保育士の給料を上げる2つの方法

保育士のお悩み

保育士の給料が安い!と嘆く人に教える給料を上げる2つの方法

投稿日:2019年11月8日 更新日:

この記事は約 6 分で読めます

保育士の給料を上げる2つの方法

まーさ
こんにちは!保育士のまーさです。
「あー給料上がんないー。どうしたら給料上がるんだろ……。」という人は、保育士としてのライフプランをちゃんと作ってるでしょうか。保育士の給料が安いのは、税金が投入されて準公務員化してるためです。これは仕方がないことです。でも、保育士の給料を上げる方法は2つあります。その方法を説明しますね。

保育士が給料を上げる方法は2つあります。それは、

  • 制度を活用して給料を上げる
  • 転職を活用して給料を上げる

という方法です。この2つを実行するには、ただ一生懸命保育をがんばるだけじゃなく、保育士としてキャリアアップすることを考えないといけません。

「あー、今より5万円ほどベースアップしないかなー。」という待ちの姿勢じゃなく、保育士としてライフプランを描かないといけないんです。今日はそんなお話。

ちなみに、収入を増やす方法だともう1つ増えます。それは副業をすることですね。副業については以下で話してるので、参考にしてください。

11月の大切なお知らせ

11-12月は求人情報がたくさん出ます。年度末退職の保育士は決まってるので、保育園はどんどん募集を開始します。条件が良い求人は非公開が多く、すぐなくなるので早めに行動です!まずは、以下の「ジョブメドレー」と「マイナビ保育士」をクリックして、登録を済ませましょう。

  • ジョブメドレー
    関東圏も地方も求人が充実!コンサルから電話連絡がないのでおすすめ!
  • マイナビ保育士
    転職支援の知名度は抜群で、サポートも手厚い!関東圏の転職なら絶対!

まず保育士の給料は安い!という現実を受け止める

まーさ
「保育士の給料は安い!」という人は、いくらなら満足しますか?プラス5万円ですか?それともプラス10万円ですか?

まずは今の保育士の給料が安いという前提で、dodaが行った正社員約36万人の平均年収をまとめたデータを見てください。

年齢 平均年収
全体 男性 女性
20歳 268万円 291万円 250万円
21歳 272万円 294万円 253万円
22歳 277万円 290万円 265万円
23歳 292万円 306万円 279万円
24歳 320万円 335万円 304万円
25歳 344万円 360万円 325万円
26歳 363万円 380万円 338万円
27歳 377万円 398万円 347万円
28歳 390万円 412万円 354万円
29歳 404万円 426万円 365万円
30歳 414万円 439万円 367万円
31歳 429万円 457万円 375万円
32歳 439万円 467万円 382万円
33歳 451万円 483万円 387万円
34歳 459万円 497万円 381万円
35歳 465万円 502万円 387万円
36歳 474万円 512万円 392万円
37歳 481万円 525万円 390万円
38歳 489万円 535万円 394万円
39歳 494万円 540万円 399万円
40歳 505万円 555万円 402万円
41歳 507万円 555万円 408万円
42歳 521万円 576万円 410万円
43歳 517万円 572万円 409万円
44歳 524万円 584万円 408万円
45歳 526万円 584万円 409万円
46歳 540万円 595万円 423万円
47歳 551万円 604万円 432万円
48歳 564万円 621万円 431万円
49歳 573万円 633万円 427万円

平均年収ランキング 最新版(年齢別の平均年収)|転職ならdoda(デューダ)

おそらく、私立保育園で働く保育士は、30代で50万円、40代で70-80万円ほど平均年収と差があるんじゃないかと思います。つまり、30代で月間4万円、40代で6万円ほど給料が低いということです。

今の保育士の仕事の仕方で、平均年収以上のお金が欲しいというのは無謀じゃありません。ただ、自分が今後どのようになりたいか、将来の計画が必要です。

ひとまず、あなたは給料がいくらなら満足できるか考えましたか?じゃあ本題に入りますね。

制度を活用して給料を上げる方法

制度を活用して給料を上げる方法とは、「保育士キャリアアップ研修」を活用することです。詳しくは以下にまとめてあるので、簡単に説明します。

キャリアアップ研修を受けて、「副主任保育士」または「専門リーダー」になれば最大4万円、「職務分野別リーダー」になれば最大5000円のベースアップが期待できます。

副主任保育士や専門リーダーになるには保育士経験7年、職務分野別リーダーになるには保育士経験3年が必要です。つまり、30代ならほとんどの保育士に役職がつく可能性があるんです。

