離職率が高い保育園と低い保育園の違い

保育士のお悩み

実は保育士の離職率は低かった!じゃあなんで保育士足りないの?

投稿日:2019年10月24日 更新日:

この記事は約 6 分で読めます

まーさ
保育士の離職率って高いんだよね?

いいえ、保育士の離職率は平均以下なんです。しかも保育士は毎年少しずつ増えてます。
みやこさん

まーさ
じゃあなんで保育士は足りないって言われてるの?

保育士が足りないと言われるのは、2つの理由があります。今日はそのお話をしますね。
みやこさん

世間で言われているほど保育士の離職率は高くないです。ところがイメージに騙されて保育士を辞めようとしたり、保育士に復帰したがらない人がいるのはもったいないと思います。

保育士の離職率が低くて、保育士が足りない理由を知ると、今が保育士として良い待遇で働く大きなチャンスだということがわかるはずです。

まーさ
そもそも離職率ってなに?どうやって計算するの?

保育士の離職率はどれくらい

保育士の離職率はどれくらい

離職率とは?

離職率とは、年初の常用労働者(働いている正社員やパート)の数に対して離職した割合のことです。一方、入職した割合のことを入職率と言います。

10万人働いている会社で年間2万人辞めれば、離職率は20%です。この会社の入職率(採用率)が20%より低いと、全体の社員数が減ります。たとえば、離職率が20%で入職率が15%の会社だと社員数は9.5万人になります。

保育士の離職率は?

厚生労働省の「入職と離職の推移」によると、平成27年度の保育士の離職率は10.3%(公営7.1%、私営12.0%)です。と言われてもピンと来ないですよね。平成28年度の日本全体の常用労働者の離職率は15%です。

まーさ
全体の平均が15%なら、保育士の離職率10.3%って意外と低くない?

そうなんです。私立保育士にしろ公務員保育にしろ離職率は平均以下なんです。
みやこさん

まーさ
あれ?もしかして保育士って増えてるの?

気になりますよね。もう少し詳しく、保育士の採用率と離職率の関係を見てみましょう。
みやこさん

保育士の採用率と離職率の内訳を見てみる

保育士の採用率と離職率の内訳を見てみる

  • 保育士の採用率と離職率
  • 保育士より離職率が高い仕事は?

保育士の採用率と離職率

平成27年度の厚生労働省の資料によると、保育士の採用者は4.8万人(採用率15.2%)、退職者数は3.2万人(離職率は10.3%)なので、保育士は明らかに増えてます。

勤務者 採用者数 採用率 退職者数 離職率
全体 320,196人 48,733人 15.20% 32,823人 10.30%
うち公営 116,862人 11,904人 10.20% 8,330人 7.10%
うち私営 203,334人 36,829人 18.10% 24,493人 12.00%

ちなみに公立保育園より私立保育園の方が離職率が高いです。やっぱり公務員保育士は給料も高くて待遇も良いため、就業状況も安定してますね。

保育士より離職率が高い仕事は?

保育士と比較するために、離職率が高い業界を並べます(平成27年度雇用動向調査|厚生労働省調べ)。

  • 飲食・宿泊業界(離職率30.0%)……居酒屋店員、宿スタッフなど
  • 娯楽・サービス業界(離職率20.3%)……パチンコ店員、カラオケ店員、美容師など
  • 不動産業界(離職率15.9%)……不動産会社社員など
  • 教育・学習支援業界(離職率15.0%)……教材販売員、塾講師など
  • 医療福祉業界(離職率14.8%)……看護師、介護士、保育士など

保育士は5番目の医療福祉業界に含まれますが、保育士の離職率10.3%に対して医療福業界の離職率は14.8%もあります。看護師、介護士の離職率が相当高いんでしょうね。

そのため保育士はイメージほど離職率が高くありません。わたしの体感でも20人保育士がいたら1-2人辞めて1-2人入ってくるので、それほど遠くないと思います。

まーさ
離職率は低くなくて保育士も増えてるのに、なんで保育士が足りないの?

保育士が増えているなら、保育士不足に違和感を感じますよね。保育士不足になるのは以下の理由があるためです。
みやこさん

離職率が低いのに保育園に保育士が足りない理由

離職率が低いのに保育園に保育士が足りない理由

  • 保育園の数が増えているため
  • 待機児童数が減っていないため

保育園の数が増えているため

1つ目の理由は、保育施設の数が増えているからです。実際は保育園自体は減って、地域型保育事業や認定こども園が増えてます。平成22年と平成29年を比べると、保育施設の数は40%も増えています

保育所等数の推移

保育所等関連状況取りまとめ(平成29年4月1日)|厚生労働省

保育士が不足しているのは、保育施設が増えて保育士の雇用枠が増えたことに対して、働く保育士が足りていないということですね。

まーさ
じゃあ少子化で子供の数が減ってるのに、なんで保育園増やしてるの?

