保育士の転職

最初の電話面談で転職コンサルタントと何を話すの?準備は必要?

投稿日:2018年12月7日 更新日:

この記事は約 7 分で読めます

転職サイトで最初の電話面談って大切?

まーさ
こんにちは!保育士のまーさです。今回は、保育士転職サイトに登録後の電話面談で、転職コンサルタントと話す内容、準備した方が良いものについてお話します。

保育士転職サイトを選ぶポイントの1つは、転職コンサルタントの相性です。

もちろん、人と人のお話なのでお互いの相性は大切ですが、これからいろいろお世話になるため、あなたが転職コンサルタントを見極めてください。

と言っても、電話面談の話のリードは転職コンサルタントのお仕事です。あなたは転職コンサルタントの質問に素直に答えて、素直に質問をぶつけてみてください。

では、最初の電話面談で転職コンサルタントと何を話すのか、あなたが用意した方が良い情報とは何でしょうか。

11月の大切なお知らせ

11-12月は求人情報がたくさん出ます。年度末退職の保育士は決まってるので、保育園はどんどん募集を開始します。条件が良い求人は非公開が多く、すぐなくなるので早めに行動です!まずは、以下の「ジョブメドレー」と「マイナビ保育士」をクリックして、登録を済ませましょう。

  • ジョブメドレー
    関東圏も地方も求人が充実!コンサルから電話連絡がないのでおすすめ!
  • マイナビ保育士
    転職支援の知名度は抜群で、サポートも手厚い!関東圏の転職なら絶対!

転職コンサルタントと話す内容は

転職コンサルタントと話す前に準備をして、有意義な電話面談にしてください。電話面談前に詳細情報の登録が必要な転職サイトもあるので、初めにしっかり考えておきましょう。

話す内容1.いつごろ転職を希望するか

いつごろの転職を希望されますか?
みやこさん

もっとも大切な情報は、あなたがいつごろ転職したいかです。転職コンサルタントも、まず転職の時期を聞きます(現在就業中の場合は退職の時期も)。

保育園・幼稚園勤務だと、できれば年度末の退職が良いと思います。それ以外の時期は、あまり印象が良くないです。退職の適切な時期は、以下で説明しているの参考にしてください。

転職活動の時期はいつでもOKです。保育士の採用試験が7-9月ごろ、次年度のクラス編成が12月ごろと考えると、正規職員として働きたいならベストは春ごろ、遅くても夏から秋にかけてでしょう。

保育士転職サイトに登録するのは、もっと早くても構いません。

まーさ
あんまり早く登録しても、意味ないんじゃないの?

と考える必要はありません。できるだけ早めに複数の転職サイトに登録して、使いやすい転職サイト、話しやすい転職コンサルタントを探してください。

早い時期に、「とりあえず~。」という意識で登録しても構いません。電話面談では「まずは求人を見てから、転職時期の相談もしたい。」と話しましょう。

話す内容2.なぜ転職をしたいと考えているのか

どのような理由で転職をお考えですか?
みやこさん

この質問は、転職コンサルタントが保育士の現状の不満を理解するため、またはアピールポイント探すためによく聞かれます。

転職の理由を聞かれるのは、人によっては「嫌な出来事」「思い出したくないこと」に感じるかもしれません。ただ、転職によって問題を解決するためにはとても大切な情報です。

そのため、転職を考えている理由がお給料なのか、勤務時間なのか、保育方針なのか、人間関係なのかなどは明らかにしましょう。

話す内容3.待遇面など譲れない条件はあるか

これだけは譲れないという条件はありますか?
みやこさん

電話面談では、転職の条件も聞かれます。たとえば、「自宅から職場までの時間」「勤務時間」「休暇日数」「給与額」「転職先の施設形態」「保育園の規模」などです。

転職コンサルタントからよく聞かれる質問

  • 正規希望かパート希望か
  • 自宅から職場までの出勤時間・距離
  • 希望する勤務時間や時間帯
  • 希望する休暇日数や休暇を望む時期
  • 希望する給与額
  • 希望する転職先の施設形態
  • 希望する就業先の規模・人数など

これらの答えは用意してください。ただし、勤務時間や休暇日数、お給料などの基準がわからなければ、素直に質問しましょう。そのうえで、譲れない条件、譲れる範囲がどこまでなのかを話し合いましょう。

話す内容4.保有資格やアピールポイント

お持ちの資格やこれまでの仕事の経験で、アピールポイントがあれば教えてください。
みやこさん

とコンサルタントに言われたら、遠慮せずアピールしてください。

まず、保有資格はすぐに答えられますね。保育士資格、幼稚園教諭免許(一種・二種)以外の保育とは関係ない資格も答えてください。「どうせ関係ないし……。」と考える必要はありません。

アピールポイントも、謙遜や遠慮はしない方が良いです。保育園は、単純に保育のスキルが高いだけでなく、どんな人が応募をしてくるのかを知りたいんです。

そのため、第一は保育に関するアピールですが、第二、第三のアピールポイントは、これまでの人生経験や夢中になった趣味でもOKです。

他人が何をプラスに受け取るかわからないため、あなたが結果を出したことやがんばったことを説明できるように簡単にまとめておきましょう。

話す内容5.どのような保育士を目指すか

保育に対しての理想や目指している保育士像はありますか?
みやこさん

昔よりも気軽になりましたが、やっぱり転職は人生の転機の1つです。ただ、これは保育園にも言えることで、新しい人を雇うことは園にとっても重要なことです。

そのため、転職をしたいあなたの前向きな決意表明が必要です。けっして後ろ向きな気持ちで転職するんじゃなく、どのような保育士を目指したいかを意識しましょう。

転職コンサルタントとのやり取りでしてはいけないこと

転職コンサルタントとの電話面談でしてはいけないこと、気をつけた方が良いこともあります。

注意点1.仕事の意欲がない・やる気がない言動

まーさ
とりあえず、楽なところで働きたーい。でもある程度給料は欲しいー。

……まぁ、そういう人もいるとは思いますが、仕事の意欲がない・やる気がない言動はダメです。

まず、あなたの目的をはっきりしましょう。やる気の有無はおいといて、目的は「今の職場を円満退職して、できるだけ良い条件ですっきりと転職できること」ですよね。

では、転職コンサルタントの目的は何でしょうか。それは「保育士と保育園をマッチングして、保育園から成功報酬をもらうこと」です。もっと言うと、「保育園に良い保育士を紹介して、次も利用してもらうこと」です。