ただし、キャリアアップ研修には、副主任保育士と専門リーダーが60時間、職務分野別リーダーが15時間かかります。そして、保育園からその職を任されなければいけません。

たとえば、短大卒で保育園で働き始めた新人保育士が、この保育士キャリアアップ研修を活かして保育士としてステップアップすれば、最短23歳で職務分野別リーダーになれます。

最大5000円のベースアップはそれほど多く感じないかもしれませんが、年収だと6万円増えます。

さらに、最短27歳で専門リーダーになれます。その場合、最大4万円のベースアップ。年収では48万円も増えます。つまり、20代で他の保育士より年収が50万円上になるかもしれないんです。

まぁ、実際は現場での職務経験が必要なので、最短で30前後だとは思いますが、それでもがんばったら4万円のベースアップが期待できるなら、見据えて活用しないといけないですよね。

転職を活用して給料を上げる方法

転職を活用して給料を上げる方法とは、役職のキャリアアップを目的にした転職をすることです。

結婚、妊娠、出産、育児など、女性は仕事と生活を天秤にかけるタイミングが何回もあります。そしてその度に、なんとなく辞めてしまう人が多いんです。これはモロわたしのこと。

実は4度目に退職したとき、主任候補としてのお誘いがあったんですが、出産+夫の仕事の関係で引っ越したので休職をしました。

もしそこで、復帰の日取りを含めた話し合いをしていれば、今ごろ支援センター職員じゃなく、主任保育士をしてたのかもしれません。

このように、経験を積んだ保育士は割と必要とされるので、十分に給料を上げる交渉の余地はあります。転職することで自分の価値を高めれば、キャリアアップとともに給料も上がります。

保育園と交渉しやすい材料として、キャリアアップ研修をあわせて活用できるとなお良いと思います。

職務分野別リーダー→専門リーダー→副主任保育士→主任保育士というわかりやすいステップがあるので、転職で以前よりもキャリアアップ交渉がしやすくなってると思います。

保育士としてのライフプランを描こう!

まーさ
じゃあ、とりあえずキャリアアップ研修を受ければ良いのかなぁ。で、転職するときに交渉すれば良いんだよねぇ。

このような漠然とした考えだと、キャリアアップはできないと思います。

保育士としてのライフプランを描いて、ある程度キャリアアップの目標を決め、先に保育園にキャリアアップ研修を受けたいと話しておく必要があります。

25歳|職務分野別リーダー
30歳|専門リーダー
35歳|副主任保育士
40歳|主任保育士
など

ちなみに、私立保育園の主任保育士の平均勤続年数は20年、平均年収は476万円です。この年収は、正社員の40歳女性の平均年収402万円よりも圧倒的に高い年収です。

つまり、一般的な主任保育士になれれば、かなり良い給料をもらってると言えるんです。今の保育園の現場は、ガツガツとキャリアアップしたい人はほとんどいません。

必要以上にガツガツした姿を見せる必要はないですが、常に学んで成長する姿を見せて、保育園には「将来的にみんなを引っ張るリーダーを目指している。」と伝えておけば、良いアピールになるでしょう。

もし、今の保育園でキャリアアップができないなら、他の保育園に転職する際に、キャリアアップの交渉をすればよいわけです。

そのため、常に自分が行きたい保育園の候補は、転職サイトで探しておいた方が良いと思います。

転職初心者はまずジョブメドレーが安心

転職サイトは、いくつか登録した方が良い条件で転職できますが、最初は登録も不安。なので、わたしが最初におすすめするのは、「ジョブメドレー」です。

なぜなら、希望しなければ電話がかかってこないから!けっこう電話が嫌な人って多いです。わたしもあんまり好きじゃありません。必要な場合は、こっちから連絡取ればOKです。

\転職サイトは無料で転職できる最強ツール!/

登録無料でお祝い金ももらえる!保育士の転職ならジョブメドレー

キャリアサポートが無料対応!
転職が成功するとお祝い金!
関東圏も地方も求人が充実!

ジョブメドレーは全国展開してるので、近所の求人傾向を知るにも便利です。慣れたら、他も試してみればOKです。あなたは、今の保育園の待遇にいつまで耐えるつもりですか?

まーさ
以下からお気軽に、TwitterやFacebookでシェアしてもらえるとうれしいです☺️

-保育士のお悩み

Copyright© ほいくのキャリア , 2019 All Rights Reserved.