保育士求人票のアットホームは信用できる?

保育士の転職

保育士求人票のアットホームの意味は?良い保育園は見分けられる?

投稿日:2019年11月20日 更新日:

この記事は約 4 分で読めます

まーさ
こんにちは!保育歴20年の保育士まーさ(@mama_ism)です。
求人票に「アットホーム」と書かれていたら地雷!なんて言いますが、保育士求人はアットホームが多いです。もちろん、ぜんぶ地雷求人じゃありません。なぜ保育士の求人票でアットホームが使われるのか、また、良い職場を見分ける方法についてお話します。

保育園の求人にはアットホームがやたら多い

保育園の求人にはアットホームがやたら多い

求人票に使うアットホームの意味

アットホーム(at home)とは、「在宅して、気楽に、くつろいで、慣れて」などの意味があるので、求人票に書くときは「自宅のようにくつろげる職場」という意味があります。

さらに、意味が転じて「スタッフ同士の仲が良い」「上下関係が厳しくない社風」など良い意味で使います。「ほんとにぃー?」と思うかもしれませんが、求人票には嘘を書いちゃダメなんです!

……ただし、アットホームは人によって受け取り方が変わる言葉なので、求人募集を出す保育園が、「うちはアットホームです!」と言えば嘘にならないんです。

保育園のアットホームは本当?

まーさ
保育園の求人って、やたらアットホームが多いんだけど……。それってもしかして嘘なの?

保育園の求人に書いてあるアットホームは、比較的ほんとのことが多いです。というのも、保育園は他の求人に比べてアットホームという言葉を使いやすいからです。

  1. 子供がいる職場なので、家庭感を出しやすいから
  2. 子供だけじゃなく家庭を相手にする仕事だから

と言われれば、保育園はアットホームな職場になるでしょう。保育士転職サイト内で「アットホーム」と検索すると、アットホームを含むたくさんの求人がヒットします。

とくに小規模保育園は預かる子供の数が少なく、保育士の数も少ないので(配置基準は多い)人間関係は良好です。また、園舎自体も小規模なのでアットホームの表現が妥当に感じます。

ただし、他に特徴がないから「とりあえずアットホームと書いておくか。」という場合もあります。そのため、保育園求人にアットホームが使われていても、保育園の良し悪しは判断できないんです。

アットホームな良い保育園求人の見分け方

アットホームな良い保育園求人の見分け方

まーさ
転職のときは、どうやって良い意味のアットホームな保育園を見分けたら良いの?

結論を言うと、求人票だけで良い意味のアットホームな職場は見抜けません……。そこで以下の点に注意して転職活動をしましょう。

  • アットホーム以外の特徴を探す
  • なるべく園見学に行って様子を見る
  • わからない点は面接で質問してみる
  • キャリアアドバイザーに確認する

アットホーム以外の特徴を探す

求人票にアットホームと書かれていても、基本的には無視し他の良い特徴を探してください。求人を選ぶ要素でアットホームを意識しちゃダメです。

まずは、保育士の待遇が良い職場、働きやすそうな職場をいくつかピックアップしましょう。

なるべく園見学に行って様子を見る

気になった保育園求人があったら、面接を受ける前に園見学に行きましょう。失敗しない園見学のやり方は、以下を参考にしてください。

保育士が自分に合った保育園に転職できるかどうかは、以下のポイントを押さえることが大切です。

  • 求人票を徹底的に調査する
  • 園見学で細かい点を観察する
  • 面接の雰囲気と逆質問で確認する

園見学はプレ面接のようなものなので、保育園の情報を仕入れて面接対策ができます。園見学で見た保育士の雰囲気、保育の様子から良い意味のアットホーム感があるか確認してください。

わからない点は面接で質問してみる

園見学でわからないことがあれば、面接で質問をしましょう。たとえば、逆質問で「先日の園見学で、御園は○○と感じたのですが、どのようなことに取り組まれていらっしゃるのでしょうか。」など。

