保育士は一度辞めても戻れます

保育士のお悩み

職場復帰が怖い!ブランクで不安な保育士も復職できる理由と必要な準備

投稿日:2019年10月26日 更新日:

この記事は約 10 分で読めます

まーさ
子供も保育園に入れたし保育園に復帰しなきゃなぁ。でも職場復帰ってなんとなく怖いんだよなぁ……。

たしかにブランクがあると職場復帰は不安ですね。でも心配しないでください。保育士はブランク明けでも復帰しやすい仕事です。
みやこさん

育児や出産で保育士を一時的に辞める人は多いですが、いざ復職を考えると怖いですし「できれば職場復帰したくないなぁ……。」なんて不安にかられます。

  • 数年ぶりの職場復帰だから知識も体力もついていけるかな……。
  • 前の保育園は人間関係悪かったしなぁ……。大丈夫かなぁ。
  • 保育士と子育て両立できるかな。育児だけでも大変なのに……。
すごく不安……

「保育士はブランク明けでも復帰しやすい仕事」なんて言われても心配な人は多いはず。

そこでなぜブランクがある保育士でも職場復帰しやすいのか、どんな準備をすれば保育士の復職が怖くなくなるのかをわかりやすく解説しますね。

※保育士の転職活動は無料で任せるのが当たり前

「転職する時間がない……。やり方がわからないしお金もない……。」と悩む人は、保育士バンクに相談しましょう。求人紹介~転職まで導いてくれて、どれだけ頼っても無料です。しかも担当者は元保育士が多いので相談しやすいですよ。もちろん転職相談だけでもOKです。
>> 無料で保育士バンクを使う

ブランクがある保育士は職場復帰の何が不安?

ブランクがある保育士の職場復帰の何が不安?

ブランクがある保育士は、職場復帰のときに以下の不安を抱えています。
みやこさん
  • 以前の保育知識でついていけるか不安
  • 体力的・精神的についていけるか不安
  • コミュニケーションがうまくとれるか不安
  • 年齢的に受け入れてくれる求人があるか不安
  • 育児と保育士を両立できるか不安

以前の保育知識でついていけるか不安

保育の内容は常に変化しています。基本的な保育は同じでも、家庭問題に対する接し方やアレルギー対応、障害児対応など子供一人ひとりのケアの方法は以前と違います。

もちろん乳児のお世話でも抱っこ方法やミルクの扱い方、離乳食など健康に関わる部分で昔の知識ではダメなものはたくさんあります。

参考今と昔の子育ての違いは?育児のやり方・常識がこんなに変わった! | 育児ログ

さらに保育のやり方についても以前に比べて体系化されているため、覚えて慣れるまでに時間がかかることも不安を感じる要素ですね。

コミュニケーションがうまくとれるか不安

保育士は同僚や先輩との人間関係の良し悪しで仕事のやりやすさが全然違います。

とくにブランクがある保育士が職場復帰すると、たとえ経験豊富でもその保育園では若い保育士が先輩になります。そのため、上手くコミュニケーションがとれるか不安になります。

年齢的に受け入れてくれる求人があるか不安

たとえば、30歳で出産して10年子育てをすると40歳です。やはり、それだけブランクがある保育士の職場復帰となると、受け入れてくれる保育園があるかどうかが不安になりますね。

体力的・精神的についていけるか不安

保育士の仕事は子供の相手や保護者対応で、体力的・精神的に辛い仕事です。忙しい中で健康も維持しなければいけないため、ついていけるか心配になる人は多いと思います。

特にブランクが10年、20年あれば、年齢が40-50代という人も多いですね。20代のころのように動けないのは普段の生活でわかっているはずです。

育児と保育士を両立できるか不安

また、受け入れてくれる保育園があったとしても、子供を育てながら保育士を両立できるか不安を感じている人も多いと思います。

まーさ
うん。やっぱり今の保育について行けるか、子育てと保育士が両立できるか不安だなぁ……。

ブランクありの保育士が復職しやすい理由

ブランクありの保育士が復職しやすい理由

ブランクありの保育士には需要がありますし、先ほどの職場復帰の不安も解消できる背景がありますよ。
みやこさん
  • 以前の保育知識でついていけるか不安
  • 体力的・精神的についていけるか不安
  • コミュニケーションがうまくとれるか不安
  • 年齢的に受け入れてくれる求人があるか不安
  • 育児と保育士を両立できるか不安

