保育士が他の園に転職するメリット・デメリット

保育士の転職

保育士が他の保育園・保育業界内で転職するメリット・デメリット

投稿日:2019年11月12日 更新日:

この記事は約 5 分で読めます

まーさ
こんにちは!保育歴20年の保育士まーさ(@mama_ism)です。
「今の保育園は辞めたいけど保育士は続けたい。」「保育スキルを活かして新しい仕事をしたい。」という人は、保育業界内での転職を検討しましょう。保育業界には保育士ができる仕事がたくさんあります。まずは、保育業界で転職するメリット・デメリットを押さえてください。

保育園と言っても、大規模保育園と小規模保育園では働き方が違います。認可保育園と認可外保育園も違います。企業内保育所、院内保育所、託児所なども増えています。

また、学童、子育て支援センター、ベビーシッターでも保育士のスキルが求められています。保育士資格を持っているだけで就職しやすくなったり、優遇される仕事もあります。

保育士が他の保育園・保育業界内で転職するメリット

保育士が他の保育園・保育業界内で転職するメリット

保育士が他の保育園や保育業界内で転職するメリットは、主に4つあります。

  • 給料、勤務時間、休みなどの待遇が改善している
  • 活躍できる職場・評価される職場が増えている
  • 新しい経験をしてスキルが身につく
  • コミュニケーション能力が上がる

給料、勤務時間、休みなどの待遇が改善している

保育士が転職するメリットは、今の保育園の不満を解消できることですね。保育士が、保育園を退職をする理由は以下の通りです。

保育士が退職する理由

1位|妊娠・出産|25.7%
2位|給料が安い|25.5%
3位|職場の人間関係|20.6%
4位|結婚|20.4%
5位|仕事量が多い|20.3%
6位|労働時間が長い|17.5%
7位|健康上の理由(体力含む)|14.3%
8位|他業種への興味|12.1%
9位|子育て・家事|10.8%
10位|転居|7.6%

今は保育士不足が続いているため、待遇を良くして保育士を呼びたい保育園はたくさんあります。

そのため、「給料が安い」「職場の人間関係が悪い」「仕事量が多い」「労働時間が長い」などの不満は、他の保育園に転職をすれば解消されるかもしれません。

保育園に不満はあるけど、「忙しい」「興味ない」という人も一度求人票を見てください。今働いている保育園より給料が高くて、残業が少ない保育園はたくさんあるので興味が湧くはずです。

活躍できる職場・評価される職場が増えている

大規模保育園から小規模保育園や学童、子育て支援センター、託児所などに転職する人が増えています。

小規模保育園が認可保育園として認められるようになったため、保育業界の慣習を改善したり、積極的にキャリアップ制度を取り入れるなど、保育士が働きやすい環境を整えている保育園も増えました。

勤務時間がちゃんと決まっている学童も人気が高い職場です。小学生対象が多いので、仕事は児童の見守りが中心です。時間は昼から夕方で、「午前中を有効に使いたい」という人が働きやすい職場ですね。

保育業界は今どんどん変化しているため、自分なりの新しい働き方を見つけて、活躍できる職場や評価される職場で働くチャンスが増えています。

新しい経験をしてスキルが身につく

保育業界と言っても働く場所や働き方はさまざまで、得られる経験やスキルも違います。わたしも、これまでに幼稚園、保育園、こども園、子育て支援センターを経験しています。

子供のお世話をしたり、安全に配慮して見守る点はどこも同じですが、子供の年齢によってお世話の内容は違いますし、話をする保護者との関係性も少し違います。

同じ保育園でも、保育方針によって食育、音楽、運動など力を入れる分野が違うため、基本的な知識も身につきます。

コミュニケーション能力が上がる

保育現場では、子供、保護者、同僚とコミュニケーションをとる必要がありますが、やっぱり気を使うのは同僚です。

転職したばかりだと前の職場とは働き方の勝手が違いますし、ある程度保育園の雰囲気に慣れるために交流しようとがんばるため、コミュニケーション能力は上がります。

もちろん、ちょっと面倒なところはありますが、コミュニケーション能力を上げると普段の生活にも役立ちますし、新しい刺激がある方が生活に張りが出ます。

保育士が他の保育園・保育業界内で転職するデメリット

保育士が他の保育園・保育業界内で転職するデメリット

保育士が他の保育園や保育業界内で転職するデメリットは、主に5つあります。

  • 働き方や雰囲気に慣れないといけない
  • どちらにしろ職場の人間関係は重視される
  • 転職でいくつかの待遇がリセットされる
  • 給料の昇給幅が落ちる
  • 退職金制度がリセットされる