うまく質問をすれば、保育園の雰囲気がよりわかりやすくなります。

キャリアアドバイザーに確認する

転職サイトのキャリアアドバイザーは、保育園の雰囲気を見ることも仕事です。そのため、アドバイザーに保育園の人間関係などについて率直な印象を聞いてください。

もしわからないようなら、保育園の情報を集めてもらうようにお願いしましょう。

保育園の雰囲気はキャリアアドバイザーに聞く

保育園の雰囲気はキャリアアドバイザーに聞く

アットホームは主観が混じった曖昧な言葉です。そのため、アットホームに良い・悪いの感情を持たないようにしましょう。

とくに人間関係が良い保育園はアットホームを使いたがりますが、それは今の人間関係が良いだけで、あなたが入ったときに違和感を感じるかもしれませんし、合わないかもしれません。

園見学や面接で見える部分はありますが、ほんとの部分は関わらないとわかりません。まずは待遇などで求人を選び、園見学で雰囲気をつかみ、保育園の情報はキャリアアドバイザーから集めてください。

転職サイトは50以上ありますが、おすすめは「保育士バンク」「保育ひろば」「マイナビ保育士」です。転職サイトは複数登録が基本です。ほとんどの転職者がこの中のどれかには登録してると思います。

3つとも登録した方が良いですが、それぞれ特徴が違うため当てはまるものに登録しましょう。スマホからの登録も簡単ですよ。

保育士バンク、マイナビ保育士、保育ひろば

保育士バンクは保育士のおすすめNo.1!

業界最大手「保育士バンク」は押さえた方が良いです。公開求人2万件+非公開求人1万件を保有しているため、地方転職には欠かせません。全国に拠点があり、転職フェアも多数開催しています。

キャリアアドバイザーに元保育士が多いため、保育現場を理解した悩み相談ののってもらえます。また、「ブランクOK」「初心者歓迎」の求人が多いのも特徴です。

保育士バンク
公式サイトはこちら
保育士バンク
口コミと詳細

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

保育ひろばは業界実績も知名度もある!

短期間ですぐ転職したい!という人は「保育ひろば」を利用しましょう。キャリアアドバイザーの熱意が高く、登録から転職まで平均2週間という転職の速さが売りです。

保育ひろばは知名度も高く、頻繁に転職フェアを開催しているので安心して転職サポートを任せられます。お客様満足度94.2%というのもポイントですね。

保育ひろば
公式サイトはこちら
保育ひろば
口コミと詳細

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

関東の転職はマイナビ保育士がおすすめ

関東の転職なら「マイナビ保育士」は外せません。マイナビの知名度は大きいですし、多くの転職ノウハウに基づいたサービスが期待できます。

求人、キャリアアドバイザー、サービス、口コミすべて1-2を争う質の高さです。希望しなければ電話連絡がない「マイページ会員サービス」に使いたい人もいるでしょう。

マイナビ保育士
公式サイトはこちら
マイナビ保育士
口コミと詳細

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。


登録した方が良い転職サイトの比較

総合評価

4.70

保育士バンク

4.58

保育ひろば

4.63

マイナビ保育士
公開求人数

4.7

20,020件:非公開1万件~

4.5

9,737件:非公開不明

4.5

9,206件:非公開不明
求人地域

4.8

全国対応で地方も多い、拠点は8都道府県

4.7

全国対応で地方少なめ、拠点は34都道府県61箇所

4.3

関東+関西対象で地方なし、拠点は9都府県10箇所
コンサルの質

4.7

元保育士が多く悩みを相談しやすい

4.6

熱意があって引っ張ってくれる

4.8

ノウハウが豊富で対応がきめ細やか
サービス充実度

4.6

転職フェアが多い、非公開求人が多い

4.7

平均2週間で転職、転職フェアが多い

4.7

関東で圧倒的に強い、サポートが厚い
口コミ評価※

4.8

口コミ評価+特徴

4.0

口コミ評価+特徴

4.8

口コミ評価+特徴
公式サイトの確認
ここから登録
保育士バンク
ここから登録
保育ひろば
ここから登録
マイナビ保育士
口コミは総合評価から除外

転職初心者が気軽に使えるジョブメドレー

どうしても電話連絡が嫌な人は、「ジョブメドレー」に登録しましょう。公開求人が2.5万件もあり、他の転職サイトだと数が少ない地方求人も見つかります。

またジョブメドレーは自分で求人を探して、自分で応募するセルフ方式です。担当は付きませんが、困ったときはヘルプのお願いも可能です。

ジョブメドレー保育士
公式サイトはこちら
ジョブメドレー保育士
口コミと詳細

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

まーさ
保育士転職サイトランキング厳選トップ10!」も参考にしてください☺️

-保育士の転職

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.