これらの職場復帰の不安を解消しつつ、ブランクありの保育士が復職しやすい理由をお話しますね。

  • 保育士不足のため潜在保育士の需要が高い
  • 子育ての経験や社会経験を活かせる
  • 多様な勤務体系によって自分に合う働き方ができる
  • 保育知識を補うセミナー・研修が充実している
  • 保育士の子供は優先的に保育園に入園できる
  • 復職予定の保育士に金銭の支援制度がある

保育士不足のため潜在保育士の需要が高い

現在は全国的に保育士不足の状況が続いています。保育士の有効求人倍率は3.2倍で、東京に限ると6倍以上です。これは求人数100人に対して17人しか応募がない状況です。

ブランクのある保育士は基本的な保育知識や技術を持っているため、即戦力として見られます。保育知識や保育スキルが最新ではなくても、経験が浅い保育士より短時間で身につけられます。

子育ての経験や社会経験を活かせる

ブランクのある保育士が出産・育児を経験していた場合は、育児体験を保育に活かせます。もちろん育児と保育は別物ですが、共通部分もありますし、保護者とのコミュニケーションに活かせます。

また若い保育士に比べて社会経験を積んで、人付き合いにこなれていることも保護者対応をする大きな武器になります。

多様な勤務体系によって自分に合う働き方ができる

保育士を辞めた理由が、子育てや介護のためなど時間が合わなかったという人は少なくないです。

今の保育士は以前に比べて勤務体系が多様になっています。正社員、パート、派遣だけじゃなく、固定シフト制、夜勤勤務、早朝勤務など、保育園の運営が変わったことで時間の縛りが減ってきました。

また転職支援サービスが充実したことで、保育士の知識やスキルを活かして院内保育、企業内保育、小規模保育、学童、乳児院、ベビーシッター、託児所など様々な求人を選ぶこともできます。

そのため、時間や体力などに合わせた自分なりの働き方ができることも大きいですね。保育士の働き方の種類や勤務時間の目安は以下を参考にしてください。

保育知識を補うセミナー・研修が充実している

職場復帰しやすいように国や地方自治体が保育士の復帰支援を行っています。
みやこさん

国は保育士不足解消のためにブランクがある保育士、潜在保育士が職場復帰しやすい環境を整えようとしています。

たとえば新しい保育を学ぶために、地方自治体の保育士・保育所支援センターが無料で保育士向けセミナー・研修を行っています。また、支援センターでは復職が不安な人のために相談も受け付けています。

他にも有料ですが、民間企業で保育士向けセミナー・研修が開催されています。このように保育知識を補うセミナーや研修が充実していることも潜在保育士の復帰の後押しになっています。

ちなみに、保育士キャリアアップ研修の「保育実践研修」も潜在保育士など保育現場で実習経験が少ない人が受ける研修です。詳しくは以下を参考にしてください。

保育実践研修は主に子供との関わり方、遊び方、保育の環境作りなどの保育の基礎を身に付ける目的で行われます。
みやこさん

保育士の子供は優先的に保育園に入園できる

国は「子育て安心プラン」の中で、育児との両立が心配、子供を保育園に預けられるか心配という人の助けとして、保育士の子供を優先的に保育園に入園させる「保育士等の子どもの優先入所等に係る取扱い」を平成29年6月からはじめています。

