退職の挨拶は保育士の最後の仕事です!

保育士のお悩み

給料が安い!と嘆く保育士が具体的に給料を上げる3つの方法

投稿日:2019年11月8日 更新日:

この記事は約 7 分で読めます

まーさ
こんにちは!保育歴20年の保育士まーさ(@mama_ism)です。
「あー給料上がんないー。どうしたら給料上がるんだろ……。」という人は、保育士のキャリアをイメージしていますか。給料が安いと嘆いていても給料は上がりません。保育士として働いて給料を上げたいなら、今後のキャリアの作り方をちゃんと考えてみましょう。

具体的に給料を上げるには、「あー、今より2-3万円ほどベースアップしないかなー。」という待ちの姿勢じゃなく、自らキャリアプランを描かないといけません。今日はそんなお話。

ちなみに保育士の給料じゃなく、収入を増やす方法だともう1つあります。それは副業をすることですね。副業については以下で話してるので参考にしてください。

まず保育士の給料は安い!という現実を受け止める

まず保育士の給料は安い!という現実を受け止める

「保育士の給料は安い!」という人は、いくらなら満足しますか?月給でプラス5万円ですか?それともプラス10万円ですか?

まずは今の保育士の給料が安いという前提で、dodaが行ったすべての業種の正社員約36万人の平均年収をまとめたデータを見てください。

年齢 平均年収
全体の平均年収 男性の平均年収 女性の平均年収
20歳 268万円 291万円 250万円
21歳 272万円 294万円 253万円
22歳 277万円 290万円 265万円
23歳 292万円 306万円 279万円
24歳 320万円 335万円 304万円
25歳 344万円 360万円 325万円
26歳 363万円 380万円 338万円
27歳 377万円 398万円 347万円
28歳 390万円 412万円 354万円
29歳 404万円 426万円 365万円
30歳 414万円 439万円 367万円
31歳 429万円 457万円 375万円
32歳 439万円 467万円 382万円
33歳 451万円 483万円 387万円
34歳 459万円 497万円 381万円
35歳 465万円 502万円 387万円
36歳 474万円 512万円 392万円
37歳 481万円 525万円 390万円
38歳 489万円 535万円 394万円
39歳 494万円 540万円 399万円
40歳 505万円 555万円 402万円
41歳 507万円 555万円 408万円
42歳 521万円 576万円 410万円
43歳 517万円 572万円 409万円
44歳 524万円 584万円 408万円
45歳 526万円 584万円 409万円
46歳 540万円 595万円 423万円
47歳 551万円 604万円 432万円
48歳 564万円 621万円 431万円
49歳 573万円 633万円 427万円

平均年収ランキング 最新版(年齢別の平均年収)|転職ならdoda(デューダ)

私立保育園で働く保育士は、女性労働者の平均年収と30代で50万円、40代で70-80万円ほど差があるんじゃないかと思います。30代で月間3-4万円、40代で5-6万円ほど平均月給が低いということです。

保育士でも同年代の女性労働者の平均年収以上のお金が欲しいというのは無謀じゃありません。ただ自分が今後どうなりたいか、将来の計画が必要です。

ひとまず、あなたは給料がいくらなら満足できるか考えましたか?じゃあ本題に入りますね。

保育士が給料を上げる具体的な3つの方法

保育士が給料を上げる3つの方法

  • キャリアアップして給料を上げる
  • 転職をして給料を上げる
  • 転職時に役職待遇で給料を上げる

キャリアアップして給料を上げる

保育士が給料を上げる1つ目の方法は、キャリアアップをすることです。具体的には、「保育士キャリアアップ研修」を受けることです。キャリアアップ研修の詳細は以下にまとめたので簡単に説明します。

キャリアアップ研修を受けて、「副主任保育士」または「専門リーダー」になれば最大4万円、「職務分野別リーダー」になれば最大5000円のベースアップが期待できます。

副主任保育士や専門リーダーになるには保育士経験7年、職務分野別リーダーになるには保育士経験3年が必要です。つまり、30代ならほとんどの保育士に役職がつく可能性があります。

たとえば、短大卒の新人保育士がキャリアアップすれば、最短23歳で職務分野別リーダーになれます。最大5000円のベースアップはそれほど多く感じないかもしれませんが、年収だと6万円増えます

