保育士が転職を繰り返すと不利になる?

保育士の転職

転職回数が多いと不利?4回転職を繰り返した保育士が解説

投稿日:2019年11月13日 更新日:

この記事は約 6 分で読めます

まーさ
こんにちは!保育歴20年の保育士まーさ(@mama_ism)です。
転職回数が多いと、転職で不利になるイメージがありますよね。ただ、転職には不利になる転職と不利にならない転職があります。わたしは4回転職をしてますが、転職で失敗したことはありません。この記事を読めば転職回数が多くてもうまく転職できるはずです。

たしかに転職回数が多いと目立ちます。ただ、転職は回数よりも中身の方が大切です。そのため、転職回数が多くても、中身が伴った転職だと相手に思われれば良いわけです。

「転職回数が多くて次の転職が心配……。」という保育士は、転職回数よりも転職の理由、退職の理由の見せ方・作り方をどうするか考えて転職の準備の参考にしてください。

保育士の転職回数が多くても不利にならない理由

保育士の転職回数が多くても不利にならない理由

保育園は単純に転職回数だけで判断しません。転職回数の他に見るところがあります。
みやこさん
  • 保育士の平均転職回数は意外と多い
  • 保育士の転職は退職・転職理由が大切
  • 保育士は保育経験とスキルが大切

保育士の転職回数は意外と多い

保育士バンク」が2018年11月に行った調査によると、保育士の76.9%が過去に転職を経験しています。

内訳は転職「1回以上」が30%、「2回以上」が18.5%、「3回以上」が27.7%です。保育士の3割近くが3回以上転職をしているというのは、思っていた以上の割合ですよね。

保育士は退職理由・転職理由が大切

履歴書に書く退職理由がすべて「一身上の都合により退職」だけだと「ん?」とはなりますが、明確な理由が書いてあれば、「面接して聞いてみよう。」と考えます。

面接では、面接官が納得できる退職理由が必要です。とくに年度途中で退職した保育士は、それなりの退職理由を用意しましょう。もちろん口先だけの嘘の理由だとバレますよ。

保育士は保育経験とスキルが大切

保育園は1年サイクルなので、1年通して保育経験があることが大切です。何らかの保育方針があって1年間を経験しないと、自分なりの保育目標を持つことは難しいです。

そのため、保育士経験が2年で3回以上退職していると多いと感じます。逆に保育士歴10年で5回退職していても、十分保育経験とスキルを持った保育士と言えます。

保育士の転職回数が多いデメリットは?

保育士の転職回数が多いデメリットは?

いくら保育経験が豊富でも、転職回数が多い保育士は悪目立ちします。そのため、以下の理由でデメリットになることがあります。

  • 書類審査で落とされる可能性がある
  • 転職回数が多いとツッコミどころが増える
  • 転職者が負い目を感じやすくなる

書類審査で落とされる可能性がある

たまたま求人に人が殺到した場合、転職回数が多いと書類審査で落とされる可能性もあります。

そのため、履歴書の書き方はとても大切です。転職回数が多い人は、退職理由の書き方、志望動機の書き方に左右されるので、以下を参考に質の高い履歴書を書いてください。

転職回数が多いとツッコミどころが増える

転職回数が多いとアラ探しされやすくなります。わたしは4回転職してますが、どの面接でもすべての退職理由を聞かれました。退職理由を聞かれるのは当たり前なので、しっかり答えを用意してください。

面接官が辞めた理由を聞くのは、雇った人がすぐ辞めてしまうと困るからです。あなたから納得できる理由を聞いて、「あーそういう理由なら仕方ないね。」と納得したいんです。

転職者が負い目を感じやすくなる

転職回数の多い・少ないは人が判断するものです。そのため、「保育士歴3年で2回は多いけど、4年で2回はOK!」など、明確な判断基準はありません。

自分で転職回数が多いと考えている保育士は、それを負い目に感じやすいので、自信を持って面接に臨めるようにしっかりと質疑応答の練習をしておきましょう。

転職回数が多い保育士が良い転職をするコツ

転職回数が多い保育士が良い転職をするコツ

まーさ
転職回数が多い保育士がうまく転職するにはどうしたら良いの?