  • 保育施設の入園の可能性が高まる点数付けを行う
  • 親が勤務している保育園に入園できるようにする
  • 親の勤務地が違っても調整して子供を受け入れる

一部で保育士を優先することに反対意見もありますが、待機児童問題の解決には保育士不足の解消が必要です。保育士が1人復帰すると、その地域の待機児童が何人も減らせます。

復職予定の保育士に金銭の支援制度がある

せっかく保育士資格を持っていても、職場復帰のために先立つ物が必要な人もいますね。そのため国や自治体では、就職・復職予定の保育士に金銭の融資を行っています。

保育士就職準備金貸付制度

保育士就職準備金貸付制度とは、就職・復職予定の保育士に対して以下の条件で最大40万円を無利子融資できる制度です。

  • 保育士登録後1年を経過していて、かつ保育施設に勤務したことがないもの
  • 離職から1年以上経過しているもの

融資なので返済の必要はありますが、無利子なのは大きいですし、自治体の指定勤務先に2年間程勤務することで返済が免除になる特典もあります。

詳しくは自治体サイトの保育士就職準備金貸付制度のページを見るか、窓口に問い合わせてください。

未就学児保育料一部貸付制度

未就学児保育料一部貸付制度とは、未就学児の子育てをする保育士に対して就職や職場復帰から1年間は子供の保育料を無利子で貸し付けてくれる制度です。

こちらの融資金額は自治体が決めています。先ほどの保育士就職準備金貸付制度と同じで、自治体の指定勤務先に2年間程勤務することで返済が免除になります。

これら国の支援制度の他に、自治体が独自で奨学金制度を行っていたり、保育園に対する補助金制度を行っている場合があります。詳しくは、各自治体に問い合わせてください。

まーさ
なるほどー。ブランクがある保育士のために保育士向けセミナーとか支援制度があるのはありがたいね。

そうですね。潜在保育士には保育園の需要があるだけじゃなく、国や自治体が復帰支援してくれることがわかれば不安はだいぶ和らぎますね。
みやこさん

ブランクがある保育士が職場復帰するための準備

ブランクがある保育士が職場復帰するための準備

もちろんブランクがある保育士が職場復帰するためには、ある程度の準備も必要です。
みやこさん

まーさ
職場復帰の準備って何をすればいいのかな。

ブランクがある保育士がスムーズに職場復帰するには、自分自身の準備を整えてから、理想の働きやすい保育園などの環境を探す必要があります。

  • 保育士証の確認と書き換え・再発行をする
  • 最新版の保育所保育指針を確認する
  • 保育園の人間関係の良し悪しを事前に見極める
  • 転職サイトでブランクあり求人を探す
  • 子育てと両立ができる保育士求人を探す

保育士証の確認と書き換え・再発行をする

ブランクがある保育士が職場復帰するためには、「保育士資格証明書」と「指定保育士養成施設卒業証明書」だけじゃなく「保育士証」が必要になりました。

そのため平成15年11月以前に保育士を辞めた人は、保育士証の交付を受ける必要があります。保育士証の新規登録には4200円、再交付には1100円の費用がかかります。

