保育士は一度辞めても戻れます

保育士のお悩み

保育園を辞めるのが不安…辞めても保育士に復帰できる?

投稿日:2019年10月26日 更新日:

この記事は約 3 分で読めます

まーさ

園長に退職の意思を伝えたら、「保育士にはもう戻れないよ!」的なことを言われたことないですか?「戻れないなら辞めない方が良いのかな……。」と不安になる人もいるかもしれません。でも、だいじょうぶです。辞めてもちゃんと保育士に戻れますよ。保育業界の現状を知れば、理由がわかります。

「そうなの、今みんなが忙しいこの時期に辞めるのね。……保育士になるのが夢だって言ってたけど、保育士は一度辞めたら戻ってこれないからね?それでいいのね?」

園長が辞めようとする保育士を引き止めたいのはわかりますが、こんな言い方だと良い気はしないですよね。でも、このような引き止めにで退職が不安になって、実際に続けてしまう保育士もいます。

保育士が引き止められて、続けることになっても心にモヤモヤが残ります。こんな状態で保育士を続けても、良い保育はできません。だったら一度辞めて、スッキリしてから復帰すれば良いんです。

一度保育士を辞めても復帰できる理由

一度保育士を辞めても復帰できる理由

まーさ
安心してください!どれだけ園長に嫌味を言われて退職をしても、後から保育士として復帰できますよ!理由は以下の通りです。
  • 保育士の有効求人倍率はとても高い!
  • 保育士資格は更新する必要がない!

保育士の有効求人倍率はとても高い!

保育士の有効求人倍率(求人数÷求職者数=有効求人倍率)は、毎年11-1月ごろがピークです。保育士の有効求人倍率については、以下を参考にしてください。

もっとも高い時期は、全国平均で有効求人倍率3.2倍、東京都で6倍以上になります。こんな状況で保育士として復帰できない理由があるなら、逆に園長に聞きたいですね。

保育士資格は更新する必要がない!

もちろん、一度保育士を辞めてしまっても、あなたの保育士資格がなくなるわけではありません。

保育士資格は更新の必要もありません。ただし、結婚して名字が変わったり、本籍地が変わったときは、保育士証書換え交付申請手続きをしなければいけません。書き換え方法は以下を参考に。

また、保育士は、5年、10年のブランクがあっても復帰できます。むしろブランク明けでも復帰を歓迎されると思います。もし心配なら、パート保育士から始めたり、派遣保育士で働く方法もあります。

今の保育業界の入退職の流れ

今の保育業界の入退職の流れ

現在、現役保育士41万-43万人のうち、保育園を辞めたい・転職したいと考えている人は3割、12万人ほどいます。実際に保育園を辞める保育士は、年間3.3万人です。

そのうち8割近くの2.6万人は違う保育園に行き、残りの6000人以上が別の職業に転職したり、一時的に休職をします。

そして、別の職業に転職したり休職した6000人のうち、2000人ほどがしばらくして保育士として復職するのが、今の保育業界の1年間の人の流れです。

保育士等に関する関係資料|厚生労働省

わたしはこれまで何度も転職してますが、そのうち2回は出産で一度保育士を辞めて、しばらくしてから違う保育施設に復職しています。

保育園を辞めて他の保育園に転職したり、子育て支援センターや学童保育などに転職することは珍しくないことです。もちろん、一息つきたい場合は、一時的に休職しても良いと思います。

保育士の復帰は簡単なので辞めてもOKです

保育士の復帰は簡単なので辞めてもOKです

わたしの長い保育業界の経験で、1番厄介だなと思うのは人間関係です。

わたし自身はあまり人と揉めないんですが、保育士同士の人間関係が悪かったり、保育士が保護者から無茶なクレームを受けたり、新人保育士が先輩保育士から泣かされるのを見ると良い気はしません。

給料が多少安くても、持ち帰り仕事が多くても、何も考えられないくらい忙しくても、子供の笑顔と成長を見れば報われますが、人間関係で追い詰められるとすべてがどうでもよくなります。