もしあなたが保育士経験が浅くて転職回数が多いと感じているなら、うまく転職するコツとして次のことを意識しましょう。

  • とにかく履歴書を完璧に仕上げる
  • 転職候補の詳細情報を集める
  • 保育経験を深堀りしてアピールする
  • 自分が目指す保育士像を作り上げる
  • オープニングスタッフ求人を狙う

とにかく履歴書を完璧に仕上げる

履歴書はほんとに大切です。意味のある内容がびっしり書かれた履歴書を見て、書類選考で落とそうとは思いません。

そのうえで、面接対応を万全にしておきましょう。面接で失敗したくない人は、以下の3つの準備をしてください。面接の練習をおろそかにする人は意外と多いです。

  • 保育園の評価ポイントを理解する
  • 保育士としての受け応えを想定する
  • 面接の受け応えをとにかく練習する

転職候補の詳細情報を集める

保育園によって採用したい人の基準は違います。そのため、転職候補の保育園の保育理念や保育方針を理解して、自分の得意なことで貢献できないか考えましょう。

情報収集は、転職サイトのキャリアアドバイザーに聞くといろいろ教えてもらえます。保育スキルや保育経験の棚卸しをして、自分の能力がマッチする転職先を探してもらいましょう

保育経験を深堀りしてアピールする

これまでの保育経験の中から自分が印象に残ったエピソードを深堀りして、ストーリーを作り込み、そこから学んだことや得たスキルをアピールしてください。

保育経験が短くても、保育経験を深堀りしてアピールできれば十分評価対象になります。自己PRの作り方は以下を参考にしてください。

自分が目指す保育士像を作り上げる

自分がどのような保育士になりたいか、どのような保育をしたいか理想を明確にしてください。明確な理想を話すことができれば、「この人はちゃんと保育をわかってるな。」と評価されます。

保育士として伸ばした方が良いスキルは以下のものです。参考にしてください。

  • 子供の様子を見る視野の広さ
  • 子供の異変に気付く記憶力と観察力
  • 子供の病気や症状に対する知識
  • コミュニケーション能力
  • 感情的にならな我慢強さ・冷静さ
  • ピアノ・歌・ダンスなどリズム感
  • 製作の能力、発想力
  • 子供の流行り物や育児などの知識
  • 字をきれいに書く能力
  • 人の長所を見抜いて褒める能力

オープニングスタッフ求人を狙う

もしあなたが小規模保育園を転職候補に入れているなら、新設保育園のオープニングスタッフ求人に応募するのはアリです。オープニングスタッフ求人は、経験の浅い保育士も応募が多いので狙い目です。

小規模保育園は増えているので、求人募集も多く出ています。ただ関東圏が多いので、地方の小規模保育園だと倍率が高くなる可能性はあります。詳しくは以下を参考にしてください。

転職回数が多い保育士は保育園を慎重に選ぼう!

転職回数が多い保育士は保育園を慎重に選ぼう!

まーさ
どうしても今の保育園から転職したい!でも、転職回数多いしとりあえず入れそうなとこ選ぼう。

というのはいちばんダメな考え方です。妥協で転職するとまた転職したくなって、それこそ評価を落とす意味のない転職をすることになります。

転職回数が多いことで二の足を踏んで、なかなか転職ができないのはナンセンスです。どんな転職にも理由があります。もしあなたが真面目に働く人なら、気にせずに転職してください。

自分で転職回数が多いと感じる人は、「退職理由を明確にする」「保育園の情報を集める」「履歴書・面接対策を怠らない」ことを徹底してください。

転職回数が多くて負い目を感じる保育士は、できるだけ多くの求人票を見て行きたい保育園と自分のスキルや経験、考え方がどれだけマッチしているかを考えましょう。

そのあたりのマッチングは、転職サイトのキャリアアドバイザーと話し合って方向性を見つけられれば良いと思います。とにかく、転職を成功させたいなら、キャリアアドバイザーに頼ることが大切です。

