都会の保育園で働くメリット・デメリット

保育士の転職

保育士が上京する8つのメリット!東京の生活費、給料、転職などの不安を解決

投稿日:2019年11月16日 更新日:

この記事は約 12 分で読めます

まーさ
東京で働きたいけど生活費かかりそうだし不安……保育士の給料だと難しいよねぇ。

たしかに東京は生活費が高いイメージがありますが、実際そんなことはありません。保育士は上京するメリットが多いですよ。
みやこさん

地方に住んでいて東京に憧れる保育士は多いですね。ただ東京は生活費が高いイメージがあります。

「東京で働きたい!」「上京して一人暮らししたい!」と思っても、地方に住む保育士には引っ越し費用や家賃、生活費用、知らない土地に住む不安が大きくて上京はハードルが高い……。

まーさ
今もらってる保育士の給料だと東京で生活なんてできない……。

わたしは東京と地方どちらも保育士を経験してますが、今は東京で保育士をする方が仕事面でも生活面でも圧倒的にメリットがあります。生活費もイメージほどかかりません。

  • 上京をすすめる理由って何?上京したらメリットあるの?
  • 東京で一人暮らしできるか心配……生活費いくらかかるの?
  • 実際に上京して転職するってどう動けばいいのかな?
これを教えて!

今回は、上京したいけど不安を抱えている保育士が東京で転職した方が良い理由、上京するメリットについて詳しく解説します。転職先を迷ってる人は最後まで読んで参考にしてください。

※東京、神奈川、千葉、埼玉の転職なら絶対外せない

「上京したいけど遠い……保育園の情報集めって難しいなぁ。」と悩む人は、関東の保育施設に圧倒的な情報網があるマイナビ保育士を使いましょう。転職は情報収集が命。マイナビグループの実績とノウハウは最強なので、関東で転職を目指す人は必ず以下を確認してください。
>> 無料でマイナビ保育士を使う

保育士が上京した方が良い理由、転職メリット

保育士が上京した方が良い理由、転職メリット

まーさ
保育士が上京して東京で転職するのって、どんなメリットがあるの?

わたしが「保育士は上京した方が良い」とおすすめする理由は、給料が高く、転職先が多く、上京サポートが豊富で生活費もそれほどかからないからです。1つずつ説明しますね。

  • 東京の保育士の平均年収・給料がもっとも高い!
  • 求人件数が多く転職の希望が叶いやすい!
  • 保育士関連の求人の種類が圧倒的に多い!
  • 借上げ社宅制度で住居費用がほぼかからない!
  • 保育園の上京サポートでお金がもらえる!
  • 住居以外の東京の生活費は地方と差がない!
  • 保育士を辞めても転職できる仕事がたくさん!
  • 出会いが多く、休日が楽しく過ごしやすい!

東京の保育士の平均年収・給料がもっとも高い!

平成30年度の賃金構造基本統計調査によると、東京都の保育士の平均年収は約434万円です。対して、1番低い都道府県が山形県の312万円で、年収差が120万円もあります。

1位:東京都|434.1万円
2位:京都府|409.8万円
3位:千葉県|397.2万円
4位:神奈川県|384.3万円
5位:岡山県|384.3万円

以下の都道府県の平均年収比較を見ると東京の保育士の給料が圧倒的に高いこと、地域ごとの年収の差がよくわかります。

求人件数が多く転職の希望が叶いやすい!

47都道府県で東京の求人数が1番多いのは予想がつきますね。どれくらい違うか保育士バンクマイナビ保育士ジョブメドレー保育士の関東圏と地方都市の求人数を比べてみます。

東京 神奈川 千葉 埼玉 北海道 宮城 愛知 大阪 兵庫 広島 福岡
保育士バンク 4125 2168 1437 1857 1227 702 1450 1868 1246 765 1018
マイナビ保育士 3793 1691 761 937 2 39 326 999 407 43 45
ジョブメドレー保育士 5333 2934 1341 1748 871 404 1531 1837 800 532 837

東京だと神奈川、千葉、埼玉も含めて転職を考える人が多いですよね。もちろん一都三県に限っても東京の保育士求人数はダントツです。

さらに地方と比べると求人数の差が大きいことがわかります。転職サイトによっては、保育士求人数がゼロの地域も珍しくないです。

まーさ
どの転職サイトを見ても、東京の求人数は神奈川、大阪、愛知の求人数の2倍以上あるね。

また東京は求人数が多いだけじゃなく、有効求人倍率も他の都道府県に比べて圧倒的に高いです。

1位:東京都|6.44倍
2位:埼玉県|4.76倍
3位:大阪府|4.49倍
4位:広島県|4.49倍
5位:宮城県|4.38倍

埼玉、大阪、広島なども4倍以上ありますが、東京は6倍以上でダントツです。都道府県別の有効求人倍率は以下でまとめました。

さらに東京では、転職サイトが開催する保育士転職フェアも充実しています。保育士転職フェアのメリットや参加の仕方などの詳細は以下を参考にしてください。

保育士関連の求人の種類が圧倒的に多い!

