保育士の転職

保育士転職サイトの電話面談でキャリアアドバイザーと話す内容

投稿日:2018年12月7日 更新日:

この記事は約 6 分で読めます

まーさ
転職サイトに登録したら電話面談があるんでしょ?何話すか不安なんだけど……。

心配しなくてだいじょうぶです。担当者は転職条件を聞きたいだけで、ファミレスのオーダーと同じだと思ってください。
みやこさん

転職サイトに登録すると、1-2日以内に電話がかかってきます。初めて転職サイトを使う人はびっくりするかもしれませんが、話の内容は転職の希望条件を伝えることです。希望条件を伝えると、次回の電話であなたにあった求人を紹介してくれます。

電話ではなくて対面面談を重視する転職サイトもありますし、登録するときに面談の時間を予約できる転職サイトもあります。もし面談で何を話すか不安な人は、この記事を読めば安心できますよ。

電話面談or対面面談で話す内容は?

電話面談で話す内容は?

電話面談or対面面談では主に以下のことを話します。

  • なぜ転職をしたいのか
  • 現在どこかで働いているか
  • いつごろ転職を希望するか
  • どこで転職を希望するか
  • 待遇面など転職条件はあるか
  • 保有資格やアピールポイント
  • どのような保育士を目指すか

なぜ転職をしたいのか

みやこさん
どのような理由で転職をお考えですか?

この質問は担当者が保育士の不満を理解したり、アピールポイント探すために聞かれます。転職理由は人によっては「嫌な出来事」に感じるかもしれませんが、転職で問題を解決するために大切な情報です。

転職の理由が給料なのか、勤務時間なのか、保育方針なのか、人間関係なのかはなるべく具体的に話しましょう。不満の自己分析をすると、転職したい理由が明らかになりますよ。

現在どこかで働いているか

みやこさん
現在はどこかでご就業中ですか?

まずは今働いているかを聞かれます。保育士は潜在保育士から復帰する人も多く、潜在保育士に向いている求人もたくさんあります。

いつごろ転職を希望するか

みやこさん
いつごろの転職を希望されますか?

転職活動の時期によって、どのような求人をいつ紹介するかが変わります。すぐ転職したい人にはどんどん求人紹介が必要ですし、1年後に転職したい人は求人内容に合わせた紹介をしなければいけません。

どこで転職を希望するか

みやこさん
ご希望の転職地域はございますでしょうか?

地域によっては求人が少ないかもしれません。その地域の公開求人が少なくても、非公開求人は多い可能性もあるので、「その地域に非公開求人はありますか?」など聞いても良いです。

待遇面など転職条件はあるか

みやこさん
転職先に対して、待遇面などの条件はありますか?

電話面談では転職の条件も聞かれます。たとえば、「自宅から職場までの時間」「勤務時間」「休暇日数」「給与額」「転職先の施設形態」「保育園の規模」などです。

  • 正規希望かパート希望か
  • 自宅から職場までの出勤時間・距離
  • 希望する勤務時間や時間帯
  • 希望する休暇日数や休暇を望む時期
  • 希望する給与額
  • 希望する転職先の施設形態
  • 希望する就業先の規模・人数など

勤務時間や休暇日数、給料などの基準がわからなければ目安を聞きましょう。そのうえで、譲れない条件、譲れる範囲を話し合いましょう。

保有資格やアピールポイント

みやこさん
お持ちの資格やこれまでの仕事の経験を教えてください。

保育士資格、幼稚園教諭免許以外の保育と関係ない資格も答えてください。保育経験やアピールポイントも謙遜しない方が良いです。保育園は保育スキルだけでなく、どんな人が応募するか知りたいんです。

そのため、第一は保育のアピールですが、第二、第三のアピールは人生経験や夢中になった趣味でもOKです。あなたが結果を出したことやがんばったことを話しましょう。

どのような保育士を目指すか

みやこさん
保育に対する理想や目指している保育士像はありますか?

あなたにとって、転職は人生の大切な転機の1つです。ただこれは保育園にも言えることで、新しい人を雇うことは保育園にとっても小さなことじゃありません。

そのため、転職に対するあなたの前向きな決意表明が必要です。後ろ向きな気持ちで転職するんじゃなく、どのような保育士を目指したいかを意識しましょう。

何か質問はありますか?と聞かれたときの返答

みやこさん
お話は以上ですが、何か他に質問はありませんか?