さらに、最短27歳で専門リーダーになれます。その場合は最大4万円のベースアップで、年収だと48万円も増えます。20代で他の保育士より年収が50万円も上になるかもしれないんです。

まぁ、実際は現場での職務経験が必要なので、最短で30歳前後だとは思いますが、それでもがんばれば4万円のベースアップが期待できるなら、見据えた方が良いですよね。

転職をして給料を上げる

保育士が給料を上げる2つ目の方法は、単純に今よりも給料が高い保育園に転職することです。

「あー、今より2-3万円ほどベースアップしないかなー。」という待ちの姿勢の人ほど、今勤めている保育園以外の保育園の状況を知りませんし、調べてもいません。

たとえば以下は、平成29年度と平成30年度の保育士の平均年収を都道府県別に比較したものです。トップ5だけ抜き出していますが、保育士の年収は全体的に上がっていることがわかります。

順位 都道府県 平成30年度 都道府県 平成29年度
1位 東京都 434.1万円 京都府 401万円
2位 京都府 409.8万円 東京都 394万円
3位 千葉県 397.2万円 愛知県 372万円
4位 神奈川県 384.3万円 岡山県 363万円
5位 岡山県 384.3万円 滋賀県 359万円

統計データを探す | 政府統計の総合窓口:賃金構造基本統計調査

保育士の年収は国の施策によって、平成25年から平均10%以上の処遇改善が行われています。さらに、保育士不足の保育園は独自で保育士の給料を上げています。

給料が上がらない理由は、働いている保育園が保育士の給料を積極的に上げない保育園だからです。「なんでわたしの給料は上がらないの?」という人は、一度近所の求人を調べてみてください。

あなたがもらっている給料よりも割がよい保育園がたくさん見つかると思います。

転職時に役職待遇で給料を上げる

保育士が給料を上げる3つ目の方法は、役職のキャリアアップを目的にした転職をすることです。

あなたが今の保育園でキャリアアップしたくても、役職の椅子が埋まっているかもしれません。「最低10年は主任になれない……。」と思ったら、キャリアアップできそうな保育園に転職しましょう。

主任保育士、主任候補求人はたくさんあるので、探してみてください。主任候補だと今すぐ給料が上がるわけではありませんが、キャリアアップさえできれば確実に給料は上がります。

しかも、キャリアアップを見据えた転職は、その保育園に長く勤めるアピールになります。そのため、転職面接でキャリアップしたいことを伝えて、キャリアアップ人材として採用してもらいましょう。

もちろん主任ではなくても、職務分野別リーダー→専門リーダー→副主任保育士→主任保育士というわかりやすいステップがあるので、以前よりも転職でキャリアアップ交渉がしやすくなっています。

保育士としてのキャリアプランを描こう!

保育士としてのキャリアプランを描こう!

まーさ
じゃあ、とりあえずキャリアアップ研修を受ければ良いの?で、今より給料が高い転職先を見つけて、キャリアアップの交渉すれば良いんだよね?

キャリアアップする年齢の目標を決める

概ねその通りですが、漠然とした考えだとキャリアアップはできません。ある程度キャリアアップの目標年齢を決め、保育園にキャリアアップ研修を受けたいと話しておく必要があります。

25歳|職務分野別リーダー
30歳|専門リーダー
35歳|副主任保育士
40歳|主任保育士
など

キャリアアップしたときの年収を知る

ちなみに、私立保育園の主任保育士の平均勤続年数は20年、平均年収は476万円です。この年収は、正社員の40歳女性の平均年収402万円よりも圧倒的に高い年収です。

つまり、一般的な主任保育士になれれば、かなり良い給料をもらってると言えます。今の保育現場では、ガツガツとキャリアアップを目指す保育士はあまりいません。

必要以上にガツガツした姿を見せる必要はないですが、常に学んで成長する姿を見せて、保育園には「みんなを引っ張るリーダーを目指している。」と伝えておけば、良いアピールになるでしょう。

キャリアアップが可能なのかを考える

先程話した通り、もし今の保育園でキャリアアップが難しい場合は、他の保育園に転職をする際にキャリアアップの交渉をすれば良いわけです。

そのため、常に自分が行きたい保育園の候補は、転職サイトで探しておいた方が良いと思います。

保育士が具体的に転職する方法は?

保育士が具体的に転職する方法は?