地方だと保育士の求人数が少ないだけじゃなく、魅力的な求人の種類も少ないです。たとえば東京だと、新設園のオープニングスタッフや企業内保育所・院内保育所求人もたくさんあります。

オープニングスタッフ求人は関東で1000件以上

関東では東京、神奈川、千葉、埼玉合わせて1000件以上のオープニングスタッフ求人があります。

ジョブメドレーマイナビ保育士で調べたオープニングスタッフの求人数です。東京だけでも500件以上のオープニングスタッフ求人があります。

ジョブメドレー マイナビ保育士
東京 神奈川 千葉 埼玉 東京 神奈川 千葉 埼玉
855 323 161 142 550 196 102 78

新設保育園のオープニングスタッフ求人のメリットは、「人間関係がフラット」「園舎が新しい」「意見が通りやすい」など。人間関係に悩む人には魅力的な求人です。詳しくは以下を参考にしてください。

企業内保育所・院内保育所の求人は400件以上

企業内保育所、院内保育所も関東に集中しています。マイナビ保育士保育情報どっとこむで調べると、東京、神奈川、千葉、埼玉合わせて400件以上の企業内・院内保育所求人が見つかります。

マイナビ保育士 保育情報どっとこむ
東京 神奈川 千葉 埼玉 東京 神奈川 千葉 埼玉
171 93 75 96 188 102 52 38

企業内保育所・院内保育所のメリットは、「子供に寄り添った保育」「給料は高め」「夜勤手当や休日手当がある」「通勤に便利」などです。特徴は以下にまとめたので興味がある人は参考にしてください。

借上げ社宅制度で住居費用がほぼかからない!

保育士支援策に借り上げ社宅制度があります。借上げ社宅制度とは、保育園が借りた物件に住むと家賃の全額(or一部)を補助してもらえる家賃補助制度の一種です。

東京都の借り上げ社宅制度は、8.2万円(自治体で異なる)が補助されます。つまり「8.2万円×12か月=98.4万円」で100万円年収が増えたことと同じです。※給与参入するので社会保険料や所得税は多少上がる

生活で1番コストが掛かるのが居住費、節約が難しいのも居住費です。東京の1番のネックは家賃ですが、その負担がほぼなしってすごいですよね?知らない人は必ず知っておきましょう。

保育園の上京サポートでお金がもらえる!

さらに、保育園が独自で引っ越し費用の全額負担、家電費用負担、お祝い金を出すこともあります。求人票に書かれてるのでチェックしてください。保育園の上京サポートは以前より増えています。

  • 面接時の交通費を全額支給
  • 転職の引っ越し費用を全額支給
  • 敷金・礼金の全額を補助
  • 家電・家具の補助金を全額支給
  • お祝い金10万円を支給

お祝い金だけじゃなく、引越し費用や家電・家具の補助などトータル40万円ほどメリットがある求人も見つかります。以下で詳しく説明しています。こちらも知っておかないと損をするお話です。

住居以外の東京の生活費は地方と差がない!

東京は生活費が高いイメージがありますね。「給料が上がっても生活費が増えたら意味ない……。」と不安になります。2017年総務省統計局の調査から、それぞれの地域の生活費を見てみましょう。

地域 北海道・東北 関東 北陸・東海 近畿 中国・四国 九州・沖縄
食費 3万6,616円 4万3,206円 3万8,056円 4万1,492円 3万6,298円 3万3,442円
光熱費 1万5,211円 1万464円 1万1,009円 1万959円 1万1,505円 1万1,416円
交通費 3,412円 5,576円 4,260円 4,203円 3,668円 3,442円
交際費 1万3,059円 1万5,792円 1万6,148円 1万5,839円 1万4,718円 1万8,948円
合計 6万8,298円 7万5,038円 6万9,473円 6万9,493円 6万6,189円 6万7,248円

