保育士が転職サイトを使って転職に成功するまでの流れ

保育士の転職

保育士転職サイト・転職エージェントの使い方、転職の進め方は

投稿日:2019年11月25日 更新日:

この記事は約 6 分で読めます

まーさ
こんにちは!保育歴20年の保育士まーさ(@mama_ism)です。
「転職サイトに登録して求人検索してみたけど、ここからどうやって転職すれば良いの?」という疑問を持っている人は、この記事をしっかり読んでください。転職サイトを使った転職の流れ・進め方を説明します。

保育士が転職するなら、必ず保育士転職サイトを使ってください。転職サイトを使えば、転職活動が効率的で楽になります。転職サイト登録と求人紹介の流れは以下で解説しています。

転職活動でもっとも大切なことは、求人情報を集めることです。希望の転職先を見つけるには、たくさんの求人情報が必要です。求人情報の集め方、転職の進め方は以下の通りです。

転職サイトを使った保育園採用までの流れ

転職サイトを使った保育園採用までの流れ

  1. 転職したい地域や給料など待遇面の条件を決める
  2. 希望条件をもとに保育士転職サイトで求人情報を集める
  3. 集めた求人情報から転職候補をピックアップする
  4. 転職フェアや非公開求人の情報も合わせて比較する
  5. 複数の保育園に園見学を申し込む
  6. 複数の保育園に履歴書や職務経歴書を書いて応募する
  7. 保育園と採用面接の日程を調整する
  8. 保育園の傾向を分析して面接対策をする
  9. 複数の保育園の採用面接を受ける
  10. 保育園と勤務時間、休暇などの条件交渉をする
  11. 保育園から内定をもらったら就職を検討する
  12. 内定に返答して改めて就業開始日を決定する
  13. 内定をもらえなかったら原因を探って分析する
  14. 条件を再検討して求人情報を集めなおす

転職したい地域や給料など待遇面の条件を決める

求人情報はフィーリングで集めちゃダメです。自分の中で地域、職種、仕事内容、待遇面、働きやすさなどの条件を決めてから集めてください。

条件がピンと来ない人は「ジョブメドレー」などで求人を検索して、求人票の項目から希望条件を洗い出しましょう。もし希望条件を決められない人は、以下を参考にしてください。

希望条件をもとに保育士転職サイトで求人情報を集める

希望条件が決まったら、転職サイトで求人情報を集めます。条件に合う求人を見つけたら、どんどんお気に入りに登録してください。お気に入り機能は、ほとんどの転職サイトにある機能です。

また条件を転職サイトのキャリアアドバイザーに伝えて、「非公開の良い求人があれば紹介してください。」と依頼してください。

集めた求人情報から転職候補をピックアップする

条件がゆるいとお気に入り登録が増えすぎるので、その都度条件を調整してください。わたしは常に30-40ほどお気に入りに登録していました。

複数の転職サイトを使う人は、お気に入りの求人情報をエクセルやGoogleスプレッドシートでまとめて、保育園の一覧表を作ると転職候補をピックアップしやすくなります。

転職フェアや非公開縦陣の情報も合わせて比較する

転職サイトが開催している転職フェアにも積極的に参加しましょう。また、キャリアアドバイザーから紹介された非公開求人があれば、それも一覧表に入れて比較しましょう。

転職フェアで訪れたブースや非公開求人は公開求人より詳細な情報を得られるため、優先順位を高くすると良いですね。転職フェアの詳細は以下を参考にしてください。

複数の保育園に園見学を申し込む

転職で後悔しないために園見学に行きましょう。園見学では、「自分のアピール」「情報収集」「保育園の実態を知る」という3つの目的を達成できます。園見学の方法は以下を参考にしてください。

保育情報どっとこむ」など、転職サイトの中にはキャリアアドバイザーが園見学に付き添うこともあります。

複数の保育園に履歴書や職務経歴書を書いて応募する

保育園など転職候補が決まったら、求人に応募します。転職サイトの登録情報から、履歴書や職歴書などを保育園に送れる転職サイトもあります(後日原本郵送や面接時提出が多い)。