働き方や雰囲気に慣れないといけない

新しい職場で新しい同僚に会うため、コミュニケーション能力が上がるといいましたが、そもそも新しい人とコミュニケーションを取ることに苦痛を感じる人もいますね。

大抵の人は仲良くしようと気を使ってくれますが、初めはやっぱりよそ者感を感じることもあります。

その保育施設の文化が、自分が知っている保育のやり方と違っていた場合は戸惑います。自分の中の常識が変わることで、ストレスを感じることもありますね。

どちらにしろ職場の人間関係は重視される

人間関係が悪くて、転職をする人は多いです。ところが、転職した園の人間関係が良いか悪いかは、実際に働き始めないとわかりません。

もちろん自分には直接関係がなくても、「○○さんと○○さんは仲が悪い」などの情報は知らないので、積極的に人間関係を作ろうとして墓穴を掘ってしまうこともあります。

普段ニコニコした人でも、気付かないところで嫌われてる場合もあります。空気感だけはどれだけ観察してもわからないものですよね。保育園の人間関係を事前に見抜きたい人は以下を参考にしてください。

転職でいくつかの待遇がリセットされる

待遇の改善を求めて保育業界内で転職をしたとしても、待遇面で不利益になる部分があります。それは、いくつかの待遇がリセットされることです。

退職金の積み上げがなくなること、昇給率がリセットされること、有給取得日数が減ることです。

退職金制度がリセットされる

退職金制度がある保育園もありますが、退職金は勤続年数が多いほどもらえる金額の割合が大きくなる場合が多いですね。そのため、転職すると、将来もらえる退職金がなくなることもあります。

また、退職金は勤続3年から適用されるなど独自のルールがあります。その場合は、3年以内に辞めてしまうと1円ももらえません。他にも、自己都合と会社都合で退職金額が違う場合もあります。

有給休暇は職務規定で決まっていますが、多くの園で働き始めてから6か月は適用されません。

給料の昇給基準がリセットされる

給料の昇給基準は保育園によって違います。たとえば、3年以上いると昇給率がぐんと上がる保育園もありますし、階段状に上がる保育園もあります。

もし転職して今より給料が上がっても、保育園を辞めたことで給料の昇給基準がリセットされます。前の保育園を辞めなければ5年後には転職した保育園より給料が高くなっていたということもあり得ます。

有給取得日数が減る

勤続年数が長いと有給取得日数も増えます。たとえば、勤続6.5年を超えると有給休暇日数は20日間付与されます。ところが、転職すると勤続年数はリセットされ、有給取得日数も10日に減ってしまいます。

そのため、とくに育児中のママは、働き始めて6か月以内で子供の体調が悪くなるなど突発的なことが起こらないように注意しなければいけません。有給休暇の詳細は以下を参考にしてください。

保育業界の転職を理解して選択肢を増やそう

保育業界の転職を理解して選択肢を増やそう

もし今が保育士にとって良い転職ができる時期だとしても、自分が望まないなら無理に転職をする必要はありません。

給料が安くても、人間関係が良くていっしょに遊びに行く同僚がいると私生活も充実します。また仕事が多くても、保育士が一丸となって仕事ができる環境だと仕事の満足度も上がります。

一方、どれだけ良い転職をしても、すべての不満を解消できるわけじゃありません。いざ働き始めたら居心地が悪くて転職を後悔する人もいます。後悔しないためには、多くの情報を集めることが大切です。

たくさんの求人票を見ると転職先の特色が見えてきますし、希望の転職先もある程度わかるようになります。もちろん、転職サイトのキャリアアドバイザーから情報を集めるのも効果的です。

転職を迷っている人も、保育業界を知るために求人票を見たり、情報を集める習慣をつけましょう。また、転職サイトに登録して、アドバイザーから保育業界の詳しい情報収集するようにしましょう。

転職サイトは50以上ありますが、おすすめは「保育士バンク」「保育ひろば」「マイナビ保育士」です。転職サイトは複数登録が基本です。ほとんどの転職者がこの中のどれかには登録してると思います。

保育士バンクは保育士のおすすめNo.1!

