般的には保育士資格、家族経営の保育園の場合は園長=経営者の立場
  • 要件:私立保育園の場合は10年以上の保育士経験+責任者の経験、公立保育園の場合は20年以上の保育士経験+責任者の経験+昇格試験

栄養士

保育園で働く栄養士の仕事は、給食の管理、食への関心を高める食育、また通常の保育の補助です。

近年は食物アレルギーの子が増えたため、より食事や素材の配慮が必要です。そのため、食の安全管理や食中毒の予防などの役割も担っています。

  • 資格:調理師、または栄養士の資格
  • 要件:未経験でも可能

調理師(調理補助)

調理師の仕事は、給食を作ることですが、まず栄養士と協力して毎日の献立を作る必要があります。そのうえで、子供の味覚に配慮した味付けや見た目の工夫が必要です。

また、おやつや行事のときの調理の指導なども行います。給食の先生、ランチの先生、給食さんなど保育園なりの呼び方があります。

  • 資格:一般的には調理師免許
  • 要件:未経験でも可能

保育補助

保育補助の仕事は、一般保育士のサポートをすることです。たとえば、給食やおやつの準備、遊び道具の片付け、清掃、クラスの補助、行事の準備など多岐にわたります。

保育士資格を持ってないけど保育に関わりたいという人が、パートなどで行う仕事ですね。

  • 資格:無資格でも可能
  • 要件:未経験でも可能

保育事務

保育事務の仕事は、経理、来客対応、シフト管理、行事スケジュール管理、必要書類作成などです。

保育事務は、一般的な事務職の保育園版なので、パソコンを使って仕事ができれば良いですね。保育士資格はいりません。

  • 資格:無資格でも可能
  • 要件:未経験でも可能

保育園で働く人は子供好きがマスト!

保育園で働く人は子供好きがマスト!

保育園では、紹介した人以外にも施設規模や保育方針によって、いろんな役割を持った人が働いています。子供たちを安全に保育するには、たくさんの大人が関わらないといけないんですね。

もちろん、栄養士、調理師、事務どの職種の人も、子供が好きで子供に関わる仕事をしたくて保育園に勤めています。やっぱり、保育業界に関わる人は、子供好きがマストなんです。

このように保育や子供に関係する仕事は、保育士だけじゃありません。もし気になったら、自分がどんな仕事をできるのか転職サイトで探してみてください。

転職サイトは50以上ありますが、おすすめは「保育士バンク」「保育ひろば」「マイナビ保育士」です。転職サイトは複数登録が基本です。ほとんどの転職者がこの中のどれかには登録してると思います。

保育士バンクは保育士のおすすめNo.1!

業界大手「保育士バンク」は全国に拠点があり、転職フェアも数多く開催しています。公開求人2万件+非公開求人1万件もあるため、地方転職に欠かせません。キャリアアドバイザーに元保育士が多いため、気持ちを理解してもらえる悩み相談も心強いです。「ブランクOK」「初心者歓迎」求人も多いですね。

  • 公式:保育士バンク
  • 電話・メール対応が丁寧なので安心して悩み相談できます。転職相談もできます。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

保育ひろばは業界実績も知名度もある!

すぐに転職したい人は、知名度が高く実績もある「保育ひろば」を利用しましょう。登録から転職まで平均2週間と謳うほど速さが売り。転職フェアの開催も多いです。キャリアアドバイザーの熱意が高く、真剣に短期間で転職したい人には最適な選択です。顧客満足度94.2%という評価にも現れています。

  • 公式:保育ひろば
  • 少しでも早く転職したい人は相談してみましょう。拠点も多いので直接会うこともできます。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

関東の転職はマイナビ保育士がおすすめ

関東の転職なら「マイナビ保育士」は外せません。マイナビの知名度は大きいですし、多くの転職ノウハウに基づいたサービスが期待できます。求人、キャリアアドバイザー、サービス、口コミすべて1-2を争う質の高さです。希望しなければ電話連絡がない「マイページ会員サービス」も使い勝手が良いですね。

  • 公式:マイナビ保育士
  • 転職ノウハウがわかるので登録して損はないです。保育園の細かな情報もわかりやすいです。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

登録した方が良い転職サイトの比較

総合評価

4.70

保育士バンク

4.58

保育ひろば

4.63

マイナビ保育士
公開求人数

4.7

20,020件:非公開1万件~

4.5

9,737件:非公開不明

4.5

9,206件:非公開不明
求人地域

4.8

全国対応で地方も多い、拠点は8都道府県

4.7

全国対応で地方少なめ、拠点は34都道府県61箇所

4.3

関東+関西対象で地方なし、拠点は9都府県10箇所
コンサルの質

4.7

元保育士が多く悩みを相談しやすい

4.6

熱意があって引っ張ってくれる

4.8

ノウハウが豊富で対応がきめ細やか
サービス充実度

4.6

転職フェアが多い、非公開求人が多い

4.7

平均2週間で転職、転職フェアが多い

4.7

関東で圧倒的に強い、サポートが厚い
口コミ評価※

4.8

口コミ評価+特徴

4.0

口コミ評価+特徴

4.8

口コミ評価+特徴
公式サイトの確認
ここから登録
保育士バンク
ここから登録
保育ひろば
ここから登録
マイナビ保育士
口コミは総合評価から除外

転職初心者が気軽に使えるジョブメドレー

どうしても電話連絡が嫌な人は、「ジョブメドレー」に登録しましょう。ジョブメドレーは自分で求人を探して、自分で応募するセルフ方式です。担当は付きませんが、困ったときはヘルプのお願いも可能です。また、公開求人が2.5万件もあり、他の転職サイトだと数が少ない地方求人を探すこともできます。

  • 公式:ジョブメドレー
  • 担当制が合わない人は確実に使いましょう。転職初心者が最初に登録するのもおすすめです。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

まーさ
保育士転職サイトランキング厳選トップ10!」も参考にしてください☺️

-保育士の仕事

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.