もしあなたが給料を上げたいと思ったら、今の保育園でキャリアアップできるか考えてください。今のままではキャリアアップが難しいなら、より自分を評価してくれる保育園に転職しましょう。

具体的な転職の方法は、まず保育士転職サイト・転職エージェントに登録することです。

転職サイトに登録すると、担当のアドバイザーがついて転職条件に合う求人を紹介してくれます。たとえば、「給料を上げたい」「キャリアアップできる保育園に行きたい」ですね。

転職の流れは、担当アドバイザーと話をすることで理解できるようになります。最初の電話で「具体的な転職の流れを教えて下さい。」と言えば、理解できるまで教えてくれますよ。

転職サイトは50以上ありますが、おすすめは「保育士バンク」「保育ひろば」「マイナビ保育士」です。転職サイトは複数登録が基本です。ほとんどの転職者がこの中のどれかには登録してると思います。

3つとも登録した方が良いですが、それぞれ特徴が違うため当てはまるものに登録しましょう。スマホからの登録も簡単ですよ。

保育士バンク、マイナビ保育士、保育ひろば

保育士バンクは保育士のおすすめNo.1!

業界最大手「保育士バンク」は押さえた方が良いです。公開求人2万件+非公開求人1万件を保有しているため、地方転職には欠かせません。全国に拠点があり、転職フェアも多数開催しています。

キャリアアドバイザーに元保育士が多いため、保育現場を理解した悩み相談ののってもらえます。また、「ブランクOK」「初心者歓迎」の求人が多いのも特徴です。

保育士バンク
公式サイトはこちら
保育士バンク
口コミと詳細

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

保育ひろばは業界実績も知名度もある!

短期間ですぐ転職したい!という人は「保育ひろば」を利用しましょう。キャリアアドバイザーの熱意が高く、登録から転職まで平均2週間という転職の速さが売りです。

保育ひろばは知名度も高く、頻繁に転職フェアを開催しているので安心して転職サポートを任せられます。お客様満足度94.2%というのもポイントですね。

保育ひろば
公式サイトはこちら
保育ひろば
口コミと詳細

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

関東の転職はマイナビ保育士がおすすめ

関東の転職なら「マイナビ保育士」は外せません。マイナビの知名度は大きいですし、多くの転職ノウハウに基づいたサービスが期待できます。

求人、キャリアアドバイザー、サービス、口コミすべて1-2を争う質の高さです。希望しなければ電話連絡がない「マイページ会員サービス」に使いたい人もいるでしょう。

マイナビ保育士
公式サイトはこちら
マイナビ保育士
口コミと詳細

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。


登録した方が良い転職サイトの比較

総合評価

4.70

保育士バンク

4.58

保育ひろば

4.63

マイナビ保育士
公開求人数

4.7

20,020件:非公開1万件~

4.5

9,737件:非公開不明

4.5

9,206件:非公開不明
求人地域

4.8

全国対応で地方も多い、拠点は8都道府県

4.7

全国対応で地方少なめ、拠点は34都道府県61箇所

4.3

関東+関西対象で地方なし、拠点は9都府県10箇所
コンサルの質

4.7

元保育士が多く悩みを相談しやすい

4.6

熱意があって引っ張ってくれる

4.8

ノウハウが豊富で対応がきめ細やか
サービス充実度

4.6

転職フェアが多い、非公開求人が多い

4.7

平均2週間で転職、転職フェアが多い

4.7

関東で圧倒的に強い、サポートが厚い
口コミ評価※

4.8

口コミ評価+特徴

4.0

口コミ評価+特徴

4.8

口コミ評価+特徴
公式サイトの確認
ここから登録
保育士バンク
ここから登録
保育ひろば
ここから登録
マイナビ保育士
口コミは総合評価から除外

転職初心者が気軽に使えるジョブメドレー

どうしても電話連絡が嫌な人は、「ジョブメドレー」に登録しましょう。公開求人が2.5万件もあり、他の転職サイトだと数が少ない地方求人も見つかります。

またジョブメドレーは自分で求人を探して、自分で応募するセルフ方式です。担当は付きませんが、困ったときはヘルプのお願いも可能です。

ジョブメドレー保育士
公式サイトはこちら
ジョブメドレー保育士
口コミと詳細

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

まーさ
保育士転職サイトランキング厳選トップ10!」も参考にしてください☺️

-保育士のお悩み

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.