電話面談の終わりに、担当者から「何か質問はありますか?」など聞かれます。ただ、単なる定型文だと思って「いえ、とくにありません。」と返さないで、以下のように返してください。

  • 転職サイトのサポート内容を聞く
  • 担当者との連絡の取り方を聞く
  • 何もない場合も定型文以外を返す

転職サイトのサポート内容を聞く

転職サイトは、それぞれサポート内容が違います。忙しい中で時間を有効活用するために、サポート内容は細かく聞いておきましょう。ざっくり以下のことについて聞いてください。

  • 求人紹介
  • 転職・就職相談
  • 無料セミナー
  • 面接日程調整の代行
  • 面接対策
  • 条件交渉代行
  • 住居探しのサポート
  • 引っ越しのサポート
  • 退職交渉のアドバイス

担当者との連絡の取り方を聞く

担当者は、「わからないことがあれば、いつでもご連絡ください。」と言いますが、具体的にいつ、どのように、どのような用事で連絡すれば良いかわかりません。

そのため、「いつごろお電話すれば良いですか。目安を教えてください。」と聞くだけでも、「この人はやる気がある人だ。」と思われます。また自分の電話対応しやすい曜日や時間帯を明確に伝えておくと、変な時間帯の電話連絡を防げます

何もない場合も定型文以外を返す

もし聞くことがなかったら、「ありがとうございます。不明点は説明していただいたので、今は問題ありません。わからないことがあればあらためて質問します。」と返しましょう。

転職サイトの電話面談を面倒だと思うのはもったいない

転職サイトの電話面談を面倒だと思うのはもったいない

まーさ
うーん、地味にめんどくさい……。

言いたいことはわかりますが、その考えはもったいないですよ。電話面談は転職のために大切なことです。
みやこさん

担当者と電話面談をする以下の重要性を把握しておきましょう。

  • 担当者に要望を伝えるため
  • 面接の質問事項を想定できるため
  • 担当者に良い印象を与えるため
  • 担当者との相性を見極めるため

担当者に要望を伝えるため

電話面談をする理由は担当者に自分のことを知ってもらい、最適な求人を紹介してもらったり、転職したい保育園にアピールしてもらうためです。

面接の質問事項を想定できるため

電話面談の質問の内容は、ほとんどが転職面接で面接官から質問される内容ばかりです。そのため、担当者との面談は、転職面接の予行演習になります。

担当者に良い印象を与えるため

転職の成功は担当者のがんばりにも左右されます。良い印象を与えれば、担当者も動きやすくなります。以下のような人は担当者に嫌われます。嫌われると真剣に動いてもらえなくなります。

担当者との相性を見極めるため

転職サイトを選ぶ要素の1つは、担当者との相性です。どれだけ良い人でも、相性が合わないと良い転職活動はできません。そのため、あなたが担当者との相性を見極めるつもりで接してください。

まーさ
大事なのはわかるけどやっぱり電話は嫌だなぁ。苦手というか怖いというか。

たしかに電話が苦手な人、怖い人は前より増えてる気がします。
みやこさん

まーさ
やっぱり電話嫌いだと転職サイトは使えないよね?

いいえ、電話連絡がほぼないジョブメドレーを使ってみてはいかがでしょう。
みやこさん

電話連絡が嫌な人にはジョブメドレーがある

電話連絡が嫌な人は転職サイトを使えない?

どうしても担当者から電話がかかってくるのが嫌な人、電話が怖い人は、諦めないでジョブメドレーを使いましょう。ジョブメドレーは、自分で求人を探して応募するセルフ方式の転職サイトです。

もし相談したいときは、こちらからLINE、メール、電話で担当者に連絡できます。とくにLINEは便利で、相談だけじゃなく求人紹介を受けたり、保育園のスカウト通知もされるので見逃すこともありません。

電話連絡がほぼないので気軽に登録できますね。気になる人は以下からチェックしてください。

まーさ
保育士転職サイトランキング厳選トップ10!」も参考にしてください☺️

-保育士の転職

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.