あなたにおすすめの保育士転職サイトは

あなたにおすすめの保育士転職サイトは

転職サイトは50以上ありますが、おすすめは「保育士バンク」「保育ひろば」「マイナビ保育士」です。転職サイトは複数登録が基本です。ほとんどの転職者がこの中のどれかには登録してると思います。

保育士バンクは保育士のおすすめNo.1!

業界大手「保育士バンク」は全国に拠点があり、転職フェアも数多く開催しています。公開求人2万件+非公開求人1万件もあるため、地方転職に欠かせません。キャリアアドバイザーに元保育士が多いため、気持ちを理解してもらえる悩み相談も心強いです。「ブランクOK」「初心者歓迎」求人も多いですね。

  • 公式:保育士バンク
  • 電話・メール対応が丁寧なので安心して悩み相談できます。転職相談もできます。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

保育ひろばは業界実績も知名度もある!

すぐに転職したい人は、知名度が高く実績もある「保育ひろば」を利用しましょう。登録から転職まで平均2週間と謳うほど速さが売り。転職フェアの開催も多いです。キャリアアドバイザーの熱意が高く、真剣に短期間で転職したい人には最適な選択です。顧客満足度94.2%という評価にも現れています。

  • 公式:保育ひろば
  • 少しでも早く転職したい人は相談してみましょう。拠点も多いので直接会うこともできます。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

関東の転職はマイナビ保育士がおすすめ

関東の転職なら「マイナビ保育士」は外せません。マイナビの知名度は大きいですし、多くの転職ノウハウに基づいたサービスが期待できます。求人、キャリアアドバイザー、サービス、口コミすべて1-2を争う質の高さです。希望しなければ電話連絡がない「マイページ会員サービス」も使い勝手が良いですね。

  • 公式:マイナビ保育士
  • 転職ノウハウがわかるので登録して損はないです。保育園の細かな情報もわかりやすいです。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

登録した方が良い転職サイトの比較

総合評価

4.70

保育士バンク

4.58

保育ひろば

4.63

マイナビ保育士
公開求人数

4.7

20,020件:非公開1万件~

4.5

9,737件:非公開不明

4.5

9,206件:非公開不明
求人地域

4.8

全国対応で地方も多い、拠点は8都道府県

4.7

全国対応で地方少なめ、拠点は34都道府県61箇所

4.3

関東+関西対象で地方なし、拠点は9都府県10箇所
コンサルの質

4.7

元保育士が多く悩みを相談しやすい

4.6

熱意があって引っ張ってくれる

4.8

ノウハウが豊富で対応がきめ細やか
サービス充実度

4.6

転職フェアが多い、非公開求人が多い

4.7

平均2週間で転職、転職フェアが多い

4.7

関東で圧倒的に強い、サポートが厚い
口コミ評価※

4.8

口コミ評価+特徴

4.0

口コミ評価+特徴

4.8

口コミ評価+特徴
公式サイトの確認
ここから登録
保育士バンク
ここから登録
保育ひろば
ここから登録
マイナビ保育士
口コミは総合評価から除外

転職初心者が気軽に使えるジョブメドレー

どうしても電話連絡が嫌な人は、「ジョブメドレー」に登録しましょう。ジョブメドレーは自分で求人を探して、自分で応募するセルフ方式です。担当は付きませんが、困ったときはヘルプのお願いも可能です。また、公開求人が2.5万件もあり、他の転職サイトだと数が少ない地方求人を探すこともできます。

  • 公式:ジョブメドレー
  • 担当制が合わない人は確実に使いましょう。転職初心者が最初に登録するのもおすすめです。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

まーさ
保育士転職サイトランキング厳選トップ10!」も参考にしてください☺️

-保育士の転職

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.