保育士が勤務時間を交渉するための基本事項

保育士の転職

保育士が育休中・育休明けに転職するメリットデメリット

投稿日:2019年11月23日 更新日:

この記事は約 7 分で読めます

まーさ
育休中に転職ってしてもいいのかな……?さすがにまずいよね?

印象は良くないですが、絶対にしてはダメってことはないですよ。
みやこさん

育休は職場復帰前提で取得するものです。ただ、育休中に退職しなければいけなくなったり、急に転職をしたくなったり……という保育士はいると思います。

保育士に限らず育休中に転職したり、転職活動をすることは可能です。倫理には反しますが、法律違反ではないです。前提として以下の理由があれば、育休後に復帰しなくても問題ありません。

  • 復帰してみたけど育児が忙しく、仕事ができない
  • 復帰した保育園の雰囲気が悪く、働きづらい
  • 出産後に体調を崩して、復帰できる状態じゃない

つまり、仕方がない理由があるときですね。まぁこれは主観なので、自分で判断してください。

もちろん育休中の転職や転職活動には注意点があるので、「育休中に転職すれば時間もあるし、育児休業給付金ももらえるし、一石二鳥じゃん!」と軽くは考えないでください。

育休中の転職や転職活動を考えている人は、必ずこの記事を読んでメリット・デメリットを押さえてから行動するようにしましょう。

※保育士の転職活動は無料で任せるのが当たり前

「転職する時間がない……。やり方がわからないしお金もない……。」と悩む人は、保育士バンクに相談しましょう。求人紹介~転職まで導いてくれて、どれだけ頼っても無料です。しかも担当者は元保育士が多いので相談しやすいですよ。もちろん転職相談だけでもOKです。
>> 無料で保育士バンクを使う

保育士が育休中の転職や転職活動を考える理由

保育士が育休中の転職や転職活動を考える理由

まーさ
わたしは育休中に転職なんてしないよ。保育園にも、同僚にも悪い気がするし……。

きっと多くの人がこんな風に考えると思いますが、いざ育児を始めたり、保育園を休んでみると以下のようにいろいろわかることがあるんですよねぇ……。

  • 今の保育園だと育児と保育士の両立が難しいと感じたから
  • 保育園の雰囲気が悪く働きづらいと感じたから
  • 家庭環境が変わって計画が崩れたから

今の保育園だと育児と保育士の両立が難しいと感じたから

子育ては体験しないと大変さがわかりません。授乳は2-3時間おき、産後2-3か月から赤ちゃんの夜泣きが始まると、半年以上まともに眠れない人もいます。

育児と保育士の両立が難しいと感じると、「もっと時間の融通が利く楽な仕事にしたい」と転職を考える人が出てきます。

ただし、保育士は仕事と育児の両立がしやすい仕事です。同じように正社員で働く場合、他の仕事は保育士よりも融通が効きにくいことを知っておいた方が良いと思います。

保育園の雰囲気が悪く働きづらいと感じたから

働いていた保育園が人手不足でサービス残業続き、園長は保育士の補充もせず見て見ぬふり。育休も嫌味を言われながら無理やり取ったなんて人は、もう保育園に戻りたくないでしょう。

こんな労働基準法違反・モラル違反の保育園に戻るくらいなら、転職を考えても仕方がないと思います。

家庭環境が変わって計画が崩れたから

保育園復帰後に子供をお願いする予定だった親の都合が悪くなった、夫の仕事の関係で引っ越しすることになったなど家庭環境が変わると復帰の計画も崩れます

そうなると、今までの保育園で保育士として同じように働くことができなくなるかもしれません。

まーさ
個人の事情があるから、育休中に転職をしたい人がいても仕方ないってことね。

保育士が育休中に転職・転職活動することのデメリット

保育士が育休中に転職・転職活動することのデメリット

まーさ
育休中ならそれなりに時間あるし、働きながらより転職活動しやすいよね。育休中の転職ってデメリットある?

もちろん育休の転職にはデメリットがあるので、軽く考えない方が良いですよ。
みやこさん

  • 印象が悪いため同僚や保育園から嫌われる
  • 育児休業給付金は退職日の前月分まで
  • 保育士を辞めると子供の入園が難しくなる
  • 面接官に悪い印象を与えることもある
  • いつ体調を崩してしまうかわからない

印象が悪いため同僚や保育園から嫌われる

育休は職場復帰前提で取得するものです。保育園や同僚の先生も育休中のフォローをしてくれています。そのため、育休中に保育園を辞めると印象は悪いです。

保育園からはどう思われても良いんですが、仲が良い同僚、協力してくれた先生を裏切るのは心が痛いですね。そのため、同僚には先に話した方が良いです。それでも嫌われる可能性もありますが……。

育児休業給付金は退職日の前月分まで

育休中にもらえる育児休業給付金は、退職した日の前月分までしかもらえません。そのため、焦って早めに退職届を出すと損するので気をつけましょう。

すでに受給した育児休業給付金を返す必要はないので安心してください。育児休業給付金については、以下を参考にしてください。

保育士を辞めると子供の入園が難しくなる

保育士は優先的に子供を保育園に入園させることができますが、保育園を辞めるとアドバンテージがなくなります。また自治体によっては、安定収入がないと点数がプラスされないこともあります。

さらに保育園の入所申請中は、復職しない(前の保育園を辞める)と再申請になります。育休後は職場復帰が、子供の在園条件の自治体もあるので注意が必要です。

面接官に悪い印象を与えることもある

育休中に転職の面接を受ける人は、面接官に嘘をつかずに現状を説明しないといけません。それなりの理由があれば納得してくれますが、以下の理由が明確に示せないと印象は悪くなります。

