マイナビ保育士退会後に電話・メールがあったら?

保育士の仕事

保育士が結婚がして退職・転職するメリット・デメリット

投稿日:2019年11月25日 更新日:

この記事は約 6 分で読めます

女性なら誰でも結婚したときに「仕事どうしようかなぁ……。」と考えるもの。

退職するか、転職するか、続けるかという選択肢で揺れる保育士は多いと思います。そこで結婚後の選択を迷っている人のために、それぞれの選択肢のメリット・デメリットを比較してみます。

保育士は結婚後に退職?転職?続ける?

保育士は結婚後に退職?転職?続ける?

結婚は女性にとって人生の転機です。パートナーとの新生活が始まりますし、引っ越しや家族計画など生活が変わります。家事をがんばりたい、夫を支えたいと考える人もいます。

そのため、結婚で仕事が左右されるのは当然です。結婚は保育士の退職理由の2割を占めています。

もちろん結婚して仕事を続ける人もいますし、結婚を機に転職を考える人もいます。以前は、結婚でいづらくなる雰囲気の保育園もあったようですが、今はほぼないはずです(あると大問題)。

施設数 割合(%)
結婚で居づらい雰囲気がある 11 0.7
かつてはあった 82 5.1
結婚で居づらい雰囲気はない 1458 90.3
わからない 53 3.3
その他 11 0.7

「保育人材」に関するアンケート調査結果|福祉医療機構

保育士が結婚したときの以下の選択肢のメリット・デメリットを比較してみます。

  • 結婚後も同じ条件、同じ保育園で働く
  • 正規保育士からパート保育士に変える
  • 結婚を機に保育士を辞める
  • 結婚を機に他の保育園へ転職する

結婚後も同じ条件、同じ保育園で働く場合

結婚後も同じ条件、同じ保育園で働くメリット・デメリット

結婚後も同条件で保育士を続けるメリット

結婚しても遠方に引っ越すなど環境の変化がなければ、同じ保育園で同じ条件で働き続ける保育士は多いと思います。その際のメリットは以下のものです。

  • 働き方や環境が変わらないのでストレスが少ない
  • 昇給や賞与などが変わらないので経済的影響がない
  • 働き方を変えないので保育士のキャリアも継続できる

結婚後も同条件で働くと待遇のデメリットはないので、不満が少なければ継続は良い選択だと思います。

結婚後も同条件で保育士を続けるデメリット

一方、結婚後も同条件で保育士を続けるデメリットは以下の通り。

  • 家庭でやることが増えるので全体的には忙しくなる
  • 保育園に不満があるときの辞めるタイミングを失う
  • 園長から妊娠後も保育士を続ける期待値が上がる

家事をがんばったり、夫を支えたいと思う人は家庭での仕事量が増えます。ストレスを感じると、家庭にも仕事にも影響が出るので注意が必要です。

また、結婚後も保育士を続けると園長から「ねぇ子供できても続けてくれるんでしょ?」なんてプレッシャーを受けることもあります(^_^;)

正規保育士からパート保育士に変える場合

正規保育士からパート保育士に変えるメリット・デメリット

結婚で正規保育士からパート保育士に変えるメリット

結婚すると、自分の働き方をセーブしてなるべく家庭に入ったり、妊娠を見据える人もいるため、正規保育士からパート保育士に変える人も割と多いです。メリットは以下のものです。

  • 働く時間が短くなり、残業も減り、休みが増える
  • 忙しい働き方が変わるためリフレッシュできる
  • 新しい家族と新しい時間を作りやすくなる

働き方を変えると時間ができるので、最初はとても嬉しいです。とくに1人の時間が増えることで、人生を考える余裕ができることはプラスですね。

結婚で正規保育士からパート保育士に変えるデメリット

ただ、何も考えずに正規からパートになるのはちょっと安易です。なぜ時間を作りたいのか、なぜ正規保育士からパート保育士にするのかを考えないと、以下のデメリットがあります。

  • 働く時間が減るので給料も減る
  • 意外とやることがなくて時間を持て余す
  • これまでのキャリアが途切れてしまう
  • 正職員の福利厚生の恩恵を受けられなくなる
  • 正規より早く帰ることに心苦しさを感じる

保育士は給料が安いのに、パートにすることでさらに経済的に苦しくなるのは大きなデメリットですね。

同じ保育園でパート保育士に変えたあとに、「もう一回正規に戻らない?」と言われることもあります。働き方を変えて後悔してる人には、そういう誘いがあるのはありがたい話です。