つまり、あなたがやる気がない人だとわかったら、そもそも保育園に紹介したくないんです。

注意点2.偉そう・横柄な言動

まーさ
なんでもっといいとこ紹介してくれないの?仕事でやってるんでしょ?

まともな社会人なら、こんな言い方をする人はいないと思いますが、イライラしているときの言葉遣いで、印象が悪くなる可能性はあります。

もしイライラしていても、落ち着いて考えてください。あなたが転職をしたい保育業界は、子供やその親を相手にするお仕事です。思い通りにならないこともありますし、理不尽なことも経験します。

そのたびにイライラの感情が出る性格だと、転職コンサルタントに「子供の相手をする職業は向いていないな……。」と思われてしまいます。

注意点3.ネガティブ・他者への攻撃的な発言

まーさ
お給料も安いし、拘束時間も長いし、職場の人も意地悪だし、設備も整ってないし、園長もなんとなく太ってて嫌な感じだし、あとそれから……。
…………。
みやこさん

感情的に、現状の不満を転職コンサルタントにぶつける人もいます。

転職コンサルタントは、ポジティブな気持ちで問題をいっしょに解決するパートナーです。ストレス解消をする相手ではありません。

あなたにネガティブな発言や攻撃的な発言が多いと、「転職後も同じような態度を取るかも……。」と心配するはずです。

注意点4.連絡を無視する・応答が遅い

転職コンサルタントから電話やメールで連絡があっても、いつでもすぐに応答できるわけではありません。

ただ、何度連絡をもらっても無視したり、「すぐに連絡が欲しい。」と言われて3日後に連絡するなど、レスポンスが遅い人はやる気が無いと思われます。

まーさ
えぇー、だってーもう他で転職先決まったしぃー。

もちろん、保育士転職サイトはいくつ掛け持ちしても問題ありません。ただ、あなたのために時間を使った転職コンサルタントには、連絡して最低限のお礼を言いましょう。

人としてどうなの?という話ですね。そんな人は、普段からもそう見られてるかもしれません。

何か質問はありますか?と聞かれたときの返答

お話は以上ですが、何か他に質問はありませんか?
みやこさん

さて、電話面談の終わりに、転職コンサルタントから「何か質問(不明確なところ)はありますか?」と聞かれるはずです。これは、どのような面談でも最後にある定型文です。

ただ、単なる定型文だと思って、「いえ、とくにありません。」と定型文で返さないでください。

以前、面接をしている主任に聞いたんですが、「いえ、とくにありません。」と返す人の評価はあまり良くないとのこと。じゃあ、何を言えば良いんでしょうか。

返答1.サポート内容を細かく聞く

保育士転職サイトは、それぞれサポート内容が違います。そのため、転職意欲が高い人は、サポート内容を詳しく知りたいはずです。忙しい中で時間を有効活用するために、サポート内容は細かく聞いておきましょう。

転職サイトのサポート内容例

  • 求人紹介
  • 転職・就職相談
  • 無料セミナー
  • 面接日程調整の代行
  • 面接対策
  • 条件交渉代行
  • 住居探しのサポート
  • 引っ越しのサポート
  • 退職交渉のアドバイス

返答2.転職コンサルタントとの連絡の取り方を聞く

転職コンサルタントは、「わからないことがあれば、いつでもご連絡ください。」と言いますが、具体的にいつ、どのように、どのような用事で連絡すれば良いかを教えてくれません。

そのため、「では、○○さんはいつごろお電話すれば良いしょうか。目安の時間を教えてください。」とある聞くだけでも、「この人はやる気がある人だ。」と思われます。

もちろん、自分の電話対応がしやすい曜日や時間帯も伝えておきましょう。

返答3.何もない場合も定型文以外を返す

サポート内容や連絡のとり方を詳しく説明されていても、「いえ、とくにありません。」とは返さない方が良いです。

もし、何もなかったら「ありがとうございます。不明点はすべて説明していただいたので、今は問題ありません。わからないことがあれば改めて質問いたします。」と返しましょう。

転職初心者はまずジョブメドレーが安心

転職サイトは、いくつか登録した方が良い条件で転職できますが、最初は登録も不安。なので、わたしが最初におすすめするのは、「ジョブメドレー」です。

なぜなら、希望しなければ電話がかかってこないから!けっこう電話が嫌な人って多いです。わたしもあんまり好きじゃありません。必要な場合は、こっちから連絡取ればOKです。

\転職サイトは無料で転職できる最強ツール!/

登録無料でお祝い金ももらえる!保育士の転職ならジョブメドレー

キャリアサポートが無料対応!
転職が成功するとお祝い金!
関東圏も地方も求人が充実!

ジョブメドレーは全国展開してるので、近所の求人傾向を知るにも便利です。慣れたら、他も試してみればOKです。あなたは、今の保育園の待遇にいつまで耐えるつもりですか?

まーさ
以下からお気軽に、TwitterやFacebookでシェアしてもらえるとうれしいです☺️

-保育士の転職

Copyright© ほいくのキャリア , 2019 All Rights Reserved.