  • 今の保育園だと育児と保育士の両立が難しいと感じたから
  • 保育園の雰囲気が悪く働きづらいと感じたから
  • 家庭環境が変わって計画が崩れたから

また、生まれたばかりの赤ちゃんの育児と保育士を両立できるのかも気になるところ。面接官には、自信を持って育児との両立が可能なことをアピールしてください。

いつ体調を崩してしまうかわからない

もし子供が1歳になるまで育休を取ったとしても、「1年も時間がある!余裕じゃん!」なんて考えないでください。子育てってほんとに大変ですよ。

寝不足になりますし、ストレスは溜まりますし、妊娠中の腰痛や肩こりなどのツケも残ってます。赤ちゃんにもつきっきりなので、余裕を持って転職活動ができると思わない方が良いです。

まーさ
なるほどね。育休だから時間もあるし……って考えてたけど、どうするか真剣に考えないとね。

育休中に転職・転職活動をするためのポイント

育休中に転職・転職活動をするためのポイント

まーさ
もし育休中に転職活動するなら、どんなことに気をつければいいのかな?
  • まずは複数の保育士転職サイトに登録する
  • 子供を預けられる手段をいくつか持つ
  • 子供の入園申請は早めにしておく
  • 退職届を出すのは転職先が決まってから

まずは複数の保育士転職サイトに登録する

育休中の転職を決めた人も、迷ってる人も、とりあえず求人情報は集めましょう。たくさんの求人票を情報を集めるために、複数の保育士転職サイトに登録してください

ただ、育児と同時なので自分のペースで転職活動したいですよね。なので、初めに登録する保育士転職サイトは電話がかかってこない+LINEでやり取りできる「ジョブメドレー保育士」が良いと思います。

ジョブメドレー保育士はあくまでもサブで使う転職サイトですが、電話連絡がないので求人を見るための登録には良いと思います。

子供を預けられる手段をいくつか持つ

子供を連れて転職活動はできません。そのため、子供を預けられる手段をいくつか持っておきましょう

まず旦那さんや両親など家族に協力をお願いしてください。それから病児保育ファミサポ一時保育子供ショートステイトワイライトステイの利用方法も押さえておきましょう。

子供の入園申請は早めにしておく

育休明けに働く意思があるなら、子供の保活は早めに始めてください。ただし、職場復帰が子供の在園条件の自治体も多いです。

転職して保育士の仕事を再開すれば優先的に子供を預かってもらえますが、そのあたりの調整は自治体に確認が必要です。自治体の窓口に以下の質問をして、確認してください。

まーさ
育休明けの復職前に転職をしたらどうなりますか?
復職後に転職する場合に注意することはありますか?

退職届を出すのは転職先が決まってから

退職届を保育園に出すのは、転職先が決まってからにしてください。早まって退職届を出すと、育児休業給付金が受け取れなくなります

また万が一転職活動がうまくいかず元の保育園に戻りたくなっても、退職届を出すと戻れません。転職先との兼ね合いがあるなら、せめて面接で良い感触があってからでも遅くないです。

まーさ
んーー、やっぱり育休中に転職するのって不安かも……。

そうですね。もし時間や心に余裕があるなら、育休中は転職の準備だけ進めておけば良いと思います。
みやこさん

まーさ
どういうこと?

無理なく転職するなら育休明けがおすすめ

無理なく転職するなら育休明けがおすすめ

育休中は転職活動の準備だけをして、保育園に復帰して少ししてから本格的な転職活動をする方法もありますよ
みやこさん

育休中の転職にデメリットが大きいと感じたら、育休中は転職活動の準備だけして、育休明けに本格的に転職をする方法もあります。わたしのおすすめはそっちです。

育休明けなら同僚にはある程度説明できますし、育児が大変という言い訳もできます。保育園にも最低限の配慮ができるので、復帰後の転職は割とアリだと思います。

どちらにしろ早めに求人情報を集めた方が良いので、産休に入ったら転職サイトに登録してください。

転職サイトに事情を説明すれば、状況を考慮して求人情報を集めてくれるので、焦って転職活動をする必要はないですよ。
みやこさん

転職サイトは、充実したWEB面接や転職フェアなどサポートの質が高い保育士バンクがおすすめです。担当者に元保育士が多いので相談しやすいですし、非公開求人も多くて使いやすいです。

わたしは他にもマイナビ保育士、ジョブメドレー保育士、保育ひろばを使っていました。それぞれ特徴があるので、使い分けることをおすすめします。

\ すべて無料で使える!登録・退会もたった1分 /

以下で特徴をまとめました。転職を視野に入れている人、今の保育園に不満を持っている人は、後悔しないために1度しっかり読んで欲しい内容です。

転職サイトに登録したら、後は元気な赤ちゃんを生むことに集中しましょう。育児は経験しないとわからないことだらけなので、まずは赤ちゃんとママの健康が1番大切です。

今回は保育士の育休中・育休明けの転職のお話をしましたが、同じような考え方で育休明けに退職を考える人もいると思います(育休中の退職はもったいない)。

保育園を辞める場合も同じようなメリットデメリットがありますが、どちらにしても自己責任ということをお忘れなく。

転職サイト・転職エージェントのランキングを知りたい人は「保育士転職サイト比較ランキング」を参考にしてください。
みやこさん

-保育士の転職

Copyright© ほいくのキャリア , 2021 All Rights Reserved.

確実に良い求人が見つかる!
おすすめ保育士転職サイト4選
おすすめ保育士転職サイト4選!