ただし、一度キャリアが途切れてるので、思い通りの条件で働けるかは交渉次第になります。

結婚を機に保育士を辞める場合

結婚を機に保育士を辞めるメリット・デメリット

結婚で保育士を辞めるメリット

「結婚しちゃったし、保育士辞めちゃえ!」と勢いで辞める保育士もいれば、新居引越しのため辞めざるを得ない保育士もいます。結婚で保育士を辞める人のメリットは以下の通り。

  • 保育園に不満があった人は辞めるきっかけになる
  • 働く時間がなくなるので、仕事のストレスはなくなる
  • 新しい家族と新しい時間を作りやすくなる
  • 自分の趣味など、これまでできなかったことができる

これまでなかなか保育園を辞めにくかった保育士には、結婚は辞める良いきっかけになります。また、働くことにストレスを感じていた人は、昼間に1人の時間ができるのは嬉しいですね。

結婚で保育士を辞めるデメリット

保育士を辞めるデメリットはパート保育士とそれほど変わりません。

  • 仕事を辞めるので収入がなくなる
  • やることがなくて時間を持て余す

保育士を辞めて収入がなくなるのは大きなデメリットです。旦那さんが稼いでくれるなら良いんですが、そうでなければ時間ができても収入が減るのでできることが少ないですね。

結婚を機に他の保育園へ転職する場合

結婚を機に他の保育園へ転職するメリット・デメリット

結婚で転職をするメリット

結婚を機に、不満だった今の保育園を辞めて他の保育園に転職したり、引っ越しで今の保育園を辞めて新しい土地で保育士を続ける人もいます。他の保育園に転職するメリットは以下の通りです。

  • 保育観が合う保育園で働くことができる
  • 保育士としてキャリアアップを目指せる
  • 出産・育児を視野に入れた保育園を探せる
  • ストレスだった人間関係をリセットできる

他の保育園へ転職するメリットは、仕事面の不満を解消できることです。

結婚で転職をするデメリット

転職をしたくなくても、結婚によって転職せざるを得ない場合もありますね。他の保育園へ転職するデメリットは以下の通りです。

  • 働き方や雰囲気に慣れないといけない
  • 実は人間関係が悪いかもしれない
  • 有給休暇がリセットされる
  • 給料の昇給幅が落ちるかもしれない
  • 退職金制度がリセットされる

今の職場が不満だから新しい場所で働きたい!という人なら良いんですが、仕事を続けたかったのに引越したから転職しなきゃいけないという保育士にはデメリットしかないですね。

今の保育業界は結婚後も転職や復職しやすい

今の保育業界は転職や復職しやすい

実際、結婚して保育士の仕事を選択する余地があれば良いですが、続けたくても辞めなきゃいけない、辞めたくても続けなきゃいけないなど選択肢が少ない人も多いと思います。

そのため結婚と仕事はセットで考えて、結婚が決まったら早めにパートナーと仕事について話し合ってください。保育園への結婚報告は籍を入れる前が良いので、それまでに考えを決めておきましょう。

今の保育業界は転職や復職がしやすい環境なので、結婚を機に働き方を変えても良いと思います。ただし、保育士が他の保育園に転職するデメリットはちゃんと押さえましょう。

  • 働き方や雰囲気に慣れないといけない
  • 実は人間関係が悪いかもしれない
  • 有給休暇がリセットされる
  • 給料の昇給幅が落ちるかもしれない
  • 退職金制度がリセットされる

わたしは結婚をして引っ越したので、違う保育園に転職したパターンです。転職活動は在職中にやりましたが、遠方への引っ越しだったので休みの日に集中して転職活動をしました。

もう10年以上前なので、今のような保育士転職サイトがほとんどなくて苦労しました。

わたしがおすすめする保育士転職サイト

わたしがおすすめする保育士転職サイト

もしあなたが結婚を機に転職を考えているなら、必ず保育士転職サイトを使ってください。わたしのような苦労をする必要はありません。

まだどうするか決めていない保育士も、今の保育業界の転職市場を知ることは大切です。転職相談をする目的でも良いので、いくつか転職サイトに登録した方が良いと思います。

まーさ
どんな転職サイトを選べばいいの?

基本的には転職したい地域に求人が多くて、情報をしっかり集めてくれる転職サイトを選びましょう。
みやこさん

まーさ
それだけでいいの?

はい、この2つを押さえれば後悔しない転職ができるはずです。
みやこさん

わたしのおすすめはこの4つです。

以下で理由を説明してるので、転職サイトの選び方がわからない人は参考にしてください。

まーさ
保育士転職サイトランキング厳選トップ10!」も参考にしてください☺️

-保育士の仕事

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.