業界大手「保育士バンク」は全国に拠点があり、転職フェアも数多く開催しています。公開求人2万件+非公開求人1万件もあるため、地方転職に欠かせません。キャリアアドバイザーに元保育士が多いため、気持ちを理解してもらえる悩み相談も心強いです。「ブランクOK」「初心者歓迎」求人も多いですね。

  • 公式:保育士バンク
  • 電話・メール対応が丁寧なので安心して悩み相談できます。転職相談もできます。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

保育ひろばは業界実績も知名度もある!

すぐに転職したい人は、知名度が高く実績もある「保育ひろば」を利用しましょう。登録から転職まで平均2週間と謳うほど速さが売り。転職フェアの開催も多いです。キャリアアドバイザーの熱意が高く、真剣に短期間で転職したい人には最適な選択です。顧客満足度94.2%という評価にも現れています。

  • 公式:保育ひろば
  • 少しでも早く転職したい人は相談してみましょう。拠点も多いので直接会うこともできます。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

関東の転職はマイナビ保育士がおすすめ

関東の転職なら「マイナビ保育士」は外せません。マイナビの知名度は大きいですし、多くの転職ノウハウに基づいたサービスが期待できます。求人、キャリアアドバイザー、サービス、口コミすべて1-2を争う質の高さです。希望しなければ電話連絡がない「マイページ会員サービス」も使い勝手が良いですね。

  • 公式:マイナビ保育士
  • 転職ノウハウがわかるので登録して損はないです。保育園の細かな情報もわかりやすいです。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

登録した方が良い転職サイトの比較

総合評価

4.70

保育士バンク

4.58

保育ひろば

4.63

マイナビ保育士
公開求人数

4.7

20,020件:非公開1万件~

4.5

9,737件:非公開不明

4.5

9,206件:非公開不明
求人地域

4.8

全国対応で地方も多い、拠点は8都道府県

4.7

全国対応で地方少なめ、拠点は34都道府県61箇所

4.3

関東+関西対象で地方なし、拠点は9都府県10箇所
コンサルの質

4.7

元保育士が多く悩みを相談しやすい

4.6

熱意があって引っ張ってくれる

4.8

ノウハウが豊富で対応がきめ細やか
サービス充実度

4.6

転職フェアが多い、非公開求人が多い

4.7

平均2週間で転職、転職フェアが多い

4.7

関東で圧倒的に強い、サポートが厚い
口コミ評価※

4.8

口コミ評価+特徴

4.0

口コミ評価+特徴

4.8

口コミ評価+特徴
公式サイトの確認
ここから登録
保育士バンク
ここから登録
保育ひろば
ここから登録
マイナビ保育士
口コミは総合評価から除外

転職初心者が気軽に使えるジョブメドレー

どうしても電話連絡が嫌な人は、「ジョブメドレー」に登録しましょう。ジョブメドレーは自分で求人を探して、自分で応募するセルフ方式です。担当は付きませんが、困ったときはヘルプのお願いも可能です。また、公開求人が2.5万件もあり、他の転職サイトだと数が少ない地方求人を探すこともできます。

  • 公式:ジョブメドレー
  • 担当制が合わない人は確実に使いましょう。転職初心者が最初に登録するのもおすすめです。
転職サイトは園の報酬で運営されているため、転職者はすべて無料で利用できます。

まーさ
保育士転職サイトランキング厳選トップ10!」も参考にしてください☺️

-保育士の転職

Copyright© ほいくのキャリア , 2020 All Rights Reserved.