人間関係が悪いと、他がどれだけ良くても充実感を得られません。そのため、人間関係で精神的に限界な人は、たとえ今の保育園がどのような状態でも転職や休職を考えるべきだと思います。

「一度保育園を辞めたら、もう保育士として働くことができない……。」保育業界はそんな不健全な業界じゃありません。

今の働き方、働く場所に不満があるなら、周りを見渡してじっくり考えてみましょう。そして、人間関係に悩んでるなら、早めに環境を変えるように動きましょう。

もし保育士として復帰しやすい保育園を探したいなら、「ブランクOK」「復帰率高」の求人を検索してください。転職サイトは50以上ありますが、おすすめは保育士バンク保育ひろばマイナビ保育士です。転職サイトは複数登録が基本です。ほとんどの転職者がこの中のどれかには登録してると思います。

保育士バンクは保育士のおすすめNo.1!

業界最大手「保育士バンク」は押さえた方が良いです。公開求人2万件+非公開求人1万件を保有しているため、地方転職には欠かせません。全国に拠点があり、転職フェアも多数開催しています。

キャリアアドバイザーに元保育士が多いため、保育現場を理解した悩み相談ののってもらえます。また、「ブランクOK」「初心者歓迎」の求人が多いのも特徴です。

保育士バンク
公式サイトはこちら
保育士バンク
口コミと詳細

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

保育ひろばは業界実績も知名度もある!

短期間ですぐ転職したい!という人は「保育ひろば」を利用しましょう。キャリアアドバイザーの熱意が高く、登録から転職まで平均2週間という転職の速さが売りです。

保育ひろばは知名度も高く、頻繁に転職フェアを開催しているので安心して転職サポートを任せられます。お客様満足度94.2%というのもポイントですね。

保育ひろば
公式サイトはこちら
保育ひろば
口コミと詳細

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

関東の転職はマイナビ保育士がおすすめ

関東の転職なら「マイナビ保育士」は外せません。マイナビの知名度は大きいですし、多くの転職ノウハウに基づいたサービスが期待できます。

求人、キャリアアドバイザー、サービス、口コミすべて1-2を争う質の高さです。希望しなければ電話連絡がない「マイページ会員サービス」に使いたい人もいるでしょう。

マイナビ保育士
公式サイトはこちら
マイナビ保育士
口コミと詳細

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。


登録した方が良い転職サイトの比較

総合評価

4.70

保育士バンク

4.58

保育ひろば

4.63

マイナビ保育士
公開求人数

4.7

20,020件:非公開1万件~

4.5

9,737件:非公開不明

4.5

9,206件:非公開不明
求人地域

4.8

全国対応で地方も多い、拠点は8都道府県

4.7

全国対応で地方少なめ、拠点は34都道府県61箇所

4.3

関東+関西対象で地方なし、拠点は9都府県10箇所
コンサルの質

4.7

元保育士が多く悩みを相談しやすい

4.6

熱意があって引っ張ってくれる

4.8

ノウハウが豊富で対応がきめ細やか
サービス充実度

4.6

転職フェアが多い、非公開求人が多い

4.7

平均2週間で転職、転職フェアが多い

4.7

関東で圧倒的に強い、サポートが厚い
口コミ評価※

4.8

口コミ評価+特徴

4.0

口コミ評価+特徴

4.8

口コミ評価+特徴
公式サイトの確認
ここから登録
保育士バンク
ここから登録
保育ひろば
ここから登録
マイナビ保育士
口コミは総合評価から除外

転職初心者が気軽に使えるジョブメドレー

どうしても電話連絡が嫌な人は、「ジョブメドレー」に登録しましょう。公開求人が2.5万件もあり、他の転職サイトだと数が少ない地方求人も見つかります。

またジョブメドレーは自分で求人を探して、自分で応募するセルフ方式です。担当は付きませんが、困ったときはヘルプのお願いも可能です。

ジョブメドレー保育士
公式サイトはこちら
ジョブメドレー保育士
口コミと詳細

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

まーさ
保育士転職サイトランキング厳選トップ10!」も参考にしてください☺️

-保育士のお悩み

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.