また保育士証を持っていても、結婚・離婚で名字や本籍地が変わった場合は書換えが必要です。保育士証の書き換えには1600円の費用がかかります。

保育士証の新規発行・再発行・書き換えは日本保育協会の登録事務処理センターで行います。手続きは郵送なので詳しくは以下を参考にしてください。

最新版の保育所保育指針を確認する

保育所保育指針とは、保育園の運営や保育士が行う保育の基本的な考え方を体系化した厚生労働省の指針のことです。

近年では平成20年に保育所保育指針が大幅に改定され、さらに平成30年にも新しく改定されています。平成30年の改定内容は以下で解説されているので確認してください。

参考保育所保育指針解説 - 厚生労働省

保育園の人間関係の良し悪しを事前に見極める

どんな職場でも、人間関係の良し悪しを見極めることは大切です。
みやこさん

あなたが保育園に合うかどうかは実際に働かないとわかりませんが、保育園の人間関係や雰囲気は事前にある程度見極められます。詳しくは以下を参考にしてください。

保育園の人間関係を見極める方法
  1. 口コミサイトで評判をチェックする
  2. 保育士転職フェアで人間関係を見分ける
  3. 園見学で人間関係を見分ける
  4. 面接の逆質問で人間関係を見分ける
  5. 保育園の人間関係について率直な印象を聞く
  6. 口コミサイトで見つけた気になる話題を振る
  7. 保育園の求人状況について印象を聞く
  8. 保育園の情報を集めてもらうように依頼する
ここを押さえましょう

ブランクあり求人を保育士転職サイトで探す

保育士は売り手市場です。有効求人倍率も3倍以上なので、10年以上のブランクでも復職できる求人はたくさんあります。以下の保育士転職サイトはブランクOKの求人が多いです。

子育てとの両立ができる保育士求人を探す

子育てと保育士が両立できるか心配な人は多いですが、そもそもどんな仕事でも子育てとの両立は難しいものです。そんな中で、保育士は比較的子育てを両立しやすい仕事だと思います。

「保育士は子育てと両立できない」と思いこむと職場復帰が遠のきます。以下の記事でなぜ保育士が子育てと両立しやすい仕事なのかを解説しているので、参考にしてください。

子育てと保育士の両立を実現するには、なるべく決まった時間で働けることが大切です。叶いやすい職場は小規模保育園、企業内保育所などがあります。

また、わたしも利用していた託児所付き保育園求人もおすすめです。託児所付き保育園なら朝は子供と登園できますし、託児所の締め時間があるので帰りも遅くなりません。

まーさ
ブランクありでも大丈夫なら、もう一回挑戦してみようかな。

あとは健康のためにウォーキングしたり、食事に気をつけたり、夜ふかししないなども大切ですよ。
みやこさん

ブランクありOKの保育士求人を探せる転職サイト

ブランクありOKの保育士求人を探せる転職サイト

先ほどもお伝えした通り、転職サイトを使えばブランクありOKの保育士求人はかんたんに探せます。
みやこさん

転職サイト・転職エージェントで検索すれば、「ブランクOK」「復帰率高」の求人がたくさん見つかります。

選び方がわからない人は、わたしが使っていた転職サイト・転職エージェントを試してください。

転職サイト・転職エージェントのおすすめは、WEB面接や転職フェアなどサポートの質が高い保育士バンクです。担当者に元保育士が多く悩みを相談しやすいですし、非公開求人も豊富です。

他にも関東に強く実績が豊富なマイナビ保育士、電話連絡がなくマイペースで転職活動ができるジョブメドレー、転職まで最短で導いてくれる保育ひろばを使っていました。

\ すべて無料で使える!登録・退会もたった1分 /

それぞれの特徴は以下でまとめたので、転職を視野に入れている人、保育園に不満がある人は早めに読んで参考にしてください。

現役保育士43万人のうち保育園を辞める人は年間3.3万人、うち2.6万人は違う保育園に転職し、6000人が休職or別職業に転職します。さらに6000人中2000人が保育士に復職するのが今の保育業界です。

保育士等に関する関係資料|厚生労働省

そのため、ブランクがある保育士が職場復帰するのは普通のことです。むしろこれだけ職場復帰を歓迎してくれるのは、保育業界以外ないと思います。

ブランクがあると職場復帰が怖くなりますが、しっかり準備すれば心配する必要はありません。「ブランクOK」の求人は、あなたの保育経験と人生経験を求めています。

転職サイト・転職エージェントのランキングを知りたい人は「保育士転職サイト比較ランキング」を参考にしてください。
みやこさん

-保育士のお悩み

Copyright© ほいくのキャリア , 2021 All Rights Reserved.

確実に良い求人が見つかる!
おすすめ保育士転職サイト4選
おすすめ保育士転職サイト4選!