また、非公開求人はキャリアアドバイザーに保育園の面接の日程を調整してもらいましょう。履歴書や職歴書などの書き方も教わってください。履歴書の書き方は以下を参考にしてください。

保育園と採用面接の日程を調整する

求人に応募して書類選考が通ったら、次は保育園と面接の日程調整をします。日程調整は基本的に自分でしますが、非公開求人はキャリアアドバイザーに任せれば良いと思います。

保育園の傾向を分析して面接対策をする

面接の日程が決まったら、面接対策をして本番に臨みましょう。面接は、「保育園の評価ポイントを理解する」「保育士としての受け応えを想定する」「面接の受け応えをとにかく練習する」ことが大切です。

キャリアアドバイザーに保育園の特徴を聞いて、面接でどんな質問をされるか、どう答えれば良いか分析してください。

複数の保育園の採用面接を受ける

希望する保育園に行って面接を受けます。面接に必要な身だしなみ、マナー、立ち振る舞いは、以下を参考に押さえておいてください。

保育園と勤務時間、休暇などの条件交渉をする

面接した保育園の条件をすべて受け入れる必要はありません。と言っても、面接でストレートに待遇の話を聞くのは控えるべきですし、「後から交渉させてください。」とも言いづらいですよね。

そこで、面接前にキャリアアドバイザーに条件交渉して欲しい内容を伝え、面接後には面接でわかった情報を持ってキャリアアドバイザーと話し合いましょう。詳しくは以下を参考にしてください。

保育園から内定をもらったら就職を検討する

稀に面接時に採用後の話をする採用担当者もいますが、複数園の面接を受けている場合は話に乗っからなくてもだいじょうぶです。

働き始める時期を聞かれたら、余裕をもっと伝えておくと焦らずに返答できます。また、内定を辞退したい場合は、キャリアアドバイザーから保育園の採用担当者に内定辞退を伝えてもらいましょう。

内定に返答して改めて就業開始日を決定する

晴れて保育園から内定をもらったら、次は実際の就業開始日を保育園の採用担当者と話し合います。保育園の意向で、就業開始日があらかじめ決まってる場合もあります。

内定をもらえなかったら理由を聞いて分析する

保育園から内定をもらえなかったら、キャリアアドバイザーと話し合って理由を探りましょう。キャリアアドバイザーは保育園に理由を聞くので、後から必ず理由を聞いて分析することが大切です。

条件を再検討して求人情報を集めなおす

もし手持ちのお気に入り求人の数が減ったら、条件を再検討して求人情報を集めなおしてください。基本的にはこの繰り返しが転職活動です。

転職サイトを活用する流れを頭に入れて活動しよう!

転職サイトを活用する流れを頭に入れて活動しよう!

もう一度まとめます。多少順番の前後はありますが、保育士転職サイトを使って転職するなら、まずはこれらの大まかな流れを頭に入れてください。

転職サイトを使って転職するまでの流れ

  1. 転職したい地域や給料など待遇面の条件を決める
  2. 希望条件をもとに保育士転職サイトで求人情報を集める
  3. 集めた求人情報から転職候補をピックアップする
  4. 転職フェアや非公開求人の情報も合わせて比較する
  5. 複数の保育園に園見学を申し込む
  6. 複数の保育園に履歴書や職務経歴書を書いて応募する
  7. 保育園と採用面接の日程を調整する
  8. 保育園の傾向を分析して面接対策をする
  9. 複数の保育園の採用面接を受ける
  10. 保育園と勤務時間、休暇などの条件交渉をする
  11. 保育園から内定をもらったら就職を検討する
  12. 内定に返答して改めて就業開始日を決定する
  13. 内定をもらえなかったら原因を探って分析する
  14. 条件を再検討して求人情報を集めなおす

細かい調整はある程度キャリアアドバイザーにお任せできますが、流れは覚えてください。流れを覚えると、キャリアアドバイザーにお願いしたいサポート内容もはっきりします。

