転職サイトの電話面談を面倒だと思うのはもったいない

保育士のお悩み

妊娠したら保育士続ける?退職する?ベストの選択は

投稿日:2019年11月27日 更新日:

この記事は約 5 分で読めます

まーさ
妊娠したら保育士続けた方がいいのかなぁ。辞めた方がいいのかなぁ。

どうすればいいかは人によって違います。そのため、それぞれのメリット・デメリットを見て決めると良いですよ。
みやこさん

妊娠・出産は、女性にとってインパクトが大きいことです。女性なら誰でも妊娠したときに「仕事どうしようかなぁ……。」と考えますよね。実際、妊娠・出産で退職する保育士は25%以上もいます。

わたしは2度出産して2度辞めましたが、人によって状況が違うので「○○がベストな選択」とは言えません。そこで、それぞれのメリット・デメリットを見て、あなたが妊娠したときにどうすればベストな選択ができるか考えましょう。

保育士の妊娠・出産後で働き方を変えるべき?

保育士の妊娠・出産後で働き方を変えるべき?

まーさ
もし妊娠したらどんな選択肢があるの?
  • 妊娠・出産後も同じ園で働き続ける
  • 妊娠・出産後に正規からパートに変える
  • 妊娠・出産を機に保育士を辞める
  • 妊娠・出産を機に他の園へ転職する

妊娠・出産後も同じ園で働き続ける

「子供のためにがんばろう!」と出産後も同じ園で、正規保育士として働き続ける人は多いです。出産後も同じ園で働き続けるメリットは以下のものです。

  • 信頼関係があるため、いざというときに助けてもらえる
  • 昇給制度がある場合は査定など変わらず継続できる
  • 退職金制度がある場合は変わらずに継続できる

子供の発熱などトラブルのときにシフトを代わってもらうなど、育児中の保育士が多いと協力体制が作りやすくお互い助け合えます。一方、育児をしながら働くためデメリットもあります。

  • 仕事と家事と育児をするため常に疲れている
  • 子供の幼稚園・保育園から呼び出しがあると心苦しい
  • 子供の行事が園と重なると見に行けない

1番のデメリットは、仕事と家事と育児のトリプルワークになるので心身ともに辛いことです。また、協力体制ができても、やっぱり子供のことで迷惑をかけるのは心苦しいです。

妊娠・出産後に正規からパートに変える

出産をしても仕事を辞めるんじゃなく、ある程度育児をするために働き方を変える人は多いと思います。出産後に正規からパートに変えるメリットは以下のものです。

  • 余裕を持って子供を保育園に送り迎えできる
  • 休日が増えるため、リフレッシュする時間が増える
  • 子供の成長を見られる時間が増える

パート保育士になると収入は正規保育士の2分の1から3分の1ほどになりますが、時間ができるのが大きいですね。一方、デメリットはその分収入が減ることです。

  • 働く時間が減るので給料も減る
  • これまでのキャリアが途切れてしまう
  • 正職員の福利厚生の恩恵を受けられなくなる

妊娠・出産を機に保育士を辞めるメリット

妊娠・出産を機に保育士を辞める人も多いですね。わたしも出産で2回保育園を辞めてます。妊娠・出産で保育士を辞めるメリットは以下の通り。

  • しっかり腰を据えて育児をすることができる
  • 次に働き始めるための準備を整えられる
  • 体調などを戻すことができる

1年の育休は意外とあっという間です。そのため、出産後の育休で体調や体型が戻らない人もいると思います。その時間が確保できるのは大きいですね。一方、保育士を辞めるデメリットは以下のものです。

  • 仕事を辞めるので収入がなくなる
  • 子供と365日いっしょにいることで育児ストレスが溜まる

子供を預かる保育と子供を育てる育児は、まったく違います。子供と24時間365日ずっといっしょにいるとストレスを感じるため、適度に働いた方が良いという人もいますね。

妊娠・出産を機に他の園へ転職する

出産を機に、今の園を辞めて転職をする人もいます。他の園に転職するメリットは以下の通りです。

  • より育児がしやすい保育園を探せる
  • 保育観が合う保育園で働くことができる
  • 保育士としてキャリアアップを目指せる
  • ストレスだった人間関係をリセットできる

働きながら育児ができる環境かどうかは、園によります。育児中の保育士が多ければ働きやすいですが、少なければ肩身が狭く感じるかも……。場合によっては転職も考えましょう。一方、他の園へ転職するデメリットは以下のものです。

  • 新しい環境に慣れるために時間がかかる
  • 人間関係が悪いと育児はしにくくなる

今の園が何となく嫌だからという理由で、勢いで転職するのはおすすめしません。妊娠・出産を機に転職したいなら、妊娠が発覚してすぐに転職活動を始めた方が良いと思います。

出産後に同じ園で働く?辞める?転職する?

出産後に同じ園で働く?辞める?転職する?

保育士が出産後に同じ園で働くか、辞めるか、転職するかのメリット・デメリットはわかったと思いますが、妊娠してすぐに自分が進む道を決めるのは難しいかもしれません。

保育士としての進退を決めるのは、遅くても妊娠中期(妊娠5-7か月)です。それまでの流れは、

妊娠発覚(妊娠2か月)

転職サイトに登録して求人情報収集(妊娠2か月)

園長に妊娠報告(妊娠2-3か月)

同僚に妊娠報告(妊娠4-5か月)

保育園を辞めるor続けるを園長に報告(妊娠5-6か月)

続ける場合は産休・育休申請(妊娠6-7か月)

産休or辞める(妊娠9か月)

出産

育休or休業(産後2か月)

保活+転職活動(産後2-3か月)

復帰or転職(時期未定)

このようなイメージです。見てわかる通り、妊娠してから意外とバタバタするので、余裕を持って考える暇はありません。とくに早めの転職をしたい人は忙しいですね。

と言ってもまずは出産が大切なので、転職をしたい人はまず転職サイトに登録して、求人情報を眺めるだけでも良いと思います。

求人情報を眺めるのは、自分が転職したい施設形態、雇用形態、給料、労働時間、福利厚生などの条件を決めるためです。条件が決まらないと、良い求人なのか悪い求人なのかも判断がつきません

もちろん生活に余裕があれば、一度保育士を辞めて後から復帰しても良いと思います。わたしは子育てに集中したかったのでそうしました(生活に余裕があったわけじゃないです)。

出産後に転職活動をしたい人はどうする?

出産後に本格的な転職活動をしたい人が選ぶ転職サイト

まーさ
出産後に転職活動をしたいと思ったらどうすればいいの?

そうですね。選択肢を1つでも多く持っておくために、早めに転職サイトに登録だけしておけば良いと思います。
みやこさん

出産後も忙しい時期は続きますが、なるべく多くの選択肢を持って行動した方が良いです。仕事を続けるか辞めるか転職するかで迷ってる人は、とりあえず選択肢として転職サイトには登録しておきましょう。

登録しても転職する必要はありませんし、転職を迷っている人は転職相談だけしても良いと思います。ただ、出産と育児はとても大切なので、なるべく負担が少ない転職サイトに登録すると良いですよ。

おすすめはジョブメドレーです。ジョブメドレーは、自分で求人を探して応募するセルフ方式の転職サイトです。担当者からはほぼ連絡がないので、忙しいママが登録するには最適だと思います。

相談や依頼をしたいなど必要なときは、こちらからLINE、メール、電話で担当者に連絡が取れます。気になる人は以下からチェックしてください。

まーさ
保育士転職サイトランキング厳選トップ10!」も参考にしてください☺️

-保育士のお悩み

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.