関東の生活費が7.5万円、その他の地域が7万円弱なので意外と生活費に差がありません。東京限定だともう少し高いかもですが、それでも1万円も変わらないと思います。

まーさ
でも不安なのは生活費より東京の家賃事情なんだけど……。

たしかに家賃は不安ですよね。わたしは家賃を下げるために23区外に住んでいましたが、職場までドアツードアで1時間以上かかっていました。1日2時間半近くを通勤に使うのは辛かったです。

ところが今なら、先ほど話した借り上げ社宅制度のおかげで家賃はほぼ無料にになるので、金銭面でも時間面でもかなり充実します。

これらのことから、一人暮らしをするなら東京以外は損だと言っても良いでしょう。「一人暮らしできるのかな……。」と不安な人は、以下の保育士が一人暮らしをする方法を参考にしてください。

保育士を辞めても転職できる仕事がたくさん!

誰でも人生の転機は何度か訪れます。そのときに、保育士を辞めて違う職業を選択したい人もいるでしょう。ただ、仕事が少ない地方だと、

まーさ
これまで保育士だったし何すればいいのかなぁ。仕事もそんなに選べないし……。

このようになかなか仕事が見つからないこともありますが、東京ならいくらでも仕事が溢れています。保育士から違う仕事に転職したい人は、以下を参考にしてください。

マイナビ保育士を利用して転職した人は、担当者に同じマイナビグループのマイナビ転職を紹介してもらえばうまく連携してもらえますし、スムーズに違う仕事を見つけることができます。

もちろん保育士資格、保育経験・スキルを活かして、保育士以外の仕事を見つけることもできます。その場合は普通にマイナビ保育士などを使えば転職できますよ。

出会いが多く、休日が楽しく過ごしやすい!

社会人になると出会いが少なくなります。しかも保育士は女性の職場、出会う男性はほぼ既婚者……。

さらに地方だと休日は遊びに行く場所も少なく、家に引きこもりがちなので余計に出会いがありません。休日を有意義に過ごすことも難しいですよね。

東京には娯楽施設が多く、あちこちでいつでもイベントが開催されています。目的がなくフラッと外に出ても発達した交通網でどこにでも行けて、何かしら発見することができます。

出かける機会が増えれば自然と出会いも多くなりますし、人生も充実しますよ。

まーさ
やっぱり東京いいなぁ。でも、やっぱりまだ不安もあるんだよなぁ。

ほんとに東京はアリ?上京で抱く不安や疑問

ほんとに東京はアリ?上京で抱く不安や疑問

地方に住んでいる保育士に「東京はメリットがあるよ!行きなよ!」と言っても、やっぱり不安の方が大きいと思います。きっと、「上京をして転職」に以下の不安や疑問を抱いているでしょう。

  • 地方・田舎の保育園の方が魅力を感じるんだけど……
  • ちゃんと一人暮らしができるか不安なんだけど……
  • できれば貯金もしたい……一人暮らしでもできる?
  • 転職をして環境が変わること自体が不安だよ……

地方・田舎の保育園の方が魅力を感じるんだけど……

もちろん東京には東京の良さがありますが、地方や田舎にも良いところはたくさんあります。

東京と地方・田舎ではそれぞれ保育士の働き方や働く環境も違うので、まずは以下を見てそれぞれのメリット・デメリットを比較してみれば良いと思います。

ちゃんと一人暮らしができるか不安なんだけど……

初めての一人暮らしは期待もありますが、不安もありますよね。東京の保育士の給料事情、東京での生活費については話した通りなので、それほど心配はいりません。

ただ「実際に一人暮らしをするイメージが湧かない!」という気持ちもわかります。そんな人は、まず一人暮らしのメリット・デメリットや生活費の内訳を把握しましょう。

できれば貯金もしたい……一人暮らしでもできる?

将来の備えとして貯金をしたいと考えている人もいますね。わたしは20代前半は東京で一人暮らしをしながら、保育士のお給料で貯金ができていました。

もちろん実家ぐらしに比べれば貯金の額は小さいですが、1年で数十万円貯金することも可能です(わたしは3年で50万円以上)。貯金も目安や貯金の方法は以下で解説しています。

転職をして環境が変わること自体が不安だよ……

転職自体に不安を感じる人もいると思います。無理に転職をすすめているわけではないので、今の保育園に不満がある人は転職のメリット・デメリットを比較して真剣に考えてみましょう。

今の環境を変えたい!転職をしてもっと良い給料や満足できる待遇で働きたい!と思ったら、検討する一番の候補が東京だというだけのことです。

まーさ
なるほど。じゃあもし実際に上京して転職するとしたら、何か押さえておいた方が良いことってある?