サポート内容は転職サイトを選ぶ大切な要素です。ということは、あなたの人生を左右する要素なので、何度も見直してください。

複数の保育士転職サイトから自分に合うサービスを見つけよう

複数の保育士転職サイトから自分に合うサービスを見つけよう

転職サイト・キャリアアドバイザーは合う・合わないがあるので、自分に合うサービスを見つけられるように複数登録しましょう。

ただ保育士転職サイトは50以上あるので、すべてを試すのは現実的じゃありません。なので、まずわたしがおすすめする保育士転職サイトを試してください。

おすすめは「保育士バンク」「保育ひろば」「マイナビ保育士」です。転職サイトは複数登録が基本です。ほとんどの転職者がこの中のどれかには登録してると思います。

3つとも登録した方が良いですが、それぞれ特徴が違うため当てはまるものに登録しましょう。

保育士バンク、マイナビ保育士、保育ひろば

保育士バンクは保育士のおすすめNo.1!

業界最大手「保育士バンク」は押さえた方が良いです。公開求人2万件+非公開求人1万件を保有しているため、地方転職には欠かせません。全国に拠点があり、転職フェアも多数開催しています。

キャリアアドバイザーに元保育士が多いため、保育現場を理解した悩み相談ののってもらえます。また、「ブランクOK」「初心者歓迎」の求人が多いのも特徴です。

保育士バンク公式サイト

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

保育ひろばは業界実績も知名度もある!

短期間ですぐ転職したい!という人は「保育ひろば」を利用しましょう。キャリアアドバイザーの熱意が高く、登録から転職まで平均2週間という転職の速さが売りです。

保育ひろばは知名度も高く、頻繁に転職フェアを開催しているので安心して転職サポートを任せられます。お客様満足度94.2%というのもポイントですね。

保育ひろば公式サイト

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

関東の転職はマイナビ保育士がおすすめ

関東の転職なら「マイナビ保育士」は外せません。マイナビの知名度は大きいですし、多くの転職ノウハウに基づいたサービスが期待できます。

求人、キャリアアドバイザー、サービス、口コミすべて1-2を争う質の高さです。希望しなければ電話連絡がない「マイページ会員サービス」に使いたい人もいるでしょう。

マイナビ保育士公式サイト

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。


登録した方が良い転職サイトの比較

総合評価

4.70

保育士バンク

4.58

保育ひろば

4.63

マイナビ保育士
公開求人数

4.7

20,020件:非公開1万件~

4.5

9,737件:非公開不明

4.5

9,206件:非公開不明
求人地域

4.8

全国対応で地方も多い、拠点は8都道府県

4.7

全国対応で地方少なめ、拠点は34都道府県61箇所

4.3

関東+関西対象で地方なし、拠点は9都府県10箇所
コンサルの質

4.7

元保育士が多く悩みを相談しやすい

4.6

熱意があって引っ張ってくれる

4.8

ノウハウが豊富で対応がきめ細やか
サービス充実度

4.6

転職フェアが多い、非公開求人が多い

4.7

平均2週間で転職、転職フェアが多い

4.7

関東で圧倒的に強い、サポートが厚い
口コミ評価※

4.8

口コミ評価+特徴

4.0

口コミ評価+特徴

4.8

口コミ評価+特徴
公式サイトの確認
ここから登録
保育士バンク
ここから登録
保育ひろば
ここから登録
マイナビ保育士
口コミは総合評価から除外

転職初心者が気軽に使えるジョブメドレー

どうしても電話連絡が嫌な人は、「ジョブメドレー」に登録しましょう。公開求人が2.5万件もあり、他の転職サイトだと数が少ない地方求人も見つかります。

またジョブメドレーは自分で求人を探して、自分で応募するセルフ方式です。担当は付きませんが、困ったときはヘルプのお願いも可能です。

転職サイトは保育施設の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

まーさ
保育士転職サイトランキング厳選トップ10!」も参考にしてください☺️

-保育士の転職

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.