待機児童数が減っていないため

これだけ保育園を増やして毎年保育士も増えているのに、まだ保育園が足りない、保育士が足りないと言われる理由は、保育を受けたい待機児童数が減っていないからです。

まーさ
えー、でも待機児童は減ってるってニュース見たんだけど……。

これまで表に出ていた待機児童数は減ったんですが、隠れ待機児童(潜在待機児童)は今もどんどん増えています

保育所等の定員・利用児童数等の状況

保育所等関連状況取りまとめ(平成29年4月1日)|厚生労働省

これまで次の家庭の子供は、待機児童にはカウントされてませんでした。

  • 保護者が育児休業中(7229人)
  • 特定の保育所を希望している(3万5985人)
  • 求職活動を休止している(7177人)
  • 自治体が補助する保育サービス(東京都認証保育所や保育ママなど)を利用している(1万6963人)

育休中の待機児童はカウントされるようになりましたが、その他の待機児童はまだ6万人もいます。これ以外にも、保育園に入ること自体を諦めている家庭の子供は待機児童に含まれません。

保育士を増やすには待遇改善とイメージ改善が必要

足りない保育士を増やすには待遇改善とイメージ改善が必要

保育士の離職率が低くても保育士不足な理由はわかりましたが、どうすれば保育士は増えるでしょうか。

1番早いのは、「保育経験がある保育士に復帰してもらうこと」、「保育士資格保有者に保育士をしてもらうこと」です。保育士資格を持つ潜在保育士は70万人以上います。ただし潜在保育士が復帰するには、保育士の待遇改善とイメージ改善が必要です。

  • 転職が当たり前になれば待遇改善は実現する
  • 今の保育士の待遇を知ればイメージが変わる

転職が当たり前になれば待遇改善は実現する

今は保育士の有効求人倍率が高く転職しやすい環境です。ところが離職率が低いということは、まだ転職に抵抗がある保育士が多いとも言えます。

保育士が良い環境を求めて転職が活発になれば、保育園は良い待遇で保育士を雇うしかありません。保育士の離職率は上がりますが、それ以上に入職者が増えるので潜在保育士も働きやすい環境になります。

今の保育士の待遇を知ればイメージが変わる

また、保育士に対する悪いイメージも変えないといけません。保育業界は以前より待遇改善されています。ところが、マスコミなどが保育士の悪いイメージを作っている部分もあります。

たとえば、平成29年度と平成30年度の保育士の平均年収を比べると上がっていることがわかりますね。

順位 都道府県 平成30年度 都道府県 平成29年度
1位 東京都 434.1万円 京都府 401万円
2位 京都府 409.8万円 東京都 394万円
3位 千葉県 397.2万円 愛知県 372万円
4位 神奈川県 384.3万円 岡山県 363万円
5位 岡山県 384.3万円 滋賀県 359万円

わたしも保育業界で何度も転職してますが、働く環境や待遇は以前より良くなっています。「でもうちは離職率高い……。」という人は、あなたの保育園に離職率が高い特徴がないかチェックしてください。

保育士が足りない状況は転職や復帰に追い風

保育士が足りない状況は保育士の転職に追い風

というわけで保育士の離職率は平均より低いのですが、保育業界が良くなるにはもう少し離職率が上がって、業界内転職が増えた方が良いということになります。

これだけ保育士不足の中で、この状況を放置することはありません。現に保育士の給料は5年間で13%も上がっています(年収換算で50万円!)。どちらにしても、今の保育士が足りない状況は保育士の転職に追い風です。

この状況が変わらないうちに働きやすい保育園を見つけてください。転職サイトの選び方がわからない人は、以下で求人数、使いやすさ、情報収集力などが優れた転職サイトを紹介してるので参考にしてください。

保育園に保育士が足りなくて毎日仕事が大変な人は多いと思います。その一方で、小規模保育園や事業所内保育所などで余裕を持って仕事をしている保育士もいます。

保育士が足りない今の状況は、見方を変えれば転職で待遇を変えるチャンスです。保育士不足の対策が打たれる前に、自分の働き方を見直してみてください。

保育士転職サイトランキング10選も参考にしてください☺️
まーさ

-保育士のお悩み

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.

初心者でも良い求人が見つかる!
おすすめ保育士転職サイト5選
おすすめ保育士転職サイト5選!