保育士が上京して転職する3つのポイント

保育士が上京して転職する3つのポイント

上京が初めて、転職が初めて、一人暮らしが初めてなどいろいろ不安はあると思いますが、頼れるものは頼って賢く転職することを心がけましょう。
みやこさん

保育士が上京して知らない土地、不慣れな土地で働くには、いろんな情報を集める必要があります。そのため、うまく東京で転職するには以下のポイントを押さえましょう。

  • 上京を支援する保育士転職サイトに登録する
  • 保育士転職サイトに情報収集してもらう
  • 働きながら無理なく転職活動をする

上京を支援する保育士転職サイトに登録する

上京して転職したい人は、上京を支援する保育士転職サイトに登録してください。おすすめはマイナビ保育士と保育士バンクです。

マイナビ保育士と保育士バンクは上京サポートがある求人も多いので、上京サポート求人を中心に集めてもらうこともできます。それぞれの登録、また特徴や口コミ評判は以下を参考にしてください。

\ すべて無料で使える!登録・退会もたった1分 /

保育士転職サイトに情報収集してもらう

本気で転職活動をするなら、何度も現地に足を運んで転職したい保育園や周辺情報を調べますよね。ただ地方在住で東京に行き来すると、お金も時間もかかります。

そこで保育士転職サイトに保育園や周辺の情報収集をお願いしましょう。園見学や面接の日程調整も頼めますし、不慣れな場所なので園見学や面接にも同行してもらえます。

とくに園見学に行くのは、「アピール」「情報収集」「実態の把握」という大切な目的があります。詳しくは以下を見て欲しいんですが、なるべく参加できるように都合をつけましょう。

最近は「WEB面談」「オンライン園見学」「WEB面接」が積極的に行われているので、離れた場所にいてもある程度転職活動ができる環境が整ってきています。

働きながら無理なく転職活動をする

転職活動の期間は平均3か月ですが、不慣れな土地や遠方に転職するなら少し余裕を見た方が良いです。とは言え、今の保育園を辞めて転職活動に集中するのはやめた方が良いと思います。

転職活動のコツは、肉体的・精神的・金銭的に無理なく行うことです。保育園を辞めると時間はできますが、生活費などの金銭負担が大きすぎます。

働きながらだと時間的な不安はありますが、そこは保育士転職サイトを頼って求人紹介や面接対策などをお願いすれば、時間を節約しながら転職活動をすることができますよ。

まーさ
違う土地で転職活動って大変そうだけど、保育士バンクとかマイナビ保育士にサポートしてもらえばいいんだね。

そうですね。保育士バンクやマイナビ保育士は、リモートでの転職活動にも力を入れているので大丈夫ですよ。
みやこさん

たとえば保育士バンクには、WEB面接OKの求人特集もあります。現在(2021年1月時点)は、900件以上の求人でWEB面接ができますね。

保育士バンク_WEB面接OKの求人特集

今なら保育士が東京で働くハードルは低い

今なら保育士が東京で働くハードルは低い

東京は人も仕事も多いですし、遊ぶところもいっぱいあって楽しいです。「何当たり前のこと言ってんの?」と思うかもしれませんが、地方出身のわたしは当時東京に住んで感動しました。

田舎から上京して一人暮らしをするのは不安だと思いますが、何事も挑戦です。実際住んでみると、田舎っぽい場所も多くて安心します。
みやこさん

昔は借り上げ社宅制度も上京サポートもなかったので、今東京で保育士をしたい人は金銭面の不安要素が少なくて羨ましいです。保育士専門の転職サイトも少なかったので、転職活動も大変でした。

今はネットで簡単に情報も手に入るので、転職の失敗リスクも減らせます。まずはサポートが手厚い保育士バンクとマイナビ保育士に登録して、上京の実態を担当者に確認してください。

\ すべて無料で使える!登録・退会もたった1分 /

自分の身一つで働く場所を選ぶことができるのは若い間だけです。家族がいると上京して保育士をするわけにはいきませんが、もし独り身なら東京に行かない理由は少ないと思います。

この記事が、今の働く環境を変えたい人、上京したい人の参考になれば幸いです。

転職サイト・転職エージェントのランキングを知りたい人は「保育士転職サイト比較ランキング」を参考にしてください。
みやこさん

-保育士の転職

Copyright© ほいくのキャリア , 2021 All Rights Reserved.

確実に良い求人が見つかる!
おすすめ保育士転職サイト4選
おすすめ保育士転職サイト4選!